❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吐き気がする程の痛みを繰り返し。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



昨日の朝は

もう

どんなに頑張っても
起き上がれなかった。



熱が上がってく感覚と

喉を
締め付けられるような
息苦しさ。


言葉には
もうならない
酷いだるさ。



どんな無理をしても
もう誤魔化せなかった。


限界を
超え過ぎて居ると思った。


こんな状態で
何とかして
外に出れた所で


人に
見せられる表情も
もう作れない。


どんなに努力しても
不調を隠す
嘘が付けない。


これで
バイトに行けるとは思えない。
迷惑を掛けるだけだ。



ベッドの中から
社長の奥さまの携帯に
電話をした。

会話も
上手く出来なかったが

何とか状況は伝わった。



休みを頂いて
そのまま
午前中は布団の中で過ごした。



通院も考えたけれど
もう
それも出来なかった。


午後は
少しずつ
出来る限り仕事をしたけれど


それでも
まともには動けなかった。




今日も余り変わらない。


微熱が続いてるまんま

頭痛は酷く苦痛で

とんでもなくだるく
浮腫みが酷い。


私の浮腫みは
病的なものだから

酷くなると
動作の全てが苦痛となる。


視界も悪くなり
目が痛み
涙が出続ける。


顎も痛んで
上手く開かない。


当たり前に
発声も苦しい。



朝から
洗濯以外
まだ何も出来て居ない。


事務仕事位は
進めてゆかねばと思うが
どうしようもない。



早く
少しでも楽になりたい。


気持ちも
どんどん落ちて行ってしまう。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「繋がる血を抜き取れたなら…。」(2015.1.12)】

【「誰が殺した?」(2015.1.15)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「己が選んで傷付くならば。」(現在に向かう私・38)(2014.1.13)】

