❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷も嘔吐も掲げ立ち続けて。(現在に向かう私・33)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





野良猫ぶーにゃん。


会うのは数日振り。



カリカリを貰って食べてた。

60代位の
お洒落なご夫婦だった。


ぶーにゃんを
愛してる者同士で

ちょっとほっこりだった。




今朝

やっと年賀状を出した。


ポストに投函する時
何だかほっとした。


早く
やり終えたいと思って居た事が

ひとつ
終わったからかな。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「亡くした今年の最後に在りて。」(2014.12.19)】

【「キズグチに何を埋め込めるのか。」(2014.12.22)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「私は摂食障害者で在り自傷癖者なんだ。」(現在に向かう私・30)(2014.12.24)】

【「自傷も嘔吐も晒し偏在を掲げる覚悟をする時に。」(現在に向かう私・31)(2014.12.26)】

【「血を流して生み出して在るのだから。」(現在に向かう私・32)(2014.12.27)】




続きを書いてゆくね。






2013年から

月下陽香は

ステージの上で

摂食障害も
自傷癖も

掲げて立つようになった。


スタイルを変えてからの
初めてのライブの後


当時
私は
こんな記事を書いて居る。

【「【ザ・ロック食堂】より。偏在な愛を込めて。」(2013.2.18)】

【「偏在の在り方と向き合いながら。」(2013.2.21)】




同じ会場で

4ヶ月後に
再び
ライブの開催を決めて

練習に励んで居た春。


4月30日。



大事な大事な

私にとっては
尊い家族である
猫の“ぽんちゃん”が急変した。



食べなくなった。


突然
何も受け付けなくなった。

何日も。



いつ死んでしまうのか
とうとう召されてしまうのか

締め付けられる痛みの中

張り詰めて過ごした。





この時の急変は
何とか乗り越えた。


少しづつ食欲は戻り
これまでの日常に
近付きもした。





それ以来

私は

夜も
毎日
3時間程置きに起きては

状況を確認する生活となった。





嘗て
我が家には
3匹の猫たちが居た。


早くに
親が出て行ったり
私が飛び出したりで


私が
最も長い年月を
共に暮らした家族は
猫だった。




2007年が明けた頃

1匹が糖尿病になった。

間もなく
もう1匹が糖尿病となり


3匹の内の
2匹の看護が必要になった。


以来

私は
約12時間おきに
猫の背中にインシュリン注射を打ち


2~3時間おきに
耳の血管から採血をし

血糖値のコントロールをしながらの
生活を送った。



夜も
猫のそばで
リビングの床の上で丸まって

数時間おきに測定をし
付き添って過ごした。



1匹は
同年に臓器不全で亡くなったが


もう1匹は
3年間

その生活に耐えて
生き延びてくれた。


2009年の年末
その1匹も亡くなり


我が家の猫は1匹となった。


その時だった。


最後の1匹で在った猫の
乳がんがわかり

手術をした。


直ぐに転移してしまった。


残り僅かならば

もう
治療をせずに

ゆっくりと
穏やかに過ごさせようと思った。



3ヶ月も
もたないだろうと

医師に言われて居たけれど


その子は
その後も生きてくれていた。



お腹にはしこりも在りながら

糖尿病までも
新たに抱えながら


投薬等
特別なケアはせずに


それでも
何かが起きた時に
直ぐに対応出来るように


日々
気を付けて

夜も付き添う生活の中で


生き続けてくれていた。

【「知り尽くした不足の吹き溜まりに吸い込まれぬように。」(2013.5.11)】




練習に行く数時間にも
神経を遣った。


少しの外出も
難しい状況は続いた。


どこかに
遊びに行くなんて

とんでもない状態だった。



何よりも
眠れない毎日は
体に堪えた。




とてもしんどい。


自分の持病も
悪化してゆく中

仕事も思うように出来ない。


ライブは近付くのに

練習も存分には出来ない。



でも
生きて居て欲しい。

共に生きて在って欲しい。





それまでは

無理をすれば

まだ
出掛ける事が出来た。


観たいライブに出掛けたり

好きな店に顔を出したり


どれも

体は辛かったけれど

頑張れる範囲の
無理をすれば

そこに行く事も出来た。


新しい店を開拓したりも 
まだする事が出来た。



でも

この頃からは

そんな
小さな外出も

もう
辛くて

出来なくなっていった。




持病の悪化は
何よりも大きかった。

呼吸器疾患も酷く悪化した。


手術を繰り返した顎は

ただでさえ動かせなくなり
発声に苦労して居るのに


呼吸まで
深くは出来なくなり


歌う事は
ただただ辛い動作になっていった。



落ち着いて
ゆっくり眠れる夜も

1日も無い。



私は

日増しに
身動きが取れなくなっていった。


苦しかった。



何よりも苦しかったのは


その苦痛が

親しい人達には
伝わらないと感じる事だった。



持病の悪化が辛い事も

眠れない状況は辛い事も


そういうキャラ扱いされて
軽く処理され

からかいまで受ける。



その場では笑いながらも


私の胸には
あちこちに
傷が付いていった。





そして迎えた
2013年6月のライブ。


摂食障害も

自傷癖も


真ん中に掲げて立つ
2回目のステージ。



会場は満席。


手を伸ばせば
触れてしまえる
直ぐそこにまで


観客で
埋め尽くされた会場。



私の

嘆きも喜びも

そこには晒せて在り

痛みも
毒も

吐き出して

垂れ流して

在るにも関わらず


笑いも溢れたステージは


月下陽香と
井上タイキだけではなく


お客さまも共に
作り上げて下さって居る事を

とても感じるものだった。


2013年6月9日 大阪あべの「ザ・ロック食堂」






続きはまた。





いつも
レターセット等
片付けて
置いて居る場所が在る。



ふと

何となく

そこを
改めて整理した。


日頃から
特に乱れてもいない場所だし


頻繁に使う場所だから

把握も出来て居ると思って居た。



だから
あえて掃除もしなかったけれど。



全て取り出して見付けた。



大きくて分厚い手帳。


革では無いけどね


私的には

「黒革の手帳」やね。





なんで
まだ持ってたんだろう?


とっくに処分したと
思いこんで居た。


なぜ今見付けたんだろう。





私は
結婚をして
大阪に逃げて来る前まで

ホステスをしてた。


田舎だったけどね。


これでも
当時は
ナンバーワンのホステスだった。


夜の世界で戦って

自分の店を持って居た。


そんな過去が在る。



その頃の
お客さまの情報がこ

の手帳には
細かく書き込まれていた。



名刺は
別にファイルされていたが


この手帳には
名詞だけでは得られない情報が
色々とメモされていた。



お店の

外でも
中でも

電話や
メールからでも


得られる
お客さま個人の
情報や出来事


ご本人の
誕生日や
故郷

家族構成

お子様や
奥様の
お歳やお誕生日 

食べ物や
飲み物や
色の好み



約600人の情報が
ここに書き込まれていた。




当時

火事に襲われたら
どうするか聞かれた時に


私は


猫と
携帯電話と


この手帳を持って

逃げると答えた事が在る。



これが在れば
生きてゆける。


それ位に

当時の私には
大切な物だった。




なぜか
今になり

見付けた手帳。


そこに挟まって居た

いくつかの手紙。


内1つは
読まぬままに
置いておこうと思い
違う場所に片付け


1つは

目を通し


この為に
私は


この手帳を見付けたのでないかとも


思いながら


まだ確信は持てず


現在使用している手帳に挟み



他の物は
手帳ごと捨てた。




今の私は

この手帳が在っても
生きていけない。


これが無くても
生きて在れる。



もう
要らないのだから

それはゴミ。




必要な

物も

者も


変化してく。


それが人生だね。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。