❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が殺した?

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



体調は

なかなか回復しない。



今週も

月下陽香の練習は
休む事にした。


バイトに行く前から

もう
酷くしんどくて


帰宅後は


少しずつ
陶芸の仕事をしていたものの

やはり辛くて。



練習で使って居る
カラオケボックスは
徒歩10分程。


そこまで行く事位は出来る。


そこまで行って
ギタリストさんと話して
2時間程を過ごす位なら

頑張れば出来る。




でも

そこで
ちゃんと発声をして
歌を歌う事が
出来るかと考えたら


とても辛いと思った。


めちゃくちゃ頑張れば
数曲位歌える。


それでも


今日
そこで数曲が歌えても


間違いなく
明日は
また
今日よりも不調になって

苦痛が

また
長く続く事になるだろう。




たった数曲を歌う為だけに
雨がぱらつく中
ギターを背負って
単車で走って来てくれる
ギタリストさんにも申し訳ない。



彼はギター弾きだ。


私が


例えば
3時間の間に

5曲しか歌えなくても

20曲歌えても


彼は
ギターを背負って来てくれる。



ならば

たった数曲の為に


彼の今日を
消費する事は
申し訳なくも思う。





毎日毎日
使い果たして働いて

持病は
どんなにケアをしても
悪化は止まる事が無く

普通に
老化してゆくよりも
早い速度で

朽ちてゆく。




悔しい。


毎日毎日
さぼらずに
一生懸命
頑張って働いて生きて


それでも

自分のやりたい事は
結局
ほとんど出来ないまんま。



歌いたいのに。


まだ
少しでも
歌える内に

歌っておきたいのに。



今の内に

ステージに
立っておきたいのに。



まだ歌える内に

板の上で
掲げ
伝えたい想いが

在るのに。

物凄く在るのに。






まだ。


今年のステージも決められない。


体は

なかなか
練習も出来なければ


お店に
挨拶に行く事もまだ出来ない。

出来ない。
出来ない。



いつまで

こんなに

悔しくて苦しむんだろうか。




月下陽香には

もう
余りね

時間が無いの。



だから。


早くステージに戻りたい。



残りを
数えながらの
活動だから

板の上に居たい。


あと少し居たい。



それが過ぎてしまったら。




姿を消すから。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「偏在な女に住み付く不足した少女。」(2015.1.3)】

【「絶ち切り捨てた寄生虫。」(2015.1.5)】

【「繋がる血を抜き取れたなら…。」(2015.1.12)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「己が選んで傷付くならば。」(現在に向かう私・38)(2014.1.13)】

【「孤独な偏在が刻むべき覚悟。」(現在に向かう私・39)(2014.1.14)】






過程を綴る記事は

2013年の私を
記して在る途中。


今日は
その続きから離れて
記事を書くね。



少し前の事を
書いておこうと思うんだ。


まだね。

誰にも言ってない出来事を
ひとつ。
書いておく。






昨年の終わりが近付いた頃。

知り合いが亡くなった。


あの世が存在するならば
そこへ召された。



特別に
深い付き合いでは無かったけど
決して
浅い付き合いでも無かった。


何でも言えるとか
弱音を吐けるとか

そんな対象でも
お互いに無かった。


それでも
気になる存在であった。

お互いに。
うん。
そうだ。

そうだったんだって
とても思う。

今に思う。





知らない番号。

アドレス帳に登録されて居ない番号から
携帯に電話が鳴った。

そう言う時
私は出ない。


そうしたら自
宅の電話も鳴った。
同じ番号。
でも私は出ない。



携帯は
相手がわからなければ出ないし

自宅電話は
基本的に
留守番電話になっている。


それで
仕事が賄えるようにして在るから
必要以上は出ない。

色々在るからね。






出なかった電話。

留守番電話に入った伝言は
その方の
お父様の声で

残された訃報だった。


その時点で
もう葬儀は終わって居た。

親族だけで静かに送り
骨になった後だった。




伝言を聞き
折り返し連絡をした。

そして。

その方のご自宅へ伺う事にした。




私よりも
5つか6つか
年上の女性。



私と
同じ病をひとつ

共有して居た。


だから気になって居たのかなと
漠然に
捉えて居たように思う。





お香典を包み

葬儀では無いし
重たくなり過ぎないように

喪服は避けたが

それでも
出来るだけ
落ち着いた服装をと考え

紺色のスカートを
久し振りに着た。



あと。

花のアレンジを
小さな物だけど

持って
ご自宅に伺った。





ご両親が出迎えて下さった。

居間に通されて
挨拶をした後 


まずは
ご仏壇に

会わせて頂いた。


黒縁の写真の中

微笑む彼女は若々しかった。


数年前の物だと
お母様に伺った。




その後
お茶を頂いた。

お菓子も頂いた。

とても上質なお菓子を
ご用意下さって居た。



そして。
少し話した。

少し。
だけど深く。話した。




話が尽きる頃。


そろそろ帰りたくて


ご両親に
お別れのご挨拶をし始めた時に


お父様のお言葉が在り

私は
彼女が
最後に過ごした

彼女の部屋に案内をされ

そこに行く事にした。





扉を開けて入れば


小学生の子供が使う
学習机が飛び込んだ。


そして

シングルベッド。


ベッドが置かれた

壁際。


無数の落書き
殴り書き。



胸を

一発で撃ち抜かれたような
衝撃が走った。



360度。


ぐるりと見渡せば


部屋の壁中に


スプレーペンキや
マジックで


書き記された
叫びの連鎖。




「こうなったのは私のせいでは無いと思います」

「なぜこうなるのですか」

「誰がおかしいのですか」


赤と黒の色で
壁に書き付けられた

言葉の山。

山。



そして。



その上に


大きく書かれて在った言葉は



「 お世話になりました 」






彼女の死因を

私は
聞かずに帰宅した。




先日

ご家族は
お引越しをされて


今日から

ご自宅の解体が始まった。





りんごを頂いた。



私は
日頃
フルーツを滅多に買わない。


嫌いな訳じゃない。


好きなフルーツも
勿論在るけれど

スーパーに行っても
野菜は買っても
フルーツは余り買わない。



日持ちをしない物が
多いイメージがあって
腐らせてしまうのは嫌だから
買わないで居たりする。


ギタリストさんが
時々届けてくれたりして。


それを頂く時は
ちょっとわくわくする。



自分
で自分に与える事の無い食べ物は

非日常で
ご褒美っぽい。




今日のりんごは
バイト先の奥さまから頂いた物。


奥さまのお父様が
故郷から送って下さった物らしい。




お父さんかぁ… 



父の顔は
1年以上見ていない。



60代の半ば。


でも

きっと

実年齢よりも老けて
劣ってるんだろうなと


想像が出来る程

悲しくて虚しい。





頂いたりんご。

今夜頂いた。


おいしかった。
甘くて。


おいしかった。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。