❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

朽ちて逝く。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



とてもショックだ。


サボテンが枯れた。




大阪に越して来て直ぐに
種から育てた

サボテンだった。



とっても強い子で


冬の寒さも
梅雨の雨の中でも

いつも

元気に成長してくれて居た。



どんどん大きくなって


どうなってゆくのか
楽しみにしてた。



大事にしてた。


すごく。
大事なサボテンだった。




ずっと

辛い毎日が続く中で


毎日
見て居たつもりだったのに


気付けなかった。


突然ぐにゃりと
頭をもたげた。


とてもショックで
たまらなかった。




きっと


私の苦痛を
持って逝ってくれたんだと

自分に言い聞かせてもみた。



それでも

やはり
ショックは変わらなかった。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「壊れ狂う夜。」(2015.3.14)】

【「埋め尽くすのは絶望と焦りの叫び。」(2015.3.1・18)】

【「召されて骨となれど。」(2015.3.1・21)】

【「植え付けられた悲しみの行方。」(2015.3.1・22)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】






3月6日以降

過程の続きからは
また
離れて居る。



心に

体に

痛みは重なり刻まれて


限界を超えてしまった事を
確信したから


しばらく足踏みをして居る。



もう少し過ぎたら
続きを書こうと思う。



続きを
書き終えなければいけないと

思う。



記憶を呼び起こし

言葉にし
文字にし

文章として

記事にして


更新する作業に



費やす力は

とてもとても
膨大過ぎて



急がなければ
終える前に
朽ちてしまうだろう。



そうならぬように

書き終えなければならないと
思う。



だから
あと少しの間

その作業からは
離れて在りたい。






亡き人の墓に参る為に
出掛けた先週末。




海には浄化作用が
山には癒しの力が
在ると言うが


そこには
そのどちらもが在る。



その時の風景は


私が

大阪に来る前に
暮らして居た土地と
どこか似て居る。



山が在って
海が在って

高い建物が少なくて

空が広い。


田舎だ。




墓に手を合わせて居たら

鳶の鳴き声が聞こえて来た。

大阪じゃ聞こえない音が
あちこちに在る。





ここに初めて来たのは
大阪に越す少し前だった。

良い印象は無かった。


私は
田舎があまり好きでは無くて


そこが
自分が嫌いな土地に
とても良く似て居たから


どこかで
うんざりな気持ちになった。



好きになれないと思った。

なんだか気に入らない。



だけど
年月の流れの中で


慣れて来たと言うか


決して好きではないのだけれど
嫌いな場所ではなくなった。


考え深い場所となった。





墓に参りに行く時


それだけではなく
用事も
まとめて済ませて来るのだが


いつも
用事を済ませた後に
寄る家が在る。



少しの時間でも

たとえ
10分程の挨拶でしか無くても


立ち寄る事を決めて居る。




ご夫婦が
暮らして居る一軒家。


ご主人は90代
奥さまは80代。




かつて


自ら選んだものの
人へも
自分へも
不信は募り

全ては過ちに思え

現実を否定し


孤独でたまらなかった
ある環境に

身を置いた時に


私を
受け入れて下さった
ご夫婦だ。




とても元気で
しっかりしておられたが


さすがに
最近は
老いが目に見える。



それでも

ご主人は

まだまだ元気で
杖も使わずに歩かれるし
車も運転される。


庭には
様々な野菜や木を植え
手入れをし

釣りに行けば
味醂干しにしたり

色々と料理もされる。




ただ
奥さまは

この数年で
老いが早まったように思う。


ほんの10分程でも
同じ会話を繰り返す。


足元も危なっかしい。

手を借りて居なければ
転びそうだ。



物忘れの症状は
とても急激に
