❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

キズグチを愛せた時に。(辿り着けるまで・3)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





一昨日の夜


ギタリストさんが
届けてくれた差し入れ。



大好きな
アボカドが乗っかったサラダ。



少し前に
可愛いカードも頂いたけど。

これも
雛祭りの贈り物だね。




3月3日は

私にとって
とても大きな記念日だ。



ずっとずっと。


嫌で嫌でたまらなかった苗字から


かつて
私が

解放された記念日。



だから

感謝して過ごすようにしてる。




私が
私を

この世から消す為に


必要な

第一歩だったと
思って居るから。

【「私が私をこの世から消す為に。」(転居後前半・59) (2014.10.9)】









2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「朽ちゆく恐怖の中で。」(2015.2.27)】

【「泣き叫ぶ夜。」(2015.2.28)】





過過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「楽に消えるなら諦めもつくだろうに。」(現在に向かう私・42)(2015.1.28)】

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】





続きを書かなきゃね。



過程の記事の中の私は
2014年を迎えた。




ここには
2014年の
中の私が

書いた記事が置かれている。

【2014年1月の記事】



当時も
過去を振り返り
順番に過程を綴りながら 


当時
私が

向き合う事となった
痛みについても


多く書き記して在る。





大晦日も元旦も

共に過ごせるのは
最後かも知れないから

自宅で愛猫と過ごし

2014年が明けた。



この時
そうしておいて良かったと思う。


実際に
共に年を越せる翌年は
訪れなくなったから。






体調も環境も
益々
私に
身動きを取れなくさせていった。


バイトは
年末年始は休みだったけれど

時給なんぼのパートは
休めば収入にはならない。



その分
本業を詰めて粘ってみたが


持病の具合は悪く


また
バイト先で痛めた
膝の痛みも酷く


仕事もまりはかどらず。


正月休みが明ければ

少しの距離を歩く事も
苦痛な足で

引き摺りながら

またバイトに通った。



しかも看護も続いて居る。


24時間気を抜けない。


夜も
3時間程眠っては
看護の繰り返し。



毎日に
付き纏う倦怠感も
とても大きかった。






その年の始まり。


私の心には
大きな穴が空いた。


深い傷が付く出来事が起きた。



当時に
それらは
何度も記事とされた。




心底信じて在れる人なんて

それぞれに
一体何人居るだろうか。



私の心中


本当に
信用し信頼し
想える人なんて


数えられる。




全ての知り合いの中で
それは
とても尊い
貴重な
大切な何人かである。



その尊い大切な人に
深く
抉られる想いを経験する。



衝撃は大きかった。


とても身近な
大切な
大好きな
信じて来た人だったから


その衝撃は

私を打ちのめした。



心の中の
大きな地雷を
踏まれてしまったようだった。




私は絶望をも感じた。



それでも
その痛みと
向き合う事を始めた。


大切だったから。

失いたくはなかったから。



沢山考えた。
毎日毎日。


なぜに
こんなにも傷付いたのか
懸命に分析をした。


この傷を
憎悪に変えたくはなかった。



これまでのように
恨みの足枷に
育てたくは
もう無かった。



だから分析を続けた。





そして気付いた。



私の心は


これまでにも
何度も何度も
小さな傷を
重ねて負って来た事。



ずっと
我慢をして来て居た事。



その都度

笑って
誤魔化して
飲み込み続けた

私が居た事。



いつもいつも
思ってたんだ。




なぜそんな事を言うのかな?

なぜそんな事をするのかな?





言われたくないな…。

されたくないな…。

何度も何度も
そう思う出来事は在った訳だ。






やんわりと
遠回しには

何度も言ってみてた。


笑いながらとか
冗談っぽくとか


物凄く痛む心を
ぐっと堪えて
愛想よく
アピールはしてきた。


「嫌だ」って。



でも
一度も
気付いては貰えなかった。


その度に

その場で
更にからかわれるだけ。


あちこち
傷だらけになっていった。


いろんな言動が
本当は突き刺さって居た。




その都度。

いつも。

突き刺さって居た。



それでも
我慢しなくてはいけないと
思ってしまって居た。




植え付けられた
思考のひとつだ。

間違いない。





私なりには

決して声を荒げずに

その場の雰囲気を壊さずに

伝えたいし
伝わって欲しい。




私の物差しで言えば

そこでは言うべきでは無い事や

しつこく言うべきではない事


からかいも
度を過ぎてはいけない事が

当たり前に存在をして居る。



例え冗談で在れど
ノリに任せて言ってはいけない
言葉は沢山在る。




そんなアピールで
わかって貰いたいなんて

勝手な考えである事はわかる。


だけど

それらは
私には

余りにも鈍感で
人を見下げた
ずるい対応にさえ

思える事も在った。


少し位

感じても欲しいと
ずっと思って居た。



少し気を付けて
周りを見て居れば
わかるだろうにとも
思って居た。



なぜ
その空気すら
感じられないのだろうかと

いつも感じた居た。




だけれど


そんな想いが
胸には在れど



私はやっぱり
直接的に
ストレートに

やめて欲しいとは

言わなかった。





その結果

ある日
向けられた言動に

私の心は
とうとう切れてしまった。



私の我慢は
もう
出来ない所まで

溢れてしまった。



もう
どんなに頑張っても
我慢が出来なくなってしまったんだ。




私は
その痛みを


与えた相手に伝える事にした。


直球で。

言葉にし
訴える事にした。




長い長い手紙を書いた。



とても大切な人だから
そうした。

とても大切な人だったから
そうする事を選んだ。



自分が
なぜこんなにも傷付いたのか


それには

ひとつの法則が在る事も
改めて理解出来た。




とは言え

深く
大きく
空いてしまった心の穴は


なかなか埋まりはしなかった。


こんなにも傷付いた原因は

傷付けた人の言動にも在ろうが

私の
これまでの態度も

その一つである。




それが理解出来る所までは

比較的
容易く辿り着けたものの


そこからが

とても苦しい
分析と理解が必要だった。


とてもしんどい繰り返しだった。

毎日悩んだ。




でも
願う想いも大きかった。


もう一度
きちんと信じて在りたい。



なぜなら
その人は


私にとって


代わりの居ない
尊い存在で在ったからだ。



私を傷付けた者が

物凄く
大切で
大好きで

失いたくはない
尊い存在に在る人だったからこそ


私は
痛みと向き合う事を
選択出来たのだと思う。



痛みを分析すると言う事のやり方を
改めて理解したのだと思う。





再び
私の心が

その人を

拒絶せず
真っ直ぐに迎えるまでには


数ヶ月を要した。



そこに辿り着けるまでには
とても辛い時間も沢山在った。



でも

その繰り返しを重ねた後



その人は
それまで以上に
私にとって大切な人となった。



そうなれたのは


その人が

私に
向き合い
注いでくれたからだと

とても思う。






私が手紙を書けば
返事をくれた。

私がメールをすれば
返事をくれた。


丁寧な返事を
必ずくれた。


嫌だと言えば
もう二度と
それを言わなくもなってくれた。



向き合ってくれたんだ。




これまでにも

深く傷付いた経験は沢山在る。


近年でも沢山在る。


我慢して我慢して
限界を超えて
傷付いて。



とうとう訴えた時に。



ここまで向き合ってくれた人は
今までに居なかった。



何度も
繰り返し

述べても
問うても


ここまで

全てに

向き合って
答えてくれる人は

居なかった。





遠い昔を想い起こせば

まず
親がそうでは無かったし

学校の先生だって
そうでは無かった。


私を騙した大人たちも
そうだった。




近年で言えば


私の歌を殺した者もそうだった。

私の表現を
簡単に真似た人もそうだった。




私の声を
軽く無視したり


自分の言動を
あっさりもみ消して
知らん顔だったり


私の意見を
全否定して


更に深く傷付けたり。






自分を
私に押し付けた。


私が従わない事が
間違いで在るかのように。




自分の

欲や
立場や
希望や
感情を


私に押し付けて


有耶無耶にして逃げて行った。



私の中には

そのどれもが
未消化に残ったままとなった。




でも
この時は違った。


私が

消化出来るまで
付き合ってくれたのが
その人だった。



私は


初めて


諦めて
飲み込むのではなく



ちゃんと
噛み締めて
噛み砕き

怒りや悲しみを
飲み込んで
消化する経験を


その人から
与えられたのだと思う。



だから

現在も
その人は
大切で大好きでたまらない。



生まれて初めて


正しい争いを
経験できたようにも思う。






人が傷付け合う時に。


全てが
このように

向かい合えるものであるならば




もっと深く
理解出来るだろうに…。






この年の年明けから

私はとても傷付いて
日々苦しむ経験をしたが


そこで知れた事はとても大きかった。



数ヶ月を
その出来事に悩む間にも


日々には
様々な苦痛が存在して居た。




続きはまた。





優しいお便りを頂いた。



封筒を開ければ


お便りと共に


私の痛みに
沿うて下さる贈り物が入って居た。


あたたかいなぁって。


すごく思った。



いつもいつも
心の中に居て下さる
美しい歌声の女性。





まだわからない。

体調や仕
事の調整も在って
まだ決定してはいないけれど



近々
在る事を起こそうと
目指して居る事が在る。



そこに向かうには


心も
体も
物凄く頑張らないといけない。



そこに向かう時には


先日頂いた
アンパンマンのチョコレートを
頂いてから向かおうと思って居る。



アンパンマンに
元気を貰って


戦いに

闘いに


行こうと思う。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: