❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷も嘔吐も晒し偏在を掲げる覚悟をする時に。(現在に向かう私・31)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





今年も

残りを数えれば


もう
1週間を切ったのに


私は
まだ
年賀状の宛名も
書き終えて居ない。


まだまだ
今年にやり残した事が
沢山在るのだけれど…


でも

クリスマスイブは
少し早めに仕事を終えた。



ゆっくりお風呂に入った後は

少し前に頂いた
贈り物のビールを飲んだ。


海老の大好きな私に
冷凍のでっかい海老を
贈ってくれた人が居て。


大好きな海老と
大好きなビールで

クリスマス気分になれた。




何だかね。

体が
物凄く疲れて居る。


目一杯
頑張ってるからね。


サボらずに
働いて
踏ん張ってるからね。


遊びに行く体力も
残ってない位


一生懸命働いて

一生懸命生きてるからね。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「亡くした今年の最後に在りて。」(2014.12.19)】

【「キズグチに何を埋め込めるのか。」(2014.12.22)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「憎悪の処理と自傷の在り方と。」(現在に向かう私・28)(2014.12.20)】

【「自傷も摂食障害も打ち明ける少し前に。」(現在に向かう私・29)(2014.12.23)】

【「私は摂食障害者で在り自傷癖者なんだ。」(現在に向かう私・30)(2014.12.24)】




続きを書いてゆこう。






月下陽香は

2013年から

ステージの上でも

摂食障害者であり
自傷癖者で在る事を
晒して立つようになった。



その時が来たと
強く感じ

そのスタイルを選んだけれど


実際に
ステージの上で

自分が
そうである事を話す事は
とても勇気が要った。




私は

月下陽香で
稼ぎを得て居る訳では無い。


CDを販売して居ても
それで儲かって居る訳でも無い。


付ける価格は
ほぼ実費であり
完売はしていないから
結局赤字だ。




月下陽香は
私と言う人間の
ひとつの在り方でしかない。


社会に出れば

バイト先の私は
私で
別に存在をし


そこで関わる人達は

私が
月下陽香で在る事なんて知らない。



本職である
創作陶芸作家として
社会に在る時は


私は
一作家であり

やはり月下陽香では無い。



私は
いくつかの顔を持ち


それぞれに

社会と関わったり
ステージに関わったり

役割が在る。



同じ人間だけれど
同じでは無い。




根は同じで在れど

それぞれに
咲かそうとする花は
違う物である。



その
どの私も

これまで


摂食障害者であり
自傷癖者で在る事を

大きく晒しては来なかった。


月下陽香を知り

わざわざ
このブログまで訪問下さり
読み続けて下さる方には


時々
チラ見せをしていたから

知られているかも知れないと
いう程度のものだった。



その
チラ見せを
もうやめようと思った。


ひとつ位

私が
本当の私で
存在出来る顔も

きちんと持って生きたい。



結局は

約30年もの年月を
共存した

摂食障害と
自傷は


人生のほとんどを占める。


これこそ
私自身で在ろうに


なぜ
いつまでも

どこででも

隠して在らねば
ならないのだろう。




やっと
私は

そこから抜け出そうとして居る。


30年間
共存した
依存し続けた
相棒と

別れようとして居る。



その過程を
伝える事が出来るのは

私。


それをしようと


思うようになった事には
きっと

意味が在るとも感じた。


だけど


いざとなると

怖かった。




言おうと決めたのは自分。

誰かに指示された訳では無い。

自分の意志だ。

と言う事は
もしかしてこれは


ただの
自己満足では無いだろうか。



貴重なお時間を割き
会場まで足を運び

眼を向け
耳を傾けて下さる方々の中には


「摂食障害」やら
「自傷」やら


そんな話
聞きたくも無いと思う人だって

居るかも知れない。


そういう人間を

生理的に受け付けない人も
受け入れたくない店も

共演したく無い人も

きっと居るだろう。



万人に受け入れられるとは
思って居ない。

特に

月下陽香は

多くに受け入れられる
楽曲でもなければ
キャラでも無い。



決意は固かったはずなのに

心の足はすくんだ。



自分が
嫌われるかも知れないとか

軽蔑されるかも知れないとか

そう言う事に
怯えた訳では無い。


それは承知で決めた事。


でも

同じ時を
同じ場所で
共に過ごして下さって居る
会場の中の誰かが

嫌な気持ちになったなら


私は
どうすれば良いのだろうか。



自己満足で
誰かを不愉快にさせるなら


それは
間違って居るように思うんだ。



とても悩んだ。


とてもとても。

悩んだ。



悩んだ挙句

それでも
晒して立つ事を決めて
開催したライブの

始まりがこれだった。


2013年2月17日 大阪あべの「ザ・ロック食堂」



この頃から

月下陽香には
女性客が増え始めた。


それまでは
ほとんどが男性客だった。



おだてたり
寄り添ったり
可愛げが在るように装ったり

結局

私はずっと
ホステスのままみたいだなって
いつも思ってた。


長年
ホステスとして生きてもきたのだから
そういうのは苦手では無いけれど

それで稼いでる訳じゃないから
疲れてしまう。


結局は色気だ。


始めは
扱いやすい観客も

次第に
距離が近くなれば
自分だけを見てくれる私を求める。


それは
ステージで奏でる月下陽香では無い。



面倒になる。
あほらしくなる。


私は
その人へ
優しい言葉を与えなくなる。

観に来なくなる。


ホステスのように振る舞って居なければ
男性客は続かない。



そんなのも
もう嫌だなって思ってた。

男に
愛想の良い月下陽香もやめた。




摂食障害と
自傷を

晒してステージに立つ。


私は

どんなに小さくとも

本当に
本気で

痛むイキザマの全てを
掲げて

表現をしてゆく。


もう
ホステスで在る必要は無い。


半端な気持ちで

摂食障害と
自傷を

掲げる訳じゃない。

本気だから。


月下陽香は

一表現者で在りたい。



意識が変わった。

そうなると
色気で近寄る観客は
とても少なくなった。

女性客が増えた。

嬉しいととても思った。



異性に
受け入れられるように振る舞う事は
決して難しくはない。

比較的簡単だと
私は思って居る。


でも
同性に感じて頂ける事は
簡単では無い気がする。



男よりも女は
きっと
嘘を見破れてしまうように思う。


だから。

イキザマを晒し
掲げての活動を
受け入れて下さる女性たちが
居て下さった事は

私にとって大きな救いだった。




続きはまた。






昨日は

月下陽香の
今年最後の練習だった。


朝からバイトに行き
帰宅後うつわの整理をし

夕方からの3時間弱。

ギタリストさんと過ごした。



ふたりで
小さなクリスマスもした。


彼は
チョコレートと
ぐでたまくんのポーチをプレゼントしてくれた。



ここを読んで下さる方々は
“ぐでたま”を
知ってらっしゃるだろうか。。


サンリオのキャラクターで

私は
ラインのスタンプも持って居たりしてる。


そのぐでたまくんのポーチ。



これを

お店に行って
買って
ラッピングをして貰ってる

61歳の
彼の姿を思い描くと
たまらない。



うれしい。

私の中の
インナーチャイルド

ちびっこの私が

飛び上がって喜ぶ。


それを感じて

大人の私が喜ぶ。



あったかいんだ。

とてもとても。




今年は

一度しか
ステージに立てなかった。


たった一度のステージは

私にとって

あらゆる意味で
命懸けの板の上だった。


月下陽香&井上タイキの
「イキザマ晒し劇場」は

今年は
本当に命懸けだった。




新しい年は
もう少し

板の上で奏でて居たい





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