❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

埋め尽くすのは絶望と焦りの叫び。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



思い出した。


朝方。
目が覚めて。


思い出した。



電車に
飛び込んだ遺体。




遠い昔。


15年程前の事だ。


知り合いでは無い。

偶然遭遇した事が在る。




電車路線での人身事故は
あちこちで
悲しいけれど
起こされて来たであろう。



実際に
それにより
遅れが生じた列車にも
何度も遭遇をした。



私が
嘗て
実際に
見た飛び込んだ遺体は
女性だった。


丁度

膝辺りを引かれ

その体は
正常で在るならば
曲がる訳がないだろう向きに
両の膝が折れ曲がり

首から上が無かった。



当時
その駅では
知り合いが働いて居た。



会社によって

人身事故の対処は異なる。



警察を待ち
運行を止める所もあるが。

当時の
その路線は


そうでは無く。



飛び込みが在ると

駅員が

軍手をし

警察よりも先に
遺体の
肉の欠片を拾い集めて
運行を続けてた。



その時もそうだった。


だから
私は見てしまった。


顔の無い
両の脚の折れた死体。



なんで思い出したんだろう…。


ずっと忘れてたのに。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「絶望は精神的死。」(2015.3.11)】

【「届かぬ叫び。」(2015.3.12)】

【「壊れ狂う夜。」(2015.3.14)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】





3月6日以降


過程の続きからは
また離れて居る。


心は傷み痛み過ぎて
どうしても動かない。


眠れない夜は続き

思考は闇を彷徨う。



痛む出来事が続き過ぎた数年を

巡り巡らせ


やっと
心が
少しずつ
理解し始めたものの


もう
長い間

笑っても居なければ

ひとりになれば泣く事が多い。




続けて重なり続けた
痛みの内


1つは

理解しようと
悩む事をやめた。


自分を責めて
悩む事をやめて

心の中の箱に入れて
鍵を掛けた。


それが正しいと思えた。


このまま尽きても
それは仕方ない事で


自分は
悪くはないと

行き着いた。




内1つは

決行を急ぐ事をやめた。


私は
その人と話す事に対し

大きな嫌悪と
深い拒絶を

明らかに抱えて在るのだから


だから
答えを急いで居たけれど


それをやめた。



こんなにも苦しいのだから

少し
後回しでも良いのではないか。

そう自分に問うて決めた。





昨年の6月。

私を埋め尽くしたのは


ここまでの
深い
悲しみと
寂しさは

感じた事が無いだろうと


確信出来る程の


大きな大きな

悲しみと寂しさ。



感じた事が無い。

乗り越えた経験が無い

巨大な痛みであり

どう向き合えば良いのか
わからない


深い深い痛みであると


言葉に出来たら

自分を責める想いが
そこでも
また
少しだけ

マシになった。

【「壊れ狂う夜。」(2015.3.14)】





とてもとても苦痛に満ちて

息も絶え絶え
溺れそうな日々。


ポストに届いたのは


大好きなアンパンマンと
“宇宙のエネルギー”。




月と星。

そして

夜空のように
深い碧の中には

花。



きれい。

そして優しい。



うれしいなぁ…って思った。


何よりも
あったかいなぁって。

思った。



胸の
みぞおち辺りの
奥の方が

きゅーってなって。


緩々と
涙がこみ上げるような感覚は

身体が
あたたまるようだった。



とても忙しい日々

大変お疲れで居られるだろう中


時間を使い
お金を使い

私の為に
お手紙を書き


選び
送って下さる事が


たまらなく有難い。



この方には

これまでも
何度も何度も
贈り物を頂いた。


いつも
とても辛い時に

「大丈夫だよ」って

「応援してるよ」って

送って下さった。


いつもいつも。

ご自身も大変なのに。
寄り添って下さった。





昨年
改めて気付いた事が在った。


本当に
本当に


とても辛くて
悲しくて
たまらない時に


本当に
滅茶苦茶に辛い時に



遠くから
観てるだけでは無く

見て見ぬフリでは無く



そんな時だからこそ

リアルに
沿うて在って下さる人達に

気付いた事が在った。



それまで

親しいと思って居たり

それこそ
親友とか
古くからの知り合いとか


そう思って


私が
私の中で
特別な存在として振り分けて
勝手に信じて来た人ほど


辛くてたまらない私には
触れようとはしなかった。




何もしてくれなかったじゃないかと
不満に思い
怒って居る訳では無い。

そうではなくて。



私が
とても近くに在ると
思いこんで居た人間関係と


今の私の
実際の関わりは


いつの間にか
