❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

依存する寄生虫を殺して良いか。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



もう少し。


楽になりたい。


楽に生きたい。



死ねないのだから。



もう少し
楽に生きたいよ。



死ねる事は知ってる。


どうすれば死ねるか
そんな事知ってる。


見て来たからね。

知ってるよ。




死へ向かう一線が
どこに在るのか
ちゃんと知ってる。


知って居るから

その線は越えない。


生きる側に居る。




それこそ
自傷じゃないかと
思う時も在るけど


私は
こっち側に居る。



そうでないといけないと

それは


深く
強く


自身に刻んで在る。



だから
辛い事も

それはそれは多々在る。




もう少し
楽に在りたい。


少し先には
叶うのだろうか。


わからないけれど。



父のようには
なりたくないと
とても思う。





父からは封書が届いた。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「悲鳴を上げて壊れそうだから。」(2015.1.19)】

【「癒えを待つインナーチャイルドと生きながら。」(2015.1.21)】

【「限界だと泣き叫べたならば眠れるのだろうか。」(2015.1.23)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「己が選んで傷付くならば。」(現在に向かう私・38)(2014.1.13)】

【「孤独な偏在が刻むべき覚悟。」(現在に向かう私・39)(2014.1.14)】







1月の15日から


記事は
過程の続きから離れて
書き続けられて来た。



続きを書かなければと
思う気持ちは
いつも在る。


それでも書けなかった。



振り返り
言葉にし
文字として打ち込み

更新する作業に


私の

体も心も


とうとう
悲鳴を上げたような状況だった。




そこから
脱した訳では無い。


毎日は
まだ
ひとつも楽にはならない。



それでも

前回の記事で


胸一杯に抱える
不安の一部を
書き放てた事で


きっと

次には
ひとつ
過程を綴れるようにも思う。



次回には
次回からは
また
少しづつ

過程を綴る記事を

現在の私を
目指して


書いてゆこうと


とても思い
自分に言い聞かせている。




書いて
確認する作業が
私を歩かせる時が在る。



私にとって
基本はそうなのかも知れない。



言葉に出来る所まで
行き着けたなら


想いは
かなり
整理が出来始めて居り


分析に
向かう事が出来る。




言葉にならない。

どういえば良いのかわからない。


そんな時点に在る時には
まだ
その足は
そこに留まったままだ。

私はきっとそうだ。



自分が
誰かに対し
何かに対し

した事も
された事も


さっと
その記事を消して

それらに触れずに
何もなかったように
振る舞える人間では

良くも悪くも無い。


まして

自分が

誰かに
何かに対し


した事で在れば

尚更

そんな逃げ方は
汚いとしか思えないから

したくないし



そうでなくても


言葉にして
伝える作業を怠れば

生きてはゆけないのだろう。






ここは

私のブログで在り

誰の物でも無い。


2013年の七夕からは

摂食障害と
自傷を掲げ


過程を綴る事を
真ん中に
ここは
継続をされては来たが


それだけを書く為に
続けて来た訳でも無い。





それも含めた

私の

イキザマの

ひとつが
このブログでも在る。




ここは誰もが読める。


ただ


以前は在ったコメント欄は
現在は設置しない事にして居る。




人が
私に向ける文字に
恐怖を覚えたからだ。




相手に
悪気が無い事は
十分に理解出来ても


どうしても


「 なぜ今それを言うのか 」

「 なぜここで
  わざわざそんな事を書くのか 」


という想いは

繰り返し
この胸に刻まれる事が起きて


私は
大きな怯えを覚え


その都度
それに対応し
治めてゆく労力を


もう
捻出出来ないと察したからだ。




現状の
深刻さを理解出来ないままに

なぜ
それを
今ここに書けるのか。


それをされる事で
私のような人間には
どうしても

その人が
どんなに優しい人で在れ


私にとっては


空気の読めない
踏みにじる人となってしまう。




自分の活動について


なぜ
私へ

メールアドレスも知っているのに

