❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独な偏在が刻むべき覚悟。(現在に向かう私・39)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





夏に購入した
ぶたちゃんは


現在
こんな感じに育っている。



昨日も

バイトも
仕事も

一生懸命頑張ったけれど


イマイチの体調には
とても堪えて


日付が変わる頃には

ベッドの中
眠りに落ちたが


やはり
目が覚めたのは
午前4時前。



そこからまた
辛い時間が続いた。



悲鳴を上げて
暴れ出してしまいそうな

大きな

不安感と


いくら目を閉じても


チカチカと
目まぐるしく
瞳の裏に映る

疲れる光景。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「偏在な女に住み付く不足した少女。」(2015.1.3)】

【「絶ち切り捨てた寄生虫。」(2015.1.5)】

【「繋がる血を抜き取れたなら…。」(2015.1.12)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「自傷癖は隠したい現実で知られたい真実で。」(現在に向かう私・36)(2014.1.8)】

【「馴染めない理由は偏在なのか。」(現在に向かう私・37)(2014.1.10)】

【「己が選んで傷付くならば。」(現在に向かう私・38)(2014.1.13)】





過程を綴る記事は


2013年の
月下陽香が

3度目のステージに
立った時の事を書き終えた所だ。



この年から

摂食障害と
自傷を

ステージの上で
晒して
掲げて
ライブをするようになった

月下陽香。



悩みに悩んで
考えに考えて
散々迷いもし

それでも

その時が来たと思え

決断し
始めた活動の

始まりは
恐れて居たよりも辛くはなかった。


想定外で
受け入れても貰えたようにも
思えた。


しかし。


必ずしも
そうでは無い事を

3回目にして思い知った。





駆け付けて下さった
お客さま皆さまに
大きく助けられた。

それだけが
その日の私の
大きな救いだった。


しかし

ステージに立つ表現者として

この日のライブは
とても
納得のいかない
後味の悪い

痛みを引き摺る
辛いものとなった。




板の上は孤独である。



それまでには
持てなかった
プレイヤーへの信頼を
持てるようになってから

私は
安心をし過ぎて居たのかも知れない。



ギタリストは
私の楽曲を
大切に
丁寧に弾いてくれる。


私を歌わせてくれる。


私は
彼に
安心をして
自分の楽曲を渡して居る。


それは

少し前の月下陽香には
与えられなかった
欲しくてたまらなかった
環境のひとつだ。



そして私は
現ギタリストのおかげで
それを手に入れた。


彼は
私に
それを与えてくれた
大切なプレイヤーだ。


共にステージに立つ事も楽しい。




だから私は
頼り過ぎて居たのかも知れない。


摂食障害と
自傷を
掲げて立って居るのは

ギタリストではない。


月下陽香で在る

私だ。

彼は正常な人だ。

偏在なのは

私だけだ。



だから
板の上は
孤独で当たり前なのだろうに。


私は
その事を
忘れて居たのかも知れない。




忘れてはいけないんだと思った。


月下陽香とプレイヤー
として
ステージに立つならば

メインは私だ。


プレイヤーには
逃げ道が在る。


しかし
メインに立つ者には
逃げ道は無い。



それを思い知ったし
忘れてはいけないと
とても思うステージだった。



普通では無いイキザマを
晒して立つと言う事は

それを始めるまでに
散々と
悩み考えて
思い描いてもみたよりも

とても
とても

痛む苦しいものだと
始めてみて
気付いた。



ギタリストを
信じられなくなった訳では無い。


彼の事は
これまで関わったプレイヤーの
誰よりも信じて居る。


それ以上に
特別な大切な存在である。



でも。


板の上の孤独は
忘れてはいけない事を

胸に刻んだ。






丁度その頃
私生活では
新しくバイトを始めた。


持病が悪化する速度は
以前よりも増した。


動けない日が増えた。


どんなに無理をして
頑張ってみても

仕事を必死でこなしたならば


後は
ほんの少し出掛ける事も
難しくなった。



少し前までなら
無理をすれば
遊びにも行けた。


一生懸命無理をすれば

ライブバーに遊びに行く事や
親しい人達のライブを
観に行く事も出来た。



でも。

もう
出来なくなってしまった。



自宅工房で
ひとりで
何とかやりくりをしている
陶芸作家としての仕事も

体力的にとても厳しくなった。


このままでは
作家として活動をし
収入を得る事も
どんどん大変になるだろう。



出来るだけ
体に負担を掛けなくて良い仕事を
今後出来るように


この年の始めから
勉強を始めて居た。


以前より
学びたいと思って居た事が在ったけれど

時間が見当たらなくて

行動には移せずに過ぎて来た。



もう
動けなくなってしまった私は

家に居る時間が
どうしても増えた。


その時間を学びに当てた。




体にも
環境にも

私程の制限はなく

頑張れば

遊びに行ける人達や
ライブが出来る人達を

遠くに見ながら
羨みながら

懸命に学んだ。



春には

糖尿病と
乳がんを抱えた
当時18歳の大事な飼い猫が

急変をし

私は
ますます外に出られなくなり


自宅で
作家としての仕事をしながら


通信教育で
勉強を続けて居た。





勉強は楽しかった。


勉強が楽しい事を
この時
初めて知れたのかも知れない。



学生の頃は
勉強が嫌いだった。


教科書をいくら学んだって

それが
生きてゆく上で
何の得になるのか


どれだけが
稼いで生きてゆく上で
必要なのか


理解出来なかったから


学校の授業は
私には
無駄な時間潰しでしかなかった。



学費も
生活費も抱えて

働きながら
通学をして居た私には


何時間を費やしても
時給を貰えない

それどころか
学費を
支払わなければならない授業は

無駄な苦痛でしかなかった。




卒業さえ出来れば良かった。


卒業さえ出来れば
学歴が手に入る。


成績なんて
最低でも良かった。


卒業してしまえば

そんなの
関係ないと思って居た。



だから
学生の頃は

勉強の

楽しさも
喜びも
理解出来なかった。



独りで
通信教育で学ぶ時間は
孤独だった。


猫の病状に怯えながら
猫のそばで
看護をしながら
勉強をした。



寂しい気持ち

置いてきぼりの気持ちは

いつも
胸一杯に在った。



でも
サボらずに
ただコツコツと勉強をしてた。


覚えて
理解し
解けるようになる喜びが

孤独な学習を支えてくれた。



そして。

資格をひとつ取得した。


その資格を
活かせる仕事が見付かり


私は
この年の夏から
薬に関わる仕事を始めた。



自分の体調も
猫の看護も考えると

長時間の勤務は難しい。


陶芸作家としての
本職も在ってのバイトだ。


でも

お金を頂く以上は
きちんと働きたい。



自宅からの距離や
勤務時間等

条件的に
とても良いとも思え

働く事にした。


仕事が決まった時は
物凄く嬉しかった。



一生懸命学んで
手に入れた資格を
活かせる事は
とても嬉しかった。


外出も
ろくに出来ない

体と環境で

それでも
働ける職場と出会えて
とても有難かった。



でも。


働き始めてみれば
現実は甘くは無くて。

体調は更に悪化し

毎日は
体の苦痛で
敷き詰められたような時間が

長く
長く
続くような状況となり


月下陽香の練習すら

それまでのようには
出来なくなっていった。





バイトの帰り道。


職場の最寄り駅には
ギタリストさんが
しょっちゅう現れてくれた。


猫が心配で
急いで帰る私に

小さなお菓子とか持って
しょっちゅう待っててくれた。



辛くてたまらない
バイトの帰り

彼の顔を見ると
ほっとした。


いろんな事を
もう少し我慢しようって

自分に言い聞かせた。


もう少し頑張ってみよう。

もう少し。
もう少し。


明日も仕事に行こう。




それでも。
体も。
心も。


苦痛の方が
増してゆくようになった。


続きはまた。










人は

愛される事を

きちんと知らなければ

愛する事を
理解
出来ないのかも知れない。


人を
ちゃんと愛せない者は

自分の事も
愛せないのだろう。



だから

自傷が生まれるんだろう。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。