❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女の火傷と私の火傷。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





バイトから帰宅して

玄関先。



ブルーベリーの木の雰囲気が
急に変わったような気がして
前にしゃがんだ。



いつの間に?

って

驚いた。


沢山の蕾。




これまでは
葉が茂った後に
少しの花が咲いていたのに


今年は
いっぱいの蕾を
身に着けて居た。



良く見れば
もう咲き始めて居る。




今日の大阪は
とても寒くて

急な冷え込みが堪えるのに



白い
小さな花は
少しづつ
咲き始めて居て


季節の流れを知らされる。






昨年の今頃は
まだ
愛しいものは生きて居た。


余りにも悲しい春だった。



最期の2ヶ月に
この目に焼き付いた現実は

今でも
くっきりと思い出せる
悲しみで


思い出さない日は無く

恋しさは変わらない。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「膿を吐き終え血が滲むなら。」(2015.4.4)】

【「憧れと羨みは背を合わせ知る自責。」(2015.4.6)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降

過程の続きからは
また
しばらく離れて過ごして居る。

もう4月。
季節は春だ。


私に残された時間は
短いから

間もなく
書き戻れるよう


準備を始めて居る。



再び書き始めたなら

きっと
もう
そんなに長い月日を掛けずに

記事は
現在と手を繋ぐだろう。



私には

見付けて
言葉にしなければならない
答えが在るから


慎重に
準備をしてゆこうと思う。






通勤途中。


足元に

地味に
可愛く咲く花。



アスファルトの隙間から


毎年
花を咲かせてる。



踏まれないようにねって

いつも思う。






今日は

バイト先の娘さんの入学式が在り
奥さまが不在の為

一番ベテランのパートさんと共に
仕事を任されていた。



前もって
準備もして来たから


それ程
バタつく事も
無く過ぎて居たが



それでも
どうしても忙しい時間帯は
学生のバイトの女の子も
手伝いに来てくれて居た。





どうしてそうなったのか

その瞬間は
見ていないので
わからないのだが


彼女が
お客さまにお出しする
お茶のコップを
落としてしまい


その時に

熱いお茶が
彼女の手首に
かかってしまった。



白い手首が赤くなった。



直ぐに
流水で冷やすよう連れて行き

その後は
タオルでくるんだ氷で
冷やしながら様子を見た。




火傷に関しては

これまでに
何度も経験が在る。




私は
自傷癖者だから。



自分で
腕を焼いた回数は
数えきれない。



1200度の窯で
焼いた腕は

三度の熱傷にも
なった事が在る。

【「吹き出す膿に血が滲むまで。」(2014.10.15)】



今日の彼女の火傷は

赤くはなったけれど
水膨れにもならない程度。



その手首に
かかったお茶は

75度程のもの。




その程度の火傷を
したのが自分なら


それこそ
かすり傷程度の
感覚でしか無く


大したことは何も無い。



でも
今日
その火傷をしたのは


まだ若い大学生のお嬢さんだ。




社長も
心配して様子を見に来た。


優しく声を掛けて
話をして居た。



痛みが治まらなければ
通院をするように

治療費は
会社から出るから


気にせずに行くように
話をしてた。





社長が彼女に聞いた。

「痛いか?」って。


そうしたら彼女は言った。


「痛いです。」って。


可愛らしい声で
そう答えて


その声は震えて
涙は落ちた。




社長は

彼女に
帰宅するように言った。


家には親が居るのか聞いて

母親が居ると
答えた彼女に


「お母さんに病院に連れて行って貰いなさい。」

と言った。




そのバイトの女の子は
とても感じの良い娘さんで


私は
彼女の事はとても好きだ。


素直で可愛い女の子。



その子に対し
羨みも
妬みも

さすがに無い。

心配にも思う。




だけど

とても驚いてしまった。





彼女が泣いたのは


火傷が痛かったからか
それはわからない。


失敗が
悔しかったのかも知れないし


手伝いに来て
心配を掛けてしまった事が
辛かったのかも知れない。


だから
泣いてしまったのかも知れない。



だけど


「痛いです。」って
泣ける姿は

幼い少女のようだった。



許される
幼い少女のようだった。


それが
出来る彼女に驚いた。



そして
それが

当たり前の事のように


受け止める
周りの大人にも驚いた。



態度には出さなかったけれど

どう見ても
その光景に
違和感を感じて居たのは


私だけに思えた。




お母さんに
病院に連れてって貰うんだなって。


それにも驚いた。


そうなの?って。



親って
そんな事してくれるの?


