❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

己が選んで傷付くならば。(現在に向かう私・38)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



体調が

なかなか回復しない。



毎日
必ず
仕事があるから


きっちり休めなくて

極力気を付けて居るのだけれど

まだ
とても辛いままの状態。



すごくだるくて
とても眠たい。



おかげで
夜は
日付が変わる頃には
眠りに落ちる事が出来る。


でも
ここ暫く


この体調が
悪化し出したころから


毎夜


3時とか
4時とかに

必ず目が覚める。



体が

酷くだるかったり

寒かったり
暑かったり

息苦しかったり

喉が痛んだり。



何かしらの嫌な感じで
目が覚めて

1時間とか
2時間とか
眠れなくなる。



とても
とても
しんどいのに。



思考を沈めて
落ち着こうとしても


言葉にならない

大きな不安や

環境への不満が

頭と
心に広がって


胸は
ざわざわと
嫌なざわつきを起こし


懸命に目を閉じても

チカチカと
疲れる光景が

閉ざした瞳に
次々と映り
眠れなくなる。




この時間は
とても苦しい。


不安感が
恐ろしく大きくて
たまらない。



きっと
もうすぐ
朽ちてしまように

とても
とても思えて


結局は

物凄く
やりたかった事も
ろくに出来ぬまま

志半ばで


傷んだまま
終えてしまうように思える。



持ってる者を羨んで

動ける者を羨んで

妬みに嘆き


途切れてしまうように思えて


叫び声を
上げそうになるんだ。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「偏在な女に住み付く不足した少女。」(2015.1.3)】

【「絶ち切り捨てた寄生虫。」(2015.1.5)】

【「繋がる血を抜き取れたなら…。」(2015.1.12)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「自傷と摂食障害を掲げた逝き先へ。」(現在に向かう私・35)(2014.1.6)】

