❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

植え付けられた悲しみの行方。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



22日。


9回目の22日。



月命日だ。


やっと9ヶ月が過ぎた。



心には
大きな穴が空いたまんまで


今日からは
10ヶ月目の
時間が刻まれてゆく。



あと
どれだけの月日が過ぎ去れば

私は楽になれるだろうか。





昨日は
海の見える所へ出掛けた。

墓に参りに出掛けた。



空は白っぽい薄曇りで

海との境界線は解り辛く


求めて居た青い海では
なかったけれど


車を止めて
少し眺めてた。




残念ながら

体調は余り良くなくて
しかも
右足を痛めてしまって


おまけに
ちょっと
理解出来ない出来事にも遭遇して


しっかり楽しめる外出には
ならなかったけれど…



海が見えた事は
良かったと思う。




私が暮らす街からは
見えない海。


毎日に
存在しない景色が
見れる事は


心にとても良い事だと感じる。



せっかく
そう感じられたのだから


遭遇した
理解出来ない出来事に対して

感じた
不満と怒りを


いつもの私ならば
きっと
我慢して
飲み込んでしまうのだけれど


言葉にして伝える選択をした。



それは
私には

とても嫌で
我慢したくはない事だと


昨日の内に
本人に伝えた。


その選択は
正しかったと

今日思った。



いつもいつも
我慢しなくてはいけないなんて

おかしいんだ。



自分が悪くない事まで
我慢する必要は
きっと無い。



ちゃんと
自分に
そう教えてゆける自分に

なれたらなぁと

とても願うけれど


植え付けられた
意識や思考は

簡単には

変わらないんだよね…。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「壊れ狂う夜。」(2015.3.14)】

【「埋め尽くすのは絶望と焦りの叫び。」(2015.3.1・18)】

【「召されて骨となれど。」(2015.3.1・21)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降

過程の続きからは
また離れて居る。


心に
体に


痛みは
重なり刻まれて

限界を超えてしまった事を
確信したから


今は
頑張り過ぎないで在ろうと
思って居る。








昨年
月下陽香が立てたステージは
たった一度。


5月24日の
たった一度だった。



それは
当時の私の

環境や
体調や



全てに関して
余りにも苦しい

ステージだった。




これまでに体験した
どのステージよりも


私は

ただ
ただ

悲しみに覆われて

そこに在った。



誰の
どの言葉も

痛くてたまらなかった。



とてもじゃないけれど
笑える心境では無かった。


楽しめる想いも無かった。




心は
そこには無くて。


その日の
その時間に起きた出来事は

覚えて居ない事が多い。



いつもならば
細かく記憶しているだろう流れが

ブチブチと千切れた

断片的な物でしかない。





駆け付けて下さった方々や
ご一緒下さった方々。 


ご心配下さったり
お声を掛けて下さったり


CDをお買い求め下さったり


多くの方々に
沢山与えて頂いた事は


覚えて居るし

とてもとても
有難く感謝して居る。




そこに立つ事を決めたのは
自分だと言う事も
理解して居る。




だけど

私には

巨大な悲しみが

何よりも
深く深く
刻まれてしまい



その後
召されるまでの
体験や


召された後にも
次々と降り掛かった
出来事に



月日が過ぎゆく程に


悲しみを
感じた記憶ばかりが
大きく育ち始めてしまい


疲れ切って在る




この胸には


ステージが

悲しみと
イコールで
繋がれて在るような意識までが


植え付けられてしまい…。







そのステージから
約1年後に当たる

今年


5月16日。



いつも気に掛けて下さる
HATTRETさんに
お声を掛けて頂き


月下陽香は

ステージに
立つ事を決めた。




やっとステージに立てる。

やっと
再びステージで歌が歌える。


辛いだけの練習にも
ひとつ


やっと目標が持てる。



有難い。
本当に有難い。




摂食障害や
自傷癖も
掲げて立つ月下陽香は


どこにでも出られる
うたうたいでは無い。


誰にでも受け入れられる
うたうたいでは無い。



そんな月下陽香を
良く知り

その上で

ご自身のイベントに
出演をさせて下さる
HATTRETさんには


本当に感謝いっぱい。

有難くてたまらない。






HATTRETさんとは

昨年の
たった一度のステージで
ご一緒して頂いた。



特に
ボーカルのユタカさんは
いつも
とても気に掛けて下さり

時々
連絡も下さるのだけれど。



昨年は

そのイベントが終わり
少し過ぎた頃


私は
彼に怒りをぶつけた事が在った。



普段の私で在れたならば
そんな事はしなかっただろう。 


もっと
冷静に話が出来ただろう。



決して
彼は悪くは無かったと思う。


当時の私の想いとは
重ならなかっただけだ。


ただただ

当時の私は
大きな悲しみの中に在り


どうしても
もう
平常では在れなかった。


冷静さも
見当たらなかった。




結果
彼の言葉に対し
怒りをぶつけてしまった。


怒りと言うよりも

悲しみだった。



自分で
全く処理出来ない悲しみを

怒りの言葉として


送り付けてしまった。



後日
後悔をして
お詫びのメールはしたけれど


今想い起こしても


あの時
感情をぶつけた私の行動は

正しいとは言い切れない。



なのに
彼は
それを受け止めて下さった。


そして


今年
初めてのステージを


月下陽香に与えて下さった。


本当に感謝をして居る。






だけど

心には喜びが無い。


ライブが決まったのに

喜びからは遠い。



胸に在る感情は

喜びでは無くて

恐怖と

不安。





1年間


活動出来る人達を
羨みながら

ただ耐えて来て。



やっと立てるステージが


もし
とても辛い物となってしまったら


私は
もう
音楽をやめてしまうかも知れない。



私は
もう耐えられないように思う。


これ以上
ステージに
苦痛が植え付けられたなら


私は
もう耐えられないと思う。


私は
本当に
もう

私では無くなるのだと思う。


朽ちるんだと思う。



本当に
折れて
倒れてしまうのだと思う。





ステージに立つ時に

本数をこなせない私は
とても思う。


ステージに
嫌な想いを残したくはない。



例えば


間違えたり
何かトラブルが起きたりしても


必ず治めて


自分に
納得出来る形として
終えたい。



でないと
次まで引き摺ってしまう。


その

「次」

が遠い私には


長い月日が
痛に満ちる。



とても辛い。



だから
そうはならないように注ぐ。




当たり前だが



練習も一生懸命重ねる。

顎が痛くても
身体が辛くても

重ねる。


構成も
選曲も
衣装も

目一杯

悩んで
考えて

準備する。


集客にも力を入れる。



とにかく
自分なりに
出来る限りの事をして目指す。



自分が考える
出来る限りの隅々まで


思考を出し切って
見て
動く。





一夜の
数十分に


私は

イキザマを
掛けて立つから。


命を
磨り減らして立つから。





やっと決めたステージだから
努力は必ずする。


次へ
続けられるかどうかは

その
一度にかかって居ると思うから


一生懸命努力はする。




だけど。

私は


満ちた悲しみの沁み込んだ
上着を

そこで
脱ぎ捨てられるのだろうか。


そう出来るように
注ぐけれども


果たして大丈夫なんだろうか。





ステージに立てなかった
この約1年間


月下陽香の
在り方についても

私は
随分と悩んでもきた。


これから
どう表現をすれば良いのかも

正直見れなくもなった。




物凄く考えて
日々を過ごした。

物凄く痛んで

悩んで

日々を生き延びた。


沢山泣いた。



いつも

怯え
寂れて
羨んで


苦しんで在った。




私は

果たして

それらを
新たな種として


キズグチに
埋め込めるのだろうか。



約2ヶ月を掛けて

そこに辿り着けた時に


私は笑って在れるのだろうか。





今の月下陽香は
ステージの上に在る時に
ギタリストが居てくれる。

尊い相棒が居てくれる。
独りでは無い。



でも
自分に
植え付けられてしまった

悲しみは


自分の力で
砕き
越えなければならない。



恐れを越えるに当たり

人は孤独だ。


まずは
その孤独に
勝たなければ


行き着きはしない。



5月16日までに


私は



何を選び
どう動き

向かえば良いのか



とても考えて居る。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: