❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

腐敗し朽ちて消えてくれたら良いのに。(現在に向かう私・41)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



1日は24時間。


その24時間の中


様々な

記憶も
思考も


頭脳を巡る。


良い事も
悪い事も。




頻繁に巡ってしまう記憶には

必ず


未消化な感情が
埋め込まれて在る。



その記憶を

再現フィルムを捲るように
呼び起こしてしまっては


私は


何が未消化なのか

いつか
分析が消化に至るまで


繰り返し考え続けてる。





これも以前の事だ。


私は
きっと

その日
そこで
あの人に

お会いするだろうと感じて居た。



約束をして居る訳では無い。

日頃
連絡を取り合う仲でも無い。




でも。
とても。


その日に
そこに行けば


会ってしまうように感じて居た。



それは
喜ばしい事では無かった。


本心では
望んでは居ない事だった。



でも
そうなるように
とても思えた。



だから

そうなった時に
自分が壊れないように

一部
心に在る扉を
きっちりと閉じて出掛けた。




誰かが悪い訳では無いだろう事は
私には
もう十分に解って居る。


一々
問い詰める事では無い事も
解って居る。



未消化な想いが在るのは

偏った私の

思考回路や
生理的問題で
在るだけかも知れないと言う事も。



だから
引っ掛からずに過ぎれるように

心の準備はしておいた。



でないと
その途端に
この心は大きく拒絶をし

その言動には
違和感が
表れてしまうのだろう。


そうして準備しておいたから

乱れる訳でも無ければ
毒を吐く訳でも
牙を向く訳でも無く


そこそこに
愛想も良く


その場を過ぎれた。





でも。
確信はした。


私の中で

その人は

私を傷付ける発言をする人として
刷り込まれたまま

なんだなって。



きっと
とても優しい人なのだけれど


私の中では

どうしても


空気の読めない発言で
突然
私を斬り付ける印象が


深く
刷り込まれたまま

なんだなって事。




申し訳ないけれど
それは
もうどうしようもないんだって事。




不安定な時ほど


未消化な記憶は巡り
更に
思考を追い詰めるから


飲み込めない事は


それを認めて
許して


「 今はやはり嫌だから
  無理して受け入れなくても良い部屋 」 に


振り分けても良いよねって
最近とても思う。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「癒えを待つインナーチャイルドと生きながら。」(2015.1.21)】

【「限界だと泣き叫べたならば眠れるのだろうか。」(2015.1.23)】

【「依存する寄生虫を殺して良いか。」(2015.1.24)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「己が選んで傷付くならば。」(現在に向かう私・38)(2014.1.13)】

【「孤独な偏在が刻むべき覚悟。」(現在に向かう私・39)(2014.1.14)】

【「私の時間は残り限られて在るのに。」(現在に向かう私・40)(2014.1.25)】







過程を綴る記事は

2013年の私を
記して在る途中。


少しづつでも
続きを書いてゆきたい。





2013年から

月下陽香は

摂食障害と
自傷を


ステージにも
このブログにも


晒しての活動を
してゆく事を選んだ。


それについては改めて
前回の記事でも触れた。

【「私の時間は残り限られて在るのに。」(現在に向かう私・40)(2014.1.25)】





いくつか在る
本気の想いと

自分なりには
とても大きな

決意と
覚悟の上で


その活動を始めたけれど



傷付く事を
感じずには在れなかった。



どうしても傷付いてしまう。


晒せば晒す程に
新しい傷が増える。



過去の傷を
癒してくれる何かにも
時々は出会えるが


あくまでそれは
たまに訪れる
本当に時々の出来事でしか無く


新たな痛みは増えてしまう。



それは
いつだって
突然に突き付けられる。


それを
日々思い知った。



日々
一つ一つの記事を


それは
それは


大きな
時間と労力を費やして
更新を続けながら

思い知っていった。




それでも
本当に
色々と考えて

ずっとずっと考えてきて

決めたスタイル。



今は貫く時だと
胸には決めた。


だからと言って

傷付く事に感じる痛みを
感じずには在れなかった。




結局は
それも自傷なんだろうかと
いつも考えて居た。


そうかもしれないと
胸の奥底では思いもした。



時に

本当に
時に



晒す痛みは
快感に変わる時も在る。



それが
どのような時かも

まだ当時は
おぼろげにしか捉えられず



それはそれで
ひとつの快感でも良かった。




ふと
感じるのは


母や
父や


自分の育った環境


私を傷付けた人達


それらを
記事として綴る時に



私の中で
その作業は


始めは

どこか
復讐のようでも

在った事だった。



それでも
それはそれ。



最終的に
分析と消化を綴れ

また

そこに関係しない第三者に
誰の事かを
特定されないように書けるならば


それも
ひとつの私の生き方だ
とも思えた。





持病の悪化は
速度を上げて

環境は足枷となり


私の日々は 
日増しに
どんどんと動けないものとなってゆく。





傷付けた者への憎しみを
消化出来ぬままに


親しい人までもが
羨む対象となり



生きて在る事そのものが
自傷ではないかとも

ふと

思う毎日。




死ねなくなった私には
もはや
生きる事が

自傷と
繋がってるのではないかと

自分でも

わからなくもなった。






ライブも
本数は出来なくなってしまった。


年に
片手で足りてしまう。



ライブバーの
気軽に参加できる
飛び入りのイベントにも

全く行けなくもなった。


「 月下陽香はこんな歌を歌って居ます 」と 


「 こんな歌を歌って居ますけど
  そんなに怖い奴ではないんですよ 」と


ご挨拶代りに遊びに行っては
そこで
交流をしたりする事も


もう全く出来なくなった。



もう


月下陽香は


どこかに
繋がったり
馴染んだりも
出来なくなって居た。



それは

とても
寂しく
孤独で
悔しくて。


悲しくて痛くて。

痛くて。

痛くて


苦し過ぎた。






受け入れてくれる人たちと
受け入れて在れるステージがしたいと

とても思って居た。



だから私は
二組のミュージシャンに声を掛けた。

大好きな人達。


その人達と共に
同じ
一つを
生み育てられたならと
とても望んだ。



私がしたかったのは主催では無い。


それまでに一度
主催イベントは
開催を試みた事が在る。



しかし
それは2回で止まった。

負担が大き過ぎた。


時間的にも
金銭的にも
体力的にも

独りで

黙って背負う事が
多過ぎた。



主催だから
当たり前でも在るのだけれど

私の場合


関わった人間関係も含めて

余りにも
独りで傷付きながら
後始末に追われる事が
やたらと続いた。


その傷は


主催で在る責任を
遥かに超えて在ると思えた。



だから

共に育てゆける出演者を
選んだ。


それを
受け入れて貰えると思える

大切な人を選んだ。


嬉しい企画だった。





でも
それは
思っていたよりも

私にとっては
遥かに難しかった。




続きはまた。










頻繁に
巡ってしまう記憶には

必ず


未消化な感情が
埋め込まれて在る。




昨夜
僅かに落ちた眠りの時間に

見てた夢。



少し前までの5年間


私が開催して居た
うつわ展の光景。




5年続けた中

最後の1年以外
4回は
父も見に来た。



来る時は
必ず

父に電話をした。




店に来るならば


高価な物でなくて良いから
ひとつ
菓子折りを持って来て欲しいと


それは

私が
大阪で
前もって買っておく物では無くて


父の暮らす土地の物を


途中の
駅の売店でも良いから
買って来て欲しいと

お願いをした。



職場に父が来る。


そこには
お世話になって居る人達が
沢山居る。



そこに来るならば

菓子折りのひとつでも
持参をし


「 娘がお世話になって居ます 」と

簡単で良いから
一言
挨拶位はして欲しい。



いつも
前もって連絡を取り合い

細かく指示をし
お願いをしてた。



父は
全くアテにはならないから。


事細かく伝えて
確認を繰り返した。




だから

センスはどう在れ
父はいつも
菓子折りを買って
来店をしてくれた。



有難い事だ。



父は電車を嫌う。


乗り換え等
自力でこなす事は苦手な上

人に尋ねる事を
酷く嫌うし


自分の車の運転は
私に言わせれば
えげつなく荒いが


自分以外の運転の乗り物は
落ち着いて
乗って居られない性格でも在るから。





その父が

電車に乗って
田舎の町から
大阪の中心部
心斎橋まで出て来るのだから。

まあ
そこには


遠方から
父の古い友人で
幼少期の私を知って居るご夫婦も


わざわざ
お越し下さる事も
在っての事だけれど・・。



有難いと思う。

本当に思う。





でも。

いつも思う。



「 そんな事言うなら来なくて良いんだよ 」

って。





店に入って来た父を
私は
店の人達に紹介する。


父は
菓子折りを私に渡す。


私は
それを店員さんに渡す。


父は
一応に挨拶をしてくれる。


「 娘がいつもお世話になって居ます。
          ありがとうございます。」


私は

ひとつ

ほっとする。



そうこうしている内に

店で落ち合う約束をして居る
父の古い友人ご夫婦も
到着をされる。


店員さんが
お茶を出して下さり

うつわの展示会場を
皆で観る。



友人ご夫婦は
いつも

色々と手に取り眺め
選びご購入下さる。




その時に


父が

決まって
大きな声で言う。


ポケットに手を突っ込み

めんどくさそうに
天井を見上げて



「 陽ちゃん!!
  お父さんは何を買って帰ってあげたらいいの? 」



友人ご夫婦も
店員さんも

一斉にこっちを見る。


会場には
他にも
様々なお客さまがいらっしゃる。



そんな時ほど父は言う。

偉そうに言う。



周りは
酷く引いて居るのに。



私は
慌てて
あちこちのホローに回る。



吐きそうになる。



おぇって
えずきそうになる。




その後は店を離れ

父と
友人ご夫婦と



4人で食事に行く。



そこでも
私は
父の世話ばかりしてる。


注文も自分では出来ない。
料理を
取り皿に取る事も出来ない。

カッコ悪いと思ってる。


それらを
私が全部する。


すり減らして接待をする。







嫌な夢。

でも
それらは
夢では無くて

実現する記憶。






記憶を捲り向き合い

分析し
消化してゆく作業は


とても苦しい。




そうして
自分を知らなければ



私を
苦しめる
傷付ける者の


本質や痛みにも


きっと気付けないのだろうなと



今朝思った。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