❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

私の時間は残り限られて在るのに。(現在に向かう私・40)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



しんどい。


物凄くしんどい。


とても辛い。



こんな状況で
今日を
どう越えよう。

夜をどう過ぎよう。



こんな
心と
体で


明日の仕事を
どうこなせば良いだろう。


休む事は出来ない。


でも
もう笑えない。


少し動く事も
とても辛いのに。



明日には
また
バイトにも
行かなくては行けない。


そこに行けば

ずっと
張り詰めて
動き回っていなければ
仕事にならない。


ボロボロにくたびれて

引き摺るように
帰宅をすれば


作陶作業が待っていて。



注意力は
散漫で

意識朦朧と言っても
大袈裟では無いような状態で


日が暮れるまで働き


また

眠れずに

狂いそうな夜が来る。



苦痛は
もう
限界を超えて居る。

超えて居る。



精神も

砕けてしまう。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。
【「癒えを待つインナーチャイルドと生きながら。」(2015.1.21)】

【「限界だと泣き叫べたならば眠れるのだろうか。」(2015.1.23)】

【「依存する寄生虫を殺して良いか。」(2015.1.24)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「己が選んで傷付くならば。」(現在に向かう私・38)(2014.1.13)】

【「孤独な偏在が刻むべき覚悟。」(現在に向かう私・39)(2014.1.14)】






過程を
綴り続ける記事の中では




2013年の
夏を

過ぎた頃の私が居る。




この年から

月下陽香は


摂食障害と
自傷を


チラ見せでは無く

はっきりと
ステージの上でも晒して

ライブをする事を選んだ。





自傷も
嘔吐も
増す程に
治りはしない
深い傷を


何度も
何度も
付けられながら


数え切れぬ回数

言われ続けて来た。




月下陽香の楽曲は


「暗い」。

「痛い」。



そして。


未だ忘れはしない。



私の歌を

盗み
壊した


殺した


一時期は
メンバーでも在った者は

言い続けた。



「暗いからダメなんだ」

「怖いからダメなんだ」


「その陶酔して歌う姿は異常だ」






月下陽香の楽曲は

確かに明るくはない。


それは
私が
それを選んで在るからだ。



未来の私が
どんな楽曲を
選び生み出すのかは
わからない。



でも
今の私が
生み出し奏でたいのは


自分のイキザマで在り


そこに
犇めく痛みで在る。




決して
数々の痛みを
観客に
押し付けたい訳では無い。



でも


暗い歌が

痛い歌が

心に沿う事だって
在ると
私は思う。



ノリノリの
楽しい
明るい楽曲に

触れたくない日だって

人には在ると私は思う。




楽しくなれるならば
それは素晴らしい。


私だって


楽しい歌や
テレビ番組に

笑ったり
元気を貰う事も在る。




でも

今の私が

オリジナル楽曲を
通して
伝えたいものは


そこには無い。




私は

現在の
月下陽香は



胸の

奥底に

未だ犇めく
痛みに

そこに
光をあてて


表現をする事を

選んで
在るだけなのに。



表現は

それぞれに
様々で

良いだろうに。




理解出来ぬ程に

これまでに
向けられた否定は
大きく


私に
刻まれた傷は

深かった。




なぜ
私が

明るい楽曲を

基本的に
現在は
生み出さずに在るのか


それが
伝わって居ない事は
大きいと感じて居た。





そして
私が


小学校の
まだ低学年の頃から
共存を始めた


摂食障害と
自傷は

20年を越える年月


私の心身に寄生をし
私の心身は依存をし


その後の10年も

どんなに

誓い

向き合い

治療をしても


そこから抜け出せなしないまま
更に時間だけが流れ。




当時の私は


やっと


自分の腕を

切り
焼く

自傷行為を


しなくなり始め


数ヶ月が過ぎて居た。






自分の楽曲が

なぜ
暗く痛いのか

伝える時が来て居ると思えた。


そこから
やり直す時期が
来て居ると思えた。



結局は

30年間も

私を捕まえて
放してはくれなかった

自傷から 


なぜ私は
距離を置き始められたのか



自分の心が

きちんと知り 
理解しなくてはいけないと思った。



原因も
理由も

分析をし


結果を得て


それを


言葉に出来る所まで育て


伝えてゆく未来を
選んだ方が良いと

思えた。





だから
私は

ライブ会場で

板の上で

全てを晒す事を始めた。



2013年。




同年の七夕には

ここに
こうして記事を書き始めた。





摂食障害も
自傷癖も


晒し掲げて立ち始めたステージは
始めの2回は順調だった。


すっからかんだったはずの
自信が

少しだけ

ほんのいくつかだけ


この胸には出来た。




でも
それは束の間の幻のようだった。


夏には
3回目のライブ出演をしたが


そこは
針のむしろのように感じ



私の中では


学びにもなったけれど


とても嫌な
二度どしたく無い
経験のひとつにもなった。






この年から

体調は
とても悪化をして居た。



それまでは
無理をすれば
何とか出来た外出も

もう出来なくなっていった。


知り合いのライブに出掛けたり
音楽関係の店に顔を出したり


それまでも
無理をしなければ出来なかったけれど



薬に頼りながらでも
目一杯無理をすれば

それまでは
何とか出来たのに


ついに出来なくなった。






まだ動ける内に


今の内に


歌える内に


そう思い
必死になって走って来た。



常に

誰か
かれかに

邪魔をされ


転ばされ

奪われ
潰されて。



私よりも

ずっと元気で


まだまだ
動いて
活動してゆける者達に


この足は

いつも止められた。



幾度も止められて

ついに動けなくなった。



私を傷付けた者達は

変わらずに
動けて在るのに。




悔しかった。



とても憎んだ。




仲の良い人達までが
羨ましく
とても苦しかった。






糖尿病と乳がんを抱えた
飼い猫の
具合も悪化し



私は
家にこもる事が増えた。




幸い
仕事は
自宅工房で出来るものだったから

家で過ごす時間は増えた。


しかし

その仕事も
体力的に厳しくなり始めた。




収入を安定させる為に
少しバイトもしたかったが

もう
それも体には厳しい。


心や
体の
動けない時間


環境に
身動き取れない時間を


私は
学びに当てた。


資格取得に注いだ。



その資格を
役立てるバイトも見付かり


猫の看護を考えて

1日の勤務は短時間だが
働き始めた。



一生懸命学んで
手に入れた資格が
早速に
役立てる事は幸せだった。



収入も
いくらかは
決まって入って来るから
少しは安定をする。



頑張った。
本当に頑張った。


だけど。



持病は
ひたすら悪化した。



その上
その労働環境に
体は新たに壊れ始めた。





自分が
朽ちてゆく速度は

恐ろしく
速まって在る事を感じた。



私は
どんどん動けなくなっていった。



歌の練習も
ただただ辛いばかりになった。



ギタリストと過ごす時間は
楽しくて嬉しい。


でも

歌うと言う動作は

もう
私には過酷過ぎて

ただただ
苦痛になっていった。



苦痛で在る程に

恨んだ。




まだ動ける内に

歌える内に


時間も
お金も
必死になって注いで


懸命に走って居た私から



奪って
壊して
去って行った者達を


恨んだ。



消えれば良いと思った。


あんな奴らは
早く
朽ちて消えてしまえば良いと
立ち直れない程に傷付いて
消えてしまえば良いと

本気で思った。






夏に
出演した
その年3回目のライブの後


これからの活動について
とても悩んだ。



もう回数は出来ない。



今後
もっとそうなってゆくだろう。



私には限度が在る。



日々
周りの知り合いよりも

早く

朽ちてゆく。




限られたステージならば
選んで立ちたい。


とてもそう考えた。




好きな人達だけと
好きな場所で
開催するイベントを
ひとつしたいと思った。



まだ
何とかして
こうして
僅かでもステージに上がれる内に
したいと思った。




続きはまた。










眠れなくなって

も「う何日もが過ぎて。



それでも
毎日は
何もせずに在れるような
環境でも無く 


とにかく

動いて在って当たり前で


また
仮に
何もせずに横
たわって居るだけで

日々が過ぎてゆくならば


私は
私と言う生き物を

全否定してしまうのだろうから


ただ
じっと


噛み殺し
働いて


日を重ねて耐えて居る。



それでも
もうたまらなく辛い。



私は
基本的には
メンタル系の薬は飲まない。



そこに依存したら
あとが苦しい事は
もう理会して在るし


そうなった時に

私の場合は


恐らくは
社会に在れなくなるように思えて


何が起きても
常用はしない。



これまでの経験で
そう心得て在る。




でも
今回は
さすがに
少し薬にも頼って居る。



心療内科や
精神科へは通院しない。


今の所は
それは選んで居ない。





もう
何年も
お世話になって居る
掛かり付け医が

色々と理解して下さって居るから


そこで
処方をお願いして
ここ数日は服用して居る。



それでも眠れない。



目が覚めてしまってからの

悲鳴を上げて
暴れ出してしまいそうな

狂いそうな苦しみは

少し軽減はされて在る。




しかし
やはり
目が覚めて眠れない。



とても辛い。


とてもとても辛い。



明日も
バイトも
仕事も在るのに



どうすれば良いのか
考えると
更に苦しい。





今夜は

少し前に
ギタリストさんに頂いた
温泉玉子を頂いた。


黄身が濃くて
とても美味しかった。



ちゃんと
心にも
体にも
栄養にして蓄えたい。




数日

有難く優しいメールが
いくつか届いて居る。


まだ
返事が出来る私では無くて
申し訳ないのだけれど…。




今は
まず

1日も早く


眠れる生活を
手に入れたいと思う。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