【「孤独な偏在が刻むべき覚悟。」(現在に向かう私・39)(2014.1.14)】





過程を綴る記事は
2013年の私を
記して在る途中。


体調が
余りにも酷く不調で

心が向かえないから


今日も
前回に続いて
寄り道の記事を書く事にする。





粗末に扱われたと
感じる時が在る。


これまでにも
いくつもの


粗末に扱われた
経験が在る。



その人にとって

私と言う生き物は
その程度のものでしか
なかった事を知る瞬間だ。



とても
親しいと思って居たり


だからこそ
懸命に尽くした事も
多々ある相手に

そうされる時の


胸に
突き刺さる衝撃は

酷く深くて大きい。



所詮は
私が
勝手に
信頼を寄せているだけなのだから

その事実は
早く知れた方が

その後も
注ぎ続ける
無駄な労力を

果たさなくても良い分

良い事ではあるのだけれど


やはりとても悲しくて痛い。



そして

粗末に扱われた事を
知ってしまった時


時には
そこに
恨み辛みの想いも吹き出す。


それは
とても嫌な自分の一面でも在り


苦しみは
更に増す事となる。





粗末に扱った事も在る。


その時の私は

その相手を
大切には想って居ない。


きっと
その人は
私の中では
どうなっても構わない部屋に
振り分けられている。



嫌いでは無いし
色々としてくれるし
損は無いから

繋がっては居て


でも

決して
特別に大事でも無いから

ふとした時に
ボロが出る。



相手が傷付く事を
想定した上で
粗末に扱ってやろうと
企んでの行動を
起こす訳では無くとも


傷付けるつもりなんて
欠片も無くても


しでかしてしまう。



その声を
後回しにしたり

そこに居るのに
取り上げなかったり

日頃
自分の中で

自分だけが知って居る
自分の中の
その人の位置を


気付かせる言動を
とってしまう。



自分もした事が在るから
わかる。

自分が
とても粗末に扱われた時。

そう言う事だと思い知る。





私が

粗末に扱われたと
とても感じる状況は

主に2つ在るように思う。




ひとつは

自分だけ
違う対応をされたような状況。


私もそこに居るのに
居たのに

私も
そこで
物凄く頑張って居たのに


私も
それを支える為に
物凄い努力をし

自分なりに

誰よりも背負い
重ねて来て在ったのに


まるで
そこに居なかったかのような
扱いを

されたと感じた時。



それらを終えた後の
締めくくりで

自分だけ

声も掛けて貰えなかったような時。



私の
苦労も痛みも

この人には
何も伝わって居ないんだなと思え


私などは

都合良く
動いてくれる存在でしか無く

だから
繋がってくれて居ただけなのかなと思え


次に
その人と
何か関わろうと考えても

心が足踏みをしてしまう。





もうひとつは

生み出した物を

奪われたり
盗まれたり
壊されたり

からかわれたりする状況。



人は
日々
色々な物を
生み出して在ると思う。



例えば
私ならば


オリジナル楽曲の
歌詞も
曲もそうだし


それらを表現する
ステージングもそうだし

陶器もそうだ。


ここに
日々記す
言葉ひとつひとつもそうだ。


毎日作る料理だってそうだろう。



その
生み出すもの達を


否定する人が
存在するのは仕方ない。

嫌う人が居る事は
当たり前。


受け入れてくれない人達が居るのは
当然で

間違いでは無い。



でも。

わざわざ

奪ったり
盗んだり

壊したり

からかったりして

傷付ける必要は無いと思う。


それをするならば

始めから
関わりを持たないで欲しい。



生み出すもの全ては
イキザマだ。


それに対し
そのような扱いをされる時


それは
私にとって


私自身を
とても粗末に扱い

無断で
利用されて在る事と重なる。





この

粗末に扱われる経験。


大きく
そうされたと

心底感じた事が


昨年中の私には
確実に

2度

在ったと感じて居る。


そのどちらもを

私の心は
まだ乗り越えて居ない。




その内のひとつは

もう
そろそろ乗り越えて

次のステージを
作り上げてゆく準備を
始める自分になりたいのだが


やはり
胸はまだ痛み


また
始めようとするならば


私には

結局は
誰よりも背負う覚悟と

それをしてもまた
疎外感を感じて
我慢しなければならない事が

予測されるから

足が止まる。



始めから

明らかに
大きな苦労を
心にも体にもするだろう事を

予測できるのに

動きだす決断が


もう
私には
出来そうに無いと思うんだ。



結局私は
そのステージから得た傷を
まだ治せては居ないと言う事。


キズグチは
未だ
癒えては居ないと言う事。



そして。


私が
そのステージで
とても傷付いて居た事は

きっと
誰にも伝わって居ない。


そこに関わった人たちは

きっと
何も知らなくて
気付いても居ない。


そこを
観に来て居た人たちも

きっと気付いて居ない。


いつも
月下陽香のステージでは
必ず
私の隣に居てくれる
プレーヤーでも

きっと気付いては居ない。



傷んで在るのは私だけ。


気付かれないように
気付かせないようにしたのは

私だから仕方ない。


でも。


その孤独は
とても辛くて


なかなか
ひとりでは越えられない。



どうしたらいいのか

未だ

傷みながら
痛みながら

私は考え続けて居る。








昨年の終わりに。

いつも気に掛けて下さる
大切な方が 

陶器のご依頼をふたつ
私に与えて下さった。



年が明けて
私は
ご依頼の贈り物を発送した。



ひとつは
その方から
その方のご家族へ。

もうひとつは
その方と私
共通の友人へ。




昨夜
写メールを頂いた。


ご依頼を頂き
送った陶器が写っていた。


その写真の中の陶器は

もう
我が家の工房には居ない。

新しい場所に居る
陶器の顔が見れた。



生み出したものたちが

この手を離れ

新たな持ち主の物となる時。


陶器でも
CDでも。


もう
私の物ではなくなる時。



新たな居場所で

日々に
当たり前に
存在を与えて頂けたなら


こんなに
有難い事は無い。



陶器が
当たり前に使われて居たり

歌が
口ずさまれる時が在ったり。



それを知れた時


私の奥底の痛みは

ひとつ

救われて

癒えを
知れるように感じた。



その
昨夜頂いた物と同じ写真が
その方のブログにもアップされていた。


記事のタイトルには
「癒」
の文字が在った。


良かったと思った。
有難いと思った。







私は

ここにも
ステージの上にも


摂食障害者で在り
自傷癖者で在った

イキザマを

晒し掲げて在る。



それらは
私にとって


最も知られたくない
隠しておきたい

現実であり


最も理解されたい

受け止められたい
真実でも在る。


本当の痛みとは
そう言うものなのではないかと

私は思って居る。




簡単に
こぼせる痛みなんて
きっと知れて居る。


深い痛みを
簡単に言える者は

他者に押し付けて
楽になろうとしてるだけ。


そうでなければ

簡単に
言葉に出来る痛みは
まだ知れて居る。



何日

何か月

何年


それぞれに
時間の差は在ろうけれど


痛みに

震え
苦しんだ末に

何とか

それを向かわせる方角を決め

やっと
誰かに打ち明けられる時


それは

依存では無く
強い決意であると思う。



痛みに

嘆き
苦しみ


それでも

自分で選んで

生きて居たいと思う。





震災から20年。


テレビ越しに

様々な方々の

当時と
その後が見える。


涙が見える。



悲しみが
ひとつでも

癒える事を願う。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。