❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寂しさに狂う。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



生きて居なければ

ならない事が


こんなにも
苦しくなってしまったのは


なぜ?



自分に問うて気付くのは


我慢を
し続け過ぎた


と言う事だけ。





マニキュアを塗ったのは
8ヶ月振り。



ステージに
立つ事も無ければ


お洒落して
出掛けるよな出来事も


片手で
十分に足りる程しか
しないで過ぎて居るし


秋からは始めたバイトでは
マニキュアはしない方が良いし。





赤いマニキュアは

昨年の
5月24日以来。



あの

辛くてたまらなかった


現時点で最後の
ステージ以来。




記憶を

少しでも
新たに
塗り替えられるならと


願い
丁寧に塗った。




普段
仕事でも
ほとんど利用しないルートで

少し遠出をした。




自宅からは
電車と徒歩で
1時間半程の距離。


最近の私には
ちょっとした冒険だった。




行く事を
何度も悩んだ。


物凄く悩んで
行く事にした。



前日には
お土産を買いにも出掛けて。

頑張ろうと思った。





お気に入りの服を着た。


いつもより
メイクもきっちりとした。


アイメイクも
しっかりとした。



泣かないように。

萎縮しないように。



今日の私は綺麗だと
言い聞かせながら
身支度をした。




日頃は
地下鉄の利用が多い。


地上を走る列車では
窓の外の
景色が流れゆくのを観て在れて

少し新鮮だった。



少しだけ早く家を出て

雑貨や
アクセサリーを見たりもした。



一生懸命に
楽しむ努力をした。



でも。


現地が近付く列車の中で
気付いた。



席は
まばらに空いて居たけれど
座らなかった。


外が見たくて。


扉の前に立ってた。



外は日が暮れて来て。

扉のガラスには
自分の姿が映る。



髪型も
メイクも
お気に入りのワンピースも

悪くはない。


けど。



なんで
こんなに辛いんだろう…。



顎が痛くて
右側のこめかみも
ズキズキと痛い。


そりゃそうだ。






ずっと
物凄い力で
奥歯を噛み締めて居る。


十数回の
手術を繰り返した
もろい弱い顎に


必要以上の力を入れて


ずっと
奥歯を噛んで居る。


物凄い
物凄い力で。




そして
ずっと
右手の指で

この
左手の指を
握り締めて居る。


痛くて疼くから。


とてもとても
痛くてたまらないから。



締め付けるように
ぎゅっと

握り締めて居る。






現地に着けば


大好きな人や
会いたかった人も居て


そこは
とても素敵な場所で

人の笑顔もいっぱいで。


素晴らしい数時間だった。


お気遣い頂いて
ご馳走にもなって。





だけど。

私。


一度も

本当には

笑えなかった。



与えて頂ける喜びは在れど

楽しめる私は
どこにも居なかった。



その場所も
そこに居た人たちも

皆さま素敵で優しかった。


だけど
私は笑えなかった。


申し訳なく
情けない程に


その場を
楽しんで笑う事が

出来なかった。





こんなにも
毎日は痛いのに。


死ねない。



それが
とても辛い事を
改めて知る。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「泣き叫ぶ夜。」(2015.2.28)】

【「もう頑張れない。」(2015.3.6)】

【「疲れ果て壊れた私。」(2015.3.8)】






過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】






今日は
昨日の事を書いておくね。






今日のバイトは
休みにして貰って居た。


昨日を出掛けて過ごしても
大丈夫なように


前もって詰めて入り
今日は
行かなくても良いように
準備もして居た。



だから
もう少し遅くまで
そこに居ても
良かったのかも知れない。



でも
居られなかった。



早く帰りたかった。


体も
疲れたと感じて居たし
心が
上を向けなかった。




そんなに広い場所では無い。


アットホームで
目の行き届く環境。


居心地も良い場所だと思う。


直ぐそこには
お店の人も
お客さまも居る。


直ぐそこ。
本当に直ぐそこ。


なのに
とても遠くに見える。



遠くから観てるだけ。




原因は自分だ。

それはわかってる。

自分が近付けないんだ。


怖くて。
辛くて。


付きまとう孤独を
振り払う

気力も見当たらないんだ。



くたくたなんだ。



希望が
どこにも見当たらなくなって


絶望が
敷き詰められて


今日に在る事が

もう苦しい。






帰り道。


スマホで検索したら
4パターンの乗り換えが表示された。



うち
1つだけが

その4つよりも

10分
早く帰宅できる事がわかった。



早く帰りたかった。

とにかく早く帰りたかった。



10分だけだけれど

早く帰れる乗り換えを選べば
運賃が少し高くなる。


でも
たとえ10分でも
早く帰りたかったから

それを選んだ。



乗り換えは2回。


最後の乗り換えは
4分しか余裕が無い。



一生懸命急いだ。


走って向かった。


帰りたくて。
向かった。



なのに。


電車は
私の目の前で

行ってしまった。



私を

置いて行ってしまった。


走ったのに。

一生懸命走ったのに。



私だけを
静かに置いて行った。


お金を多く払って
走って。


それなのに。





次の電車を10分間待ち

たった10分
早く帰りたくて
頑張ったのに。

10分遅い帰宅となった。




次の電車を待つ10分。


静かなホーム。


こみ上げる怒りと悲しみ。

泣きだしそうな想い。



髪を結んだ事を後悔した。


結んで居なければ
俯けば
泣く事も出来ただろうに。




大声を上げてしまいそうで

また
奥歯を食い縛り


抑えきれなくて


ホームの柱を蹴った。







濃い目のお湯割りを
数杯

急いで飲んで
睡眠薬も入れて


日付が変わり
少し過ぎた頃
ベッドに入った。



泣いた。


声を殺して泣いた。


泣いて泣いて

寝落ちた。





自分が



とても強く
呼ばれて居る自覚が在る。


疲れ切ってしまって

消えたいと
もう消えたいと

毎日
思って居る事がわかる。



そして

家族の自死を知る
もう一人の私が


それだけはしてはいけないと
必死になって
私に言う。



自死出来ぬなら
自傷してしまいたい私を

また

私が止める。




いい加減にしてくれ。


破壊されそうだ。


寂しさに狂う。




もう
我慢も限界を超えてるんだよ。


大声を上げて
暴れて


何かを壊したり
誰かを傷付けたり
してしまうかも知れないよ。





指は今日も痛い。


今も


唸り
握り締め
固まる程に痛い。


痛い。



心はもっと痛い。


毎日が痛い。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。