❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

キズグチに何を埋め込めるのか。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





愛おしくて

たまらない命。


これまでの私の人生で

誰よりも

長い年月を
共に暮らしてくれた
大切な家族。


サヨナラは6月22日だった。



この腕の中で
あの世に召されて。



半年が過ぎ

今日から7か月目に入る。


ギタリストさんは
昨夜も
花を届けてくれた。



骨壺の回りには

この半年

花が欠かされる事は無かった。




看護と
介護に
埋め尽くされた生活から

解放された私は


大きな喪失感に

飲み込まれた。


これまでの
どの命との別れよりも

それは
私には

とても
深く
大きく


そこで
目に焼き付いた光景は

褪せる事も無く


いつだって
リアルに蘇り

記憶を呼び起こし


涙は溢れ

締め付けられる。



出来る限りの事は
し尽した。

全てを出し切った。


あの日

召された事は
受け入れて在る。



しかし

湧き上がる痛みは
上手く言葉にはならない。




やっと
半年が過ぎた。


家の中から
気配がひとつ消え


7年の看護で
悪化させた体も限界となり

寝たきりのような夏を越え


生活は大きく変わった。


環境も変わった。



もう少しで
失い過ぎた今年が終わる。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「自傷に代わるものなんて在るのだろうか。」(2014.12.9)】

【「亡くした今年の最後に在りて。」(2014.12.19)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「自傷に繋がる憎悪を葬る為に。」(現在に向かう私・26)(2014.12.16)】

【「自傷癖者に仕上げられた私と彼女の最後。」(現在に向かう私・27)(2014.12.17)】

【「憎悪の処理と自傷の在り方と。」(現在に向かう私・28)(2014.12.20)】





過程を綴る記事は

2012年の秋までに
辿り着いた。



私が

約20年間

囚われ続けた

摂食障害と自傷。


そして
約10年

行ったり来たりを繰り返しながら


離れる事が出来なかった

摂食障害と自傷。



自分を傷付ける行為から

私は
やっと離れようとして居た。



「切ったらいけない」

「もう腕を焼くのはやめよう」

「吐く事はやめよう」

「もう自傷はしません」

「きちんと食べます」



恐らくは

私は
これまでに

何百回
何千回と

自分に
そう言ってきたはずだ。


なのに出来なかった。


通院しても
薬を飲んでも


そこからは
抜け出せなかった。


なのに
離れ始めて居た。

その頃までを書いた。





この続きは
次回に更新しようと思う。


今日は寄り道をしておきたい。







今朝
バイトに向かう途中
郵便局へ寄った。


荷物をひとつ
やっと送った。


誕生日やクリスマスに

いつも
私の存在を忘れないで
贈り物を下さる方に


私も
お送りしたい物が在って

送った。


品物は準備をして
もう箱詰めもされていた。

住所も名前も書いて
いつでも送れる状態だった。


だけど
手紙が書けなくて。


今日まで過ぎてしまった。


【「垂れ流す偏在な毒の華はイキザマだから。」(2014.11.26)】

この記事を書いて。


手紙を書こうと決めて居た。



口頭で
ぶつけるエネルギーは
持ち合わせて居らず

また
それは
しない方が良いとも思えた。


だからと言って
メールを送り付けるのも
何か違う気がした。



何よりも

私には
冷静さを取り戻してから

感情と
思考を
整理する時間が必要だった。

だから手紙を書こうと思った。



何度も書いた。

書いてはやめた。


始めは気持ちの問題だった。


まだ
苛立ちが残って居る事に
気付いては

書きかけた便箋を
捨てた。



繰り返すうちに
気持ちは落ち着いては来たが


情けない事に
親指を
かなり傷めてしまった。


長時間
文字を書く事が
難しくなった。


ただでさえ
上手くはない字が
とても乱れる上に

長時間
ペンを握る事は
かなり辛くなった。


結局
書いてはやめる
繰り返し。


書き終えられずに
終わってしまう。



出来れば
この手で書きたかったが

パソコンで打つ事にした。


打ちこんだ物を
プリントして
封筒に入れる事にした。


それでも数日かかった。


その手紙を同梱して
今朝
やっと送る事が出来た。



とても忙しい中

何日も
時間と労力をかけながら


深く傷付いた
この胸の

キズグチに

私は
種を植えた。

ひとつ埋め込んだ。


いつか咲くのか
そんな事はわからない。

けれど埋め込んだ。




怒りは
そのままにしておいてはいけないと思う。


怒りを覚える位の
心の傷は

放置してはいけないと思う。


理由を

分析し
理解し

消化しなければいけない。


でないと
いつまでも繰り返す。


いつまでも
いつまでも。


同じ怒りや
同じ傷

似た現象は

付きまとう。


その都度

傷は深くなる。


答えの出せない経験を
ずるずると
繰り返す生き方はしたくない。




私は
私の想いを送った。

後は
そこで伝えた通りに

時間の流れを待ち

キズグチに

植えた種が

芽吹く未来を
信じて重ねるだけだ。









バイト先へ向かう途中

よく会う野良猫ぶーにゃん。


猫は大好きだけど
触れないようにして居た私は


先日
ぶーにゃんに少し触れてみた。

ぐにぐにっと

頭を
人差し指で少しだけ。



以来
ちょこちょこと
触れていたのだが…


今日は
わしゃわしゃぁっと。


頭も背中もお腹も
いっぱい触れてきた。


可愛かった。
ちょっと元気を貰った。





この前
ギタリストさんが
メールで言ってくれた。


私が

やっと
少し元気になってきたって。




愛しい命が召されてから


私は
骨壺の回りを沢山の花で飾り

家のあちこちに
花と植木を置き


家の中に
自分以外の
命在る物がある事に
すがって居た。



ある頃から

もうそろそろ
そんな自分をやめないと
いけないと思い


いつも
近くに置いて居た骨壺を

新たな置き場所に移し

そこには
少しの花を
飾れば良いようにした。



その時に
彼はいってくれた。


急がなくてもいいんだって。

急いで無理しなくてもいいって。


そんな彼が

「元気になって来た」って
言ってくれた。

うれしかった。



7年の看護が終わり
悪化してしまった持病の
ケアに注いだ夏は

本当に
まとには動けなかった。


毎日のように
副作用に苦しみ

心身共に
もう頑張れないと


本気で感じて


歌の練習も
2ヶ月程休んだ。



仕事以外の
人との関わりも

極力避けた。


静かに静かに
時間の流れを待ちながら


毎日の中には

小さな喜びを
懸命に探した。


前を向かなきゃって

一生懸命探した。




やっと最近

仕事の後にでも

頑張れば
練習にも行けるようにもなってきた。


辛くて
目を反らして歩いて居た
ペットショップにも

立ち寄って

猫を見たり
犬に触れたりも
出来るようになった。


野良猫に会えるのを
楽しみに歩いたりも
出来る私になった。




月下陽香の
練習で行くカラオケボックスは

我が家からは
徒歩10分弱。


その10分弱でさえ

ずっと
歩く事も苦しかったのに

最近は
歩く事が楽しくなった。




心も体も
少し元気になってきて居ると思う。

自分でも思う。


沢山失くした今年も
もうすぐ終わる。


一生懸命来年を見てる。






とても美しい女性から
贈り物が届いた。


ピンク 
イエロー
オレンジと

3色の
綺麗なボディソープ。


きっと
もう長い月日

とても
苦しんで
大変で居られるだろう事と
想像をして居る。


ご自身が
とてもとても
大変な時でおられるだろうに

気に掛けて頂いて
申し訳なく

でも
とてもうれしく有難い。



どうか幸せで在って欲しいと
心から願う方の
おひとりだ。



その
姿形だけではなくて


見て居ると

痛々しい程に

締め付けられる程に


心の
優しい
優しい

繊細な女性。


いつか
またお会い出来る事を
祈って居る。





これは
今日
ギタリストさんから送られてきた
写メール。



もうすぐクリスマス。


木曜日は
月下陽香は
練習ついでの
クリスマスをする。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: