❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷癖者に仕上げられた私と彼女の最後。(現在に向かう私・27)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





今日は

月下陽香の
ギタリストさんのお誕生日。


いつも
仲良くして下さる女性が


間に合うようにと

私達に
沢山の贈り物を送って下さった。



ぎっしりと詰め込まれた
ダンボールからは
次々と
色んな物が飛び出した。



いつもありがとう。


明日
ギタリストさんと頂きます。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「傷を重ね付けられた日々にも。」(2014.12.6)】

【「自傷に代わるものなんて在るのだろうか。」(2014.12.9)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「深い憎悪が自傷をさせるなら。」(現在に向かう私・25)(2014.12.14)】

【「自傷に繋がる憎悪を葬る為に。」(現在に向かう私・26)(2014.12.16)】




続きを書くね。





月下陽香は


現在のギタリストとの
活動を始めた。


彼以外のサポートプレイヤーを
持つ事をやめた。



彼とだけの
月下陽香が

まず
出演した遠征ライブは
これだった。




その後は大阪で
大好きな方々との
ツーマンライブ。





音楽活動は
穏やかになり始めた。


タイキさんとのステージは
楽しかった。


彼は
私に

丁寧に歌う事を
教えてくれた。



現在の
月下陽香&井上タイキよりも

このYouTubeの頃は

互いに雑だし

勢いで
突っ走ってる事も多いけど


それでも
やっと
やりたい形に近付いたように思った。






私は
母と妹に
会いに行こうと決めた。


その前夜
遅くに書いた記事はこれだった。

【「滴る夜を抱きしめ。」(2012.9.25)】


この記事の中で
私が会ったと言う
お姉様は


もう
この世には居ない。


この方と
ふたりきりで話したのは

これが最期だった。



彼女は
私に

「もっと人を沢山愛した方が良い」

と言ってくれた。


母に
妹に

会いに行く前に
この方と会えて
話せて良かったと

とても思う。

【「彼女が召された「あの世」。」(2013.12.11)】

【「召された彼女と繋いだ小指。」(2014.8.19)】




朝から出掛けた。


渡すと決めた
妹のへその緒は

入って居るケースに

まだ

父の妻であった頃の母の名と
父の名が書かれていたから


黒の油性マジックで
そこを塗り潰した。



以前
深く傷付いた事が在る。


たまらなく
痛む想いを
した事が在る。


母親に

目一杯
傷付けられた事が在る。



だから
塗り潰して消した。


そして
小さな茶封筒に入れた。

【「赤い毒に向けた牙。」(2014.8.24)】




地下鉄を乗り継ぎ
大阪から乗り換えた電車の窓からは

海が見えた。


向かう場所には
数日前に電話を掛けた。


食事だけで伺うに当たり
予約が必要かを
確かめる為にかけた。



もし
母か
妹が出たらと

ドキドキして

とても
声を作ってかけたが

対応してくれたのは
知らない人だった。

予約は不要との事。
ならば
自分が決めた日に
向かうだけだ。



途中で親友と合流した。


独りでは行けなかった。

親友に話したら
ついて来てくれた。


彼女が一緒に居てくれなかったら

店の前で
うろうろと
迷う事になって居ただろう。




この日の出来事は

当時
この記事に記して居る。

【「顔。」(2012.10.1)】



当時の感情を
ひとつづつ思い出して

再び
ここに書く事は

あまりしたくない気持ちが在る。


だから

改めて
詳しくは
今日は書かないから


当時の私の思考を
知ろうと思って下さる方は

是非
クリックしてお読みください。




店に入ると
従業員が
部屋に案内をしてくれた。


辺りを見渡したが

母らしき人も
妹らしき人も

見当たらなかった。


会いに来たはずなのに

ほっとした。


静かな個室で
料理を頼み
私はビールも注文した。


素面では
居られない気分だった。


料理を待つ間も
食事中も
全く落ち着かなかった。


居心地が悪かった。

その店のせいではなくて

私の
気持ちの問題。


来てはいけない所に
来てしまったような
罪悪感が

沸々と胸に沸いた。




食事を終え
会計の時

レジに居た従業員に
茶封筒に入れた
へその緒を渡した。


「○○さん(妹の名)にお渡し頂けますか」

と言ったら

名を聞かれたから
自分の苗字を答えた。


そうしたら
従業員は
奥に入り
誰かに声を掛けた。



女性が出て来た。

妹だった。


わからなかった。


だって
子供の頃の彼女しか
私は知らないから。


ぱっと見ても
わからなかった。


きっと
妹だよなって

思いながらも


どこか疑いながら

探るように
言葉を交わし


じっと見つめた顔の
横顔が見れた時に

確信をした。


妹だって。



ぽっちゃりした子供だった妹は
大人の女性になって居た。

30代。


互いに
30代を生きる頃になって
やっと再会をした。



妹は私に

「いくつになったのか」と聞いた。


そうか。

それすら
もう
覚えてないんだ。


私が歳を答えると
驚いた顔で私に言った。


「若いね」って。


私から見た妹は
とても老けて居た。



親友も挟んで
少し話をした。


上手く言葉が出てこない。


いろいろ聞きたいのにね。


何を言えば良いのか

わからない。



妹は
父の事も
私に少し聞いた。

「○○さんはお元気?」って。


「お父さん」じゃなくて
名前で聞いた。


妹が
「お父さん」と呼ぶ人は

私の元上司。


当たり前なのに
変な気持ちだった。





両親の離婚。


母の

束縛と
抑圧から


逃れたかった私は

父と共に居る事を選んだ。


私は
ついてこないと思った母は
妹を連れて行った。



私は

自由にはなれたけれど


植え付けられた
意識や思考は
変わらずに在り続け


自傷と
摂食障害に

どっぷりつかり


自分を
汚す為に

裏側に飛び込み

父の世話に疲れ

金に困り

働き尽くめて
生きて来た。



それまで
私に向けられていた

束縛と抑圧は

母が連れて行った
妹に
向けられる事となり


妹も

摂食障害者となった。


受話器越しに
泣いて訴えた
彼女の声は

今でも耳に残って居る。

【「「飼い殺しの自傷」と「逃亡の自傷」同じ血が流れて。」(2013.9.24)】





それでも

逃げ出さずに
母のそばに在り続けた彼女は


金に困る事も

仕事に困る事もなく

整った環境で
守られて生きて来た。


籠の鳥のお嬢様だ。


体を張って稼ぐような泥沼も
彼女には無かっただろう。


しかし

彼女には

恋人も
友達も

出来なかった。







2012年の9月25日。


私は

母と
妹が居るかも知れない場所に
出掛けた。


妹には会えた。


母親には会えなかった。



妹と少し話した後


もう来ないよって
言ってきた。


最後のつもりで居たし

それで良いと決
めて行ったから。



母親には
もう会う事も無いだろう。


もし

連絡がとれて


いつか
母が死んだ事を
教えて貰えたとしても

私は
葬儀に行く事も無い。


墓に参る事も無いのだろう。

それで良いんだ。




この日。

私は

そこに

自分なりに

それまでの
「憎悪」を
捨てて来たつもりだ。



私の人生は私のものだ。


母親がどうであろうが

父親がどんなであろうが

私は私だ。



私を形成する者は
私でなくてはいけない。


他の誰かの
言いなりになんてならない。


自己の責任は
自力で受けて立つんだ。


他の誰かに

これ以上

イキザマを
殺されてたまるか。







私は

今でも母親が嫌いだ。

父親も好きでは無い。



妹は好きだ。


彼女の事は
もう
何もわからないけれど


どうか

しあわせに
生きて在って欲しい。





可愛かったんだよ。


私が
幼稚園の頃はね

園で出されるおやつを
食べるフリだけして

いつも
ポケットに入れて
持って帰って来た。


妹にあげたくて。



ある日のおやつが
おはぎだったのね。


どうやってポケットに入れようか
悩んだ私は

ハンカチに
おはぎを包んで入れる事にした。



その日は

珍しく
父の車で
母が園にお迎えに来た。


早く妹に会いたくて
私は先に車に乗った。


そして
ポケットのハンカチを取り出して
包みを開けた。



餡子が
ぐちゃぐちゃに
ハンカチにくっついて

食べれる状態では
もう無かった。


悲しかった。

とても悲しかった。



そうしたら…

担任の先生と話してた母が
何か持って
車に戻って来た。


小さなパックには

おはぎが
ふたつ入ってた。



先生が
見てたんだって。


毎日毎日
おやつを
ポケットに入れる私を。

見てたんだって。


だから

妹と
私の分を

置いといてくれて


持たせてくれたのね。


うれしかった。


すごくすごくうれしくて。

妹と食べた。


小さな頃はね。
仲良しだったんだよ。









この頃からだった。

私は
この腕を
傷付ける事をしなくなった。



続きはまた。










風が冷たい。

とっても寒い。


今年もあと2週間。

もうすぐお正月だね。


まだ
年賀状の準備も出来て居ない。


あと少しの今年。


追われて過ぎてゆきそうだ。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: