❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の血を垂れ流し。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



明日は月命日。



我が子のような命が召されて
8ヶ月が過ぎようとしてる。



まだ
ちっとも楽じゃない。


ずっと

この胸には
余りにも鮮明に
再生されてしまう。



愛おしい姿も
仕草も
声も

死に向かう月日も

最期の日も。




人生の半分を
共に過ごした


私の

自傷も
摂食障害も



誰よりも近くで
見ていた存在に


先立たれた後の暮らしが
こんなにも辛いのかと


思い知った


8ヶ月と


その前の
1年2ヶ月だった。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「いつも捲る血が飲まれる絵面。」(2015.2.17)】

【「痛みに途切れた偏在者。」(2015.2.18)】

【「自傷を重ねてまでもう飲み込みたくはない。」(2015.2.20)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「私の時間は残り限られて在るのに。」(現在に向かう私・40)(2015.1.25)】

【「腐敗し朽ちて消えてくれたら良いのに。」(現在に向かう私・41)(2015.1.26)】

【「楽に消えるなら諦めもつくだろうに。」(現在に向かう私・42)(2015.1.28)】





過程を綴る記事は


月下陽香が

ステージ上にも
ブログ上にも


摂食障害と
自傷を

晒し掲げて活動をする事を始めた
2013年を
終えようとして居る頃までを
書き終えて居る。


ここしばらく
心身共に深く痛み


1月28日の更新以降
過程の続きからは離れて
記事を更新して居り


あと少しの間 
そうして在りたいと思う。







今日の東大阪は
午後からは
陽射しが暖かだった。


悲しい程にね。


置いてきぼりを

また

深く
感じてしまうような


春を感じる
陽射しだった。




今日は
バイトはなくて。


けど
心身共に

改めて
楽しみに出掛けられる程の
余裕も無ければ


ときめく約束も
特に入れては居らず


うつわの仕事は
当たり前に在り。



でも

うつわの作業は少な目にした。


両の指の痛みも激しいし
心の落ち込みも激しいし


仕事を減らして

午前中は家事をした。


洗濯や
掃除や

当たり前の家事。



ただ

いつもよりきっちり


階段の隅まで
しっかりと拭いたり

アイロンも丁寧にかけたり


あえて
手間を
いつもよりも注いだ。



そして

徒歩15分位のスーパーに
あえて歩いて出掛けた。



クリスマスに頂いた
薄いピンク色のマフラーして

バレンタインに頂いた
帽子かぶって

出掛けた。





グランドオープンは先週だった。


通院途中に
前を通るから

時々は立ち寄って居たスーパーが


突然閉店したのは
昨年秋だった。


この記事で触れた事が在る。

【「吹き出す膿に血が滲むまで。」(2014.10.15)】




元々は

地元の
古くからの市場だったそこは


野菜は八百屋が
肉は肉屋が
魚は魚屋が

それぞれに
家賃を支払って

皆で店舗を支えて居た。



でも
そこを
まとめて居た会社が倒産した事で


突然に切り捨てられた。



閉店も知らされずに

ある朝
突然に
閉め出された状態。


そこから


れぞれの店舗が話し合い


自分たちで
再び立ち上がる為に
闘い始めた。



2ヶ月後


年末年始の買い物に
少しでも力になれるようにと


残った数店舗で
同じ場所を借りて
仮営業を立ち上げた。



以前から在った八百屋と
肉屋と魚屋と惣菜屋。

新しく入った花屋。

それだけ。


パン屋も
酒屋も居なくなったし


調味料も置いて居ない。


少しの野菜と
果物と
魚と肉と惣菜。

花も少し。



それでも

各店舗が
それぞれに
お正月用品も揃えて
仮営業をしていた。



気になって時々行った。


客は
まばらな店内。


それでも

肉屋の社長は
変わらずに

大きな声で
店内の客に声を掛け続けた。


必死なのが
伝わり過ぎて痛いくらい。



だから
私は


そのスーパーで買えるものは
そこで買うように
出来るだけ心掛けて居た。



レジでは

事情を知らない
想像も出来ない客が

パートの女性に
文句を言う場面も
度々見掛けた。



仮営業とか言っても
何も揃ってないと
キツイ言葉を浴びせられ

従業員は
懸命に詫びて居た。



見て居て腹が立った。


近所の情報も把握出来て居ない
珍しく買い物に来たような
私の父と
同じような年代の
男性客が多かった。


だから更にイラッとした。




ここの人達は頑張ってる。


ある日突然に

信じて注いで来た者に
捨てられても

奪われて
捨てられても


共に立ち上がり
頑張ってるんだ。



散々使われて
突然捨てられる痛みを
私は知って居る。



出勤したら
店は閉店をしていて
給与も貰えずに
泣き寝入りしか出来なかった経験も



人の為に

自分を犠牲にし
体も心も捧げ

借金を背負った経験も在る。





虫食いの状況でも
残った店舗で頑張って

1月半ばまで営業は続いた。



ご近所の

特に
歩く事にも苦労して居る
車も無い
お年よりなどには
助かったのではないかと思う。


最後の日は
仕事で行けそうになく


でも
その前日には買い物に行った。



常連客と店員の会話が聞こえて来た。


待ってると言う常連客。
お礼と共に
約束をする店員。



そして
再びの閉店後


改装もして


今月半ば
新たな店舗も加わり
グランドオープンした。



店内には

調味料も
卵も
練り物も
牛乳もパンも

また戻って来た。


持ち帰りのたこ焼き屋も戻って来て
服屋も入った。



活気が戻ったとは言い難いが

昔ながらの雰囲気は
そのままで

鮮度も良く

素敵なスーパーだと思う。



花屋のお姉さんが
気さくで好きで

出来るだけ花はそこで買う。


そのお姉さんの声を聞くと
一瞬とても楽なんだ。


なんでかな?


客と店員の
当たり前の会話しかしないけど


心地よくて安心をする。



でも
今日は花は買わなかった。


まだ綺麗に咲いてるからね。





また

別の日に

改めて書きたい事が在って。


そこに関わる事なのだけれど。


この数日は
出来るだけ
頂いたCDを聴いて居る。


これについては
また後日ゆっくり書きたい。



あと。

嬉しくなるから
聴いて居るのは


少し前に頂いた
アンパンマンのマーチ。


それから

今日は
また再生したのは
月下陽香の歌を
口ずさんで下さって居た光景。



ギタリストさんがくれたカードや
大事な友達が
編んでくれた物を
見える所に置いて聴く。



暗闇の底に居る私に
届く声を

掛けてくれる
いくつかのものだ。








摂食障害と
自傷を

覚えたのは小学生の頃だった。


以来

あらゆる自傷が


私の
人生の半分以上を
埋め尽くした。


その苦しみは

経験者にしかわからないよ。


誰にも言えずに
苦しみぬいた
長い長い年月。



それらを

順番に
書き記してきた
過程を綴る記事は


その続きから離れて

この1ヶ月弱
現在の私を書いて居る。



そろそろ

続きを書こうとは考えて居る。


歌うステージも
まだ決まらないから

記事位

書いて居なければ




死にたくなるからね。






自分の弱さを
前面に出しては


いつも
甘えられるポジションを
巧みに手に入れて居たり


直ぐに
依存したり
甘えたり


関わる人達を
不安にさせる言動を
起こしては

悲劇に浸かる人には


きっとわからない。



逃げ道を手放せない人は
まだ楽なんだと思う。

言い訳が出来る人は
恵まれて居ると思う。


帰れる場所が在る人は

そこが
時に窮屈で在ろうと

基本的には
恵まれた事だと思う。




私の名は「陽」である。

活動名は「月下陽香」である。

それは
こうして晒せても


自分が
嘗て
何という姓名で
この世に在ったのかは

絶対に言えない。



自分の名を
晒せない程の

後ろめたさや
悲しみを


知らない人には
わからない事が在るよ。



だから
書かなきゃと思うけれど

あと少しだけ休憩ね。


心の血を
垂れ流さなければ


それは
出来ない事だから。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。