❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷と摂食障害を掲げた逝き先へ。(現在に向かう私・35)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





今年も


相変わらず


日々
使い果たして
生きる生活が始まった。



毎日毎日

もう

夜にはぐったり
くたくただ。



早朝から
動ける限り動く。


この体を

動かして
働いて
生きる。



メリハリを
付ける努力をする。


でないと

人は
楽な方に流れてく。


そんな事してたら

無駄に
時間を消費してしまう。



ずるずると
意味も無く
テレビを見続けたりするような

時間を潰す暮らし方が
出来る程


自分には

余裕は無いと感じてる。


ならば

動かなければ
何も入ってこない。



空腹を感じては

直ぐに
口に何かを放り込み

座り込んで居たならば


ただの
ぐうたらでしかない。



時間は
限りあるものなのに。


勿体ない。



私が
動ける時間なんて

少ししかないのに。


勿体ない。




抱く不満を消化したいなら

向かう明日に

どんなに小さくとも
求めたいものがあるなら


さぼらずに
歩いて在らなければ

何一つ得られない。



ええ歳こいた大人ならば

自分で
枠を広げなければ

選択肢は
勝手には増えてはゆかないんだ。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズグチをあやすように。」(2015.1.1)】

【「偏在な女に住み付く不足した少女。」(2015.1.3)】

【「絶ち切り捨てた寄生虫。」(2015.1.5)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「血を流して生み出して在るのだから。」(現在に向かう私・32)(2014.12.27)】

【「自傷も嘔吐も掲げ立ち続けて。」(現在に向かう私・33)(2014.12.28)】

【「羨み妬み自傷癖者に突き刺さる棘。」(現在に向かう私・34)(2014.12.30)】






摂食障害と

自傷を

覚え始めた頃。


私は
まだ
小学校の低学年の子供だった。



以来

共存し続けた20年間。

そして

何度も引き戻されて
断ち切る事の出来なかった
約10年間。




それらの出来事を
順番に
ここに書き遺す作業を始めたのは

2013年の七夕。



書き続けた過程は

現在2013年の
6月頃の私を
書き記して居る。



昨年からの続きを
書いてゆこうと思う。






2012年の夏から

月下陽香のサポートプレイヤーは
現在のギタリストだけとなった。


彼以外の人では
いけない訳では無いが


これまでに
関わった誰よりも

彼は
私の楽曲を
大切に扱ってくれたし

筋の通らない我が儘を
言う事も無く

問題を起こす事も無い

優しい大人だったから…。




それまでが

人の尻拭いや
押し付けられる矛盾に

使い果たし

嘔吐や
自傷に

逃げ込まなければ

生きて在れなかった私は
もう疲れ切って居た。



安心が欲しかった。


音楽活動は

血を吐く努力の末に
やっと手に入れた

再び戻れた場所であるのに



そこに居る程に

私の楽曲は
傷付けられて

仲間も傷付けられて

私の
体も心も

注ぎ
使い果たす労力の全ては


壊されて

無駄な
ゴミに

されてゆく。



焦る程
かけ離れ


朽ちる速さは
増してゆく日々に


私は
安心をとても求めた。



だから

プレイヤーをひとりに決めた。


もう
色々と探して
試して
あちこち出向いてみたり出来る

動ける体も
失ってしまったって事だった。







現在のプレイヤーとだけの
活動になり始めた頃から

自傷は減っていった。


特に

摂食障害による嘔吐よりも
先に


まず

リストカットや
アームカットを

しなくなっていった。




切りたい。

焼きたい。


そう思う事は何度も在った。

数え切れなく在った。


切りたくてたまらなくて
大声を上げそうな夜は
沢山沢山在った。


でも
しない私を貫いた。




2012年の誕生日
6月にステージに立った時

私は
ウエディングドレスに似せた衣装を着て
手袋をしていたが


この時
私の手首には

傷が在り

それを衣装で隠して居た。




その後だ。


プレイヤーが
ひとりだけになり


切らない私へと

私の思考が
傾き始めたのは。



それ以来 

んなに呼ばれても


私は

体を

切りも
焼きもしなかった。




切りたい。

切りたい。

焼きたい。

自傷は
何度も私を呼んだ。


その度に

そこへ行きたくてたまらなかった。



そこへ行けば楽になる。


切って

血が流れる時の
あの快感は

経験者ならわかるだろう。



皮膚を焼き

赤く腫れ上がる皮膚を
潰す痛みと快感は


経験者でなければわからない。


まるで麻薬だ。


あの快感は

麻薬だ。



脳みそは

いつだって
思い出せる。


あの快感は麻薬だ。




それでも

私は

そこへ戻らぬように耐えた。


とても苦しい。

自傷した方が楽なのに。


ひたすら耐えた。


この体に
を付けずに在ってみたいと。





私が

自傷をしたくて
たまらなくなる時。



切りたい
焼きたい


そんな感情に襲われる時。



大抵
私は


自分以外の誰かに


大きな矛盾を押し付けられて居たり

大きな我慢をさせられて居たり

深く傷付けられて居たり 


人のしでかした何かの
後始末を
背負わされて居たりしている。



自分の愚行ではなく
人の愚行に


振り回されたり
壊されたり
奪われたりして


その苦しみを

消化出来ずに
自傷に頼って居る。




100パーセントではないだろうが
基本的に

私が
自傷に呼ばれる根本に
在るものはそれらだ。



恐らくは

今までも
私はそれを感じて居た。


しかし
漠然と感じては居ても


こうして
分析を
言葉に出来る所までには
到達しては居なかった。


だから
痛みを

自傷で誤魔化して生き延びた。





しかし

やっとこの頃。


その根本に在るもの

自分を
自傷に引き戻す原因の


共通点を

私は
はっきりと理解し始めた。




遠い昔から


記憶を捲り
起こして見ても


私が
自傷を覚え始めた時


その
一番の原因


私を
自傷癖者に
摂食障害者に

仕上げた者は

誰かと問えば


それは

きっと親だ。




異常な程の
抑圧と
束縛の中


友人との仲も上手くゆかず

学校に居場所もなくなり



非常階段の上から

腕を切りながら
身を屈め
丸めて


校庭や
渡り廊下の同級生を

見てたんだ。

【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】※7つの記事があります。




親よりも
生徒と長い時間を過ごすだろう教師も

私の心の叫びより

母の嘘を信じてた。


家族は破壊され

私は職も失った。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】※61の記事があります。



ホステスとして生き始めた
一番の理由はお金だった。



でも

その
一番の理由に

背中を合わせるように在った理由は
2つ在った。




ひとつは

自傷癖者で在り
食障害者で在る私が


普通に
OLなんて出来るようには
思えなかったと言う事。


人並みを装い
社会に在り続ける自信は
見当たらなかった。



そしてもうひとつ。


私は


人生の裏側を
知りたいと
とても思って居た。


表では無くて

裏。



私にとっては母汚かった。


この世で
最も汚い人間で

ずるい女だった。


それを


超えてやりたかったんだ。



私を壊した女よりも


上から

見知り尽くした私で

女を見下ろしてやりたかった。



これは

ある意味で


自傷だったと


それは
当時から理解出来て居た。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】※50の記事があります。




