❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

知り尽くす偏在者の孤独。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



3月が終わる。


2015年の
3月が終わる。



私に
残された時間は

あと
どのくらいだろうか。




1ヶ月半が過ぎる頃には
1年振りに
ステージに立てる。


それが
最後になるんじゃないかと


体にも
環境にも

不安ばかりが育つ。



ステージに
焼き付いた悲しみを

塗り替えられなければ


私は
もう


心も
板の上に立てなくなるだろう。



私には
余りにも大きく
焼き付いたままの

悲しみを越えられるように


1年振りの
ステージを喜べるように



4月の
1ヶ月を掛けて


5月16日を迎える為の
環境を整えようと思う。



環境をひとつ整理しながら


通院を増やして
ケアに注いで


うたうたいの陽を
呼び戻してゆけたらと

自分にとても願う。




大阪・難波 「 音(ON!) 」
(他詳細は決まり次第ご案内させて頂きます。)











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「深い悲しみの足枷。」(2015.3.1・25)】

【「キズグチを吐き出して。」(2015.3.1・27)】

【「残された時間の中で。」(2015.3.1・29)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降

過程の続きからは
また離れて居る。


もう少し過ぎたら
続きを書こうと思う。


う余り時間が無い。

明日からは4月。


残された時間は短いから
間もなく
書き戻ろうと思う。





通院途中の桜の木。



心も体も
もう
ずっとずっと前から


いつも

不安と
恐怖を
抱えながら



沢山の
通院と投薬を重ね

時には手術もし


今日に行き着いた。





この体には



きちんと病名の付く


恐らくの原因も想定出来

治療法や
治せなくとも
維持してゆく為の投薬等が

わかる病気も在るが


そうではない


なぜ
ここまでの苦痛が
繰り返し起こされるのかも


わからない


恐らくは
体質だと言う言葉で
諦めるしかないような


難しい物も在る。





心には


現在でならば


摂食障害と
自傷癖が


どんなもので在るのか


もう
十分に
経験も知識も在り


自分が
長い年月
そうであった事も理解し



その原因や
過程の分析も始め



こうして
そうである自分を
掲げても居られる場所も在るから



それに対しての
不明な恐怖は小さい。




でも

ここまで来るまでには
何十年も


孤独に

恐怖と向き合う事しか
出来なかった
年月が在るし



今でも
まだまだ
完治には遠いのだろう現実は


日々

私を


不安と恐怖に
飲み込んでしまう。





自分の

体や心に
起こってしまった


決して


正常では無い
苦しみに対して


人はきっと
皆そうだと思う。


怖くてたまらなくて
当たり前なんだろう。



ずっと。

ずっと。



子供の頃から
そうだった私は
そう思う。






体に起こる苦痛も

心に起こる苦痛も


人には伝わらない。


はっきりと
病名の付く同じ病に
侵されて在る者同士で在れど


全ては伝わらない。


全く同じ感覚は
きっと無い。



理解し合えるような
気持ちにはなれるから


同じものを
背負う者達が

繋がり在れる事は
悪い事では無い。



そこから

情報を得たり

自分との違いに気付いたり

与え合える事は多い。



必要な事でも在ろうと思う。



だけれど
忘れてはいけない。



どんな痛みも


本来は
孤独で当たり前なのだ。



感じる苦痛は

基本的に

自分だけのもの

なのだから。






これまでの
私の人生の中で


それらは
とても明確に
知り知らされた

現実のひとつだったと思う。



親も
姉妹も先生も


私の中に在る
恐れが

どんなに大きいものか


それが
どんなに痛むのか


誰も理解はしなかった。



私の事を想い
私の為に
治そうと

共に歩いてくれる家族も
私には居なかった。


治療費ひとつ
払う親も居なかった。




男だって
友達だって
上司だって

医師だって


私の恐怖は
理解出来なかった。



私の
心の異常や
体の異常


置かれた環境への

恐怖は


手に取るように
理解される事は

無かった。





若い頃…


まだ
10代とか
20代の始め頃には


それがとても辛かった。



理解して欲しくて 

伝わって欲しくて


ありったけの言の葉を吐き出し
試みた事も
何度も在った。




でも


この
体が
抱えてしまった病気も


この
心が
抱えてしまった病気も


それに対して

私が
ずっと

囚われたままの恐怖も


誰にも伝わりなしなかった。




私が
納得し
満足できるような

伝わり方は
一度もしなかった。





今のように

ネット環境も
在り触れてはいなかった時代だ。


何でも
検索できる時代では無かった。



医学書を調べ
本屋に行き

僅かな情報を得て



それでも

学費と生活費と
残された支払いをすれば

治療費なんて残ってなくて



益々
孤独と恐怖は育ち


私は
ずっと


不安で怖かったんだ。







私は


数人の医師に
ケアして頂いて居る。


中でも
内科の医師には
良くお世話頂いて居る。



心療内科では無いが


眠れない相談や
精神的な事から
襲われる吐き気などの相談もする。




大阪に来てから

あちこちの病院を受診した。


散々な目にもあった。


痛みの中で
苦しんで在った時に


この病院を知った。



開院して数ヶ月の
新しい病院だった。



自宅から近い事と

新しい
医療機器が導入されている事から

行ってみる事にして。



それまでの経験から

探り探り
通院を始めた私だけれど


以来ずっと通ってる。



先生に
私の苦痛なんて伝わらない。



主治医は
私と同じ病でも無い。



医師に在るのは

病んだ体験では無くて


病を背負う者を
診てきた経験と
豊富な知識。




私が
どれだけ言葉を尽くして
辛い症状を伝えても
わかる訳が無い。


そんな事までが
辛くてたまらない時も在った。



通院する程に
悪化するような想いで

苦しんだ事も在った。




でも今は
この内科の医師が
私の主治医。


私は
この医師が大好きで
信じてお任せして居る。


伝わらない事も
理解した上で


この医師を
主治医として認めて居る。






自分の痛みの中で
人は孤独だ。


心の痛みにも
体の痛みにも


それらに付き添う
不安や恐怖にも


人は

結局は孤独だ。

たまらなく孤独だ。



当たり前だ。



その不安や孤独が

どのような色で
形で
味がして


どこが
どんな風に苦しいのかなんて


伝わらなくて当たり前。




伝わって欲しくて

知って貰いたくて

たまらない気持ちは


今でも
どこかに在るけれど


在り得ない事も
もう知って居る。





その上で

やっと
最近は思う。


それでも

本当に信じられる人には
打ち明けられる自分を
失わずに在りたいと。



そう思う。



そこまで
信じられる数人は

大切に
認識して

持って在りたいとも思う。




その
不安も恐怖も

伝わりはしなくても



私が


苦しんで居る事は伝わるだろうし


どんな風に苦しんで在るのかを
打ち明けられたなら


その相手が

本当に
私を想ってくれて在るならば


私が
孤独に朽ちてゆく姿を


放置したりはしないだろう。



何かしらの

言葉や

環境や
機会を


私に与えてくれるのだろう。



決して

大勢がするような
見て見ぬフリも

しないのだろう。






とは言え


どんなに
信じる者が相手であれど


何もかもを
伝えられる訳じゃない。



苦痛の全てを
曝け出せる訳じゃない。



言えない想いは
あちこちに在る。




だから
眠れない夜は
もう何ヶ月も続いてる。







毎日


仕事にも
通院にも
バイトにも
家事にも


なにか
喜びが無いか探す。



通勤途中の道のり

窓から吹き込む風

見上げる空
月。



一生懸命探す。



少しでも


穏やかさを
心に置けるように



生きて在る事を
喜べる自分を
取り戻せるように


懸命に探す。





だけど

空しさの方が
明らかに大きく埋め尽くす。



穏やかに
息を吸える時代が

私にも
与えられる時が来るのだろうか。





あと1ヶ月と半。


約束は必ず果たす。


逃げはしない。



だけど

そこで
悲しみを越えられるのかどうか


まだ

自信はどこにも無い。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: