❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憎悪の処理と自傷の在り方と。(現在に向かう私・28)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





先日頂いた贈り物に入っていた
手編みのツリー。


毛糸で出来てるのね。


手芸パーツも
一緒に送って下さって居て


自分のツリーが
作れるようになっていた。



ぺたぺたくっつけて。。

出来たよぉ。

もこもこツリー。


飾るだけでも
とっても可愛いんだけど

中は
帽子みたいに空洞だから

ティーポットや
急須にかぶせると


テーブルの上の
すぐ近くに置けて

あったかさ長持ち。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「自傷に代わるものなんて在るのだろうか。」(2014.12.9)】

【「亡くした今年の最後に在りて。」(2014.12.19)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「自傷に繋がる憎悪を葬る為に。」(現在に向かう私・26)(2014.12.16)】

【「自傷癖者に仕上げられた私と彼女の最後。。」(現在に向かう私・27)(2014.12.17)】





2013年の七夕から
書き始めた
過程を綴る記事は


摂食障害者となり
自傷癖者となり始めた

小学生の頃の私を
書き放つ事から始まり


現在は

2012年の9月25日。


母と妹が
居るかも知れない所まで
出掛けた私を
書き終えた所だ。



前回は寄り道をしたけれど

今回はまた
続きを書こうと思う。




母と妹が
居るかもしれない場所。


確かめた訳では無い。

約束をした訳でも無い。


本当に
そこに居るのか

居ても会えるのか

そんな事わからない。


行っても
わざわざ呼んで貰う事は
考えて居なかったから


行った時点で
その場に居なければ

会える事も無い。




神に託した。

従うと決めた。


私は
この人生の最後に
そこに行こうと決めた。


遠いそこまで
一生懸命出掛けて

会えなかったとしても

後悔はしない。



会えたとしたら

その時は
そこでは
決して毒は吐かない。


これまで
抱き続けて来た憎悪を

叩きつけるような事は
絶対にしない。


穏やかに
感謝を込めて

そこに在りたい。



会えたとしたら

顔を見るのは最後だ。


人生の最後だ。


焼き付けておこう。


会えても
会えなくても

それは

私に必要な状況を
神様が
与えてくれた答えだろう。


受け入れて

私は
そこに

深い深い憎悪を

そっと捨ててこよう。







母親は居なかった。

妹には会えた。

それが
神様が私に下さった
答えだろう。




私の知る
子供だった妹は
大人の女性になっていた。


友達も
恋人も居ない

母親の
着せ替え人形のような
女性になって居た。



互いに

どんな姿形で在ろうが
どんな環境で在ろうが


顔を見て
話をしていた
僅かな時間


私の胸に溢れたのは

愛おしさと
悲しみだった。



やっと会えた妹。


それはとてもうれしい。

だけど。
とても悲しいんだ。


泣きそうな想いを
必死で反らして


僅かな時間に
少しの言葉を交わし

そこを出た時に

私は泣いた。

たまらなくて。泣いた。




一緒に行ってくれた親友が
その後
あちこち連れまわしてくれた。

うれしかった。

楽しくも過ごせた。


親友が
そこに居てくれなかったら


私の
2012年の9月25日は

私にとって
悲しみに満ちた1日と
なって居たかも知れない。



彼女が居てくれたから
その日を

こうして思い返して
言葉にする事も出来る。

親友にとても感謝して居る。






血の繋がりって難しい。


母親と妹が
家を出て行ったのは


私がまだ
10代の頃。


共に居た年月よりも

何も知らない
係わる事もない年月が
遥かに長い。



私の周りに居て下さる人達との方が
ずっと深く繋がって在る。


その人達の方が
ずっと
ずっと
私の事を知って居る。


理解を下さり
チカラをくれる。

居場所を与えて下さる。


母にも
妹にも

何もして貰っても無いのに。


妹を見れば

愛おしいと思う。



母親を思えば

どこかで
焦がれてしまうからこそ

憎悪が生まれる。



父親にだってそうだ。


父でなければ
簡単に
関係を絶てるのに

後ろめたさも
情もなく

切り離して生きられるのに


そういう訳にはいかない。




あの女が
母でなければ

あの男が
父でなければと

願った事は数えきれない。


妹の幸せを
願った事も数え切れない。







妹と会えてから

暫くは沢山泣いた。

自転車をこいでるだけでも

涙はつらつらと流れた。


なぜこんなにも泣くのか
よくわからなかった。


少しの油断で
涙はこぼれてしまう。

何をしていても

突然
溢れて
こぼれてしまう。



家でひとりになる
夜が寂しくて

よく
ギタリストさんと出掛けた。


妹と会えた
10日後位だったと思う。

10月の始めに
大好きな方のライブがあった。 


会場は
ギタリストさんの家の近くで
そこにも
彼と出掛けた。


そこには
どうしても行きたかった。



その方の文字は
沢山読んで触れて居た。
だから行きたかった。



店は2階。

扉を開けて階段を上り
会場に入り

来店を驚く
その方のお顔を見たら

泣きそうになってこらえた。


その日のライブチャージは
その方がプレゼントして下さった。


デュオで活動されている
その方は
その日も
素晴らしいステージを魅せて下さった。

キラキラと輝いて見えた。



ライブの後

他にも
お客さまが会場に居られるのに

帰る私を
駅まで見送って下さった。


私のブログも
読んで下さって居るその方は
現状をご存知で居られ

とても気に掛けて下さって居た。

大丈夫かと
心配して下さっていた。



私が


「 これも
  いつか歌になるから大丈夫です。 」

と言うと


その方は
私の目を力強く見て 

「 そうだね。 」って

熱い声で言って下さった。


この時の
優しさとお気遣い

そして
お顔と
頂いた言葉を

私はきっと忘れない。





月下陽香は


この少し前から
やっと
裏側も穏やかになり始めて居た。


私の
ライブの度にしていた
やけ酒もなくなった。


歌の活動に傷んで
切りたくなる事が
無くなっていった。


歌の活動の
裏側で起きる出来事に

生き詰まり


自傷する事が

無くなっていった。



父宅で繰り返した
親の人生のゴミの処理も

ようやく
一応の終わりを迎えた。



妹にも会えた。



私は


頻繁に

この腕を

切る事も
焼く事も


しなくなっていった。


しなくても
居られるように
変わり始めた。



切りたいと思う事は在った

焼きたいと思う事も在った。


でも
実行までに至らなくても
在れるようになり始めた。



それはなぜだろうか。



きっと

もうすぐ 

きっと

近い未来に



私は


自分なりの
その答えを


ここに書けると感じて居る。




続きはまた。






今日
ギタリストさんが送ってくれた写メールは
とても可愛かった。



先日のお誕生日に

彼に
お財布と
フリースの上着をプレゼントした。


彼は
数年前から
私が作った
がま口財布を
使ってくれてるんだけど。


去年のお誕生日に
プレゼントした物は
かなり汚れて来たし

新しい物をって思って。


けど

さすがに
今年は

本当に時間がなくて
作れなくて。



探して買ってきた物に
刺繍だけは自分でした。



上着は
明るい色と柄を選んだ。


ユニクロだからね
有り触れてるんだけど…


彼は

日頃

黒とか
グレーとかの色味の物を
よくまとって居るから

あえて明るい色にした。



送ってくれた写真の中には

その服を着てくれている彼の姿。


とても素敵だった。

よく似合ってた。


うれしい。
とっても嬉しくなった。ク



リスマスの贈り物は
暖パンにしたんだ。

次の練習で渡そう。



いつも
単車で
うちの近くまで来てくれるからね


あったかくして貰いたい。


寒い中
走って来てくれるから


少しでも
あったかい服を着て欲しい。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。