❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望は精神的死。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



「 絶望とは 死に至る病である。 」



今日

改めて
私に

飛び込んだ言葉。



そうだったなぁと

思う。



ふと
思い出すような感覚が



精神的な死が
絶望であると言う


考えを述べた

文字を思い出した。





今朝は
通院の予定が在り

雪の舞う中出掛けた。


今日の病院は
自転車で行ける距離。



お友達が
編んで下さった
帽子とネックウォーマー。


背中には
これもまた
頂いたカイロ。


膝と
両の指は
サポーターで固定して

向かった。





主治医は
今日も笑顔で迎えてくれた。


先日の
血液検査の結果を見ながら
色々話した。


白血球数は
相変わらず増えない。


甲状腺の数値も
正常値には遠い。


腎機能もギリギリ。


幸い肝機能は正常。

こんなにも
投薬に使われて
これまでには
アルコールにも使われてきたのに

幸い正常値。


これには感謝だ。



タバコは吸えなくなってしまったけど
アルコールはやめたくはない。



攻撃性が増したり
鬱状態が増すから

精神状態が
余りにも悪い時に

独りで
深酒をする事は

しないようにしてるけど


アルコールはやめたくない。

すごく好きだから。



好きな物
ひとつやふたつは


持ったままで居させて欲しい。


我慢ばっかりなんだから。




睡眠薬を
もう少し増やす事にした。


他の薬との兼ね合いを考えると
これが恐らくは最大量だ。


なんとか
これで
やりくり出来る事を願う。



薬頼りで在っても
睡眠が得られたならば

翌日は

薬に頼りながらでも


社会に在り
働く事位は出来るだろう。


最低限の役割は
果たして
存在出来るのだろう。




それ以外の
精神に関わる処方は拒否。


それらを飲んだところで

絶望は変わらない。


何も変わらない。


楽にはならない。

楽しくもならない。

嬉しくもならない。



自分の場合は
そうである事は
もう十分に知って在るから

要らない。






調剤薬局のソファ。


事務員さんは
今日も
前回と同じ問い掛けを
私にする。


同じ答えを返しながら


彼女が
仕事をする段取りを
少し見て。



その後

視線を移したテレビの中。

観た景色は被災地。



4年なんだね。


画面の中
黙祷を捧げる人達を観た。


私の父は福島出身だ。


家庭の様々な事情で
私は
会った事すらないが


福島には


父の親族が
何人も生きて在り


父の先祖のお墓も在り


被災して
未だ帰れない人が居る事も
知ってはいる。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。




時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「もう頑張れない。」(2015.3.6)】

【「疲れ果て壊れた私。」(2015.3.8)】

【「寂しさに狂う。」(2015.3.9)】

【「絶望にも果てが在るなら。」(2015.3.10)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】






数日

過程の続きからは
また

離れて居る。



心が動かない。



生きて在る事が


何よりも
苦しくて悲しい。


死ねない事が

苦しい。



そこまで落っこちて


私を

底まで引き摺り込んだ

いくつもの


深く
この胸を
傷付けた出来事を


背が折れそうな程に
背負い込みながら。




やっと

その中のひとつを


声にして
届ける為に


少しずつ

注いでは居る。



でも

それは
本当に苦しい作業。


物凄く
磨り減らす

とても
とても
疲れる作業。


一気に行えば


私は

更に
死にたくなるだろう

辛い作業。



とても少しずつ。


だけど


ずるずる続けば
壊してしまうから


自分なりの期限を決めて居る。



そこまで使い果たしても

片付けられるようには
思えないし



結局は
また


押し付けられ
飲み込まされて


更に
傷を深める選択しか


私には
与えては貰えないのだろうから。







私は

きっと

音楽は好きでは無い。



音楽活動は
してきた方に
入る人では
在るのだろうけれど。



きっと
特別好きでは無い。



セッションみたいな場所に行っても

皆が
当たり前に知って居て


速攻で合わせて
楽しめるような楽曲も

まず知らない。



覚えれば
そこに参加も出来るだろうに


それでも

興味が無いから
覚える気も無い。



私にとって

それは
なんの魅力も無いからだ。


結局は
私は
音楽が
好きな訳では無いのだろう。



歌は嫌いでは無い。


でも
カラオケは大嫌い。



20代の前半頃
大学生の頃までは
物凄く好きだったけれど


大嫌いになった。


カラオケボックスは行くけれど


そこで
歌を強要される事は
とても大きな苦痛だ。



順番にマイクを回さないで欲しい。

歌いたい人が
歌えばいいじゃないか。


音楽をしてるからって
歌わせないで欲しい。


十数回も
手術を繰り返してきた
私の顎には

ただただ苦痛でしかない。




月下陽香の練習は

ここ数年はカ
ラオケボックスでして居る。


交通渋滞で
ギタリストさんが遅れてしまう時などは
先に入って
カラオケをしてる事も在る。




でも

それは

歌うと言うよりも


好きだった歌の

歌詞を
確認してるような感じ。


曲をかけても
1曲歌う事も無い。


歌詞を目で追いながら。

時々発声してるだけ。



いつの間にか

音楽は
嫌いな物になってるんだと思う。



何かが在って
意識して
起こさない限り


CDを聴く事も
動画を観る事も


基本的には

生活の中に
存在はしないから。



追い詰められるから
しなくなったんだろうね。



そうだね。

そうだと思う。






けど。


今日は

棚の奥から
面倒くさいのに
わざわざ出してきて


聴いたCDがあった。



私は
基本的には
日本語の歌しか聴かない。


歌詞が
きちんと飛び込むものしか

興味が無い。




だけど


そんな私でも
なぜか好きな女性。


ジャニスジョプリン。



少しの間
彼女のCDを掛けながら
仕事をした。





私は子供が嫌いだ。
大嫌いだ。

【「絶望に近い場所。」(2015.2.6)】



私は嫌いでも


友人の子供は
なぜか私を慕ってくれる。



もう
1年以上会って居ないのに。



その子の母で在る私の友人に
その子は聞くらしい。


「めぐちゃんは来ないの?」って。

「いつ来るの?」って。



友人は言ったそうだ。


私が
体調が悪くて
暫くは遊びには来ないと。




そうしたら

大事にして居る消しゴムを
私に
半分分けてくれたそうで。


ポストに届いて居た。



いつも
シールを半分こする事
覚えてくれてるんだね。



もしかしたら


友人よりも
友人の子供が


私の中に在り続ける
幼児性を

見抜いて居るのだろうか。




子供は
大嫌いなのにね。




今日も
めちゃくちゃに頑張って。



私の身体の充電は
もう残り僅か。


早く静かに寝落ちたい。



精神的に

死に呼ばれ
逝く事の無いように



寝落ちてしまいたい。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。