❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷行為との距離感。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



体も

環境も


急激に
速度を増して

明らかに
動けなくなっていったのは



記憶を辿れば

2013年。



それまでも


決して
楽に動いて居た訳では無い。


物凄く
無理をして動いて居た。



物凄い無理をすれば
何とか動けて在れたんだ。



だけど
それも
もう出来なくなったのは


2013年だったと思う。



ライブ本数も
その年から突然に減った。


その年は1年で4回
翌年には1回になってしまった。





ほんの少し先の未来を描けば


私は
私の知る人達よりも
確実に
早く朽ちる事を知って居る。



身近な人達の誰よりも

体にも
環境にも


ここで生き
歌を歌える時間は
もうそう長くはない。





「今の内」

「動ける内に」

「息が吸えて歌声が出せる内に」

「ここに在れる内に」



毎日毎日そう思ってきた。



それは
とても大きな危機感だった。


毎日に
必ずその危機感が在った。



とてもとても焦り急いだ。



でも

いつも必ず

何かが
誰かが



走って在りたい私の
足首を掴んで止めて

引っ掛けて転ばした。



それでも私は諦めなかった。




一度は失った歌声を
何年も掛けて
やっと取り戻して


これが最後だと
十分に感じた上で


再び手に入れた音楽活動。



やっと戻れた世界。


だけど
そこには限りが在り
それはとても短く


ほんの少しの間の


うたた寝のような
夢でしか


ないのだろうから。




何が起きても我慢できた。

犠牲に出来た。


今しかないのだから
懸命に耐えた。



それを守る為ならば
身体を張った。


誰にも

私の
この危機感は

伝わらなくて


随分とからかわれ

ネタにされ
笑われてきたけれど


それでも我慢できた。




しかし

そのうたた寝は

心地よいものでは
全く無くて。


悪夢の方が
遥かに多い
駆け抜けた
ほんの一瞬で。




体も環境も


どんなに無理をしても
思い通りに動けなくなった時に



心が言った。




「もう我慢したくないよ・・・」


「それは嫌だとか
  されたくないとか
  言われたくないとか

  黙ってないで言いたいよ。」



もう
これ以上


必要以上の我慢は

したくないんだ。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「自傷させる者を排除する事を覚えながら。」(2015.4.10)】

【「自傷の誘いに振り返らぬよう。」(2015.4.12)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降
過程の続きからは
また離れて過ごして居る。


もう季節は春。
私に残された時間は短いのだら… 



間もなく書き戻れるよう
準備を始めて居る。



再び書き始めたなら

きっと
もうそんなに長い月日を掛けずに


記事は
現在と手を繋ぐだろう。



私には
見付けて
言葉にしなければならない
答えが在るから



とても慎重に準備をして居る。









そこに行くのは
3年振り位。


ギタリストさんと
何度も行った遊園地。



私の
陶芸の作業部屋の窓から見える
山の上に在る
小さな遊園地は


冬の間は休園。


春から秋まで開園して居て


夏には
ナイター営業が在り


その時には
山上から
大阪を
夜景として見渡せる。



小さな子供さん向けの
アトラクションしか無くて
絶叫マシンとかは無い。

のどかな感じ。


一昔前の雰囲気が
あちこちにあって


遠い昔の
デパートの屋上みたいな
雰囲気の遊園地。



彼と行っても
何かに乗ったりする訳じゃない。


園内を散歩したり

座ってビール飲んでたり。

花を観たり
人を見てたり。





園内のうさぎさん。


これは私のお気に入り。


なんだか可愛らしいんだよね。


久し振りに会えた。


久し振りで
場所を勘違いして
記憶してて。


見付けた時は
嬉しくて

走って前まで行った。





3時間半程遊んでたかな…



山上までの往復は
ケーブルカー。



半分は
お菓子や楽器のケーブルカーで


途中で乗り換えが在って


残り半分は

ブルとミケって名前の
犬と猫のケーブルカーに乗る。



ブルとミケは交互に走ってるんだけど

これまでは
ずっと

犬のブルにしか乗れなかった。


なぜか
どうしてもブル。



私は
猫のミケに乗りたいのに

ブル。




ブルとミケは
途中ですれ違うんだけどね

すれ違って去ってゆくミケに


なぜ
いつも乗れないのかなって

思ってた。


何度引いても
当たらない
くじ引きみたいだなって。




そんな時
ギタリストさんは
いつも言ってた。



ブルに乗る方が
ミケが良く観れるよって。



確かにね。
そうなんだけど…




でも
私は
ミケの中に
乗ってみたかったんだよね。



そういう心理はきっと

私の中に生き続ける
ちびっこの私の
物なんだろうと思う。



私の中の
ちいちゃな私が


「ミケがいいんだもん」って

言ってるんだと思う。





何度行っても
ブルだったのにね



昨日は初めてミケに乗った。


うわぁ~ミケだぁって
すっごい思った。



途中でブルとすれ違って


ミケの内臓に居るんだなって

わくわくした。






インナーチャイルド。


アダルトチルドレンって言う人も
居るよね。



私の中で

満ちて
大人になる事を
知らずに

ずっと住み付いてる

小さな子供の私。




うさぎに向かって
走ってく私が
飲んで居たのは

プレミアムモルツで

ミケに大喜びしてる。


バランスは明らかにおかしい。


壊れて在る事は
理解出来る。



私は
私の事だから
私位は理解して居ないと
私の異常は
救われる術が無いしね。




だけど


有難いのは

ギタリストさんが
それを

馬鹿にしたりしないで
一緒に居てくれる事だ。



それも
私で在る事を

受け入れて

共に過ごしてくれる事。






リストカットやアームカット


それだけではない
あらゆる自傷。



今でも呼ばれる。



切ってしまいたいとか
焼いて楽になりたいとか。



思う事は多々在る。



でも
在る頃から私は


どんなに思っても
その行為に行き着く前に
何とか止まって在れて居る。



それは

この
アンバランスな自分を
晒しても


受け入れて貰い
在れる場所が


私の中に
確実に


ひとつとか
ふたつ


生まれたからではないかと
とても思う。








今日はある女性の命日。
小柄で可愛らしい女性だった。
優しくて頭の良い
素敵な方だった。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: