❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏在な女に住み付く不足した少女。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





元旦の夜。


作った雪だるま。




私の精神の中には


雪の影響で

仕事に苦労して居る人達や
移動に困っている人達が


居る事はわかる
大人の私も居て



雪が積もっただけで

早く雪だるまを作らなきゃと

ただ
わくわくとはしゃぐ

幼児の私も居る。




インナーチャイルド。


私の中には


確実に

ちびっこのままの私が


欠けたまま
満ちる事無く
居続けていた事は

自覚して居たけれど


昨年は
私なりに

その
ちびっこが


どんな時に

どんな風に現れるのかを

かなり理解が出来た。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズグチに何を埋め込めるのか。」(2014.12.22)】

【「傷に始まり傷を重ねて傷付いて終えるこの年に。」(2014.12.31)】

【「キズグチをあやすように。」(2015.1.1)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「血を流して生み出して在るのだから。」(現在に向かう私・32)(2014.12.27)】

【「自傷も嘔吐も掲げ立ち続けて。」(現在に向かう私・33)(2014.12.28)】

【「羨み妬み自傷癖者に突き刺さる棘。」(現在に向かう私・34)(2014.12.30)】






今日も

過程の続きからは離れて
記事を書くね。




「インナーチャイルド」


私の中に住み付く

幼児の私が

元旦の夜から
雪だるまを作ってる様子を

大人の私は見てる。



指先は
じんじんと
痛む程に冷え切って居るのに


素手で

両手で

雪を握り締めてる
喜ぶ私を


大人の私は感じてる。





少し前よりも
私は

この
ちびっこの私と

仲良くして居る。





ちびっこは

どうやら2人居るのか。

それとも二重人格なのか。

現れるパターンも違う。






人見知りで
消極的で

疑い深くて
怯えた


私の中の子供は


社会の中で
存在する時に

油断をすれば顔を出す。


人並みを装い

社会的立場を

この子供に
邪魔されずに
こなして在ろうとすると


それはそれは
常に
張り詰めて居なければならない。



でなければ

私のような人間が
社会生活に
平和に馴染んで在れる事は

きっと不可能に思う。


稼ぎを得て
生活してゆく事は
難しいだろう。






好奇心旺盛で
落ち着きが無くて

いつも
あちこちきょろきょろと
面白い事を探して

どんぐりが好きで
ぬいぐるみが好きで

無邪気にはしゃぐ
ちびっこの私は
毎日に共存をしてる。



道を歩きながら

目に飛び込んだ物が
気になれば
走って見に行って


「すごいなすごいな」とか
ぶつぶつ言いながら
満たされてたり


ふたつある何かを
「どっちがいい?」って聞かれて

何の躊躇も無く
「陽はこっち!」って
言える人と居れば


その時の心は
幼児期に望んで戻り

満ちる確認をして居たり。




ちびっこの私は

毎日に現れる事を

私は
昨年辺りから
当たり前に受け入れるようになり


大人の私が
ちびっこの私に


「よかったね」とか
「そうだね」とか

その都度
声を掛けるようになり



また
とても身近な人も

ちびっこの私を
そのまま受け止めてくれる環境が
今は在り


それにより

自分の心が
以前より
安定を知り始めたようにも

感じて居る。




大人の格好をして
仕事に向かう私の

コートのポケットには


小さなぬいぐるみが入って居て


それを
にぎにぎと触って居たり


アンパンマンのコロコロボールを
一粒づつ
立ち止まっては
大事に食べて居たり


自分が

とても
アンバランスで在る事も


最近は

認め
抱きしめて

生きて居るように思う。





私の中には
いつも
ちびっこが住み付いて居て。


だから私は
どこかでずっと
子供のまんまで。


子供の気持ちは
少しわかる気もして。


だけど子供はとても苦手だ。



子供の頃の私が

大人を
信じて生きて居なかったからだ。


親も先生も。

誰も
信じて居なかったからだ。



人生の始めに

私を裏切った大人は
親だった。


親でない大人なら
私をわかってくれるかも知れないと

信じた大人は
学校の先生だったけれど


先生も
私を信じてはくれなかった。


【「殺される虚言。」(中学生・3)(2013.7.20)】

【「バケツの嘔吐と血とゴミと少女。」(中学生・4)(2013.7.21)】



時代も在るんだろう。


摂食障害や

自傷や

虐待なんて言葉が


当時は
まだ

こんなにも
耳慣れたものではなかったし


「まさか」の
「在り得ない事」として
扱われる事の方が
多かったから。





私は
大人を信じて居なかった。


だから

子供と接する時に
いつも思う。


この子は
私を信じて居ないと。


だから
どう接したら良いのか
とても戸惑う。

疲れてしまう。


結局
未だ
子供が苦手のままだ。


子供心は
きっと
わかって居るはずなのに。






今年は

初めて
追われない正月を過ごした。



父の世話もしない

家族の
看護も介護もしない

仕事もしない

家事もしない

約束も入れない


自分に
何も課せない元旦を
初めて迎えた。



ずっと
いつも
必ず

何かを背負って迎えた。


ボロボロに使い果たした末に
元旦は訪れて

疲れ切って
新年を迎えてた。



数年前までは

特に
情けない程にくたびれて
寂しくて苦しかった。




今年は

早朝から出掛けて
初日を見
初詣をし

お腹を空かせて帰り
お節を食べ
お酒を飲み

少しお昼寝をし
散歩をし

平和に過ごしてた。



2日の昨日は
ミナミまで出掛けて

ついでに
スマホの機種変更もした。


今日は
大事なお友達と
ギタリストさんと
初詣に出掛ける。



寝込まずに
一生懸命動いて
楽しんでる


明日
明日まではこんな風に過ごしたら


明後日からはしっかり働こう。


バイトも始まるし

昨年中に出来なかった事も
きちんと処理してゆきたい。







出先では
人が沢山居て。

あちこちで見かける
親子連れ。

家族連れ。


仲の良さそうな家族。


孫の手を
嬉しそうに
繋いで歩くおじいちゃん。

子供の問い掛けに
ひとつひとつ
耳を傾けるお母さん。




離れた所で観てしまう。



孫って
そんなに可愛いのかな。


お母さんって
そんなに優しいものなのかな。



子供って

そんなふうに

愛されるものなの?



大きな声で話しても

泣いても

何か欲しがっても

どうして叱らないの?

どうして叩かないの?


私にはわからないんだ。




昨年6月に
この手の中で召された命。


我が子のように愛し
命懸けで守り
看護をし
介護をし
見送ったのに。


それでもわからないまんま。




それでも
私は

待ち焦がれた2015年を
生き始めてる。


早く
新しいスマホに慣れなきゃね。



前のスマホはね 


2012年の9月25日
妹に会えた日の帰りに

勢いで変えたんだよね。

【「自傷癖者に仕上げられた私と彼女の最後。。」(現在に向かう私・27)(2014.12.17)】



新しいスマホには
楽しいやり取りが
増えてたらうれしいね。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。