❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲鳴を上げて壊れそうだから。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



昨日は少し出掛けた。



昨年の7月。


その20日程前に
愛おしい命を見送り


悲しみに
疲れ果てて居た私を

誘い出してくれた女性と共に

彼女に
心の手を引かれる想いで
音の在る環境に
出掛けたきり。



私は


音楽に関わる場所に
出入りする事をやめた。


どんなに
親しい人のライブでも
観に行く事もやめた。


もう
年内は
そこからも離れたいと

2014年

使い果たして
疲れ切った私は


そう決めて
静かに生き延びた。




そして半年が過ぎ。

昨日は出掛けた。


音楽の在る場所に。


これは
自分で決めて
目指して居たから
出掛けた。


当日朝まで
熱っぽい状態でも在ったが

人前で
きちんと笑える自分になるまでの

調整は
出来たと思えたから


ギタリストさんと出掛けた。



自宅から
電車と徒歩で1時間程の距離。


それなら
私にでも辿り着ける。


そして
恐らく私は

そこに出演する人達を観ても


妬みに
苦しむ事は無いとも思える。


何よりも


会いたい人が居た。




たとえ
30分程の時間でも
見守りたい人が居た。



大好きだから。
大切だから。


そのイキザマの欠片を
私は

この目で観て
この耳で聴き


記憶に
焼き付けておきたいと思った。


そこに居た
自分の想いも
考えも


忘れないように。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。
【「繋がる血を抜き取れたなら…。」(2015.1.12)】

【「誰が殺した?」(2015.1.15)】

【「吐き気がする程の痛みを繰り返し。」(2015.1.17)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「己が選んで傷付くならば。」(現在に向かう私・38)(2014.1.13)】

【「孤独な偏在が刻むべき覚悟。」(現在に向かう私・39)(2014.1.14)】





2度続けて

過程を綴る記事を休んでいる。


寄り道の記事を
記して在る。



過程を綴る
記事の中の私は

2013年の夏を
過ごす辺りまで
書き着いて居る。



今日も
もう少し
過程から離れた記事を
書いて居たい。





昨日のイベントは
早い時間帯の
短い時間で開催された。


出掛けられたのは
そのおかげもある。


翌日も
バイトも
うつわの仕事もあるし

翌々日には
病院で検査もあるし


長時間では
今の私には
負担が大きくて難しい。



そうではなかったから
行く事が叶った。


ギタリストさんと
途中で合流して向かい
ステージを観覧し


帰り道。


一度乗り換えが必要な電車。


ふたりで
とても自然に乗り換えて
帰って居るつもりだったけれど


ふと

異変に気付く。




あれ?

あれれ?

反対方向の電車だ。



逆方向に向かう電車に
気付かずに乗り
飴を舐めながら
話し込んで居た。


幸い駅3つ程。


だから
ちょっと得した気分になれた。

ちょっとお得な
小さな旅みたいだった。


でも
気付かなかったら
海の方へ行っちゃってたんだよね。


そこまで行っちゃってたら
さすがに
うな垂れたかな(笑)






