❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷を隠し笑い続ければ失って。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



薬が変わって3日。



相変わらず

眠りには付けても


その後

何度も
目が覚める事に変わりはない。



ただ
何とか再び寝付けており


眠れなくなってからの
この1ヶ月中の
どこよりも

トータル的には
眠れて居るように感じる。




目が覚める度に

頭の中で
記憶が捲り始められそうになっては

自分に言い聞かせる。



「今は何も思い出さなくても大丈夫だよ」って。


言い聞かせて
目を閉じても


瞳の裏側には


見た事の在る光景が
チカチカと映り始める。


その度に
また言い聞かせる。



「今は考えなくても良いんだよ」って。



心の耳には

聞き覚えの在る
声や雑音が再生される。


言い聞かせる。



「今は聞かなくても良いんだよ。」




今日までの3日間は

陶芸の仕事は休んで居ないが
バイトは入れて居ない。


今月は

バイトを少し減らして
検査と
ケアにあてる時間を
作り始めていて

丁度
この3日間はバイトが無かった。



1日を通して

私の耳に聞こえる
様々な音や言葉は

目に映る光景は



自宅での仕事と
家事と

外出をしても
時間に追われずに
通院を済ませた後

少し買い物に寄る程度で良い

数日は


とても少ない状態に在る。



特に

人から
自分に向けられる言葉は


バイトに行ったり

納品等で
お客さまと
直接お会いする仕事も

重なったりする日と比べれば


激減したままで暮れてゆく。




それも
今の私には
かなり有難い。


この3日


目覚める度に


光景や
音は
相変わらず巡るものの


その量は
やはり少なく

質も

騒がしさが和らいでいる。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「斬り付けて抉られたのは腹を見せたからなのか。」(2015.2.2)】

【「私に殺されぬように。」(2015.2.4)】

【「絶望に近い場所。」(2015.2.6)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「私の時間は残り限られて在るのに。」(現在に向かう私・40)(2014.1.25)】

【「腐敗し朽ちて消えてくれたら良いのに。」(現在に向かう私・41)(2014.1.26)】

【「楽に消えるなら諦めもつくだろうに。」(現在に向かう私・42)(2014.1.28)】






過程を綴る記事は

2013年の私まで
辿り着き
記して在る途中。



2013年から

月下陽香は

ステージ上にも
ブログ上にも


摂食障害と
自傷を


晒し掲げて
活動をする事を始め


その1年目を
終えようとして居る頃



2013年を
終えようとして居る頃を

記して在る所だ。




続きを
書いてゆかなくてはと
とても思いながら


この1ヶ月程
体も精神も
大きく崩しており

立ち向かうチカラが見当たらず


1月28日に

過程を
記事にして以来


ここ暫くは
過程の続きからは離れて

想いや
現状を書いた記事を
更新して居る。




もう少し
続きを書く作業からは
離れて居たいと思う。







いつも読ませて頂いて居るブログが
いくつか在る。


そこには
更新に関係なく
必ず伺う。


必ず
何かしら
私の心に落ちて来る場所。



その中のひとつは

いつも
とても気に掛けて下さる
大切な方にご紹介頂いた
女性のブログ。



その記事には
動画を
埋め込んで下さって居る事が在って。


いろんな事考えながら
観て聴いた。



「陽は桃色が好きなんだけどなぁ。。」とか

「なんて美しい歌声なんだろう」とか

思ったり感じたり
沢山した。



そういうのも
頭には
物凄く残ってしまう。


歌声も
歌詞も

後ろに聞こえてる人の声も

動きも表情も
回りの色も。




何度も目が覚めながら

それらも
突然に浮かぶ。



でも
それは苦痛では無かった。


再び寝付けるまでの時間を
とても救われた。


可愛い歌。
優しい歌。

美しい声。
弾む声。

透き通って貫く声。



記事に
動画を埋め込んでくれてるのって

嬉しい。



YouTubeを見る事は出来るけれど

ゆっくりと
パソコンの前に座り込んで

そのチャンネルの動画を
検索して観ようとすれば


私には

それは
いつでも出来る事では無い。



時間と体調が
整わなければ難しい。



でも
記事に貼り付けてくれていると
とても気軽に観る事が出来る。


記事に関連して
埋め込まれているから


その背景や
想いも
真っ直ぐ飛んで来て


心に到着する。






月下陽香は

2013年から

摂食障害と自傷を
晒し掲げて
ライブをして来たが


その時の私は
いつも着物を着て居た。


着物でなければいけない訳では無い。



月下陽香の歌は


「暗い」

「痛い」

「だからダメなんだ」




言われ続けた
傷は

ずっと

私の中に在るままで


私は

いつも
いつも


今だって

それを

気にして
気にして

ステージに立って居る。




表現は自由で在ろうに


私は
いつも気にしてる。



私は

耳を傾けて下さる
観客の人達を

不愉快にさせたい訳じゃない。

落ち込ませたい訳じゃない。



楽曲が

一般受けしやすい
わかりやすい
綺麗なものではない事位


私が一番わかってる。



だけど

“ 今の月下陽香 ” は

やはり

そんな楽曲を
歌って在りたいと
真剣に思って居る。





だから

だけど


暗いとか
痛いとか

言われる私の歌たちを



時に
泣いても

時には
笑って


受け入れて貰いたいから



合間の喋りを重視したり

ギタリストとのやり取りを
必ず入れて居たり


衣装に
こだわったりしている。




着物でステージに立つのは
正直とてもめんどくさい。


会場に行くにも
物凄い荷物だ。


準備にも時間が掛かるし

そのまま帰る事も出来ない。


出来れば
また
ステージで

ギターも弾きたいと思うけれど

もう
持って行けない。


車移動出来ない月下陽香には

今の
着物でのステージを
している状況では不可能だ。




このスタイルが
ずっと続くとは思って居ない。


いずれは

もっと
簡単になれば良いとも思う。



しかし

ライブも
もう
ほとんど出来て居ない現状では


私は
まだ

もうしばらくは

このスタイルを
続けるように思う。



なぜなら

今の
この月下陽香が


まだ
余りにも
限られた人の目にしか


触れられぬままに

埋もれて在るから。



このスタイルに
行き着くまでには


私なりに


深く
重ねて傷付きながら


多くの思考を
駆使してきたから。




この次も
描き始めては居るから。


今は
まだ

このままで居るべきだとも
思う。




今のギタリストとだけの活動を始めてから


私の衣装は
ずっと
着物だったなって思いながら



ふと

最後に洋服を着てたのは
いつだったっけって

思った。



2012年の6月だ。

そうだ。
2012年の誕生日だったっけ。



6月だから
花嫁っぽくしたんだよね。


白のドレスを
自分で変形して
ベールも作ったんだった。


お客さんに
驚いたり
笑ったり

して貰いたいからね。




この時もボロボロだった。

体もだけど

何よりも
心がね


もう
ボッロボロだった。



この頃は
まだ

自傷行為をしてた。


まだ
切らなきゃ居られなかった。



音楽活動も
ぐちゃぐちゃだったし


親の人生のゴミを
処理する為に注いだ私は


毎日思ってた。



死んでも良いならば

もう死にたいって。



だから
この日も


私の手首には

傷が在った。



傷があったから

この衣装になら
おかしくはないだろう
手袋をしてた。



これは
作ったんじゃなくて
急きょ買った。


ネットで
即日発送のお店で買ったんだった。



この動画を映してくれたのは
現在のギタリスト。




この楽曲は
セカンドアルバム収録曲。



このブログで私を知り
全てのアルバムを
購入して下さった方が

いらっしゃるのだけれど


その方が
少し前にメールを下さって。


そこに書いて下さって居た。





「月下陽香の楽曲は
 明るくはないけれど
 私はそこが好きだし

この曲は
 とても可愛くて優しい」って。


有難いなって思った。



・・・・・・・・・・・・・・・

【 伝えたい事 】
            月下陽香

まぁるい月  流れる星
煌めく闇  揺れるあかり
眩しい空  彩る虹
こぼれる花  光る雫

この瞳(め)に映る全ての  優しいもの達を
そのままに届けたいよ

まるでここに居るように  話し掛けるよ
「きれいだね。」
「すてきだね。」

君がここに居ればいいのに


静かな雨  寂れる指
壊れた息  歪む景色 
絡まる風  縺れた足
凍える肌  嘆く記憶

この胸に焼き付けた  熟れて痛むあの日
君だけに言えたなら・・・

まるでそばに居るように  打ち明けるよ
「ほんとはね。」
「ずるいんだ。」

君がここに居ればいいのに


夏も 秋も  冬も 春も
どうか繋がれて居て
甘く強く  どうかどうか ―・・・

この瞳(め)に映る全ての  優しいもの達を
そのままに届けたいよ

いつもここに居るように  話し掛けるよ
「きれいだね。」
「すてきだね。」

君がここに居ればいいのに

「ほんとはね」
「ずるいんだ。」

君のそばに居られないかな・・・

・・・・・・・・・・・・・・・





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。