❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

繋がる血を抜き取れたなら…。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





お正月の休みに
機種変したスマホ。



バッテリーの持ちもかなり悪くなり
頻繁にフリーズするようになり

変えたいと思って居たけれど


考えてみれば
休みも無く

やっと
今月2日に新しく変えた。



まだ

自分の使いやすい環境には
整えて居る途中だけれど


サクサクと動くようになった事は
とても快適。



ケースは

自宅で
ネットで購入した物が
先日届いた。



普段は
ぶたちゃんのカバーで使用。


長時間の外出時は
手帳タイプのカバーに
着せ替えて使う事にした。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズグチをあやすように。」(2015.1.1)】

【「偏在な女に住み付く不足した少女。」(2015.1.3)】

【「絶ち切り捨てた寄生虫。」(2015.1.5)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「自傷と摂食障害を掲げた逝き先へ。」(現在に向かう私・35)(2014.1.6)】

【「自傷癖は隠したい現実で知られたい真実で。」(現在に向かう私・36)(2014.1.8)】

【「馴染めない理由は偏在なのか。」(現在に向かう私・37)(2014.1.10)】






過程の続きを
書きたかったのだけれど。



記憶を

言葉にし
書き綴る

力が見当たらない。


体調がとても悪くて

キーボードを叩く行為も
楽では無いから。



続きは
次回以降に回して

今日は
今日の記事を書こうと思う。





少し前。


とても大切な
深い関わりの在る人と

「 家族 」について

話した事があった。



私が
また
これから

父の事で
背負わなければいけない事が起きて


それが
とても重たくて

もう嫌で。



そんな私の
愚痴から始まった会話だった。


「 家族って嫌だね 」
「 なんでいつも
  こんなに家族に苦しめられるんだろうね 」



そんな私の愚痴を

彼は
これまでに
幾度も聞いてくれて来た人で


彼もまた

私と同じではないけれど
残念ながら

家族には
とても苦労をさせられて
生きて来た人である。



親に奪われて
親の後始末に
擦り切れる経験を

私達は
それぞれにしても居る。


ただ
彼は

私よりも
忘れる事がとても得意で


出来事の
ひとつひとつを

いつも
あまり詳細には
覚えて居らず


しばらくすれば
記憶は薄れ

長く引きずる事がまずない。



そして

私よりも
常に冷静だ。

静かに
感情を整理出来る。


良くも悪くも
とても冷めて居る所も在る。


忘れると言う事は
人間が
生きてゆく上での
大きな武器だとも
考えて居る。



私とは
正反対の
感情の処理方法を持って居る。


だから
彼と話すと
教えられる事が多い。




やっと
距離を離して生きて居る父と
近々
どうしても
関わらないといけない事が起きた

私の中では


2人の私が
意見を撒き散らして居て。



それは…

「 やだやだ。もう嫌だ。嫌だ。 」

と泣いて暴れまくる
幼い私と


「 何をどういう形で伝えて治めようか 」

冷静に練る
父よりも大人の
ずる賢い私。



そのふたりの私に
共通して吹き出した想いは


「 父を家族とは思えない 」気持ちと


「 家族って何? 」という
問い掛けでは無くて
不満。



そんな感情を
胸に敷き詰めて
彼と話して居た時に


彼が言った言葉に

なるほどと。

思う私が居た。



彼が言うには


家族とは
この世に生まれるに当たり
繋がって在った
血の繋がる者では無いらしい。



確かに
体を流れる血は
同じ種であるから

それは
世の中が定める家族だろうから


冠婚葬祭には参加もするし
当たり前の事はするけれど

もう居ない両親も
もう
新しい家族を持つ姉弟も
自分の家族では無いと言う。



彼にとっては

自分が
結婚相手に選んだ妻が
家族であると言う。


妻の家族や姉妹は
あくまで
世の中が定めるだけの家族であり


彼には
彼が選んだ妻が
家族で在り

それが
彼にとっての結婚である。



自分で選んだ人と
家族になる事が
彼の考える結婚らしい。


それには

私の中で
なるほどと思えるものが在った。




血の繋がる家族に
守られて
支え合い
生きてこれた人達が

世の中には沢山居る。


そういう環境を
与えられて
生きてこられた人たちには


血の繋がりの在る家族は

とても大切な存在で

それは
本当の「家族」で在ろうと思う。




しかし
私にはそうではない。


血の繋がりがなければと
何度思った事だろうか。


血の繋がりが
あってしまうから
苦しんだ事が在り過ぎて


私にとって

家族は

何よりも
私を苦しめる存在でしかなかった。




彼と話して思った。


そうか。

父は
私の中では
家族ではない。


それで良い。


私は
私が選んだ家族と
家族で在れば良い。



それは
実生活でもそうだけれど


日々の繋がりの中で


自分の

魂が
共鳴を感じた

信じて在る
願って在る


大切な

魂の家族と
家族で在れな良い。



そして思った。

こうして
こんな話が出来る彼も


私にとって
魂の家族なんだろうなと。





・・・ 「 魂の家族 」 ・・・


これは

心から
大事に大切に感じ
いつも感謝をして居る

月下陽香とも

陶芸作家の私とも

ひとりの人間の私とも

お繋がり下さる方の
発する
記事やメールから

改めて
深く感じ考えるようになったものだ。


その意味や内容を
これまでも
うっすらと感じはしながら

それでも
現在のように

その都度
深く考えて向き合うようになったのは


その方の文字に
いつも
触れるようになったからだと思う。



だから今
私の心には

「 魂の家族 」という言葉が
大きく
存在して在るのだと思う。


この言葉は

勝手に
私に湧き出たものでも

私が作った物でも無い。

教え与えられたものだと思う。



私にとっては
その方も

「 魂の家族 」である。


そして
その方に頂いたご縁で
現在お繋がりを頂いて在る方も
やはり
私には「 魂の家族 」だ。




私には
私が
自分で選んだ家族が
ちゃんと居る。





ギタリストさんが
苺を届けてくれた。


苺って


私にとって

「 家族 」を
イメージする食べ物。


うれしい食べ物だ。






呼吸が上手く深く出来ない。


ここ数日は特に
常に息苦しい状態。


顔の輪郭も
腫れてしまったまんま。


これが
落ち着かなければ

楽にはならない。


投薬を続けながら

極力
無理はし過ぎずに

待つしかない。



連日
寝込んで居る訳にはいかないから

少しずつでも働きながら
静かに耐えるだけ。


体でも
心でも


痛みの

癒えを待つ時の基本は

そうなんだろうなと思う。


何だかとても思う。







※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: