❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

痛みの行き先に生まれる傷み。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



カレンダーを改めて見て気付く。


あ・・・そうか・・。


3月も終わってしまうんだ…。




心には

あらゆる痛みが犇めいて 


問い詰める自分を

閉じ込めてしまおうとしてる。




この3日は 

1日に
やっと1食食べるような状態だった。


心も身体も
そうしながらやっと繋いで居た。



大事な相棒さんもダウンしてるけど 

何もしてもあげられなくて 
悔しさも覚える。



こんなになってまでも 
飲み込んで我慢してきた私に対して 

相変わらず

都合よく振り回す奴らには 
許さない感情も育つ。




心の
真ん中の支えを失った

私の心は 


真っ黒で

静かな

空虚の中で 


消えるのを待ってる。






昨年の8月。


胃癌で
胃の全摘をした父は

今 
抗がん剤治療中だ。



年明けに一度
顔を見に行った。



かなり無理をして 
何とか会いに行った。



それ以来は
行けなかった。


どんなに無理をしても 
私には
もう
隣の県まで行く事も厳し過ぎた。



数日前に
やっと少しだけ行ってこれた。



父宅に着いた時 

父もどこかに行って居たようで 
ちょうど家の前に居た。



その顔が怖かった。



怒って居るのではなくて 
そのやつれた様子が怖すぎた。



目の回りは真っ黒。

顔色もどす黒くて。


また痩せてガリガリで。

風が吹けば
そのまま倒れそうだった。




それでも
車で出掛けていたらしく 

沢山の買い物袋を持って居た。


家に入れば
次々と 

買い物してきた物を私に渡す。


持って帰れと。




私は
父から1円も貰わない。

父が病気をしてからは
全て拒否してる。



それまでは 
何か頼まれた際に掛かる費用位は
貰う事もあったが 


今は全てにおいて貰って居ない。



私は
父の生活の面倒の全ては背負えない。

それは拒否をした。

父に 
昨年の術後に
それは伝えて居る。


だから
たとえ1円でも貰わない。




何も受け取らない娘に 
久し振りに来てくれる娘に 

父なりに
何かしたかったんだろうね。




でも・・。

食べられないよ。
そんなに。


果物やジャムやお菓子。


私が食べられない物いっぱい。


父は
そんなの知らないし 

持たせてやりたかったんだろう。



だから
全部持って帰って来た。



そしたら

心がいっぱいになって 



今日までの3日間 


日に
1食を
やっと食べるような状態になってしまった。





身体にでも

心にでも 


何かしら

疾患や
障害が起こる時に 



それでも

なんだかんだ言っても 

食に対する欲は盛んで 
食べられる人は
強い。



色々と言いながらでも

大して痩せる事も無く

維持できる程に
口から食べて居る人は

強い。


結局は
心の底が太い。

そう感じる。




だから

そうなれる人は

人から上手に得ながら
得な選択をしながら
弱みを訴えて
生き延びてゆく。


人から得ながら生き延びてゆく。


でも
それが出来ないと 

失って消えてゆく。


そんな風に

また思った。


また思った。



「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*
スポンサーサイト

削る命に値するのか。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



昨日今日と大阪は良いお天気だった。

気温も高めで 


異常な冷性には
多少は楽に居られて 


それだけで
救われる意識が確実に在った。



手足の先に 

唸ってうずくまる程の痛みを感じる冷えを
連日で感じては
苦しむようになった最近は 


それだけで
破壊されそうな位に
悪化する症状に
泣きたい位の毎日が在る。



だか

ら少しの気温の上昇だけで 
私の生活はがらりと変わる。



でも
明日からはまた冷え込むらしい。

しかも明日は雨降りの予報。


大変だー・・・出勤。



でも。


自分でちゃんと働いて 
それにより収入を得られる事には 
いつも自分を誉めてやれる。


逃げてないと思えるから。



都合よく言い訳をして 

自分以外の人の収入だけに頼らずに 


他人の治めるお金を利用せずに 

この国に存在して在れる事は 


最低限
主張して良い資格を与えられて居ると 
私の思考は判断してる。





昨日。

お墓参りに出掛けた。


今の体調では
私一人では辿り着けない場所。

渋滞はしんどかったけど 
車の助手席で座ってそこに辿り着けた。



命日になるから 
この時期だけはいつも 
余程の事が無ければ
墓を参って来た。


もうすぐ桜が咲き始めるこの季節。



あの日 

マンションの階段で 

首を吊って死に至ったあの人は 


どれ程に
孤独だったのだろうか。



遺された者達の
悲しみや無念に 

想像を侍らせる余裕も
欠片も残らぬ程に 


追い詰めたのは 

何だったのだろうか。



少なくとも 
平均的以上に 
あらゆる面で恵まれてはいたはずなのに。



でも。

今となれば 

その自死にも 
救われる現状さえある事にも 
納得を覚える。



人は

変わりゆく環境の中で 


やはり
自分の立ち位置は
とても重要であると思う。






基本的に
木曜日は練習日だった
月下陽香の

この何年か。


何年も何年も 
私の思考では木曜日は練習日で。


様々な理由で休む日も 
看護に疲れ果てて1~2ヶ月休んだ時も 

その意識は消えなかった。


良くも悪くも追い詰める意識だった。


それがなくなったこの1ヶ月と少し。


「練習しなければいけない」と言う思考からは
解き放たれた。


それにより得る身体への負担の減少は
確実に大きい。



それでも
日々辛いのだけれど。


毎週寝込む苦痛だけは
間違いなく減って居る。



けど。

心は寂しいと思う事が在る。

相棒さんと会う回数は当たり前に減った。


会える事は有難いのに
とても辛くて 
沢山自分を責めながら 
体調に苦しんで 

もう駄目だと
毎日痛んで居た数年は 


言葉には出し尽くせない程に 

辛くて辛くて壊れそうで 

それこそ死にそうだったのに。



無くなると 
ほっとするくせに
寂しいとも思う。


誰に会えないよりも
寂しい気がする。

勝手だね。


だけど 
良くわかる。

やっぱり相棒さんは特別な人なんだって。




本気で心底傷付いて 
もう駄目だと思った事が
一度だけ在る。


私にとっては 


私の全てを否定されたように感じて 

ボロボロになった事もね 

一度だけ在った。


それでも 
それも一緒に越えてくれた。



これまでに

音楽で私と関わって
私を傷付けた人達は 

みんな逃げた。



自分だけを守って 

自分の都合良く 
私の傷痕を無視して 
みんな逃げた。


だけど彼だけは違った。
最後まで沿うてくれた。




私は

月下陽香として生きた年月の最期を 
彼と過ごして在れる事に 
本当に本当に感謝してる。



もう少し。

あと一度でも。


彼と立てるステージが在ればいいのにと
思う気持ちは
まだこの胸に在る。


そこに向かうに当たり

命を削る覚悟が
持てるかどうかはわからない。


自力で起こせるかどうかは
もうわからない。



会場を予約して 
出演者様をお願いして決めて 
開催するチカラが 
どこに残ってるのか。


見当たらなくて 

結局は
次はないのかと

頭も心も抱えて立ち止まる。




今はまだ
考えないで居よう。

そう何度も自分に言う。


でも
もう少ししか時間が無いと思うと 

焦る想いも日々在り続けて 

少し先の自分の選択に痛む。






私は


副業で
ある会社に勤務している。

そこでは
処方箋を日々100数十枚扱う。


先日手に取った処方箋に 
あっ・・・と思った。


患者さまの生年月日。

○○年3月15日。


その日は15日だった。
3月の15日。




今頃どこで生きてるんだろう・・・。


もう他人でしかない 
どこに居るのかもわからない 
妹と同じ生年月日だった。



そっか・・。
妹ももう40になるんだ。

そりゃ私も40代を生き始めてるからね。
当たり前なんだけどね。


妹に 
長い年月の果てに
一度だけ会えた時の事は 


そういえば
ここに書いて居たね。


ここに載せてる写真の私が 
今見ると若いわ・・(笑)

【「顔。」(2012.10.1)】






月日は流れてく。


日々
自分で感じる以上の速度で
時間は過ぎゆき朽ちて逝く。



日々感じる。


この身体の持病の進行を日々感じる。


出来るならば
あと一度と願うけれど。


もし。もし。もし。


滅茶苦茶な無理をして
それを実現できたとしても 


それは
本当の最後でしかないだろうし 


そこまで自力で行ける自信が無い。


それもまた悲しい。




これまで
私は 

こんなにも命を注いで 



何をして来たの?





「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: