❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷を重ねてまでもう飲み込みたくはない。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



眠りに落ちる為に

望んで選ぶ時に



目を閉じて向かう
闇は
特別だ。



そこには
求める休息が在り

その闇に
拒絶されたなら

人は壊れてしまうだろう。




でも。


当たり前に考えるのならば


暗闇は怖いんだよね。


とても怖い。



足元の見えぬ暗闇は

ほんの一歩先が
たまらなく恐ろしい。



目の前の
君の顔が
全く見えない闇に在れば


それが
君だと
わかり知れて在っても


手でも繋いで居なければ
見失ってしまうのかも知れず


また

もしかしたらそれは


本当は
君では無いのかも知れぬのだから



暗闇は

とても

不安で
寂しく
恐ろしいのだろう。




私の心は


いつから
闇を手探りして居るの?


疲れ果てて

手探りすら
やめてしまいそうだよ。



私の心は
いつから光を失くしたの?






まだ
私がホステスをして居た頃。



お客さまのひとりに

人生の途中で
視力を失くされた方が居られた。


私の知るその方は
いつも
夜の街を
とても器用に
白い杖を探りながらご来店下さる。




太陽が
地球上のどこか
他の誰かを照らす頃に


私は
月に覗かれながら

夜の世界で生きて居た。


陽の当たらない世界。


当時の私は
そこを選んで居たし

そこしか選べなかった。




そんな話になった時に

その方が
お話下さった事を

ふと思い出した。


“ 僕も光の無い世界しか選べなくなった ” と。



二度と
抜け出せぬ闇に

突然に閉じ込められてから


心の目が見えるまで

それはそれは
ご苦労をなさった方だった。



比べる話では無い。

それはわかってる。


その方と私と。


どっちの方が
良いとか
マシだとか


そんな事を

言ったり
言われたり

したい気持ちも全く無い。



そんなのは
勘違いの
感情的な声でしかない。




ただ。

ふと思い出しながら



私が

ずっと突き落とされたままの
暗闇を見ながら。



私が


この人は
私の事を愛してくれているんだなと

大切に
繋がってくれているんだなと


感じる事が
出来る人達が居なければ



私は

きっと


迷いなく
消えゆけるのだろうと



確信に近い感覚で思った。










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「自傷無く存在出来ぬ痛みがわかるか。」(2015.2.16)】

【「いつも捲る血が飲まれる絵面。」(2015.2.17)】

【「痛みに途切れた偏在者。」(2015.2.18)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「私の時間は残り限られて在るのに。」(現在に向かう私・40)(2015.1.25)】

【「腐敗し朽ちて消えてくれたら良いのに。」(現在に向かう私・41)(2015.1.26)】

【「楽に消えるなら諦めもつくだろうに。」(現在に向かう私・42)(2015.1.28)】





過程を綴る記事は2013年。


月下陽香が

ステージ上にも
ブログ上にも


摂食障害と
自傷を


晒し掲げて活動をする事を始め


その1年目を
終えようとして居る頃までを
書き終えて居る。


続きを書かなくてはと
とても思いながら

今は心身共に深く痛んで居り


1月28日の更新以降
過程の続きからは
離れて記事を更新して居る。


あと少しの間
続きを書く作業からは
離れて居たいと思う。







バイト先では


私が
月下陽香で在る事は
言って居ない。


言う気も無い。

隠し続けるつもりだ。


だから

ここに
バイト先の情報は
細かくは書かない。


バイト先も
ギタリストさん位にしか
言っても居ない。


この先
長く居続ける職場でも無いのだし


社会で働いて在る上で
絶対に言えない事も在る。


だから

私が歌を歌う事も
そこでは誰も知らない。



摂食障害も
自傷も

勿論知らない。


抱える持病の事も知らない。
言えない。

言えば

そこに在れないだろう。





これもかなり前の事だ。


当時の知人が
以前言って居た。



能力も
経験も無い
ええ歳こいた女なんて
社会には求められないと。



確かにそうだと思う。


まして
何らかの障害が在るとなると難しい。



私は

自分が
普通では無い事位
もう十分に理解して居るのだ。


でも
きっと
言わなければわからない。


わからないように
振る舞う能力は
私には在ると思う。



これまでも

場所や
立ち位置により


そうしてきたのだから。




ただ

私が
うつわに関わって居る事は
バイト先でも話した。


社長が
とても陶器が好きだったから。



職場のあちこちにも
素晴らしい陶器が飾られていて

陶器についての会話を
する事も多いから。





先日
うつわの修理を頼まれて
簡単な処理をさせて頂いた。


その代金を頂く際に
領収書を書いた。



そこで
私は
いつも通り屋号を書きかけて

ハッとしてやめた。




ネットで何でも調べられる時代

屋号を検索されたなら
ここがばれてしまう。


大変な事だ。



気付けた事にほっとして
そこに

自分のフルネームを書いた。




日頃
職場では苗字で呼ばれる。


だから
日頃
お互いの名前には触れない。



領収書に記載された
私の姓名に
奥さまが言った。



「すごく良い名前だよね。」って。

「似合ってるよね。」って。




私の名は

「 陽 」 と書いて
「 めぐみ 」 と読む。


それを誉めてくれた。

うれしかった。



なぜなら。


この名は


私が
私をこ
の世から消して

新たに与えた


自分で決めた名だからだ。

【「私が私をこの世から消す為に。」(2014.10.19)】



この名に変えてから

初対面で

きちんと
名を読んで貰えた事は

一度も無い。



宅急便か来ても

読んで貰えないか


「“よう”さん」
「“あきら”さん」

と呼ばれる。



知り合いでも
「ようちゃん」と呼ぶ人も居る位。


一度だけ
「“ひなた”さん」読まれたかな…。


「 めぐみ 」 と
読んで貰えた事は無い。


名前だけだと
男性だと思われている事も
物凄く多い。


でも

私は
この名を気に入って居る。







昨日は
月下陽香の練習だった。



練習は辛い。



何の予定も無いままに

練習だけを
しんどい想いをして
重ねる事は

大きな苦痛でも在る。


いつだって思う。



もう
歌を辞めようかと。


最近は特に思う。

もう止めようかと。




それでも出掛けるのは


ギタリストさんが
一緒に居てくれる事と


彼に会える時間が
大切で有難い事と


最後の
1本の
細い糸を


まだ
何とか
私が

掴んで在るからだろうと思う。




彼は
よく絵を描いてくれる。


私が
実際に持って居る物や

共通に知る物などが

描かれる事が多い。




先日
可愛いカードを頂いた時に
封筒に描かれていた絵は
初登場だった。


このモデルは何なのか
尋ねたら。。





やっぱり。

この子たちだった。

とってもかわいい。







突然
眠れなくなったのは

1月の8日頃だった。



最近は
睡眠薬に助けられながら
眠って居る。



なぜ
こんなにも不安定になり
壊れてしまったのか
考える。



一番の理由は
もうわかって居る。





「 我慢 」 をし過ぎたんだ。


必要以上に。


長い年月
繰り返し
繰り返し。



限界を超える我慢を
ずっとずっと
し過ぎて来たからだ。


とうとう
千切れてしまったんだ。




どんなに
自傷をしながらでも

嘔吐しながらでも



自分を

押し殺し
飲み込んで
耐えて来た心が


本当に

もうこれ以上の
出来ない我慢は
したくないと


爆発してしまったんだろう。




私から奪う人や

私を傷付ける人に


もうこれ以上

我慢して
飲み込んで
合わせて
笑って


捧げる事が


出来なくなってしまったんだ。




そして

私は
そんな自分を責めて居る。


私を
深く傷付けた人達を

心の中で

ずっと
責め続けるように


そんな風に
考えてしまう自分をも
責めて在るからだ。





親しい者であるのだから
許さなくてはいけない。


世話になった時代もあるのだろう?

ならばなぜ許せない?


もう過ぎた事だろうに。

許さなくてはいけないだろう?



いつまでも
許せずに居る自分は
酷く悪い奴なんじゃないか。


間違って居るのは
私なんじゃないだろうか。



そうだ。


私が
こんなに偏在だから
許せないんだ。


私が

こんな人間だから

悪いんだ…。






私が
私を

責めて


こんなにも
苦しんで居る程に


私を傷付けた者は
苦しんではいない。


毎日を
苦しんでなんかいない。


少なくとも


私よりも

笑ったり
歌ったり
眠れたり

楽しんで在るんだろう。






「 我慢しなくてはいけない 」

「 許さなくてはいけない 」



この思考を変えようと


最近少し思い始めた。



どうしても許せない想いを
させられたなら


途方に暮れる程に

眠れない程に

壊れる程に


深く深く
傷付けられたならば


無理して飲み込まなくても
良いのではないか。



許せなくても
良いのではないか。



いつか

時間の流れの中で

許しに繋がれば
喜ばしいだろうし


そうでなければ
それは
それで仕方ない。


間違っては居ない。



そう言い聞かせる事を始めた。




相手に都合の良い

「 良い子 」 で在る為に

すり減らして好かれるよりも


我が儘な押し付けはいけないけれど


嫌な事は嫌だと主張して
嫌われてる方を


これからは
選んでも良いかと

自分に問うて在る。





だって。


キズグチは



まだ


日々を脅かす程に
深く抉れ

熟れて
膿を垂れ流し


この胸に

存在して

在るのだから。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。