❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

深い憎悪が自傷をさせるなら。(現在に向かう私・25)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





我が家に来て
3年程になるだろうか。



環境の変化に
弱い事も知らずに

頂いて
直ぐに植え替えをしてしまったら


どっさり蓄えて居た
花も蕾も
いっぺんに落とし


1輪しか
咲いてくれなかった。



昨年は
植え替えをせずに
見守っていたら


再び
多くの蕾は蓄えてくれたものの


結局

1輪
咲かせただけで

全てを落としてしまった。




今年は
ベランダに連れて来た。

植え替えもした。


どうなるかと
気になっていたが


少し前から
沢山の蕾を
着飾り始めて。

色付いて来てる。


今年は

咲き誇る姿を
魅せてくれるかな…






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「傷を重ね付けられた日々にも。」(2014.12.6)】

【「自傷に代わるものなんて在るのだろうか。」(2014.12.9)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「キズグチを増やす己の選択。」(現在に向かう私・23)(2014.12.12)】

【「悲しみの証は干からびた肉の欠片。」(現在に向かう私・24)(2014.12.13)】




続きを書こう。




父の暮らす一軒家に
20年を越える年月
放置されたゴミの山。


全ては

私を
この世に作り出した両親が


生きた過程で
生み出した物。


親の
人生のゴミの

処分を始めて

月日はもう
半年以上が過ぎて居た。




そこで
見付けたのは

「へその緒」だった。


私が

あの憎い女と

女の体内で
繋がれて居た証。


そんな物

1円の価値も無い

干乾びた
肉の欠片でしかない。


それなのに。

私は
それを捨てられなかった。



捨てては
いけないような気が
とてもして

捨てられなかった。


小さな箱は
ふたつ在った。


ひとつは
妹の物だった。


私は
そのどちらもを

大切に
大阪に持って帰って来た。


どこか

妹の骨でも
わけて貰ったような

気持ちでも在った。




暫くは
箱を眺めて過ごした。



怒りが吹き出した。

悲しみが
プツリと
千切れたように感じた。


もう止められなくなった。


吹き溜まりに
溜め込まれたものが

一瞬の逆風に
全てさらわれて
広く飛び散らかるようだった。



何か月もの時間を注ぎ

心身共に
ボロボロに傷付きながら


続けた
親のゴミの処理。




それは
余りにも惨めで

情けなく

自分の体には
同じ血が流れて在ると思うと

吐き気がし


「死にたい」と

「消えたい」と

繰り返し思い


食い止めるためには

この腕を
切り
焼き


自傷を重ね。



でも

私が
そんな想いで苦しみながら
掃除を続けて居る事を

あの女は知らない。


あいつのゴミを
片付けさせられているのに


私が
こんなに傷んで在る事を

あいつは知らない。




私は


10枚を軽く超えてしまう枚数の
便箋に
想いを書き殴った。


これまで言えなかった事

言いたくてたまらなかった事

恨み
辛み
憎しみ

母親への不満を


思い付く限り

思い出せる限り

そこに
書き出し尽くした。



A4サイズの茶封筒に押し込めば

パンパンに
膨れ上がる程の枚数


泣きながら
したためた文字は


溢れ

とうとう
吹き出してしまった


娘の痛み。




母がどこに居るのか
私にはわからない。


それでも
母方の祖母の住所は知って居る。


私が
まだ小学生の頃に
建て替えた一軒家だったから

余程の事がなければ
まだ
そこに暮らして居るだろう。


そこに
まだ
祖母が生きて暮らして居れば

この手紙は

いつか
母の手に渡るかも知れない。



茶封筒に封印をした。

祖母の住所を書いた。


差出人に
自分の
住所も名も
書かなかった。



もし
そこに誰も居なくても


痛みを吐きだし

書き殴り
閉じ込めた封筒が


私のもとへと
戻って来る事が無いように。




「さようなら」

何度も言い聞かせた。
この胸に言い聞かせた。


「サヨウナラ」


憎しみよ
さようなら。





人を憎んで生きる事は
とても苦しい。


憎悪を抱いたままで
生き続ける事は

とても苦しいんだ。


人を恨む程に
己を責める。


己を責める苦痛に

向ける憎悪は増す。



幼い頃から

ずっとずっと
言いたかった気持ち。

母親への不満。

恨み続けた本音。



全ては
書き出して
送り出した。


飲み込んだ物を

一気に
嘔吐するように


吐き出したんだ。


もう
この体に

それらは残って居ないはずだよ。

ね。


サヨナラ。

サヨナラ。








月下陽香は
約2ヶ月の休息の後

現在のギタリストと
ライブ活動を続けた。


ギタリストが
彼だけになって


初めてのライブは
隣の県まで遠征をした。


懐かしい土地だった。


大阪からも
駆け付けて下さる方々が居られて
有難かった。



久し振りに
お会い出来る方々もいらっしゃった。

何年も
会えて居なかった人達なのに

不思議だ。


自然に話せてしまう。


昔よりも話せてしまう。


互いに
シワもシミも増えて


母になっていたり

責任ある地位に立って居たり


過ぎた年月に
選んだ過程が
それぞれにあり


現在の互いで
とても自然に話が出来た。



楽しい遠征だった。


ステージの上に
立てる喜びを
少し思い出した。



もう
必要以上の我慢を
し続けなければ
立てないステージは

したくないと

心底感じ


その為には
どうするべきかを考え始めた。


それは

今でも
考えて居るけれど


最近は
少しだけわかってきたように思う。




月下陽香の裏側から
苦痛が減り始めた。


幼い頃から
抱いて来た苦痛は

書き放って捨てた。



心は
やっと少し
静かになった。



嵐が過ぎ去った
跡のように。


あちこちに
色々な物が散らばって

色々と壊れて居たり

傾いて居たり

しているままなのだけれど


それでも
辺りは
とても静かに
治まったような

そんな感じがしてた。



続きはまた。










今年もあと半月。


家の中

仕事の環境

自分の心

傷めた体

歌の活動


人間関係


色々なものの
整理を続けてる。


新しい年には

動きだせるように


片付けて居る。



沢山沢山
痛んだ今年。


沢山沢山
失くした今年。



まだ
熟れたままの痛みも
多く在れど


とりあえず
全て
受け入れては在れているから


あとは

それぞれに
見合う
時間や順番で

整理してゆくしかない。



自分の中の痛みは
自分にしかわからない。


自分のキズグチは
自分でしか癒せない。


誰かのせいにしても

何かに依存しても


何も変わらない。


出口なんてない。



今日も
コツコツと

向き合って生きる。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: