❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷無く存在出来ぬ痛みがわかるか。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



「 斬られた 」 とか

「 刺された 」 とか。



そんなもんじゃ
無かったって事。



えぐり取られてしまったって事だ。



その

身の

心の肉を


深く深く
えぐり
奪われてしまったんだ。




だから

なかなか
治りはしない。




キズグチは


塞がる事無く

膿を垂れ流す。




引き千切られた
腕は

引き千切られた
脚は



もう

再生は出来ないんだ。





狂わせたのは
自分だと


あの人は

あいつ等は

父は

母は


気付いて

在るのだろうか。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「悪いのは精神的異常な自傷癖者なのか。」(2015.2.10)】

【「今日とても切りたかったんだ。」(2015.2.11)】

【「許される経験が自傷を忘れさせるだろうか。」(2015.2.13)】

【「偏在は置いてけ堀の水の底へ。」(2015.2.15)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「私の時間は残り限られて在るのに。」(現在に向かう私・40)(2014.1.25)】

【「腐敗し朽ちて消えてくれたら良いのに。」(現在に向かう私・41)(2014.1.26)】

【「楽に消えるなら諦めもつくだろうに。」(現在に向かう私・42)(2014.1.28)】





過程を綴る記事は2013年。



月下陽香が

ステージ上にも
ブログ上にも

摂食障害と
自傷を


晒し掲げて
活動をする事を始め


その1年目を
終えようとして居る頃までを
書き終えて居る。



続きを書かなくてはと
とても思いながら


今は

心身共に深く痛んで居り


1月28日の更新以降
過程の続きからは離れて
記事を更新して居る。



あと少しの間
続きを書く作業からは
離れて居たいと思う。







2月も半分が過ぎ去った。



置いてきぼりのまんま。



季節だけが
歩みを速めているようで。



嘆きが増す。



悲しみが
深まってゆく。





置いてけ堀は

凍てつく寒さに
凍り付き

厚い氷に
閉じ込められた
水の底で

寂しく死んでゆくのが


少し先の
私なのではないかと

考えてしまう。




これまでにも

何度も
書き変えて来た

エンディングノート。


そろそろ
また
見直して
書き変えなければと思う。





ほんの一昨日だ。


仕事と通院以外は
まともに外出も出来なくなって


私には

自分の体調を
懸命に調整して

やっと出掛けられる
近距離の
大事な人達と会える約束は


それはそれは
大きなイベントで。



すごく
楽しみに
目指して
頑張って。



貴重な

お時間を掛けて
交通費を使い

大阪まで会いに来て下さった
大事な大事なお友達と
過ごせた時間。



とても
優しくて嬉しくて

チカラを頂いた。
安心を頂いた。



ほんのすぐそこの
数日内の記憶。



なのに。


なぜ
こんなに急激に
落っこちてるんだろ…。





自宅の
留守電の点滅に
気付いたのは日曜日。


昨日の午後だった。


録音は1件。



再生された声は父だった。



「 まだ出る気にならんのか。 」





確かに
出る気は無いのだけれど…



留守中に掛けて来て言われてもね。


しかも

どうせ用事では無い。


と言うか
用事であるなら
メッセージで
簡単にでも残してくれたら良いのに

いつも言わない。





私は

留守も多いし

自宅での仕事中は
電話には出ないし


外出中は 

バイトで携帯を持って居なかったり
人と会って居たり

移動中だったりするから


電話には
出れない事が多い。





精神的にも
体力的にも
整わなければ


人とは話せない性格でもあるから



笑って
話に付き合える自信が無い時には


例え
何もして居なくても

出ない事も多い。



かけてきてくれているのに

しんどそうに
愚痴を言うのは嫌だから
出ない。



どんない辛くても

律儀に

出て
合わせて

無理を重ねた時代は
く在ったけど



いつも
とても苦しかったから


もう
そんなのは嫌で


だから
話せない時は
出ないようになった。



それで良いと思う。

そもそも
携帯って物が無ければ
電話に出ないのは
今よりも
当たり前なのだろうから。







大阪に越して来てから

過程を綴る記事にも 
これまでに何
度も書いて来た。



私は大阪に逃げて来た。


その後の何年も

私は


それまでの父との関係を
何とか修復しようと


父を理解しようと

懸命に頑張って居た。



心も
体も

懸命に

磨り減らし注ぎ
尽くしてきた。



が…

父は変わらなかった。



私の背負う負担ばかりが
果てしなく増えた。



私の我慢の糸は

ついに切れてしまった。





2012年に

ゴミ屋敷のようになった
父宅の片付けに通い


自傷をしながらでないと
耐えられない
苦しみを噛み締めながら.

