❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

癒えを待つインナーチャイルドと生きながら。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



水平線を境に


天と地と


それぞれに
向かうように


広がってゆく


青。

蒼。
藍。
碧。




水平線で
手を繋いだ
海の在る景色。



海を見たくなる時


一番始めに
頭に浮かべる海は
そんな海。



空も海も青い景色。



少し前だったかな…。


ある人の車の助手席で
海の話が出た時に

その人が言ったんだ。



「どうして海は青いんだろうね」って。 



私は言った。


「空が青いからだよ。」って。



「どうして?」って
尋ねたその人に説明をした。




空の色が
水面に映るからだよって。


だから

曇り空の日の
海は
青くは見えないでしょう?って。


夜の海は
青くないでしょ?って。



大学進学まで
海の見える田舎で育ったその人は

驚きながら
私の話を聞いて居た。


今まで
そんなふうに考えた事が無かったって。


そう言って居た。




正しいのかどうかは
私もわかって居ない。


でもそうだと思ってる。




湖の水面


その周りの

木々の力強い緑や


その隙間から
覗く貫ける青空や


縁を沿うように
咲き誇る花々が


美しく映るように


海と
空も


そうなんだと

思ってる。





「魂の家族」の存在を

私が
深く考え
受け止めるようになった事を


少し前に記事にして居る。

【「繋がる血を抜き取れたなら…。」(2015.1.12)】



海と空は
私が思う
「魂の家族」の関係に

ある部分が似ている。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「誰が殺した?」(2015.1.15)】

【「吐き気がする程の痛みを繰り返し。」(2015.1.17)】

【「悲鳴を上げて壊れそうだから。」(2015.1.19)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「己が選んで傷付くならば。」(現在に向かう私・38)(2014.1.13)】

【「孤独な偏在が刻むべき覚悟。」(現在に向かう私・39)(2014.1.14)】






過程を綴る記事は

2013年の七夕から書き綴り

現在は
2013年の夏あたりの私を
記して在る所だ。



前回までの3回

記事は
続けて
過程の続きからは離れて書いて来た。



余りにも大きく
心身共に
崩れてしまって居るから


そうした方が良いと感じ
そうして居た。



続きを待って居て下さる方には
申し訳ないのだが


今日も
記憶を掘り起こし
言葉を紡ぐよりも


現状を
少し書いておこうと思う。



次回辺りからは
過程の続きも
書いてゆけるように
目指して居る。





この冬

私が
一番気に入って居るソックス。


ひつじさんのソックス。


大事に手洗いして
お出掛けに履いてゆく。



この冬の
私のお気に入りは


このソックスと
耳の付いた帽子。



先日

半年振りに出掛けた
音楽の在る場所にも


耳付き帽子と共に

このソックスを履いて行った。



とってもあったかくて
書き心地が良くて

とっても可愛くて

大好きなソックス。





私の中に
満ちぬまま
存在し続ける幼児。



インナーチャイルドである私も

このソックスを
とっても気に入って居る。



これを履く時

ちびっこの私は

「めぇめぇ~♪ひつじ♪」と
ご機嫌に
歌ってたりする。



その時

私の中

ふたりの私


大人の私も
ちびっこの私も


幸せな気持ちになって居る。





自分の中に

大きく不足したまま
成長出来ぬまま


居続ける
幼児の私が居る事は


もう
ずっと前から
知って居た。



もうずっと前。



小学校低学年の頃から

摂食障害者となり
自傷癖者となった私が


成人を迎え

大学を卒業し
少し過ぎた頃。



想い起こせば

その辺りから


私は
私の中に共存している

幼児の私の存在に

気付き始めたように思う。



それまでは

良くはわからなかった。


私自身が
まだ10代でも在ったし


私の家庭環境は

周りの同級生たちとは違い


私は

中学の頃から
社会に出て

大人と関わりながら
生活をして居たから




早く大人になりたくて

沢山の背伸びも
して居たから



良くわからなかった。





大人になってから

違和感に気付く。


私の中の
幼児の存在に気付く。


でも
ずっと

それを否定して居た。


私の中の
幼児の私は


とても病的で
狂った思考でしかなく

嫌で仕方なく

不安でたまらなかった。





現在

私は


自分の中の
幼児のままの私を

受け入れて
受け止めて生きて居る。



少し前にも
それに触れた事が在る。

【「偏在な女に住み付く不足した少女。」(2015.1.3)】




この

ちびっこの私が


いつか
大人になれるのか



それとも

私が
歳を重ねても
生きて在る事が出来


それこそ
歩く事にも
誰かの手を借りるような

おばあちゃんになった頃にでも


このちびっこは
生き続けて在るのか

わからない。



わからないけれど


ずっと

この体が朽ち果てるまで


共存して在るような気が
する事も多い。



それでもいいかなって
最近は思う。


それならそれで良いと。

仲良くやってゆこうと。







昨夜


ひつじさんソックスを
贈って下さった方のブログに

お伺いして

歌を聴いた。


とても

美しい
優しい歌声が
繰り返してくれた。



愛してる…
愛してる…
愛してる…




私には歌いこなせない楽曲。

心の

奥に届いて
響く声。



その動画を
初めて拝見したのは

先日お伺いしたイベントに
出演されておられた方が

メールに
アドレスを貼り付けて
送信して下さった時だった。



私が辛い時。

送って下さったメールから

私は
初めてその歌声を聴いた。


昨夜は
久し振りに
またその声に触れて。



そして昨日は


その「愛」を歌う方から
お便りが届いてた。





「大丈夫」。



私に

これまでに
この

「大丈夫」と言う言葉を


この胸の
奥底まで届けて下さった人は


この世に
4人居て下さる。


この方はそのひとりだ。



そして。


この方と
私を


繋いで下さった方も

また

そのひとりだ。




だから
私は

この歌の歌詞が
書けたのだと思える。



大丈夫。
君を愛してる。

大丈夫。
君は愛される。



【 癒え待ち野バラ -イエマチノバラ- 】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・

『癒え待ち野バラ -イエマチノバラ-』


みんな笑ってる  遠くで見てるだけ
上手く馴染めない  私だけひとり

涙詰め込んで  ここにいるんだよ
壊れそうなのに  誰も気付かない。

孤独の中で息をしている
こんな私になりたくないのに
怯え寂れて突き刺さる棘
もうがんばれないよ‥


負けそうな今日を 責めなくていい
やさしい言の葉を 自分にかけたげよう
春が来る頃には 可憐に咲けるように
輝く花荊(はなうばら)
可愛く咲けるように

大丈夫 君を愛してる



みんな楽しそう  ここから観てるだけ
いつも馴染めない 消えてしまいたい

嘆きを切りつけて  叫び続けてる
壊れそうなのに  誰も気付かない。

真ん中から吹き出す痛み
こんな私になりたくなかった
羨み妬み突き刺した棘
もう闘えないよ‥


負けそうな今日を 責めなくていい
やさしい言の葉を 自分にかけたげよう
秋が来る頃には 強く実るから
潤う紅果実(べにかじつ)
美しく実るから

大丈夫  君は愛される


輝く花荊
可愛く咲けるように
潤う紅果実
美しく実るから

大丈夫  君を愛してる
大丈夫  君は愛される



※野薔薇の花言葉・・痛手からの回復
※野薔薇の実(ローズヒップ)の花言葉・・無意識の美

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