その間


私が


吐く時
切る時


その原因には

いつも親が絡んで居た。


いつもいつも。
根底には親が在った。





そして

大阪へ逃げて来て。


環境は大きく変わったのに


私は
自傷も嘔吐も止められなかった。


どんなに止めようとしても

引き戻された。


そうなる時には

必ず
根底に

大きな我慢が在った。

人に
押し付けられる我慢が在った。






「押し付けられる」・・・



幼い頃から
叩き込まれた

「我慢」の意識は
深く根付いており


私には


何にでも
我慢をしなくてはいけないと

いつも
自分に課せてしまう
思考の流れが在り



それにより

限界を超えた我慢をし

その都度
自傷で消化をした。





人には
するべき我慢が在る。


でも。


何もかもに

押し殺して
我慢をし

飲み込み続ける必要は無い。



我慢しなくて良いことだって在る。


でも

私にはその判断が出来ない。



だから


全て

まずは我慢をする。


我慢して
我慢して苦しんで。


飲み込めない感情は

全て
自傷行為に向かうんだ。


音楽活動でも結局はそうだった。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】※現在執筆中。




拒否する事を覚えて居れば

きっとこうはならなかったのに。



ここまでもの長い年月を
自傷に囚われて
生きなくても在れたろうに。





自分の意見は言ってはいけない事だと

幼い頃から
叩き込まれた

偏在な親の教育の中で

判断した私は


必要以上に

どんな矛盾も
我慢をして
飲み込んでしまう事で


自分も

自分以外の者も


結局は


壊してしまう結末を
繰り返してきたように思える。






やっと
少しづつ気付き始めた月下陽香は


2013年から


ステージの上でも


摂食障害と
自傷癖を


掲げて立つようになった。




2012年の
6月のステージを終えて以来


自分が

自傷から離れて生きたいと


それを
想いや考えだけではなく

行動に移そうとし


そうし始めた事を感じ


私は

2013年から


それまでの
チラ見せでは無く

月下陽香の活動の真ん中に


自分の
偏在な真実を
晒す覚悟を固めて動きだした。






やっと。そこまで辿り着いた。


月下陽香の活動も

その裏側も

私の自傷も。



でも。


遅かった。



私の体は


もう

それまでのようには
動けない所まで
行き着いてしまって居た。


少しの移動も
とてもきつくなっていった。


ライブ会場まで
辿り着くだけでも

もういっぱいいっぱいだ。

辛くてたまらない。




ひとつ
ステージが決まると

そのお知らせを続けながら


ライブの前には

出来るだけ
出演させて下さるお店に
ご挨拶を兼ねて伺い

出来るだけ飲食し

店内の様子もこの目で見て


出来れば
数回は足を運び

常連さんとお話をしたりもしたいと


それまでは
いつもそうして準
備をしてきてきた。



月下陽香は
いつもそうしていた。


余程遠方でない限りは
極力そうしてきた。



でも
もう
それをする体もなくなってしまった。



出来ないんだ。


しんどくて

しんどくて。





ライブの前に一度

何とかして
数時間お伺いするだけでも
限界を超えるようになっていた。



だから
その時は

懸命に飲んで
周りの人達の分のフードまで頼んで
お金を出来るだけ使って。


そうして
何とかしてのご挨拶が
目一杯体に無理をして
やっと出来る程にまで


体調は悪化してしまった。



ライブ当日も

時間置きに投薬をしながら
栄養ドリンクをがっつり飲んで
なんとか繋ぐ。


リハが終わって
開店を待つ間も


余り
出演者みんなが集まる所に居られない。



体がしんどくて。


しんどい顔を見せたくないけど 


どんなに頑張っても
笑って居られない位
しんどいから

極力そこに居ない。




本番が始まっても


自分の出演が終わるまでは

他の出演者を
ずっと観て居られる体調が
見当たらない。


ちょくちょく
控室に逃げ込んでは

一瞬横になり

薬を飲み

目を瞑り
深呼吸を繰り返し。



そうでなければ


人前での私が


最後まで

店を出るまで 


笑って元気には居られないんだ。


観客の前で
笑顔で居続けられないんだ。








2013年から

月下陽香の
ライブ回数はぐんと減った。


この年


月下陽香が上半期に立てたステージは
2回だけだった。


その2回に込める想いは壮絶だった。



2013年2月17日 大阪あべの「ザ・ロック食堂」



2013年6月9日 大阪あべの「ザ・ロック食堂」






次回からは
改めて
この続きから
過程を書いてゆこうと思う。










大切な人達のブログ。


いつも伺う場所が
いくつか在る。



そこに


無理なく
穏やかに在れて居たり

無理なく
嬉しい出来事が書かれて居たり


する時に。



良かったって。

うれしいなって。


私も思う時が在る。


その時の私は


とてもうれしくて
幸せだ。


幸せで

ほくほくと心があったかい。



寂しそうな時。

何が出来るかなって

私に出来る事ないかなって

考える時が在る。



そうやって想える人と
繋がれて在れる事は


とても有難くて


そこにも
自分の居場所を感じてるから

そんな風に思えるんだと思う。








良く知ってる人なのに。


苦しい時も在る。
悔しい時も在る。


それは

まだ私が
この胸の中のどこかに

羨みや劣等を
未だ消せずに
持ち合わせて居るからだと言う事も


十分にわかる。





私は


未熟な「人」であり

立ち止まる「幼児」であり

知り尽くした「女」であり

半端な「母」であり

訴える「うたうたい」であり


偏在な「陽」である。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。