進行しているようで

今朝行った事が

夕方には

もう
わからないそうだ。




1日中
夫婦ふたりで居ても

ご主人の負担も増えてゆくし


毎日に
変化や刺激が在った方が良いし

プロの方の支援も求めて


最近では
週3日
デイサービスに通っているらしい。




先日伺った時には
丁度デイサービスに行っておられて

ご主人とだけお話をした。



とてもしっかり者だった奥さまが
記憶力を失くされてゆく日々は
たまらなく辛いと

ご主人が言った。



「うん。うん。」って。

聞く事しか出来なかった。


何もしてあげられない。


たまに伺って
聞く事しか出来ない。




このご夫婦を
私は
心のどこかで
親のように想い
憧れても居る。

尊敬もして居る。


自分の親に
尊敬なんてした事が無いのに


この2年と少し
父とは
まともに話しても居ないのに


このご夫婦の事は
いつも気になって居る。





私の父は
60代の半ば頃の年齢。


2013年の元旦に
私が拒絶して以来

まともな会話もして居ない。


たまに留守電が入って居ても

汚い言葉しか入って居ない。 



私が
嘔吐に襲われて
数日苦しむような言葉しか

聞いて居ない。



父を忘れた訳では無い。



でも

それまでの過程で
使い果たしてしまった私には


父は

ただただ重く
苦痛な存在でしか
なくなってしまった。


もう関わりたくないと
思ってしまったんだ。




この先
父も老いてゆくだろう中で。


父の事だから


恨み辛みの記憶だけは
鮮明に

後は忘れてゆくのだろう。



その時に
私はどうするのだろうか。


その時に

私は

私の人生を

選んでも良いだろうか。






父の
両親に当たる祖父母には

私は
ほとんど会った事が無い。


幼い頃の数回だけ。



大阪に越して来る少し前に
祖父が亡くなり
葬儀に参列したが


遺影を見ても
やはり覚えても居らず


祖父の名前も

そこで初めて知った。



祖母は生きて居るようだ。


父は4人兄弟だが
誰も引き取ろうとはしなかった。


子供たちに
迷惑ばかりかけて 

世話をさせて来た親を


子供たちは
誰も

見ようとはしなくて


施設に入れて
滅多に会いにも行かない。



それは
祖母の生き方が
導いた答えだと思う。

仕方がないと思う。




そう思えば
私が
父を拒絶する事は

おかしい事では無いようにも
思える。





あと

10年
15年が
過ぎた頃に


私が生きて在れば


持病も
今よりも悪化して


生きる事は
今よりも大変だろうと思う。



そんな環境で

ちゃんと与えてもくれなかった親が
まだ生きて居ても


私は
きっと


面倒を見れないだろうし
見たくはないのだろうと

思いもする。







血の家族は私を壊す。

私から奪う。

ずっとそうだった。


魂の家族を選びたい。


そう思う。


まだ
これから


時間を掛けて

選択してゆかなければならない。







昨日から
バイトを休んでいる。


足を痛めて
動き回れないから
代わって貰った。


小走りも出来ないままで
働けるような職場では無い。


行くだけ迷惑だ。




その分
自宅工房で
作陶作業をしながら

思う。



バイトとの掛け持ちは
やはり辛い。




足を痛めたから
3日間
休みを貰えたけれど


その間
バイトが無いと言うだけで

心の中に
圧迫感が減る。



心にも
体にも


毎日
目一杯
圧し掛かる負担が

少し
少なくて居られる。



だけど
辞められないしね。



フルタイムで働ける
体では無いから
掛け持ちは
しなきゃ仕方ないしね。




自分で稼げないのに
やりたい事してたら


本当に
苦労して
頑張って生きてる人達の
負担にしかならない

とも思ってるし


私は
表現をして居たいから


ならば


働いて居なきゃと思う。






耳の下から首が腫れてる。

顔がぱんぱんだ。



輪郭が
また
別人のように腫れてる。



これは
とても憂鬱になる
病状のひとつ。



人に会うのが
嫌になってしまう。




明日は通院できるかな‥




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