❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は摂食障害者で在り自傷癖者なんだ。(現在に向かう私・30)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





指人形のおさるさん。


昨日
自分に買ってあげた
クリスマスプレゼント。


やっと
少し時間を作れたから


バイト先で履く靴とか
残り僅かな化粧品とか
買い物に出掛けて。



立ち寄った雑貨屋さんで
一目惚れした。



街は
あちこちがクリスマスカラーで。


赤と緑が可愛かった。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「亡くした今年の最後に在りて。」(2014.12.19)】

【「キズグチに何を埋め込めるのか。」(2014.12.22)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「憎悪の処理と自傷の在り方と。」(現在に向かう私・28)(2014.12.20)】

【「自傷も摂食障害も打ち明ける少し前に。」(現在に向かう私・29)(2014.12.23)】





摂食障害者となり

自傷癖者と

なり始めた頃


私はまだ小学生だった。




2013年の七夕から

順番に
その
小学生の頃からの出来事を
ここに書き続けて来た。



今日は

2014年のクリスマスイブ。


懸命に
綴り続けて居る私の過程は


2年前の今頃
2012年の12月を終える頃を

書き終えた所だ。




2012年は


1月に
父が定年となり退職をした。


これからの事を考え
私は
父宅の掃除に通った。


父が暮らす一軒家には

20数年間
放置されたままの


出て行った
母と妹の
置いて行ったゴミや

片付けなくなった父の
これまでの生活で生み出したゴミが

溢れて居た。



まるでゴミ屋敷。


私は
そのゴミの処理に
何日も通った。



腕を切らなければ

焼かなければ

嘔吐を繰り返しながらでなければ

やり遂げる事は出来なかった。



余りにも情けなくて

当時は
それを
誰かに言う事すら出来なかった。

惨めだった。



届かないだろうに。

私は
長い長い手紙を書いた。


私を
偏在者に育て上げた

母に。

手紙を書いた。



親の事でも
ボロボロに
使い果たされてゆく中で…


月下陽香の活動の
裏側も
苦痛が犇めき始めた。


プレイヤーの矛盾に苛立ち

その言動は
時に
DVと変わらないじゃないかと思う程の
脅しに近くも感じ

不信感は募り

尻拭いに疲れ


それでも
活動を止める事だけは
避けたくて


我慢して飲み込めば


私は

自傷と
嘔吐無しでは

生きて在れなかった。




とにかく磨り減らした。




冬が過ぎ
春を迎え


日々の環境は
悪化する一方で


夜な夜な
腕を焼き切っては
泣いた。



6月の誕生日。

その年のその日は
大雨で。


そこで
ひとつステージを終えた後
私は
月下陽香の環境を
ひとつ整理した。



夏には
新たな形での活動を開始し


その夏には

5年間
毎年8月に

1ヶ月間
開催をしてきた
うつわの展示会を


この年で
最後にしようと決めて

開催し締め括った。





5年間続けて来た
うつわ展。


初めての個展のタイトルは

【 月陽-つきあかり-へようこそ。 】

だった。


その時の事も書いた事が在る。

【「気付いてしまったキズグチを探す人。」(転居後前半・63)(2014.10.17)】


私は

5年間続けた展示会の全てに
タイトルを付けて
メッセージを掲げて居た。


2回目の個展には
【 月陽-つきあかり-を奏でれば。 】

3回目の個展には
【 月に照らされた陽だまりの中で。 】

4回目には
【 月は陽に焦がれ。 】

5回目には
【 月が太陽に重なれば。 】



摂食障害者で在った私は
食に関するうつわを
多く制作し
それらを販売し

創作陶芸作家として
仕事をして居た中で


展示会には
5年間関わって来たが


この年に
一度それも整理をした。





そして。

父宅の掃除を終え

母と妹が
居るかも知れない場所まで
出掛ける決心をし


そこへ向かった。


そこには
母親は居なかったが
妹に会えた。


大人になった妹の顔を見れ
声が聞けた。


私はそこに


これまでに
ずっと抱き続けて来た

憎悪を


そっと

葬って帰って来た。





秋が過ぎ

冬を過ごす中で


気付いた。



数ヶ月

自傷をして居ない事。



そうだ。

考えてみれば

月下陽香の活動が
現在のギタリストとだけになり始めた頃…



とても辛い誕生日となった
あのイベントを終えた後の頃から


私は

腕を傷付けていなかった。


切りたいと思う事は在った。

焼きたいと思う事も在った。


なのに
しなかった。


しなくても
何とか越えて在れたし


キズグチを隠す為に
神経を遣う事が
情けなくも在り

面倒にも思えた。



なぜ

私を傷付ける

自分勝手な
矛盾した奴らの為に


私が
傷を付けなければ在れないのか


考えたくなったから

ではないかとも思う。



指を突っ込んで
嘔吐する事も
しなくなって居た。


自然嘔吐には
頻繁に襲われた。


でも
わざわざ指を入れて
吐き出す行為は
もうしんどいと思った。





そして。

2012年の締めくくり

2013年の始まりを

ギタリストさんと過ごし

新年を迎えた。


新年を迎えて直ぐに
新曲をひとつ
ギタリストさんに渡した。

【「浮草に情火。」(2013.1.21)】


【 浮草情火 】


この歌には
3人の女が登場する。


どれも

私が
実際に
過去に関わった女たちだ。


それぞれに
依存者で在った。

「男」であったり
「酒」でったり
「金」であったり。


それらを
ひらひら
ゆらゆら
泳ぐ金魚と重ねて

表現をした歌だった。


想像では無く

真似でも
嘘でも無く


女として
私が
実際に関わって
共に過ごした人たちと
その世界と時代を
歌にした。





そして。


月下陽香は

この年の初ライブを決めた。


私が

月下陽香として
ステージに立つに当たり


「摂食障害」も

「自傷癖」も

晒して立つと決めた
その

第一歩

一発目となる

ステージだった。




ギタリストさんが
素晴らしいフライヤーを
描き上げてくれた。

その画像も掲載した
当時の記事がこれだった。

【「月の下に陽だまりが香るなら。」(2013.1.28)】





私は毒を吐く。

実体験をここに書く。


関わって来た人達の事も

そこで起きた出来事も

ここに書く。


全てを描ける訳では無い。


書けない事
書かない事

今はまだ書けない事 ・・・


様々に多々在る。





決めて居る事は

人の事を書く時には

必ず
自分の事も書くと言う事。



正直に

自分の思考や
感情や言動の

ずるさも

汚さも

矛盾も

晒した上で
ものを述べると言う事。


感情的に
自分を正当化する記事は
書かないと言う事。


それをすれば
ただの悪口だ。

それこそが
本当の毒だろう。



痛む出来事を
書き放つ時には


自分の愚行も
必ず晒そう。



自分が

何をしてしまったから
そうなったのか

きちんと晒そう。




起きた事
起こした事を


誰もが読める場所に
書いて放つ限り


その文字を消して

自分の
愚考や愚行を

誤魔化す位ならば


書く事なんて
止めた方が良い。


発信する資格が無いと
自分に命じて在る。


そういう事を
有耶無耶にしながら

偉そうな事を言う人を

誰が信じてくれるだろうか。





そう自分に課せて
記事を書く中。


悲しみや
寂しさ

怒り

憎しみ等


痛む出来事や
感情を晒す時。


必ず決めて居る。


それらは
既に乗り越えた過去で在るか

もしくは
必ず乗り越える為に
その過程を
伝えてゆくものでなければならない


と言う事。




私は


ステージの上で


摂食障害者であり
自傷癖者である事を

晒して立つ事を決めた。



その時が来て居ると
とても思った。


自分の気持ちの中に
その想いが
育ち始めた事と


それをするに当たり

信頼して
頼れるプレイヤーに
出会えたと思えた事が


恐らくは大きな根底だ。




それはきっと

これから先に
本当に

それらを
過去として
生きてゆける私になれるのか


過程を伝えてゆく

リアルな表現になるだろうし


そうしなければならないと


私が
感じたからなのだと思う。





そして。

2013年2月。


月下陽香は

摂食障害と
自傷癖を晒して 


ステージに立つ
ライブ活動を始めた。



続きはまた。






後ろ姿も
横から見ても
やっぱり可愛い。


私の事だから


また
持ち歩くんだろうなぁ…



この胸には
住み付いたままの子供が居る。


いつまでも。

ちびっこの私が
住み付いてるまんま。



インナーチャイルドってやつだ。



きっとね

この子を殺す事は
出来ないんだろうなって
最近は思う。


だから

仲良くやってゆけたらと

考え始めて在る。





みなさま メリークリスマス ★彡




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。