❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷に繋がる憎悪を葬る為に。(現在に向かう私・26)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





今朝
バイトに行く前に気が付いた。



ポストの中

ギタリストさんからの
カードが届いて居た。




寒い中
届けてくれてたんだろうね。



気付かずに
一夜を外で過ごした封筒は
冷え切って居た。


出勤前だから
玄関に入れただけで出掛けて


帰宅後にご対面。



毎年
彼は
素敵なカードを届けてくれる。





可愛いのを
買ってきただけじゃなくて

必ず手を加えて


世界で
ただひとつの

彼から
私の為に生み出されたカードに
姿を変えて

届けてくれる。





今年も
あちこちに居たよ。


緑のギターを抱えたおサルさん

バイオリンを弾いてるクマさん


カメさんも
ネコちゃんも
ヒヨコちゃんも

ペンギンの親子も。



うれしいなぁ☆彡

たまらんなぁ。。


彼に頂いた物だけは
あの世に逝く時に
この体と共に
焼いて欲しい。


それだけは
あの世に持って逝きたい。



私の中の
インナーチャイルドを

抱き締めてくれる
宝物だから。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。




時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「傷を重ね付けられた日々にも。」(2014.12.6)】

【「自傷に代わるものなんて在るのだろうか。」(2014.12.9)】




過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「キズグチを増やす己の選択。」(現在に向かう私・23)(2014.12.12)】

【「悲しみの証は干からびた肉の欠片。」(現在に向かう私・24)(2014.12.13)】

【「深い憎悪が自傷をさせるなら。」(現在に向かう私・25)(2014.12.14)】



続きを書くね。






どこで暮らして居るのかもわからない
母親に

私は手紙を書いた。




半年以上
掃除の為に
コツコツと通い続けた
父の暮らす家。


そこには
母親が置いて行ったゴミが
20数年放置されており

酷いゴミ屋敷と化して居た。



心身共に
磨り減らし

時間を注ぎ
労力を果たし
金銭も使い


親が放置した
親の人生のゴミを

ただただ片付ける日々。


溢れるゴミ
ひとつひとつが

私の心を
深くえぐる。



思い出すのは

幼い頃からの

抑圧
束縛。


叩き込まれた
教育の真ん中には
いつも

「我慢しなさい。」

という言葉が在り


「自分で稼げない内から意見を言うな」

という言葉が在り。



ずっと
飲み込み続けて来た
母親の矛盾を

20数年もの年月が過ぎて

改めて
手に取り
確認をしながら


私の自傷は増し


もう
どうしても
飲み込めなくなった憎悪を

この胸中に吐き出し

その嘔吐物に
溺れながら


止まりそうな息を
繋ぐ為に


私は
想いを書き殴った。



長い長い手紙。


便箋は数十枚にもなり

詰め込んだ
A4の茶封筒は
張り裂けそうな程に膨らんだ。



自分の
名も
住所も書かずに

母の家族が
居るかもしれない場所へ
それを送った。




父宅のゴミを処分しながら

見付けたのは

私と
妹の
へその緒。


それだけは
大阪に持ち帰った。

捨ててはいけない気がしたから。


暫くは
ただ眺めて過ごして居たものの


ついに
心の糸はブチ切れて


長い
長い手紙を
書き
投函し


これから


この
へその緒を

どうしようか悩んで居た。




妹の物は
彼女に渡してあげた方が
良いように思えた。


それでも
それはとても難しい事だった。


不可能に思えた時


私の耳に届いたのは
妹が
暫く働いて居るだろう
場所だった。



母親の男は
私の元上司に当たる。


遥か昔同じ職場でお世話になった先輩から
随分と久し振りに連絡を頂き
色々と話す中で

上司が何をしているのか
噂話の範囲ではあるが
聞く事が出来た。


ある割烹旅館のような所に
期間限定で
手伝いに来て居るようだとの事。


でも
それは
決して確実では無い。



このタイミングで
そんな話が聞こえて来たと言う事は

やはり
妹のへその緒は
妹の元へ届けるべきだと

何かが
導いているように思えた。



私は
そこへ行ってみようかと考え始めた。


会えるかどうかなんてわからない。

行っても
追い払われるかも知れない。

そこに居ないかも知れない。


でも。


行動を起こさなければ

もう
一生

こんな事は
無いようにも思えた。


とても悩んだ。







月下陽香は

やっと
少し穏やかに
活動が出来るようになり始めた。


他県への遠征の後は
大阪で
当時良く訪れて居たバーで


自分の企画ライブでも
必ずご出演を頂いて居る
大好きな方々とご一緒頂き
ツーマンライブを開催した。




このツーマンライブを
共に立ち上げた方々とは

この少し前

ギタリストの
タイキさんと出演したライブで

ご一緒した事で知り合えた。


とても
素晴らしいステージをされる
男性3人で

直ぐに声を掛けて
イベントの出演を
お願いした位だった。



その日のステージの後
月下陽香に
声を掛けて下さった方々が居られた。

女性と男性の
デュオで活動されておられるお2人で


この日
ご一緒出来た事で知り合えた
3人の方々のお知り合いでもあった。



以来
私は
このお2人のブログの読者となった。


そこには

一見では見抜けないだろう
それでも
似ているから感じてしまう

どうしても
引っ掛かる痛みが
私には感じられて

だからこそ
歌が聴きたくなり

ライブにお伺いするようにもなった。




今思えば

この日の出会いは
とても運命的だった。



今年も開催出来た
「こぼれそうな夜」の出演者全員が

初めて

同じ場所に
揃い

同じ時間を過ごした日だった。


この日が無ければ 

「こぼれそうな夜」の開催は
生まれなかっただろう。


この日が在ったから
開催が出来た
「こぼれそうな夜」に


私は
いつも思う事が在る。


このイベントの出演者は

痛む想いを知って居て


それぞれに
決してかぶりはしない個性の
3組の出演の中で

歌う者達は

どこかで
似た痛みを
経験しているのではないだろうか。






さぁ。

話がややこしくなっているが。。

そう。

今書いて居る過程は
数年前に
ツーマンライブを開催した時の
月下陽香である。



このツーマンライブの夜。


この日も

初めて
3組が出会った時と似た
現象が起きて居た。


私は

ライブの帰りに
ポストに入れようと
ある方への
手紙を持って来ていた。

手紙は
直接お渡しする事が出来た。


いつも写真を写して下さる方も
この日もご来店下さり


今では
その日
そこに居た多くの人達が
繋がれて在る。

【「育てた痛みが強さとなるよう。」(2012.9.3)】

【「キズグチに植え付け育てたやり方で。」(2012.9.5)】

【「偏在で悪いか。」(2012.9.10)】

【「月が太陽に焦がれる理由。」(2012.9.19)】



やっと
安心して楽しめるようになり始めた
月下陽香。


決して
まだ楽ではなかったが
少しは楽になった。

負担は

今までの
音楽活動のいつよりも

軽減された。





会えるかどうかわからなくても

妹と
母親が居るかも知れない場所に
行く事を悩みながら

しばらく揺れて居た想い。


悩んで悩んで。


私は行こうと決めた。


もし
そこで

母親に会えたなら

もう憎しみを吐かない。


もし
妹に会えたら
幸せな顔をしたい。


会えなければ
会うべきでないと
神様がおっしゃっておられるのだろう。


もし会えたなら

この世で生きて在る内の

最後に
その顔をちゃんと見ておきたい。

最後に。


見て
自分の気持ちが
何を感じるのか

知っておきたい。



ずっと
長い年月。


恨んで
憎んで
生きて来た。



憎悪を抱えたまま
生きる事が

どんなに苦しいか

もう十分に知って居る。


自傷が
憎悪に呼ばれる事も

知って居る。




会えても
会えなくても


私の人生を
狂わせた憎悪を

ひとつ


そこに
捨てにゆきたい。



そこに
葬るつもりでゆきたい。



続きはまた。









2013年の
七夕から書き始めた

過程を綴る記事。


摂食障害と
自傷を

覚え始めた頃から


やっと
しなくても在れる私に
なり始めた

現在までの

30年程の人生を


順番に書き続けて来た。



やっと
2年程前の私を
記す所まで
記事は辿り着いて在る。


当時の記事にも
飛べるように

リンクさせたりも
するようにして居るが


それも
きちんと読んだ人達から
頂くメッセージのいくつかには

同じような内容が在る。



文章の書き方が
とても変わったねって。

言って頂く。


自分でも思う。


幼い独り言では
無くなってきたように思う。


目的や
対象が

当時とは変わった事は
勿論在るが


書き続ける事で


私なりの
表現が作り上げられたり


それまでに使って居た
言葉の間違いに気付いたり


繰り返して
居るからだと思う。




継続はチカラ。


コツコツと

続ける事で
退化する事は

きっとない。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: