❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羨み妬み自傷癖者に突き刺さる棘。(現在に向かう私・34)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



あと2日だ。


あと2日。


2014年。



愛おしい命

大事だった人

大切な環境
関係


沢山
沢山

失った今年。


あと2日だ。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「亡くした今年の最後に在りて。」(2014.12.19)】

【「キズグチに何を埋め込めるのか。」(2014.12.22)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「血を流して生み出して在るのだから。」(現在に向かう私・32)(2014.12.27)】

【「自傷も嘔吐も掲げ立ち続けて。」(現在に向かう私・33)(2014.12.28)】




過程を綴り続けた今年。


今年最後の記事は
明日
過程からは離れて
書こうと思うので


年内に

私が
記憶を捲り
記事を書くのは


これが最後。


皆さまいつもありがとう。


続きを書くね。




2013年から

摂食障害も
自傷癖も

晒して立つステージを始めた
月下陽香。



持病も悪化する一方の中で

動く事も
難しくなってゆき


ステージに立てる回数も

この年からは
大きく限られてきた。




まだ
動ける内に
やっておきたい事は
沢山あった。



私の体は
近い将来には


必ず

動く事も
歌う事も

どんどん難しくなる事は
わかって居るから


だから
必死で走ってた。



動ける内に

歌える内に。


そう思って
一生懸命走ってたけど。



関わる誰かが
必ずぶち壊した。


私よりも

ずっと元気で
病気でもなく
動ける体を持ってる人が


私の足を

引っ掛けて転ばしたり

足元に

石や釘を転がして
怪我させたり


走る私の足を
止めようとした。



楽曲を殺す者

仲間を傷付ける者

環境を壊す者



私の
音楽活動に関わる者達は


私の余力は
もう残り僅かなのに

邪魔をして
奪って去って行った。




月下陽香となり

そのサポートが
現在のギタリストだけとなり


やっと
活動は

やりたかった形へと

少し
近付き始めて居たけれど


もう
私の体は
前のようには動けなかった。



もう数はこなせない。


その分も
ひとつのステージに

込める想いや
注ぐエネルギーは
物凄く大きかった。


どんどん大きくなった。



板の上の月下陽香は


内臓を
全部吐き出してしまうような勢いで


その都度

その時の

記憶も
想いも
願いも

全部を注いで
向かう場だった。




摂食障害も
自傷癖も
晒し掲げた

2回目のステージはこれだった。

2013年6月9日 大阪あべの「ザ・ロック食堂」



この後に
当時の私が書いた記事がこれだった。

【「傷は膿を吐き出して種は熟れを吸い上げて。」(2013.6.13)】





摂食障害と自傷。


約30年間も共存したそれらは

良くも悪くも
結局は私そのもので在ろうに。


それは
私にとって


最も知られたくはない
隠し通したい現実でもあり


何よりも理解されたい
真実でも在り


背中合わせに
想いも共存をしてきた。



それを
晒して生きる場所を
ひとつ

持つ覚悟をした事で

失ったものも在る。



でも
私は
それをした事で


恨み
憎しみ続けた

深く傷む

キズグチを
ひとつ

癒えに導く思考を

得る事が出来たように思えた。






朽ちてゆく体

歌えなくなってゆく顎

日々付きまとう看護

眠れない生活は6年目。


毎日はとてもしんどかった。

楽に動ける日なんて1日も無かった。


無理をしても
動けなくなっていった。


出掛ける事も
ほとんどなくなった。

行きたくても行けない。


人前に出れば
無理をしてでも笑って居たい。

元気でなくても
元気に見せて居たい。


もう
それも出来なくて
人前に出られない。


無理をすれば笑えそうな日も

いつ
また急変をするかわからない
小さな体を置いて
外に出る事は
とても辛くて苦しい。




動ける人達が
羨ましくてたまらなかった。


私程の無理をせずとも

行きたいライブに行ったり
店に遊びに行ったり

する事が出来て


自分のライブも出来て

そんな人達が羨ましかった。



私は

身動き取れずに
苦しんで
日々を在るのに


私の知る人達や
私が繋げた人達は


動いて
奏でて在れる様子は


私の胸を
日々突き刺して

傷だらけにしてゆくようで


とても羨んだ。


羨んで

妬んだ。




わたしだってね

物凄く
物凄く

頑張って来たんだよ。


私が

残りの力を振り絞って

無理を重ねながらも

後始末をし
尻拭いをし

傷付いて
磨り減って

それでも頑張って。


とうとう動けなくなってしまった。



私を

こんなにも早く壊した奴らは

あちこちで遊んで
奏でて

楽しそうだ。



奪って
去って行った

それまでの関わりも

恨み妬んだ。



そのように
感じ取らなければ
在れない自分も嫌だった。





やりたい活動には
やっと近付けたけれど

心が

穏やかに満ちる事は無い。

体が

健やかに安らぐ時も無い。




切りたい。

焼きたい。

吐きたい。


摂食障害や自傷は

頻繁に手招きをした。



切りたい
切りたい
切りたい。


その言葉は


震える程
そう繰り返し想い

頭の中に

呪文か
呪いのように

繰り返された。



だけど

止まった。

なぜだろう。


私は

数ヶ月
あらゆる自傷行為から
距離を置いて居た。


したくてたまらなくなるのは
頻繁なのに。


しないで居ようと
懸命に思い
闘って居た。



続きはまた。





一昨夜

ギタリストさんが
差し入れを届けてくれた。


大好きな海老の入ったサラダ。


早朝から夜まで
全力で
使い果たして働いてる

体にも心にも

有難くてうれしい。
とってもおいしい。



吐きたいと思わずに
食べられる事は
幸せだと思う。




今年6月に
愛しい命を見送った後


悪化し過ぎた持病が
少しでも
良い状態で維持出来るように
治療を始めたものの


副作用は
言葉にはし尽せない程に
苦しくて

1ヶ月程
まともには動けなかった。


毎日毎日
副作用による
吐き気や蕁麻疹で苦しんだ。

タバコも吸えなくなった。



やっと
状態が落ち着き始めて

何とか
保てる状況を得た途端

本職に大きなダメージを受け
急いでバイトも始めた。



その頃から
一生懸命食べた。


出来るだけ。

毎食少しだけ多く
頑張って食べた。


タバコをやめたから
仕事の合間の休憩にも
何かひとつ

お菓子のひとつでも
口に入れたり

意識した。



私には体力が無いから。


動けない夏を越えて

もう
あんな足踏みは
嫌だと強く思ったから。


バイトは
私にはとても過酷。

それだけでもくたくただけど

陶芸作家としての仕事は
自分でこなさなければ
収入にはならない。


今年は
一度

歌からも離れて過ごして

やっと再開した練習だから


それも
続けられる自分になってゆきたくて


人一倍乏しい体力に
少しでも力が増えて欲しくて

懸命に食べた。


10月に1kg増やして。


ハードスケジュールにも
何とかついて行けているように思えて

先月もう1kg近く増やした。


合計2kg。

これ以上は増やさない。

鏡の中の自分が嫌になっちゃうから。



でも
次のステージはまだ決まって居ないから

しばらくは
この体で
現状をこなして
生きれる自分を目指そうと思ってる。



ライブが決まったら
元々の自分に戻さなきゃどね。

自分が描く
月下陽香ってのが在るから
そういう努力はきちんとして居たい。




そもそも

自分の1日の行動に
必要な量をきちんと食べて居れば
少なくとも
やたら太る事はない。


歳を重ねると
代謝が落ちてしまうから
どうしても太りやすくもなる。


実際に
私自身も
今回2kg増やすのは
苦労を余りせずに出来た。


年齢的に
肉を付けやすくなってるのかも知れない。



でも

重たい人はやっぱり食べてる。

物凄い量を
食べて居る事に
気付かない人も多い。



私は
必要以上には
太りたくはないとも思って居る。

そうなると
社会的に
存在出来ない場所が増える事も
見て来て感じて居る。



だから
私にとって

体重を増やす為に
食べる量を増やす事は
大きなチャレンジでもあった。


体重の変化も
発声に反映される。


私の体は
もう
絶好調だった一時期のような発声は
出来ない。


だから
あまり変化をしない方が安定はする。


だけど
頑張って少し増やした。

今はこれで良いと思える。




明日は大晦日。

明日まで
懸命に働いて生きよう。


年明けは少し休もう。


静かに
休日を感じて過ごしたい。


心身共に静かに居させて欲しい。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。