❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馴染めない理由は偏在なのか。(現在に向かう私・37)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





フリージアと
チューリップを
買い足した。



骨壺の前に
欠かさない花。


昨年の6月22日。

愛しいものを
看取って以来


花は欠かされる事なく
在り続けてる。



花が無くても
大丈夫な私には
まだなれていない。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズグチをあやすように。」(2015.1.1)】

【「偏在な女に住み付く不足した少女。」(2015.1.3)】

【「絶ち切り捨てた寄生虫。」(2015.1.5)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「自傷と摂食障害を掲げた逝き先へ。」(現在に向かう私・35)(2014.1.6)】

【「自傷癖は隠したい現実で知られたい真実で。」(現在に向かう私・36)(2014.1.8)】






過程を綴る記事は

2013年7月。




ここに


摂食障害と自傷を
覚え始めた
小学生の頃からの出来事を

順番に書き記してゆく事を
始めた所までを
書き終えた所だ。


続きを書こう。





2013年から

ステージの上で


自分は
摂食障害者で在り
自傷癖者で在る事を

はっきりと伝え掲げて
展開をしてゆくようになり


2回のライブを終えて


ここに
記事を書き遺す作業を
始めて

間もない頃。





その年
3回目のライブを迎えた。


私にとっては初めての店だった。


ギタリストさんが

所属して居たバンドのライブをしたり
セッションに参加したりして居て
繋がりのある店で


私も
それを観に伺った事はあるが

その店の
ステージに立った事はなかった。



お店と
ギタリストさんが親しくしている事で

月下陽香も
そこで歌わせて頂ける事になった。




この年の4月に

糖尿病と
乳がんを抱えた
当時18歳だった飼い猫の
体調が急変し


以来

毎夜
3時間置きには様子を看て

日中も
長時間の留守番も
させられない状態で

暮らして居たから

一度しか伺えなかったが


それでも

必死で時間をつくり
環境を作り

ライブ前にはお店に伺った。



挨拶に出掛ける時は
いつもそうだが

一生懸命飲んだ。


一生懸命飲んで
いくつかのフードも頼んで
同席の人達に食べてもらいながら

ステージの
作りや明るさや
店内の様子を
覚えて帰宅した。




いつも通り

イメージを湧かせ
 曲順を決めて。

どんなステージにしたいのか


自分に

問うて
問うて
準備をした。



ステージに

私は

イキザマを晒して立つ。


偏在なイキザマを

会場に居る人達に
掲げて立つ。



いつも思う。


自分で決めたスタイルなのに。


いつも思う。


なぜ
そんなやり方を選んだのだろうかと。




人生の
ほとんどを占めてしまった

摂食障害と自傷は


私にとって

最も知られたくない
隠しておきたい

現実であり


最も理解されたい
受け止められたい

真実でも在る。


きっと

だから

私は
このスタイルを選んだ。



でも

それはとても怖い。


いつもいつも。

怖くてたまらない。


板の上は
楽しくなんてない。


とても苦しい。


痛む事をわかっていて
それでも突っ込むステージは

恐ろしくてたまらない。




それでも

この年に
既に終えた2回のライブで


私は
救われる想いを知った。


だから

こうして
3度目を選んで迎えた。


そして迎えた当日は


出掛ける時から
とても嫌な感覚が在った。

上手くいかない匂いがした。



とても気を付けて
ケアに注いで来たが

体はとてもだるくて辛く

心は

どうしても
何をしても

上がらなかった。



猫の具合も良くなくて

家を出る時間は
予定よりも遅れた。


店に向かう道のりでも
気持ちはどんどん落ちていった。


やっと最寄り駅に着き
店へと歩き始めれば

通り雨。


濡れながら

息を切らして
山程の荷物を持ち

歩いた。




店に着けば
もう
他の出演者は揃って居て

リハが始まって居た。



頑張っても
上手く笑えない心境は

その空気に
更に落っこちた。



「私は受け入れられて居ない。」

とてもそう感じた。




明るくて雰囲気の良い店。
マスターも良い方で
とても優しくして下さる。
悪い店では決してない。


しかし。


その日
共に出演をする人達に

私は受け入れられて居ないと

物凄く感じた。




まだ

摂食障害者で在る事も
自傷癖者で在る事も


私の事なんか
何も見せては居ない内から


私は
とても浮いて居て

そこには
馴染めて居ない事を感じた。


大きな苦痛を感じてた。


大きな
孤独のヘドロに

突き落とされたような想いが在った。





リハが終わり

開店を待つ。





月下陽香は
一生懸命
笑ってそこに居るけれど
心はどん底だった。


息は
どんどん浅くなるように感じた。


出番はトップ。



月下陽香は
この年から
着物でステージに立っているので

着替え等
準備に時間かかかる。



着替えをする間は
基本的には
いつもひとりで居られる。


控室が無い店も多いから

どこで着替えをしても
そこに人が居ても
大丈夫なように


ショートパンツとキャミソールは
いつも着て居るが


大抵は
着替える時は
ひとりで居られる。



だから
その時間を利用して

私は
私と向き合い
気持ちを落ち着かせる。


でも

そこには
そんなスペースも無かった。


店の前の
駐輪場の隅のような場所。


風も通らぬ
暗い店の外で

じっとして居ても
汗が吹き出す蒸し暑さ。


そこで
着物に着替えるには
かなり苦労をしそうだから

早く準備をしないとと
気持ちは焦り
更に落ち込んで居た。






開店間もなく


いつも
月下陽香のステージを
素晴らしい写真に残して下さる

とてもとても
お世話になって居る方が
ご来店下さった。


スリムで長身で
笑顔がとても穏やかで

私は

いつも
その方のお顔を会場に確認すると

安心を頂く。


不思議な力を持つ方だ。





前年の11月になるが
京都でライブをした時に

月下陽香は
過去最低人数の集客しか
出来なかった事が在ると言う事は


ここに
過程を綴る中でも
最近の記事で
触れた事が在る。



その
当時の私が

そのライブについて
書いて居る記事は
このふたつだが。

【「限りあるからこそ。」(2012.11.13)】

【「冬に咲く花。」(2012.11.17)】



安心を下さるその方は
いつも来て下さり

この時
来店下さって居り


当時は
可愛らしい女性と
ご一緒に駆け付けて下さって居た。


ペンギンが大好きな
小柄な女性。




2013年が明けて
まだ寒い季節。


約3ヶ月ぶりに
彼女と再会をした。


その時
彼女は
ご家族もご一緒で居られ

いとこである女性を
紹介して下さった。



その日の事は
とても良く覚えて居る。



しかし
それが
彼女と会えた最後となった。


2013年春。


彼女は天国へ召され
もう
この世では
会えぬ人となってしまった。



会えた最後の日に紹介して下さった
彼女のいとこでいらっしゃる女性が


2013年の7月

私が
どうしても
気持ちを上げる事が出来ず
苦しんで迎えて居た
ライブの会場に

いつも来て下さる
安心を下さる方と共に

ご来店下さった。



その後は
大阪からも
兵庫からも
駆け付けて下さる方々が居られ



私は
着替え等準備をする為に
店を出た。




どうしても
気持ちを上げる事が出来ない

どうしても落ち着かない


この環境で


月下陽香は
まるで「アウェイ」だった。


私にとって
その夜は

本音を一言で言えば
「最悪」だった。




でも
そこに駆け付けて下さった方々を
順番に思い受かべたら


やっと
孤独感は少し失せた。


時計を見ながら
必死になって着替えた。


着物が
汗で肌に貼り付いてしまう。


いつもの
倍以上の時間をかけても
着替えが終わらない。



どうしようもならない。


思い付く事を
全て試みても


真夏の
地下の
アスファルトの隙間では

どうする事も出来ない。




時間は押して
ステージが始まった。



続きはまた。










木曜日頃から
体調はどんどん悪化してる。


数日は
最低限の仕事をこなすだけで
精一杯なように思う。



体が止まると
心が止まる。



早く

頑張れば
なんとか動いて居られる
いつものように

生活が出来る所まで戻したい。



炎症や
熱が治まれば

ちょっと楽になるね。



今日は
出来るだけ
体を休めながら
仕事をしてる。


顎も腫れてて
顔がでかいなぁ…



こう言う時は

仕事以外では
人とは会わない時だね。




もう少し。

もう少し。


動けるようになれたら…。



今年は

少しづつ

音楽の在る場所にも
遊びに行ってみたいと思う。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。