❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

偏在は置いてけ堀の水の底へ。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





昨日は
夕方から約束が在った。



貴重な時間を

大阪まで
出て来て下さったおかげで


お会いする事が出来た。



自宅からは
1時間程の移動。



私が
安心して
ひとりでも動ける
最大距離かも知れない。



しかも通い慣れたミナミ。


バレンタインの昨日は
デパ地下の
洋菓子売り場の混み合いは荒ましかった。


地下街で
一番気に入って居る
パン屋さんに寄ってから
待ち合わせ場所に向かった。




仕事と通院以外で
出掛ける事は
本当に
滅多に無くなってしまった。



だから

ちょっと
誰かと
外食が出来たりする事は
物凄く嬉しいイベントで


そこを目指して
頑張れたりする。




少しミナミを歩いた。

ペットショップで
猫も見た。


ペットショップを
見掛けるだけでも

悲しみに
潰されそうだった時期もあったけれど


最近は
立ち寄って見てる。



ぽんちゃんに
すごく似てる子が眠ってた。


今は
見るだけで我慢って感じかな。


後は
たまに会える
野良猫ぶーにゃんが居てくれるしね。




そして

早い時間から飲んだ。


少し痩せた彼女と
いろんな話をした。


それぞれの
日々に起こる出来事や

そこに絡む感情

想い


普段言えない事を
色々と話せた。




出会ってからは
もう20年程にもなるのに
ふたりで会うようになったのは
最近の事。




信じて居たからこそ
大きな裏切りに感じ
深く傷付いてしまう

そのブログにさえ
伺えなくなったままの人も居る。



ずっと
誰よりも
深く繋がって居ると信じて居たのに

結局は失ってしまった
繋がりも在る。



それらは
まだ

ほんの最近の

昨年の出来事で

未だ胸は痛い。




そんな中にでも

こんなふうに
発展して繋がれる人も
居て下さる事に


とても

安心と喜びを頂いた。



頂いたたくさんのお土産。
いつもありがとう。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「悪いのは精神的異常な自傷癖者なのか。」(2015.2.10)】

【「今日とても切りたかったんだ。」(2015.2.11)】

【「許される経験が自傷を忘れさせるだろうか。」(2015.2.13)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「私の時間は残り限られて在るのに。」(現在に向かう私・40)(2014.1.25)】

【「腐敗し朽ちて消えてくれたら良いのに。」(現在に向かう私・41)(2014.1.26)】

【「楽に消えるなら諦めもつくだろうに。」(現在に向かう私・42)(2014.1.28)】





過程を綴る記事は2013年。


月下陽香が

ステージ上にも
ブログ上にも


摂食障害と
自傷を

晒し掲げて活動をする事を始め


その1年目を
終えようとして居る頃までを
書き終えて居る。



続きを書いてゆかなくてはと
とても思いながら


心身共に
大きくバランスを崩しており


1月28日の更新以降

過程の続きからは離れて
記事を更新して居る。



あともう少しの間
続きを書く作業からは
離れて居たいと思う。





その


続きを書く作業から
離れる事が

出来て在ると言う事は



私が
やっと少し

私に対して

「許す」

と言う感情を
与えて居ると


言える事なのかも知れない。




出来ない事も

滅茶苦茶な無理をして
必ずやり遂げて来たのが


これまでの私。



無理をしなければ
いけないとも
思ってきた私。



それが
当たり前だと思ってきた。



どんなに辛くても

そうしなければ
いけないと思ってきた。



無理をしないで
自分を労わる為の

方法もわからなかった。





だから

無理をしてでも
頑張れば

出来るはずの事を

しないで

 “出来ない”と言える人や

しない人

人に預けてしまう人を


疑い

嫌悪した。



自分が無理をせずに
誰かに無理をさせて

それに対し

平気で
食べて
遊んで
眠って

生きてる人は

不要だとも思って居る。




そんな私が

最近はやっと


“ どうしても今は出来ない事 ” は

後回しにしようと
思えるようになった。



投げ出したり
誰かに押し付けたりは
出来ない性格。


そこまで
適当にはなりたくない。




でも

後にしても良いと

自分に対して
思えるようになって来た。



“ 今は出来ない事 ” を


滅茶苦茶な
無理を重ねて
こなすよりも


穏やかに
眠れる生活を得る事が


何より大事だと
思うようになった。



それだけ

もう
無理も出来ない所まで
落ちてしまったと言うのも
現実なのだろう。


酷く
情けなく
痛む程に。



この歳で
持病は
想定外に悪化してしまった。


やっと
少し

自分を許し始めたのに。


もう
出来ない事は
こんなにも

多く大きいのかと

狂いそうになる。





置いてけ堀の縁


ギリギリで
歩いて居ると

思って居たのは


ただの勘違いで


私の足は

もう
その水の底に

向かって歩いて居るのだろうかと


痛み悩む。







まだ
ステージを決められない
苦しみは

胸の真ん中を貫いてしまう。





大好きな
大切な人達のライブには


人前で
ちゃんと笑って在れる体調を
調整して
作り上げられるのならば


自力で行ける距離ならば
伺いたいととても思う。



実際に

心身共に
問題を抱えた私なりの

出来る限りの範囲ではあるが


伺いたい人たちも
伺う人たちも

数組だがいらっしゃる。



距離的に
まだ
今の私の体調では難しくて

お伺い出来て居ないが


行ける日を
目指して居るステージも在る。




大好きで
大切な人達だから


いくら私でも

そこには
妬みや羨みは無い。


その方々が

どのような想いで
懸命に
そこに立って居るのか

自分なりに感じて居るから


ちゃんと
心からの応援を
心に持って在る。



そして
その方のステージが
純粋に
大好きである想いも在る。



でも。

それとは別に

やはり辛いとも思う。



観に行った方々以外の
出演者さんも観ながら


自分だけが
もう
そこに在れない苦しみは深い。





歌なんか

歌わなければ良かった。


歌う喜びを

知らなければ良かった。


音楽を
好きにならなければ良かった。


音楽を好きになっても


自分が
ステージに上がる人に
ならなければ良かった。



いつも思う。




客席に在りながら

心底
楽しむ事は
難しい。



きっと


私が
歌いたいと思わない人間ならば

こんな気持ちにはならない。



ステージに立つ事を
知らなければ


そんなふうに
痛む事は無い。



知らなければ良かった。


好きでなければ良かった。



音楽は
歌は

観て
聴いて
楽しむだけの物で在れば


良かったのに。



そうしたら

こんなにも
苦しむ事も無かったのに。




どうしてもそう思う。


そして
情けなさに壊されてしまう。


切ってしまいたくなる。



周りの眩しさに

目を閉じて
飛び降りてしまいたくなるんだ。




月下陽香は
どう生きてゆけば良いのだろうか…。






今夜
伺いたい所が在った。

聴きたい歌声が在った。


そこに行けば
ひとつ癒えるように思えて


明日のバイトも
休みにして貰って
目指して
準備はして来た。



でも
日が近付く程に
そこは
まだ
今の私には
辿り着けそうにない事も確信となり


やはり伺えそうにないままに

今日を迎えてしまった。



もう少し
長距離の移動が
出来る体になれたら

必ず行きたい。


その歌声に
会いに行きたい。



その方の
今夜が

あたたかで
しあわせで在るように


とてもとても願う。



アンパンマンのマーチを
頭に巡らしながら思う。





もう少し。

もう少し過ぎたら。



また

過程の続きを書いてゆこう。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: