❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

血を流して生み出して在るのだから。(現在に向かう私・32)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





蕾は

やっと

咲き始めてくれた。


今年もあと5日。




年内に
しておきたかった事は
沢山在ったけれど。


そのいくつかが

終えられぬままに
新年を迎えてしまいそうだ。



着うたサイトの退会や
陽おふぃしゃるさいとの更新に


注ぐ時間を
捻出出来ないかも知れない。


本当に
もう
目一杯に忙しくて

時間が足りない。



どうしても無理な事は
年始に持ち越して

無理をし過ぎずに

消化してゆこう。


急いで
適当に済ますより

持ち越して
丁寧に片付けてゆこう。



でも

出来る限りは
ひとつでも
多くをこなして
向かおう。


さぼって生きるのは嫌だ。



生きて在る時間には
限りが在り

その内に

体が動ける時代は

更に
限り在るのだから。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「亡くした今年の最後に在りて。」(2014.12.19)】

【「キズグチに何を埋め込めるのか。」(2014.12.22)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「私は摂食障害者で在り自傷癖者なんだ。」(現在に向かう私・30)(2014.12.24)】

【「自傷も嘔吐も晒し偏在を掲げる覚悟をする時に。」(現在に向かう私・31)(2014.12.26)】






2013年から


自分は
摂食障害者であり

自傷癖者である事を


晒し
掲げたステージ始めた

月下陽香。



そこに至るまでの
想いや
悩みは

前回にも記した。


それでも
私は決意をした。



その
1回目のステージはこれだった。

2013年2月17日 大阪あべの「ザ・ロック食堂」




ステージを終えて思った。


摂食障害も
自傷癖も

掲げて良かったと

思った。



その日

会場を埋め尽くして下さった
お客さまの全てが

偏在な私を
受け入れて下さったからだと言う事は

とても大きい。



私は
そこで

誰にも

辛い事を
言われも
されも

して居ない。


優しく
あたたかく
受け入れて頂いた。


そこに
ひとりでも
私に

否定や
不快を
突き付けて居たならば


良かったなんて
思えなかっただろう。



深く傷付いて
苦しんだのだろう。


だけど

とても有難い事に

決意を固め
覚悟を決めて

向かったその日


私は
誰にも傷付けられなかった。


そこには
私を傷付ける者が
居なかった。



私は

偏在を

否定も拒絶もされない
幸せを

初めて
知れたようにも思った。


そして。


本当の私を
打ち明けられた事に

安心も覚えた。





前回にも書いた。
私にはいくつかの顔が在る。


ステージに立つ月下陽香は

私の中に
何人も居る私の

ひとつでしかない。


陶芸作家で在る時には
私はひとりの作家だ。


バイト先に行けば

私が
月下陽香で在る事など
誰も知らない。



しかし
どれも私だ。


どれも嘘では無い。


私と言う
ひとりの人間だ。



同じ根を張り

その上に
繋がり生きて

在りながら

違う色
形の

花を

それぞれに
咲かせようとして居るだけ。



それを

器用で羨ましいとか
勝手だとか
嘘つきだとか


言われた事も
過去には在る。



でも
皆どこかでそうだろう。


職場で懸命に働く顔と
休日に
家でごろごろしてる顔は
違うはずだ。


恋人の前と
友人の前の自分を
比べて見ても

恐らくは
見せる顔は
同じではないだろう。


子を持つ女性には
母の顔も在るのだろう。


皆それぞれに

自分自身でも在り
演者でも在るのではないかと

思う。


私も
そうなだけの事。




いくつか存在する私の中の

月下陽香は


私にとっては

オリジナル楽曲と共に
板の上で
イキザマを晒して在る
一表現者である。



摂食障害と自傷は

表現者である私よりも
ひとりの
人としての私の


最も
知られたくない

現実であり

最も
受け止められたい

真実でも在った。



決意と覚悟の後

それらを晒した1回目

初めてのステージで
受け入れて貰えたと言う事は


私に

「生きて在って良い」と言う意識を
大きく与えてくれるものであり


また

その
晒すイキザマを


都合よく
覆い隠す事を

やめた事で

以前よりも
説得力は増したとも感じた。


私が
楽曲にしたためる
背景や
込める想いも

以前よりも

伝わりやすくなったのではないかとも
思えた。






どれ程の覚悟が
そこにあるのか
伝わる人は少ない。


人の表現は


とても

深く
重たく
尊いものか


感じない人はとても多い。


何度も
軽視された経験が
私には在るから
とても思う。


勝手に持って行く者
無断で壊し行く者は

どこにでも居た。


人の楽曲に
違う曲を付けて
あちこちで歌いまくる者も居れば

人の歌詞や曲名を
自分の物のように扱い
発信する者も居る。

以前関わった事のある者は
自傷なんてしたこともないのに
私の作風を真似て
そういう歌詞を書き
オリジナルだと言って居る。



自分が
こだわって居る
物や言葉を

同じように扱われたなら

大きな怒りを覚えるだろうに



人の表現は軽視する。

または
支配しようとする。



それにより

私が

どれだけ
深く傷付いて居るか

また

そのキズグチが癒えるまでに

どんなに苦しみながら

思考を重ね
努力して
苦労して

痛みを飲み込めるまで


何日も
何ヶ月も
何年もを費やして
生きなければならないのか

全く気付かない。

理解出来る心が無い。





これまでに

ひとりだけ

言葉にして伝えてくれた人が居た。

私に対して。


こうして
顔を晒して
摂食障害も
自傷癖も掲げて在る私に


ざっくりと言えば

「こんな人が居る事は衝撃だった」

と言うような事を

伝えて下さった女性が居た。



私が

誰もが読める場所に
痛みを晒して在る事の

「覚悟」を


きっと
この方は
受け止めて下さったのだなと

その時私は思った。



後にその方は
ふたつのブログを書き上げた。


それは
その人の人生で
重ねられた真実だった。

全てが

重視されるべき

文字の
作品でもあった。


書き終えられた時に

私は
「おめでとうございます。」と告げた。

そうしたら
その方はおっしゃって下さった。


「あなたのおかげよ。」と。



痛む記憶を捲り
書き上げたのはその方だ。

私では無い。

それなのに
そんな言葉を下さった。



その時に
また
改めて思った。


この方は

言葉を
文字にし
綴る行為に対し


どれだけの
エネルギーを費やすか


心身の奥底から
経験し
知って居られる。


だから

人の表現も
とても大切に扱って下さるのだと。






ステージの上で

摂食障害も
自傷癖も


はっきりと
掲げて立つスタイルに

月下陽香のライブは変わった。


初めて
そんなステージを終えた後


次のステージは
約4ヶ月後に
同じ場所で開催を決めた。





薄紅色の

桜が
舞い落ちて


若葉の
美しい新緑が

深みを含む緑に
変わりつつある頃



4月の30日だった。


私にとって
誰よりも尊い
愛猫が急変をした。


乳がんと
糖尿病を抱えた

小さな体が


突然
食べ物を受け付けなくなり

死に
向かおうと

し始めたようだった。




続きはまた。





切手を頂いた。

沢山の記念切手。


大切な方のお母様が
生前集めて居られた物だ。



買い取って貰っても
実際の切手の値段の
7割位にしかならないそうで


それならば
使った方が良いけれど

手紙を書く事が無い為

是非使って下さいと
全て私に下さった。





切手ってきれい。


小さな箱の中の
美しい箱庭のようだ。


小さな窓から見える
美しい景色のようだ。







小学生の私は


学校に呼び出された両親に
箱庭療法に
連れて行かれた事があったっけ。。

【「腐ったパンと壊れた少女。」(小学生・1)(2013.7.7)】


この頃に
この手で作った庭とは違う。


ひとつ
ひとつ

とても繊細で美しい。


何度も見て。


少しづつ使い始めた。


置いておきたい気持ちもあるけれど
使った方が
きっと良いと思って。



これから
お便りを書く時は


珍しい切手が貼られてある事が
多いと思うよ。


私から
手紙や葉書が届いた時は

ちょこっとチェクしてみてね。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