驚いた。





私には
そんな経験が無い。


中学の頃には
母親は
外に男が居たし


親が
私の怪我や病気に対し
何かしてくれるなんて


まして
大学生になっても
そうして貰えるなんて


その感覚がわからない。




ここで
バイトを始めたばかりの頃


私も
火傷をした事が在る。



あっという間に
水膨れが出来て
ヒリヒリ痛んだ。



今日の彼女よりも
重い火傷だ。


白血球数の少ない私の
その火傷は
しっかり化膿して


暫くは
ガーゼを当てたままだった。




だけど私は

そこで
火傷をしたと言わなかった。

言えなかった。



言って
直ぐに冷やす事なんて
出来なかった。


我慢しなきゃとか

隠さなきゃとか


すごく思ったんだよね。





だから
言ってる訳じゃない。


彼女を
否定してる訳でも無い。






一番言いたいのは


自分が

他の大人のように
言動を起こせない事が


情けないって事。



こういうの
良く在るんだよ。




社会に居て

これまでにも
何度も何度も
在ったんだ。




例えば
今日のように


火傷を冷やす手伝いは出来ても


後は
何も出来ないし
言えない。



どうしてあげれば良いのか

何を言えば良いのか


わからない。



どこまで
何を
言ってあげたら良いのか


頭に浮かばない。




こう言う時に 


大人は


何を聞いてあげるのか

何を指示してあげるのか


わからなくなるんだ。



自分に
置き換えて
考えてしまうと


もう言葉にはならない。



自分で
何とかするしかないのが


私が
彼女と同じ年頃の時に
置かれて在った環境で


守られる事もなかったから


想像が追い付かない。







傷一つ無い綺麗な肌の

素直で真面目な娘さんだ。


きっと辛かったろうに。



私には


お母さんは
家に居るのかとか

連れて行って貰うんだよ

とか


そんな言葉は

どこにも
浮かびもしなかった。







冷静な大人のフリをして


人並みと言う
見えない服を

何重にも重ね着て



自傷癖も
摂食障害も晒さず


月下陽香で在る事も
知られず



ただ
一人の労働者として
社会に存在をする時。




私はよく


何人かが集まっての
雑談になると


言葉を発せなくなる。



ばれないように

おとなしい
聞き上手なフリをする。



しながら

自分も
何か話した方が良いのではないかと

物凄く焦ってる。




だけど
何も浮かばない。



そう言う時


雑談の内容は

大抵
当たり前なんだろう事。



子供の事
親の事


その
在り触れた関わりの事。



私には
経験が無かった種類の事。




もう少し馴染んで見えるように
勉強しなきゃなって


ずっと思ってきたけれど

まだ難しい。



結局

今日も
何も言ってあげられなかった。






私は


私が
育ててやらなければならない。



父も母も

私を
きちんとした大人には
育てられてない。



父と母は
人の親として失敗作で


その親が
育てた私も

やはり失敗作だ。




大人に
なり切れなかった私は


自分で

気付いたり
選んだりしながら


自分で

自分を


大人にしてくしかない。




だけどとても難しい。



何度も繰り返しても


まだ
その先は

ひとつも
見えないんだよね。






4月も1週間が過ぎた。


5月16日は
1年振りのステージ。



体も心も
準備しなきゃって

毎日思うけど



まだ
何も


動きも
始まりもして居ない。



何とか
繋がってゆけるよう

願ってる。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

5月16日(土)

大阪・難波  LIVE SPACE 「 音(ON!) 
(難波駅からすぐです。)

18:30 オープン  19:00 スタート

※ ドリンク・フード共に 全て500円のお店です。
  チャージは頂きませんが
   ¥1000-のお支払いをいただき
     2ドリンク付きにさせて頂きます。
  お願い申しげます。


(出演)
19:00~  おRIKOHさん
19:55~  月下陽香&井上タイキ
20:50~  HATTREAT
            (ライブは21:30過ぎ頃まで)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。