そこにでは無く


思うように動けなくとも
必死で日々を闘う
月下陽香の
このブログに


わざわざ
自分の日々を報告するのか。 



結局は

ここを利用して
宣伝したいとか


共通の知人にも
知って欲しいから

私なら
許してくれるだろうから


土足で踏み込んでるんだろって


感じてしまう。




もういい加減にしてよって。


きっと

私は

これまでに

何度も
何度も


そう思っては

飲み込んで来たように思う。





そして。

この記事の前の記事。

【「限界だと泣き叫べたならば眠れるのだろうか。」(2015.1.23)】




このような記事を書く時


私は

やっと

私の中に犇めく痛みと
本当に
向き合い始めて居る。



なぜなら


その痛みが何なのか
言葉にし始めたからだ。


一体
何がここまで苦しめるのか


言葉に出来た時に
やっと
分析は始まるから。




真の

芯の

深の

思考とは



私にとっては
そういう形をて居るのだと思う。




しかし。



中途半端に
私を知って居ながら

私を好きでいて下さるとか


実は
熱心な
読者で在って下さって居るとか



そういう人ほど


私に向ける言葉が在った。




「辛いのはあなただけじゃないと思う 」

「 私だって辛いです 」

「 自分だけと思ってるようで不快だ 」

「 そこまで書かなくても良いと思う 」

そんな言葉。




ここは
私のブログで在って

私が
私の事を話して良い

場所で在り


それぞれに


読者には
想いは在れど



それはそれで


皆さま
自分の場所で
表現すれば良い事で在って


不満に思うならば
見なくても良いし


応援下さるならば
そんな言葉を
向けるのは違うように

感じてしまう。




結局は


私個人に向けて


”自分の痛みを理解しろ“と
訴えられて在るようにしか
思えなくなってゆく。


とても負担に思う。



相談ならわかる。

でもそうでは無い。


その人の
思うように行動しない私への
不満にしか思えない。








“うんうん。そうか。”
“そう言う時もあるやろうね”って。

ただ。

そんなふうに。

読んでだけ居てくれたら
また
明日には
少し頑張れるのに。



記事にしながら

私にだって
ただ
聞いて欲しい時だってあるのに。




適当に
私を知る人や

私に
依存したがる人に限って


何かを落としてく。


私の胸に。



針や
棘や
刃や。


勝手に置いて行く。



そういう
ひとつひとつにも


私は
疲れ切って
果ててしまったんだろうなって


思う。







でもね。

昨日の記事を書いた後。


初めてじゃないかな…

そういう言葉が
どこからも飛んでこなかったんだ。


それに少し救われた。



夕べは

安定剤と
睡眠薬を
きっちり飲んで

日付が変わる少し前に
ベッドに横たわった。



直ぐに寝付けた。


毎日
使い果たして働いてるから


寝付きはとても良いの。


でもね。

やっぱり
2時間ちょいで目が覚めて。


ほとんど眠れず朝が来た。




ただ
今日はバイトはなかったから

自分で調整できる
本職の陶芸だけだからね


急いで起き上がらずに
ベッドの中に居た。



冬のお布団の中は
あったかいね。


ただじっとしてた。

静かにじっと。


9時前頃まで
もう動かずに居た。


そして
コツコツ働きながら。

合間に
いつもより細かく


日頃は
あまりかけない場所まで
掃除機を掛けた。





少し前に買った
クマちゃんにも
念入りに掛けた。


後は一生懸命働いた。



作り笑いも出来そうに無くて。

誰にも会わずに過ごした。




パソコンには
お友達がメールを下さって居た。

大事なお友達。


だけど
そのお返事もまだ出来て居ない。


数日内には
お返事したいと思う。



気に掛けて貰える事は
とても有難くて嬉しい。


けど

こうして
嬉しく想える時も在れば


もう
うんざりな時も在るのは


私が
勝手だからって


だけ

なのかな…






依存されがちで
寄生されがちな

生き方とは


サヨナラをすると
決めて居る。



それで
友達が減っても構わない。


所詮
そんなの友達じゃない。


友達位は
もうそろそろ

互いに
すり減らさない関係で
在れる人と

選んで繋がって居たい。





次回には

また


過程の続きの記事を
書けるかな…



頑張れるように

自分に声をかけてみよう。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: