❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷も摂食障害も打ち明ける少し前に。(現在に向かう私・29)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





ポストに届いた封筒。


中には

クリスマスの
贈り物が入って居た。



今年
私と器に会いに
我が家まで来て下さった

大切なお友達からの
メリークリスマス。


どうもありがとう。



明日はクリスマスイブだね。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「自傷に代わるものなんて在るのだろうか。」(2014.12.9)】

【「亡くした今年の最後に在りて。」(2014.12.19)】

【「キズグチに何を埋め込めるのか。」(2014.12.22)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「自傷に繋がる憎悪を葬る為に。」(現在に向かう私・26)(2014.12.16)】

【「自傷癖者に仕上げられた私と彼女の最後。」(現在に向かう私・27)(2014.12.17)】

【「憎悪の処理と自傷の在り方と。」(現在に向かう私・28)(2014.12.20)】






私が

摂食障害者となり始め

自傷癖者となり始めたのは


まだ
小学生の頃だった。



2013年の七夕から

ここに書く事を始めた
過程を綴る記事は


その
小学生の頃からの出来事を
順番に記しながら


現在は
約2年前

2012年の秋頃までに
辿り着いて在る。



私は

約20年間

摂食障害と
自傷に

囚われ続けて生きてしまった。


その後も

行ったり来たりを繰り返しながら


摂食障害も含めた
あらゆる自傷から

距離を離して
生きれるようになれるまでには

約10年を要した。



記憶を
呼び起こし
掘り起し


それらを
ここに書き続けながら


やはり思うのは



私を

摂食障害者であり

自傷癖者である

偏在者として
作り上げたのは


何よりも母だったと
とても思う。



何よりも

私の
母と父が

私に与えた


環境と教育だと思う。



そして。


私が
大人を信じなくなった
決定的な出来事は


きっと

中学の頃


保健室の先生が
私に向けた
言動で在ったと思う。



また
改めて振り返ると思うが


まずは
今日も続きを書いてゆこう。






親が置いて行った
親の人生のゴミの山。


何度も

腕も切り
焼きながら


私は
それ等の処理を続けた。


心も体も殺されるような
作業の繰り返しだった。

ボロボロに傷付いた。


日々
想いは擦り切れた。




届く可能性は極めて低い。
しかし
私は手紙を書いた。


何十枚もの便箋に
したためたのは


ずっと言いたかった事。



娘として母に
女として母に

ずっと
ずっと
抱き続けて来た


憎悪。

私を壊した憎悪。


この人生の
奥底から

深い根を張り
育ち続けて来た


恨み
怒り
悲しみ
寂しさ

そして

恋しさ。



A4サイズの封筒に
便箋を押し込めば

パンパンに膨れ上がり


それらは
私の
それまでの人生に対する

嘔吐物だった。



母の家族が居るかも知れない場所へ
こちらの名も住いも書かずに
送り出した。




そして。

同時期に見付けた
私と妹の「へその緒」


ゴミ屋敷となれ果てて居た
父の暮らす一軒家には

私にとって
必要な物など何もなく


全ては

重たい
迷惑な
ゴミしかなかったはずなのに


私は
それだけは持ち帰った。




導かれるようなタイミングで

母と
妹が
居るかも知れない
ある場所の情報を得る。


本当に
そこに居るともわからない。

それでも
私はそこへ向かった。




母は居なかった。

妹には会えた。


子供だった妹は
大人の女になって居た。


両親が離婚をして

母は妹を連れて行った。


それまで
私だけに向けられていた

異常な
抑圧と束縛は
全て妹に向けられる事となり

妹までも
摂食障害者となった。



そんな妹は
友達も
恋人も居ない
30代の女になっていた。


少しの会話も出来た。


この人生の最後に
妹の顔が見れて
声が聞けた。




私は

そこに

手紙に書き出しても
まだ
この胸に残って居た
複雑な憎悪を


そっと捨てて来た。



憎しみを
胸に抱きしめて
生きる事が

どんなに苦しくてたまらないか
もう十分に知って居る。



もういい加減

これからの人生は
憎悪を手放して
生きて在りたい。

穏やかな思考に
辿り着く為に生きたい。



憎しみは
思考の足を止める。

心に
足枷を掛ける。

生き方に
手枷を掛ける。



いつまでも
いつまでも

憎しみを
汚い言葉で吐き出し続け


その
足枷手枷に

自分だけでは無く
娘までを
深く傷付け続ける

父を知って居る。


父の毎日に
穏やかさはない。


父の思考は
立ち止まったまま

浅い水溜りで
溺れて在るように見える。



私はもう溺れない。

もう止まらない。



私の心の奥の方。

赤く熟れて

膿を
だらだらと
垂れ流し続けていた

深い傷は


やっと
初めて

癒えたいと

思い始めたように感じた。






月下陽香は

これまでには在り得なかった
穏やかな活動を始めて居た。



その頃
お声かけを頂いて

初めて
京都で歌える事になった。



ギタリストさんと電車で出掛けた。


少し早めに着くように向かって
少し観光もした。



お天気が悪くて。


現地で傘をさしていたら

突然
ギタリストさんの傘が
見事に壊れて。


お互いに濡れながら
相合傘して歩いた。



途中で
ローソンで買ったスープを
立ち止まって飲む私の横では

彼が
同じくローソンで買った
カレーパンを食べてた。


わざわざ
京都まで行ってるのにね。



夕方まで遊んでから
店に向かった。
迷いながら向かった。


リハーサルも終わり開店。



しかし

この日のライブは
これまでの
月下陽香の活動の中で
最低の集客数となってしまった。


ご予約が確定して居たのは1人。

そのおひとりが
お友達を連れて来て下さったおかげで

2人のお客さまを
迎える事が出来た。


それでもたった2人。


店にも申し訳ないし
何よりも
自分が情けなくも在った。

何をしてるんだろうって思った。


だけど
その考えや意識は
そのお二人が変えて下さった。



この日は
冷たい雨が降って居たのに。

2人の方が

京都にお住いでもないのに

駆け付けて下さったんだ。


物凄く申し訳なく
また
物凄く有難かった。


このおふたりの為に
私は
その夜のステージをしたいと思った。

【「限りあるからこそ。」(2012.11.13)】

【「冬に咲く花。」(2012.11.17)】



この夜

お客さまが連れて来て下さった女性は
初めてお会いする方だったが

お客さまの
ブログのコメントで
名前だけは存じ上げて居た。

だからだろうか。
初対面のようには感じなかった。

前から知って居るような感覚。


名古屋から来て下さったとの事。
名古屋は私の生まれた土地だ。

不思議な懐かしさも感じた。


ガーリーなファッションを着こなした
小柄な可愛らしい女性。


彼女とは
この少し後に
もう一度お会い出来たが


その後
もう
この世では会えなくなってしまった。






京都遠征の後

この年の12月は
私は
1ヶ月で

4つしか記事を書かなかった。

【「吹き溜まりの中産み出し放ち。」(2012.12.1)】

【「心が痛む程声を嗄らしても。」(2012.12.17)】

【「花一匁(はないちもんめ)。」(2012.12.24)】

【「その手が離れないように。この手で繋がれるように。」(2012.12.30)】




年越しは
ギタリストさんと過ごした。


ふたりで
地下鉄に乗って
ライブバーに出掛けた。


おでんがサービスで出て。
から揚げを頼んで。
飲んで
歌って

新年を迎えた。



帰り道
駅で
電車を待ちながら

ギタリストさんと話してた。


彼は
何年か前の
年越しの出来事を話してくれた。


失恋した女の子の話だった。


聞きながら
やはり
彼は面倒見が良くて優しいと思った。


話の中に出て来る女の子が
かつ丼を食べながら
涙する光景は

モノクロの動画みたいに
私の中で想像がされて


今夜の彼女が
しあわせだったらいいなって
思った。





この時には
もう決めて居た。



月下陽香は

新しい年から

ギタリスト井上タイキの音で


摂食障害と
自傷癖を

掲げて
ステージに立とう。


有耶無耶でも
チラ見せでも無く

堂々と

掲げて立とう。




その時が
来ているように思えた。



社会の中で生きてゆくに当たり

どうしても
それらを隠し

偏在を隠し

人並みを装い

在らねばならぬ時も在る。


真実をひた隠し
在らねばならぬ場所が在る。


それはそれで仕方ない。

そこに沿うのが当然で在ろう。



しかし。


そうではない私 

「月下陽香」として生きる私は

偏在を晒して在りたい。


自分の
歪み汚れた過程も

人としてのずるさも


晒しても在れる

位置を

ひとつ

持つべき時が来たように思えた。



私は私で良い。

それを表現出来る私を
私の中に
1人は持って生きたい。


それにより
伝える事が
出来るかも知れない何かが
在るようにも思えた。




続きはまた。





先日頂いた

トナカイさんに変身してる
クマちゃん。


マフラー貸してあげよう。



これは
何年前に頂いた物だったっけ?


今では
お部屋用になってるんだけど

今年はクマちゃん用だ。




後で少し出掛けてこよう。


やっと少しだけ
自分の為に
お買い物に行ける時間を
捻出出来たから


少し出掛けよう。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。