【「自傷癖は隠したい現実で知られたい真実で。」(現在に向かう私・36)(2014.1.8)】

【「馴染めない理由は偏在なのか。」(現在に向かう私・37)(2014.1.10)】






前回は

過程の続きを書かずに
今の想いを書いた。




過程を綴る記事は


2013年の
月下陽香の
3度目のライブの事を

書いて居る途中だったね。



書いてゆかなきゃね。





2013年から

摂食障害と
自傷を


晒し掲げて
ステージに立つようになった
月下陽香。



その始まりの
2回のライブは

会場のお客さまに
受け入れて頂けて


お客さまも
共に作り上げて下さるような
ステージとなり

私は大きく救われていた。



自分が

摂食障害者で在り
自傷癖者で在る事を


ステージの上で
観客に向かい
晒すという事は

何度も
何度も

悩み考えた挙句に

自身で決めた事ではあるが


やはり
とても恐ろしい事でも在った。



それこそ

大勢の目の前で行う
自傷行為のようでも在った。

誰かを不愉快にする可能性も
大いに在った。



でも

そこで私は
自分の偏在を
受け入れて頂けたように思え

それはとても有難く


これからの
心のチカラにもなった。



その
2つのステージを終えたから

私は

ここに

摂食障害と自傷を
覚え始めた
小学生の頃からの出来事を

記事として
順番に書き遺す作業も始めた。




そして迎えた
2013年の3度目のステージ。



その日も
私は


摂食障害も
自傷も
掲げて立つ覚悟はして居た。


しかし
その日は
朝から嫌な予感がした。



体調も悪く

自分の不調だけでなく
看護状況も
心配な状態で

なかなか家を出られず

遅れて
急いで向かった。



会場に着いた私は
もうダメだと思った。



自分が
そこに
全く馴染めては居ない事を

感じたからだ。



出演は
月下陽香とあと2組。


私以外の2組は
とても親しい様子だった。


そして

身内以外を
排除するような雰囲気が
始めから在った。




私は

摂食障害も
自傷も
何も伝えても居ない内から


背を向けられたような雰囲気だった。


そこで 
この偏在なイキザマを

どう掲げれば良いのだろうか。




心は
ただただ

委縮した。


顔では
必死で笑って居たけれど


心は
いつだって

声を上げて泣きたい位に
張り詰めて
痛んで居た。




それでも

駆け付けて下さった
お客さまの笑顔が

少し背を押してくれた。

救われた。




でも


何をやっても
上手く行かない日って

在る。


着替えひとつも
いつものようにはこなせない。


精神を落ち着かせる
一瞬の時間も
環境も


ないままに

ステージは始まった。





やはり
始めからダメ。


色んな事が
あちこちと
予定通りでは無く
どれもがぎこちない。



ステージすぐ横の席に
座られた観客は

大きな声で
ずっと話し続けて居るから

ギターの音も聴き辛い。




ただの晒し者か

粗末な生贄みたいだ

と思った。



私の事
何も知らなくても

気に入らないのだろうから

全部晒したって
変わらないだろうから


自分が決めたやり方は
貫こうと


ぐっと
心の唇を噛んだ。






月下陽香のライブは

現在のギタリストになってからは
いつも
私だけでなく
プレイヤーも
とてもよく喋る。


そのおかげで

月下陽香のステージは
明るくもなり

笑いも起こる。



サポートプレイヤーと言うよりも
共に支え合える相棒のようで


私は
現ギタリストの
ステージの上での言動は

とても有難いと思って居る。



時に

私が
楽曲の説明をして居る時などに

余りに食い込んでき過ぎて

予定より
そこに時間を食われたり



時間を見ていないから
それに気付かない彼の
喋りを止めて
セットリストを進めたり


ヒヤヒヤする事も
困る時も
悩む事も


ステージ上では
多発するけれど


それでも 


そんな
月下陽香とギタリストのステージは


これまでに
色々と試してきた
月下陽香のステージよりも


私は
居心地が良くて
安心が出来て楽しい。





この日
出演した店は

ギタリストの
お付き合いのある店。


私は初めての場所だし
観客には
ギタリストのお知り合いも
多く駆け付けて下さって居る。


ただでさえ
不安しかない私の心は

彼を頼って居た。


何とかして
いつもの私達のステージにしたいと
とても思って居た。



だから
いつものように

彼にも
声を掛けたりしてみた。



が。


そんな日に限って
彼は
一切の無駄口を叩こうとしない。


いつも
喋り過ぎる位喋るのに

この日は喋らない。




後で聞けば

会場の
あの
全くの「アウェイ」な雰囲気を見て


彼は
彼なりの
そのスタイルを選んだらしかったが


私に言わせれば

見捨てられたような心境だった。



状況によって
こんなにも変えられてしまうのは
きついなと
とても思った。


開けてみなければわからないのは

どのライブでも同じだけれど


自分たちの
いつも通りの形が
こんなにも
環境で変わってしまうのは


とても恐ろしいと思った。




なぜ
ある程度の統一がないのか


当時の私にとって

これはとても不満だった。


ステージの上は
孤独なんだと


改めて
思い知るようなステージだった。




とても孤独を感じたステージも

終わりが近付くにつれ
観客が
次第に耳を傾けて下さって居る事を
感じられるようになった。


拍手が大きくなって来たり
アンコールの声が在ったり
握手を求められたり。



それでも
私は

最後まで

心底は笑えずに過ぎた。


終わった後は
駆け付けて下さった方々と
一緒に飲んで話した。

やっと少し安心をした。



皆さまも

月下陽香が
馴染めて居ない事は
感じて居られたようだった。



その上で

懸命に
見守って下さって居た事が
わかった。




そうか。

みんな
一緒に居てくれたんだ。


とても思った。


あのステージの上には

みんな
一緒に立ってくれていたんだと。





でも。


始めから終りまで
あのライブは

月下陽香らしくもなければ
再び観たいものでもなかった。


だから
私は


その後も
このライブを
YouTubeには上げなかった。





あんなライブは二度としない。

深くそう思った。



月下陽香は
頻繁に
ステージに立てる訳では無い。


年に
本当に数回がやっとだ。


数少ない

ひとつ
ひとつ。



苦しんで終えたくはない。


必要以上に
嫌な想いや

必要以上の
大きな後悔


どう考えても
不自然な状況や

どこにも
居場所が無いような
疎外感

不信感


そんなもののないライブを
きちんと消化して行きたい。



ひとつ終えれば
次までには
まだ
数ヶ月もあるような状況で



次への
課題や目標になるような

想いや
後悔は
大切だけど


傷を引き摺るしかないような痛みを

感じるステージには

もう立ちたくない。



駆け付けて下さるお客さまにも
失礼だと思う。

イキザマを
晒し伝えるステージを

ちゃんと作りたい。





ステージに立つ時。


これからは
環境を選ぼうと
この時強く刻んだ。


摂食障害や
自傷癖を

掲げてのステージを

まだ続けるならば

そうしないといけないと思った。



いつまでそうするのかは
私にもわからない。


でも

今はまだ
それを掲げて
活動をしているのだから

選ばないといけないんだと思った。



それは

自分の為でも在り

応援して下さる方々の為でも
出演させて下さるお店の為でも
その日の他の出演者の為でも

在ると思った。




続きはまた。





ギタリストさんが

彼のお友達が
送って下さったらしい卵を
私にも分けてくれた。


寒い中届けてくれた。



寒い日も
暑い季節も。


これまでに何度

彼は
我が家までの道のりを
単車に乗って
走って来てくれただろうか。



この
ブログの記事を読みながら

娘を持つ父でもある彼は

時に
胸が痛いと言う。


自分に
言われているような気持ちになるんだって。



今日の記事は

彼の事も書かれてるから

また
胸を痛めてしまうのかな…



そんな気はなくて

経過してきた
私の思考を


言葉にし
文字としている

私の
イキザマを整理する
作業の一環だから


楽に
読んでくれてたらいいなと思う。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: