❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷癖は隠したい現実で知られたい真実で。(現在に向かう私・36)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



どんなに望んでも

どんなに求めても


得られないものが在る。



それに
はっきりと気付けたのは

いくつの頃だったろうか。



それを
認める決意をした私は

いくつだったろうか。



どんな事をしても

絶対に

私には
与えてはもらえないものが在る。



それを

もう
痛い程に知りながらも



いつまでも

どこかで
求めてしまうのはなぜだろうか。



どんなに

足掻き
もがいて

手を伸ばしても


指先にもかすらない。




周りの

全てでは無いけれど

多くに値する者達には

恐らくは
当たり前に
与えられていただろうものが


私には無かった。




それらには意味が在る。

そう信じて来た。

でなければ
やってられなかったと言う本音も在る。


例えそうでも
そう考えて生きて来た。



嘔吐と

自傷を


重ねても。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズグチをあやすように。」(2015.1.1)】

【「偏在な女に住み付く不足した少女。」(2015.1.3)】

【「絶ち切り捨てた寄生虫。」(2015.1.5)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「自傷も嘔吐も掲げ立ち続けて。」(現在に向かう私・33)(2014.12.28)】

【「羨み妬み自傷癖者に突き刺さる棘。」(現在に向かう私・34)(2014.12.30)】

【「自傷と摂食障害を掲げた逝き先へ。」(現在に向かう私・35)(2014.1.6)】





過程の続きは
2013年の夏頃に辿り着いた。


月下陽香は

2013年から


摂食障害と
自傷癖を

真ん中に掲げて
ステージに立って居た。


2月6月と
2回のステージを終えて。


2013年2月17日 大阪あべの「ザ・ロック食堂


2013年6月9日 大阪あべの「ザ・ロック食堂」



それまでに
ずっと考えては居たけれど

実行には至らなかった想いを


形にし始めたいと
考えるようになった。



それは

私が

摂食障害者であり
自傷癖者となり始めた

小学生の頃からの出来事を


順番に
記事として書き記す

と言う事だった。




摂食障害と
自傷と共に生きて来た私の

これまでの人生が
どのようなものだったのか


そこでは
何が在ったのか

そこで私は

何を見て
何を知り

どう感じ生きて在ったのか


記憶に残る出来事を

ひとつ
ひとつ

頭に
胸に

呼び起こしながら


改めて
今の私で向き合い
記事として
書き上げ

発信すると言う事だった。




「自分を知って欲しい」


そういう想いも確かに在った。


でも
それは小さな一部だった。




人生の
ほとんどを
占めてしまった

摂食障害と自傷は


私にとって


最も知られたくない
隠しておきたい
現実であり


最も理解されたい
受け止められたい
真実でも在る。


その
現実と真実の関係は
とても矛盾している。


しかし
それこそが
人間のようにも私は思う。




私が
まだ10代の頃には

現在のように
誰もが
簡単にブログを開設して
日々を綴り
発信するようなシステムが
整った時代では無かった。

今のようにSNSも無かった。



私が
携帯を初めて持った
20代前半の頃は


まだ
携帯に
ネット環境も存在しなかった。


だから

当時の私は

摂食障害や
自傷に関する

本を探して
見付けては読んだ。



携帯で
ネットが見れるようになると


摂食障害や
自傷に関する
ブログを検索しては

読み漁った。




10年と少し前頃
やっと
我が家には
当たり前にパソコンが存在するようになり


毎日のように
検索をしては


摂食障害者の言葉や

自傷癖者の画像を

どれだけ見たかわからない。




誰にも言えない現実を
抱きしめて


そこへ行けば


同じような

経験をしたり
想いを知って居る

どこかの誰かが綴る文字に
触れる事が出来


その人を知る訳でも
自分を
知って貰って居る訳でも無いのに


理解をされて在るような
気持ちにもなれた。




経験者の言葉は

孤独な心に
沿うてくれた。


たとえ一夜で在ろうと

耐え難い数時間を
沿うてくれて在ると感じた。




私は

摂食障害者で在り
自傷癖者で在る

実体験者だ。


数ヶ月や
数年なんてもんじゃない。


20年と約10年。


結局は
約30年間もの年月を


それらと共に
生きて来たんだ。



そして。

やっと。

やっと私は


そこから

距離を置いて
生きようとして居る。



今ならば

私だから
伝えられる何かが


在るかも知れない。



今宵迷える
似た痛みを持つ
どこかの誰かの
一瞬の居場所になる事も
出来るかも知れない。




摂食障害と
自傷を


過去として
見つめられる所まで
書き続けられたならば


出口へと導く
小さな手伝いが
出来るかも知れない。



こんな偏在な私の

歪んだ
汚れた
イキザマにでも


だからこそ
何か…


多くの人の
求めには
応じられぬとも

似た不足を知る人の何かに。

なれやしないだろうか。






それまでは

このブログは

私が
知り合いと話すような感覚で
書かれていた。

実際に知る人達に
想いや活動を伝える為に
在るだけの
在り触れたもので

訪問数もとても少なかった。



1日に100を越えるなんて
滅多に無い状態だった。



そんなここに

過去の記事はそのままに
新たに

自分の足跡を
書き遺す作業を始めた。



私が
どう変わってゆくのかも
伝えられるように


新たに
違う物を開設するのではなく

そのまま
ここに
詰め込んでゆこうと思った。



それを始めようと決めた時に

自分にルールを決めた。



決して
自傷や嘔吐を美化しない。

それらを誘うような表現をしない。

だから

自傷の画像を載せる事もしない。


目的はそこでな無い事を
自分の胸に確認をした。



そして。

「にほんブログ村」にも
登録を決めた。


出来るだけ多くのひとに
ここを知って貰う為に
それを選んだ。





そうして書き始めた過程。

その始まりは2013年7月7日だった。

【「腐ったパンと壊れた少女。」(小学生・1)(2013.7.7)】


この記事から

私は

これまで
誰にも言わないできた出来事も

覚えて居る限り
書ける限り

順番に
ここに記し始めた。



自分の愚考も愚行も。

母の事も父の事も
妹の事も。

お金の事も
仕事の事も

男の事も

子供の事も。




書き始めた当時は

まだ
捲る記憶が
とうの昔の出来事でも在り


言葉にはしやすかった。


ひとつづつ
順番に思い出しながら

言葉にし

文章にし

書き出してゆくと
改めて気付いた。



書きながら

自分の中では
出来事
ひとつひとつに対し
確認作業が
行われていると言う事。


その時の感情は

まだそのままなのか

消化出来て在るのか

どう理解出来たのか

確認が出来なければ
言葉にはならないんだ。



そして

記事をひとつ書き上げる毎に


私自身が
やっとひとつ
現在に向かって
進んだように思えた。




書き続ける事は楽では無い。

とてもしんどい。

本当にしんどい。


なぜこんな事を始めたのかと
後悔した事も何度も在る。


もう書きたくないと
頭を抱えた事も


思い出す出来事が
余りにも苦し過ぎて
壊れそうな時も


何度も何度も在る。



それでも私は書き続けた。


現在も
こうして書き続けて居る。




続きはまた。









今日は
体調が良ければ

今年初めての
月下陽香の練習日だったけれど


酷く不調で
練習をやめた。


ここ数日
とても調子が悪い。


だけど
寝込んでは居られない。



やる事は沢山在る。


寝てたら仕事が出来ない。


今日も
バイトに行き
その後の練習はやめたが
少しだけ横になってから
陶芸の仕事をして

この記事を更新して居る。



この後はまだ
もう少し仕事が残って居る。


もう少し頑張ったら

お風呂に入って
今夜も出来るだけ早く眠ろう。





バイトに向かう道のり。


今日は
いつもの
ぶーにゃんには会えなかった。


でも

バイト先で
少し前から
噂に聞いて居た猫に
駐輪場でご対面した。


ハナクソちゃん



呼ばれてる。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