❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残された時間の中で。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





青い空。


浮かぶ

白い月。



太陽と
月と


両方が

見える空。



欲張りな空。



私は昨日も

太陽の見える青い空に
浮かぶ
白い月を見れたけれど。




地球上のどこかでは


太陽も
月も見れない人が


この時間に
居るのだろうかって
考えてた。




もしそうならば
何だか申し訳ないなって。

思った。




両方を
見上げて在れる私は
贅沢だと思った。



贅沢な
恵まれた空を


見て
過ごせて居る事に
感謝した。




大阪にも春が来てる。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「朽ちて逝く。」(2015.3.1・24)】

【「深い悲しみの足枷。」(2015.3.1・25)】

【「キズグチを吐き出して。」(2015.3.1・27)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】




3月6日以降
過程の続きからは
また離れて居る。



もう少し過ぎたら
続きを書こうと思う。



もう余り時間が無い。

残された時間は
短いから


あと少しの間だけ
離れたら
書き戻ろうと思う。





桜が咲き始めた大阪城。


いつ見ても
やっぱりコテコテの
このお城は
とても好きだ。


スカジャンの柄みたいだなって
思ったりする。



大阪城に
一番近い駅までは

我が家から
30分程で辿り着ける。






久し振り。

ギタリストさんと出掛けた。


仕事の合間に
時間を作って
付き合ってくれはった。



4時間弱のお散歩。



彼と
前にここに来たのは


もう
2年とか3年とか
前になる。



当時よりも
外国人観光客に溢れたお城。




前に来た時には
お土産屋さんも
いまいち垢抜けて無くて

商品も少なかったのに


ハイカラな
京都のお土産みたいな雑貨が
いっぱい並んで
大きくなってて。



ツッコミどころが満載。


舞妓さんの
絵が描いてる商品とか
いっぱい在るんだけど…


この辺に
舞妓さんは居らんでしょ?

ってね。



忍者グッズとかも
いっぱいで

ちりめん雑貨もいっぱいでね。




前に来た時には
お母さん位のパートの女性が
数人やったのに

若いバイトちゃん達が
いっぱい居て


制服も

着物っぽいのとか
忍者っぽいのとかね。




だけど
そんな中にも

ベタベタな大阪を
匂わせる商品が


ひょこっと
並んでたりしてね。



前に
一緒に見た物があったりすると
ちょっとほっとした。






自病の悪化も在れど


何よりも
この3年弱


私は外に出ていない。



仕事以外の外出を
気楽に出来る
環境では無かった


命と向き合って過ごした

2年と2ヶ月と


その後の8ヶ月。





本当に
久し振りの

気楽な
小さなレジャー。



ギタリストさんが

冷え冷えで飲めるように
私の大好きな
よなよなエールと
プレミアムモルツを

用意して来てくれた。



私は
お菓子とドーナツを買って行った。




持って来てくれた小さなシートに
並んで座って


何て無い会話して。



空見て
人見て
鳩見て
雀見て
草見て
蟻見て。


ビールを飲んだ。





穏やか。

とても穏やか。


やっとの
僅かな
とっても穏やかな数時間。



傷付く事も
奪われる事も
失う事も
疑う事も


無い時間が
そこには在った。






一生懸命働いて
得たお金と時間で
楽しみたいと注ぐ事。


それは
とても正しくて
とても大事。


そんなふうに
自分に言えるのは


自分の力で
社会の中で
役割を果たして在るからなんだろうと
思える。



こんな私でも
自分の役割は
果たして生きて来た事を

自分で
認めてあげたいと思った。


人の労力に頼らずに
生きて来たねって。

頑張ってるよって。




そして思った。

何よりも思った。


仕事の合間に
わざわざ電車に乗って
一緒に散歩しようと
出て来てくれる人が


居てくれる事の有難さ。



ひとりでも歩けるけれど

きっと
こんなふうに楽しくはないし

きっと
とっても退屈になったり

楽しそうな人達に
萎縮したり


してしまうんだろうなって。





大阪城。


彼は
城を得て

お殿様になった (笑)。



前に来た時に
彼とこれを見付けて

ふたりで
やたら盛り上がったんだよね。

面白くてね。

沢山盛り上がった。



で。

買っとけばよかったねって
言ってたんだよね。




どんどん高くなる
白い月を見上げながら

ビールを飲みながら
植木を見て歩く私と

共に
歩いてくれる彼が

ぷらぷら持ってる袋の中には
小さなお城が入ってて。



平和だなって思った。


私の毎日は
戦争だからね。


数時間が
とても平和で
貴重だった。





行きたい所のどこにも

基本的には
行けなかった約3年。



例え行けたとしても


それは

物凄い無理をして
身体に負担を掛けて
精神的に追い詰められて

心配に張り裂けそうになりながら


時計を気にして過ごす
数時間だった年月。



体は
少しは動けるようになってきて


体調が悪くなければ


体力作りや
気分転換を兼ねて


しょっちゅう
ひとりでも歩く
自宅周辺は

もう飽き飽きしていて。



違う景色を
見たくてたまらなかったから

眩しい数時間だった。







ギタリストさんと別れて

帰り道。


急いで帰らなくても大丈夫だから
ゆっくり歩いた。


しっかりと
足の筋を伸ばしながら
それでもゆっくり歩いた。




「羨み」について
考えてた。



動ける人達が
羨ましくてたまらなかった
この数年。



動けなくなってゆく体と共に


私に
身動きを与えてはくれない
環境にも


ひたすら痛んで在った年月。




私が


羨んで
妬んで


本当は
心底では
軽蔑まで感じてしまって居たのは


どんな対象だったのか
少し整理した。





私は

自分よりも動ける者を
片っ端から
羨んでいる訳じゃない。

そうじゃない。




まずは

私に
明らかに

害を与えたり
傷付けたりした


盗む人
奪う人

騙す人

押し付ける人

矛盾してる人が


何も無かったかのように
表現を続ける事を

飲み込めないんだと思った。


許せない感情が
まだ残って居るのだと思った。





そして


自分は
怠けて在りながら

人に
依存して
利用して


いつまでも
ぬるま湯に
浸からせてもらいながら


変わる努力も
形に出来ずに
言い訳並べながら
存在する人


悲劇の主人公で在りたがり

自分が
とても可哀想で
苦しみ続けて在るように
自分の弱さを全面に出して

いつも

要領よく守られる立場に
居座れる人が


私に背負わせながら
表現は自由に続けて在れる事に


羨み
妬み


それこそ
憎悪を感じて在ったのかも

知れないと

思った。





★☆★ 月下陽香&井上タイキ 約1年振りの ライブ決定 ★☆★

2015年5月16日(土)
大阪・難波 「 音(ON!) 」― 【HATTRET ブッキングライブ】 ―

(他詳細は決まり次第ご案内させて頂きます。)





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。