変化をしていたのだと思った。




年月の流れの中で

歳も重ね
環境も変わり。



確かに
古くから知って居て


深い付き合いをした時代も
在ったのだけれど


きちんと振り返れば
近年は
もう身近では無く


結局は


私の痛みから目を背けた。




遠い昔

何度も結んだであろう

心の小指。



いつの間にか

どちらからともなく

切り離してしまって居たのだろう。




辛い時だからこそ



状況を気遣う
声を掛けてくれたり

何も言わなくても
支援をしてくれたり


気に掛けて
ここを読み
応援をしてくれたり。



痛む私に

私を想って


リアルに
触れて与えてくれる人達が

誰で

どんな関わりに在る人達なのか


とても考え直して
今が変化していた事を感じた。




今の
私の小指は

誰と
結んで在れて居るのか


確認が出来た気がした。





改めて知れた変化の中

失った者に対しては
とても悩みもした。


もう
私の中には存在しない事を
心がきちんと理解するには


苦しい長い時間が要った。


それでも
そう理解出来たのは


こうして
今の私の事を


いつも

気に掛けて
差し伸べて下さる人達が

居て下さるからだと思う。





この週末は少し遠出をする。


車に乗せて貰えるから
移動の心配はない。


海の見える所まで
お墓参りに行く。

もうすぐ命日だから。


その後は
少しだけ遠回りしてこよう。



その時は
このエネルギーを
身に着けてゆこう。


遠回りの寄り道は
この贈り物を下さった
京都にお住いの
歌姫さまを想いながら

喜びの中で
何か探せたらいいな。






バイトへ向かう時は徒歩が多い。


自宅から近いし
少しでも
歩く事を
意識してるから


基本的に徒歩。



東大阪に移り住んで
もう10年程になる。


こんなにも長い年月
ここに居られるとは
思って居なかった。



考えてみれば

10年
同じ場所で
暮らした事など無かった。



初めての事だ。


未だに
少し離れたら
土地名もわからないし
土地勘も
イマイチのまま。



でも
10年も暮らせば

近所の事は
いろいろ知ってる。



細い細い裏道。


どこの家に
四季それぞれに
どんな
木や花が咲くとか


金木犀の香りが良いのは
どの道で


いつも犬が吠える家


曼珠沙華が咲く場所

白い曼珠沙華が見れる場所


こっそり咲く
水仙が在る場所


野良猫の通り道

蝶々の通り道。



やっと
住み慣れてきたのだろうけれど



いつまでも
ここで暮らせる訳では無い。


近い未来には

必ず
ここからも
離れなければならない。



これは
始めからわかってた事。


もう
ここに

長くは居られない。




だからこそ
今の内に
ステージに立っておきたい。


とても思う。


体は辛くとも


今の内に
もう少しやっておきたい。

このまま終わりたくない。




ここを離れたら

もう
きっと私は
歌えなくなるように思う。


ここを離れて

誰も知らない土地で

この身体で


また
一から

サポートも居ない環境で 

飛び込んで
活動を始められる力は


もう無いだろう。

見当たらない。




もう時間が余り無い。
何とかしなければいけない。

でなければ

間違いなく私は

このまま
癒えぬキズを抱えたまま


それこそ
音楽活動を
始めてしまった事にも

深い後悔だけをし続け


その内に
全ての音楽を嫌い


また
音楽から逃げて


残りを
生きなければならなくなる。



動ける時間はもうあと少しだ。

どうしたらいいのだろう…



毎日は

身体にも
精神にも
突き付ける出来事が
次々と

もう苦し過ぎて
ただただ辛いから


ひとつ位
何か得られないと


本当に
朽ちて消えてしまいそうだ。




もう時間には余り余裕が無い。


その時までには

ここに
記してきた
過程を綴る記事も

書き終えて居なければいけない。



月下陽香で在る内に
終えて置かなければ
ならないと思う。



でないと

今日までに

ここまで苦労して
書き続けて来た労力も

全て無駄だ。





焦る。

気持ちがとても焦って
精神を更に追い詰める。

苦しくてたまらない。



あちこちに
深いキズが痛んで

涙は毎日流れて

精神は不安定過ぎて
もう
正常では無いのにね。

時間は迫られて居る。



このままでは

私の中には
大きな憎しみが生き続ける。


妬みが羨みが
生き続ける。


そうなれば
私は私を終わらせるだろう。


自分を許せずに

穏やかさの無い毎日に
在らねばならぬなら
存在する事をやめたい。




季節は
春に移り変わろうとして居るのに。

置いてきぼりのままだ。



こんなにも注いで
ただ朽ちるのだろうか。


助けてと
心が叫ぶ。


叫び続けてる。


その声は誰にも届かない。





今日はバイトは休み。

あとで
少し散歩をしよう。


病的な浮腫みが悪化してる。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: