❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷させる者を排除する事を覚えながら。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・






昨日は練習だった。



朝からバイトに行き


帰宅後は
作陶作業もし



時間ギリギリ


慌てて

練習場所の
カラオケボックス

目指して歩いた。


目一杯の早歩き。




まだ
ぽんちゃんの
世話が続いてた頃。



特に

最期の
1年と2ヶ月は


いつもいつも
遅刻だった。



私は
徒歩10分の場所に


ギタリストさんは

何十分も
単車に乗って
ギター背負って

夏も
冬も
雨の日も

来てくれるのに


私は遅刻が多かった。




当時は

常に
危機感が充満してた。



本来なら
常に
目を放すべきではない状況。



だから

なかなか家を出られない。


だから

しょっちゅう
5分
10分
遅刻する。



ライブ当日でもそう。




だって

常に状態はおかしくて

出て行けない事が起きるから。



そして
それを伝える余裕すら
そこにはなくて

お相手は待ちぼうけ。



その頃の私は
毎日が
命と向き合って居たから


それで
いっぱいいっぱいだった。




だから
ギタリストさんは

いっぱい
待ちぼうけを
私に喰らってた。



それでも
ひとつの文句も
彼は
言わないで居てくれたから

もう
ぽんちゃんが居ない現在は
待たせないように


私なりに
目一杯踏ん張ってるけど
昨日はギリギリだった。





2時間半位の練習だった。


まだ
セットリストも
全ては決まって居ない状況で


無理をし過ぎずに


でも頑張る練習。



持ち込みOKの
カラオケボックスだから
ちまちまと
色々と持ち込む。



お菓子を

いつも
ぱくぱく食べるギタリストさんは



昨日も
持ち込んだお菓子を
サクサクと食べてくれて居た。



そして。



プレミアムなご褒美を
持って来てくれた。冷

え冷えのビール。




先週の練習にも
冷え冷えで
持って来てくれた。



練習の後半は
ちびちび
美味しく飲みながら

歌えた。



嬉しいなぁ…。





バイトの日の
朝ごはんは
ほとんど食べない。


ゆで卵1個だけとか
リンゴ半分とか。



でないと
ハードに動き回れないから。




使い果たして帰宅して


練習が在る日は
お昼も
食べてる余裕が無い。



だから
すんごいご褒美。



がんばろうって
思わせてくれる。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「彼女の火傷と私の火傷。」(2015.4.7)】

【「思い出した父の殺意。」(2015.4.8)】






過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。


【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降

過程の続きからは
また
しばらく離れて過ごして居る。


季節は春だ。



私に残された時間は短いから
間もなく
書き戻れるよう

準備を始めて居る。




再び書き始めたなら

きっと

もう
そんなに長い月日を掛けずに


記事は
現在と手を繋ぐだろう。



私には

見付けて
言葉にしなければならない

答えが在るから


慎重に準備をしてゆこうと思う。





あと


きっと

僅かな
過程を綴る記事の準備を


日々
見えない所で重ねながら。





このぶろぐには


現在
コメント欄を設置して居ない。




昨年の8月末から
そうする事を決めた。



ライブの前後とかでなければ
設置しなくなった。





コメントを下さる方々に

悪気が全く無かった事は
十分に私は理解して在る。




しかし


同じ人に繰り返される



私には
刺さる言葉や
重荷な言葉
責任転嫁な放り出しに



私は
深く深く
傷付いてしまったから


設置を止めた。





私が


苦しくなってしまった言葉は

せっかく書いて頂いたけれど
もう誰からも
見えないようにもした。



今でも
見て頂ける物は

大切に
残してるけど


そうでない物は
片付けてしまった。




そういう守り方も在ると
行き着いた。



そりゃね


設置はした方が
色々
お声も頂きやすくて
嬉しいんだけどね。



それ以上に

私に対しては

言葉を選んでくれない人や


私に対しては

重荷でしかない人の


後始末を
もう出来ないと
確信出来たんだ。




だから設置を止めた。




それにより

届いたメッセージも
いくつか在った。



わざわざ
メッセージを
送って下さる方々の言葉は


本当にあたたかかった。



こんなコメントが大半なら

私は
止めてなかったと
思うようなものだった。





私だから
書いたんでしょ?



私だから
飲み込むと
勝手に決めつけて
書いたでしょ?



私なら

受け入れて
宣伝までもしてくれるかもとか
あんた
思ってはったでしょ?



なんでもかんでも
黙って飲み込んで
我慢してると

思わんといてくれんかね?




ここに


イキザマを晒す
覚悟の意味を


解ってないあんたが


ここを利用して
使わんでくれんかいさ。





自分の感情も
苦しくて


ここで
見える所で

コメントを出来る形を


私は基本的に止めた。



心がいっぱい傷付いて



体は
やっとの休みを
常に奪われて


更に壊されて



このままでは


大きな憎悪にまで
変わりそうだと思ったから


そうならんように
止めた。




なんだか寂しい気もするけど
私には
これで良いのかなと

考える事にした。






だけどね。


ほぼ毎回に近い位でね



ぶろぐを更新すると 


パソコンに
届くメッセージが在る。



こんなに送信下さるのは
彼女だけ。



返事を強要しない
感想を下さる。

ご意見も下さる。






前回書いた記事はこれだった。

【「思い出した父の殺意。」(2015.4.8)】




彼女はメッセージで言って下さった。




この記事の


私が
最後に記した


『 「ありがとう」を
  今日書いたら

  明日はきっと

  練習を頑張ったって
     書けるよ 。 』

って。





私ね


それを書くとこまでは
出来なかったけど



ほんとだってね

すごく思った。

思ったんだ。



だから今日は


書いてはいないけど
自分に言った。



「お疲れさま」って。


頑張ってるよって。




この週末は
ちょっとだけ出掛ける。




体力作りと


精神的ストレスの


解消が目的。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。