昨日は
改めて

昨年末頃から

自分の中で
変化してきた
表現への考えを


見つめ直したり出来た。



丁度
ギタリストさんが
色々と

考えを
長いメールにして
届けてくれたから


段々と
変化をしてきながら

考えている事を


まだ
ちゃんと
具体化する所までは
到達して居ないから
言わないで居たけど


良いタイミングに思えて


まだ
輪郭すら
描けないような願いを

少し

彼に伝える事も出来た。



少し先の未来に

私が
まだ
歌を歌えて在れるならば

そうなれて居たいと

願うイメージは
伝えられたかなと思う。


歌える体で
この世に

存在して在れたならね。






今一番苦しいのは
きっと体。


だから
心も落ちる。


不安と
恐怖に
とことん落ちる。


それでも
使い果たして働いて

くたくたにくたびれて

また悪化して。



頑張れば
やりたい事が
何とか出来る人達は

相変わらず羨ましい。



甘える事に
抵抗を持たず

出来る事だけをこなして

食べて
眠り

生きて在れる人が
妬ましくもなる。



少し先には
きっと
今よりも
動けなく
歌えなくなるだろうに


もう既に
とても大変で

活動出来ずに居る現状も
苦しくてたまらない。



もっと
すり減らさずに生きたい。


出し切って
壊れてしまう生き方から

逃れたい。







昨夜も

深夜3時に

目が覚めた。



体は眠りたいのに。

精神が眠れない。



ばちっと目が覚めて

時計を見れば
3時ちょうど。


懸命に目を閉じて
眠ろうと努力をしても
寝付けない。



その


胸騒ぎや

不安感

恐怖感は


見合う言葉が見付からない。

たまらない。


心に首が在るなら

そこを
物凄い力で
締め付けられるような
息苦しさを感じて


汗がだらだらと流れ


胸の真ん中を
拳で貫かれるような衝撃に


悲鳴を上げて

暴れ出しそうな位

もうたまらない。





もう耐えられない。


ここしばらく
毎夜
その状況に陥る。



もう限界。


久し振りに
少し
お薬の力も借りて


気持ちを
落ち着かせて
眠りにつく毎日を


得てゆく事も
考えようとも思って居る。



でないと
本当に壊れてしまいそうだ。







生きようと。

今の私は日々思う。


人は自ら死んではいけない。


家族の自死も見て

その無念も知り

その後始末も
してきた私はそう思う。




愛する人達が居る。

私を愛してくれる人も居る。 


損得じゃなく
利用では無く
必要としてくれる人も居る。


共に
何かをしたり
感じたり出来る人が居る。



生きる事を
投げると言う事は


その人たちに対しての
何より
大きな裏切りだと考えて居る。



自分の穴埋めや
後始末を

人に押し付ける生き方は


最低だと言う考えも
持って居る。




私は

摂食障害者で在り
自傷癖者で在る事を

今ここに掲げて居る。


摂食障害も

私に言わせれば
一自傷行為である。



自傷癖者出る私は

本気で
死のうと試みた事も在る。



そこでは死に至れなくとも

結局は

早く朽ちれるように

でも
今すぐには
死ねなくなった私が


何とか
生きてゆく為に


あらゆる
自傷行為は
必要であり

それを重ねて来た。





自傷行為を
しない自分になろうと


何度も誓い
努力はしたけれど

いつも引き戻された。


いつもいつも。


腕を切りたくて
焼きたくて
たまらなくなった。



自分の体を
傷付ける事で

湧き上がる

快感は

今も忘れられない。




だけど。


私は

自傷をして居ない。



もう切りたくないと

やっと

最近は
思える時も在る。




生きて在りたいと

まだ
生きてここに在りたいと思う。


愛する人たちと
関われるここで
在りたいと思う。



どんなに
望み
願い
求めても


私には
手に入れられないものが在り

与えて貰えぬものが
在る事も


もう
私は知って居るのに


それでも


その不足の穴は
未だ心に空いたまま

私の中には
幼児の私が
満ちぬままに共存をし


偏在な私は
日々を
上手く歩けてはいないけれど


まだ生きて
出来れば
まだもう少し
歌を歌いたい。






ずっと。
頑張って来た。

ずっと。

ずっと。

頑張って来た。


出来ればもう
壊れるまでに
頑張る事を


少しずつでも
自分で
先に気付いて


自分を
今より楽にしてやりたい。



明日は通院だから
主治医にも相談して


まずは
眠れる日々に
安定した思考を取り戻したい。





今日は
少し久し振りに
ぶーにゃんに会えた。


かわいいなぁ・・・



でも
今年いっぱいは
ペットは飼わずに過ごしてみたい。



その後に

もう一度

あの悲しみを
受け入れる
覚悟が出来たなら


新しく家族を迎えたい。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。