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】



それを終え
妹に会う機会に行き着いた。

【「自傷癖者に仕上げられた私と彼女の最後。」(2014.12.17)】





私は


私なりに


それまでの痛みを
一度整理した後。




もう話したくないと 
会いたくないと 

父に言ったのは 


2013年の元旦。




以来
まともに話しても居ない。



私は
父を避けて
避けて
生きて居る。




留守電に残された声を
聞いただけで 


私の心は大きく拒絶をする。


みぞおちを
目一杯
拳で付き上げられたような


胸一杯の
圧迫感がこみ上げて
吐きそうになる。




特に

酔っぱらって

飲みながら

くちゃくちゃと
食べて
飲みながら

話す話し方と声には
虫唾が走る。


大きな苦痛を
心の中に敷き詰めてしまう。



あらゆる記憶が巡り

冷静ではもう居られない。と



ことん落ちる。


落ちる。



落ちる。






今日はバイトは入れて居なかった。


もし叶うなら
昨夜
少し遠出をしたくて
バイトは入れていなかった。


外出は叶わなかったが
今朝は通院をした。




睡眠薬のおかげで
眠りは少し楽になって居る。



相変わらず目は覚めるが

細切れにでも
眠れるようになって居る。



ただ
情けない事に


今日は

朝から
落ち込みが激しくて


吐き気もし


とても不安定で苦しい。




自ら

喉に指を突っ込んで
飲食物を吐き出すよりも


吐き気が止まらずに
えずきが治まらない
気持ち悪さは



耐え難い苦痛である。



主治医に説明をし
点滴を入れて貰って帰宅をし
少しづつ
うつわの仕事をして居る。





今日は

自分に

「 頑張れ 」 とは言わない。



いちいち言わなくても

今日
しなくてはいけない
仕事も家事も
きちんとこなして在るのだから

それで良い。



それらをこなしながら


決して
自分を
追い詰めない思考を探す。




そうしようとすると


周りの情報は
刃と変わる。


だから触れない。


触れる程に
置いてきぼりにされて
死に急ぎたくなるから。


触れない。




今にも


わーっと
声を上げて
泣いて暴れてしまいたい位の


痛みが

ただただ
次々と吹き出してしまうから


静けさを探す。






記憶が巡ってしまうんだ。

痛む記憶が次々と。


それはそれは鮮明に。



その時々に

着て居た服や

食べて居た物や
飲んで居た物や


聞こえた音や

見えた色

会話

景色


思い出してしまうんだ。




そんな出来事

いちいち
覚えて居る必要は


生きて在る上で

ひとつも無いだろうに。



まるで
YouTubeの再生ボタンを押して

実際の色味よりも
少しだけ
セピアがかっていても
鮮明な彩りの


動画を観て在るかのように。






私の
こんな感情は
いつも理解されない。


仕方ない。


それが人だ。


もうそんなのはわかってるし
諦めて居る。




ただ。
先日。


一緒に過ごしてくれた
ちっちゃいのに大きい
大切な女性との会話の中で

言って下さった事があった。



「 覚えてる 」 という事は
きっとすごく大変だと思うって。



それは
すごく有難かった。



理解しようと考えて下さって居る
優しさが沁みた。







父にはわからない。



私が

何に
ここまで
傷んで疲
れてしまったのか。



どんなに
言葉を尽くした所で
伝わりはしない。

もうそんなのわかってる。


ずっとそうだったんだから。



だから
いつも


全部

私は

飲み込んで

我慢して
先読みをして


望まぬように心掛け


自分が動いて
生きて来たのだから。







壊れる程に
働き続けた事が在るか。


壊れる程に
追い詰められた事が在るか。


壊れる程に

自己犠牲を
重ねた頃が在るか。



それに対して


人よりも
自分を責めて


自傷に至らなければ
生き在れなかった

経験が在るか。




いつもいつも
誰かのせいにし続けて
言い訳を並べ


最も弱い立場の私に

押し付けて
過ぎて来た現実に


欠片も気付いて居ないくせに。






駄目だ。


今日は駄目だね。


苦し過ぎる。



悲し過ぎる。





フリージアと
かすみ草だけだったから

花を買い足した。


ガーベラと
ラナンキュラス。



あとね。


名前がわかんないんだけど
白い花。


これが可愛くて決めたんだよね。




もうこ
の世には居ない
我が子たちと

自分の傷に

日々飾る花。




白い花はね

本当は
色なんて無いらしいよ。



光の屈折で
人の目には白く映るだけで

白って色は存在しなくて
透明なんだそうだ。


これは

先日
うつわの仕事で出会った方に
伺った話。




それが本当ならば


巡る記憶の中の

 「 白 」 は


消せるのかも知れないね。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: