❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

赤い毒。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



9月も終わってしまう。



相変わらず

境界線上を
綱渡りして居なければ

在れないような生き方で


時間だけが過ぎ行きて 



少しの油断で
悲しみが吹き出してしまうから 


隙を与えまいとして
更に追われている。




通勤路には

曼珠沙華。


少し前から

あちこちで
咲き始めたと思ったら 


この数日は
枯れ逝く姿を晒して居る。




今月の中頃 
高知に出掛けた時に 
今年初めての曼珠沙華を見た。






幼い頃 

母は言って居た。



「毒が在るから触ったら駄目だよ」

って。



真っ赤な色味は
余りにも魅力的で 


その
繊細な姿は 

ときめく程に美しくて 


ひょろりと伸びた茎の先で

四方に伸びる
細い赤は 


誘惑さえ
感じさせていたのに 



私は

触れなかった。




過去を振り返れば 


数え切れない愚行に 
この身体を
汚してきたくせに 


私は 


母との約束は
守り続けた。




根は真面目なのだ。

馬鹿みたいに真面目で 

我慢し過ぎて
頑張り過ぎて 

壊れてしまう繰り返し。



誰も

私の想いには気付かないままに 


私は
我慢を背負い過ぎて 

人が苦手になってゆく。




まだ

子供の頃 


母は
私の上司の女となり 
妹と消えた。



父の居ない夜 

玄関で 

母は
私の手の平に

家の鍵を渡した。


もう帰らない

と言う決意を
示したのだろう。



私に言った。


「誰にも言ったら駄目だよ」



私が
真面目に
要求に沿う事を

母は知って居たのだろう。




「駄目だよ」

って。


この時も言った。




とてもとても静かな夜。


玄関を出て 


家の門前まで
一緒に行った。


両手に
大きな鞄を持ち
歩いてく母は

振り返らなかった。




コツコツコツコツ・・・


家の前を少し行けば
曲がり角。


姿が消えても
足音は消えなかった。


一瞬も立ち止まる事無く 


定期的に刻まれる
ヒールの音は

だんだんと

小さくなって消えた。




空は深い黒。


月が眩しくかった。




月だけが

見てたんだ。


あの夜の出来事。




その頃を想い 


生み出した楽曲が在る。







「 毒華 」

作詞・作曲/月下陽香


赤い毒を吐き出し
曼珠沙華が咲いた
滴る夜を抱き締め
曼珠沙華は咲いた

 蓮華畑
 埋もれる笑顔
 高い高いで
 届くお日様
 その手の先に
 繋がれるもの
 青いお空と花飾り

赤い嘘を晒して
曼珠沙華が泣いた
刻まれた就縛に
曼珠沙華は泣いた

 渡された鍵
 消えた足音
 ふたりの秘密
 見届けた月
 その指先が
 置いてゆくもの
 要らなくなった食べ残し

赤い涙流して
曼珠沙華か呼んだ
我が身を裂かれ焦がれて
曼珠沙華は呼んだ
赤い涙失くして
曼珠沙華が涸れた
細い首をはねられ
曼珠沙華は涸れた
崩れ落ちるように
干かれ涸らびてゆく
お別れの瞬間(とき)だね
曼珠沙華は枯れた。







もう

随分と

歌って居ない。



だから

やっと立てる次のステージで
歌ってみようかと
考えてみた。

一生懸命考えてみた。


でも
出来そうに無い気がする。




心から慕って居た人に 
在る時にされた出来事が 
どうしても
思い出されてしまう。



私は
まだ
その痛みを
忘れられて居なくて 

まだ苦しんで居て 


特に

この季節には 


この歌への想いは
強まってしまうから 


その分も
痛みは加速されてしまって 


歌う事が辛くなる。





「毒華」。


「毒華」・・・。




これは
この世にたったひとつの
大切な楽曲で。


沢山の痛みを
食べて食べて
生み出した
言の葉で。



だから
まだ傷んでしまう。



赤い毒。








「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】












赤は

私の好きな色のひとつだ。


濃い赤はとても好きだ。



他にも
好きな色は在る。


紫色や桃色や白。




大嫌いだった色が 
突然大好きになって 

それまで大好きだった
黒色を
突然に身に着けなくなった事が在った。

10年位前だった。



それまでは
ピンク色なんて
吐きそうになるほど嫌だったのに 

好んで身に着けるようになった。




私と言う人間が存在するに当たり 

目には見えないけれど 

後ろには
沢山の
何かが
誰かが
存在して居るのだろうとは 

よくぼんやりと思う。


守護霊様じゃないけど 

そう思って居る。



この

突然に好みが変わった時に 

その 
目には見えない
後ろ側も

大きく入れ替わったのではないかと
思って居る。




2年程前に
突然好きになった色が在る。


紺色。

それまですごく嫌いだった色。


紺色の洋服は
1枚も無かったのに。

突然好きになって 


以来
紺色の物が
身の周りには増えて居る。



それも 
私に言わせれば 

何かが変わったのだろうと
思って居る。





テレビで 
ある凄い方が
おっしゃって居られた。



赤は
命の色だと。



そう言えば 
赤い下着は体温が上がるとか
聞いた事があるけど…。

それも
そう言う事なのかな・・・。




赤は命の色


だから 


乳飲み子を

「赤ちゃん」と言うでしょうと。

「黒ちゃん」とは
言わないでしょうと。


だから
赤は命の色なのよと。





私は
ステージでは
赤い物を見に付ける事が多い。



もしかしたら
それは 

好きな色と言うだけでは無く 

選んで居たのかも知れない。



ステージは怖いから 

とてもとても怖いから 


その恐怖が
大きくて壊れそうな時ほど 


強さを探して 

赤を

選んで来たのかも知れない。




私が
私の中に 


私を立ち上がらせる為の




含ませるように
選ぶ赤は 


命の赤でも在ったのかと 


なんだか
思った時間だった。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年11月6日(日)

オープン18:00  スタート18:30

会場 
【大阪市東梅田 LiveBar B-flat】

 ♪tetsu企画番外編番外編

チャージ料金 ¥1500+1ドリンクオーダーお願い致します。

月下陽香&井上タイキは20:30~の出演です。 

     …よろしくお願い致します。…

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




今日。

2時間にも満たない時間 
ギタリストさんと会った。

少しの時間だけど
練習をした。


「毒華」

歌ってはみた。







★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



スポンサーサイト

キズグチに諦めを覚えさせる苦痛。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



この所
しばらく続いて居る

この

大きな恐怖は

一体何なのだろう…。



怖い。
とてもとても。

ふとした瞬間に
思考はそこに向かう。

仕事中でも食事中でも。



相変わらず
浅い眠りの合間合間に目覚めては 
胸は締め付けられる。

大事な大事なもの
が次々と失われて 

独りぼっちで 
失せて逝く恐怖に 
全身を囚われる。



言葉では言い尽くせない感情に
呪いのように
冷静の欠片までを奪われる。

結局。

体調はとても悪いと言う事なのだろう。




日々色んな事が在る。

辛い事は
嬉しい事よりも多い日も
また多くて 

萎える想いはチラチラと覗く。


それでも 

これでも。

こんな私でも 

一生懸命前を向こうと 
小さな積み重ねを
繰り返し繰り返し 


ひたすらに繰り返し 
向かってはみて居たのだけれど。




そんな想いと共に 

やっと捕まえた
小さな小さなひとつだけの想いも 

ぼきっと
折られてしまったように感じてしまった
少し前。




私を理解出来ない人には 
益々理解不能な
思考回路なのだろうけれど。


それは私には大き過ぎて。


精神的にも 
また
大きく陰を引き摺り始めてしまった。



そうか。
私が前向きになれば 
それはそれで 
否定されてしまうんだと。


ただでさえ
ずっと 
人に怯えながらでしか 
歌ってこれなかった私に 

その果てに 

年に
1度や2度しか立てなくなりながらも

そこにすがる私に 


トドメを刺されたような思考が
生まれてしまった。



日々を
少し頑張れば
当たり前に動ける人には 
馬鹿々々しい話なんだろう。


神経質で小さな話なんだろう。

到底理解はされないのだろう。



でもね。

音楽に関わる場所にも
ろくに行けなくなった私には 


僅かな報告が 
大きな救いになる事も在れば 

その言い方ひとつで 
大きな痛みとなり
刻まれる事も在る。




それは
やはり 
痛かった。



人の表現はそれぞれだし 

その中で 
時に 
言葉が足りない事が在る事もわかって居る。


その場に居た人が 

居ない人に 
そこであった事を説明する時は 

少し間違えば 
伝わる光景は
大きく変わってしまう事も在る。


それを知って居ても。


“この人に言われたら厳しいよ”って
感じてしまう事や 


“このタイミングで聞かされたら
痛手が大きいよ”って

言いたくなる事が在るんだよね。



この想いを越えなければ…

すがる想いは

また

砕け散って
引き摺って狂う。



私が

そこに描く表現を貫くには 

途轍もない勇気を 
自分自身が
意識して捕まえて居ないと
出来ない事で。


越えなければ
その自分を取り戻せない訳で。 




傷付く事に 

ひとつひとつ 

諦めを覚えさせてゆくしかないのだろう事を 

最近は考えるようにして居る。


仕方がないと 
飲み込んで

気を反らす努力も物凄くしてる。



だけど
それは
どこかでまだ 


自分につく嘘でしか無い時も在って。


本当の想いは
なかなか誤魔化せはしない。



越えなけれならないのならば 
消化しなければならない事は
わかるのだけれど。



そうしなければ
辿り着けなくなった事は

やはり悲しい。





絶対に歌おうと思う楽曲は 
ひとつだけ決めた。

あとはまだ決めて居ない。

あとは・・・。
歌いたくても歌えない楽曲も多くてね…。


えんちゃんが 
せっかく与えて下さったステージだから
向かわなきゃね。


彼女には本当に感謝いっぱいなんです。

だから 
向かえるように 
闘わなきゃね。



少し先だけど 
御迷惑でなければ 
ご予定に加えて頂けたら嬉しいです。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016年11月6日(日)

オープン18:00  スタート18:30

会場 
【大阪市東梅田 LiveBar B-flat】

♪tetsu企画番外編番外編

チャージ料金 ¥1500+1ドリンクオーダーお願い致します。

出演:
18:30- バンドですよん
19:00- リノレア
19:30- Eisaku
20:00- えんちゃん
20:30- 月下陽香&井上タイキ 
21:00- toutou

     …よろしくお願い致します。…

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇






「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】







来週は
副業がフルタイム出勤で 
本業が手付かずになるから 

今週は
副業の無い日は本業尽くめ。


でも
足腰の具合が
かなり悪くて痛くて痛くて。



少し動いては 
足をさすり 
腰を叩き 
膝を押さえて 
動作を止める。


この状態で来週を迎えたら
やばいなぁと悩んでしまう。



気持ちを上げて一生懸命笑っても 
身体の苦痛は
付き纏ってしまうからね。





先日の父のショートメールで 
食事がすすまないと聞いて居たから 
電話をしてみた。


なんて無い会話と言うのかな…

近況や食事の事などを
1時間を超えて話してみた。



私が
父と関わりを絶った
この3年近くの前まで 


ずっとずっと 
父が
当たり前に
私に投げて来た

毒も恨み辛みも 

今の所まだ無い。

人に対して吐いて居た毒も
やわらかな笑い話に変わりつつある。


家の片付けも 
少しずつ続けて居るようで 


生活をすると言う事に 
一生懸命頑張って 
その日その日を
選んで在る様子は伺えた。



胃の全摘後の食生活には
とても個人差が在る。


まだ
父の場合は
普通食に戻る所までは達しておらず 


試しながらの
やわらか食がメインで 

そこに飽きも感じながらの積み重ね。



ダンピング症候群も多く
 
上手くコツを掴めないままの訓練の日々の繰り返し。


食べたい物が食べられないし 

量も
ほんの少ししか入ってゆかない事が 
メニューを選ぶ事に
悩みを連れてくるようだ。



胃袋を全て失って
やっと1ヶ月。


胃を無くしても
代わりになる物が
次第に出来てくるとは言うが 

さすがにまだまだ
そこまでは遠い。




それでも 
こうなる前を想い起こして比べれば 

今の方が明らかに穏やかだと 
本人が自覚して居る。


周りの人達にも 
表情が良くなって明るくなったと言われたらしい。



酒にも
眠剤にも
溺れない生活。


昼夜問わず
アルコールに手を伸ばす事も無い。


朝起きて 
夜眠る生活は 

精神にも正常を連れてくる。




精神を病む時に 


その理由は
それぞれに在れど 

よく現れるパターンが在る。


私も病んで来たからわかる。



そうなる人には
昼夜逆転してしまう事がとても多い。


私は
長年夜の仕事をしていたから 
どうしても
逆転するしかなかった時代も在るが 


その仕事から離れても 

逆転したリズムを
正常に戻す為には 

何年もの年月を費やした。



朝起きる事が
とても大変で 

起きても
身体は
なかなか動き出せなかったりして。


とにかく早起きは苦手で。

夜が好きだった。

日が暮れると安心をした。

そんな時代がとても長かった。



昼夜逆転生活から 
正常なリズムに変わってゆく事は 

大した事の無いようで 


実は
とてもとても重要な事。



朝起きて
動き出せない事は
大きな問題なのだ。



まずは
朝きちんと起きて
動きださなければ
夜に眠れる訳が無い。





朝でも昼でも
アルコールに手を伸ばす。
変な昼寝と飲酒を繰り返す。

リズムが乱れた身体は 

眠れない夜に苦しみ 

精神は彷徨い 

眠剤の乱用が始まる。


父はずっとそうだった。

定年してからは
益々悪化して居た。


でも
今回の父は 
病気のおかげで 
その生活スタイルは
克服出来たのだろう。


まず飲酒が出来ない。


胃を全摘しても
少し位は飲めるようにもなるらしいが 
それは
まだずっと先の事。


3食では摂取出来ない栄養を補う為に 
完食を取り入れて 
何回にも分けて
食べる訓練をしている今 
父にアルコールは無い。


多少の睡魔が来ても
昼寝はしない。


こつこつ身体を動かして 
夜はベッドで横たわる。

次第に眠れるようになる。


夜に眠れると言うだけでも 

精神は 
少し前までよりも
明らかに穏やかに居られる。




抗がん剤については
父の判断に任せているが 
投与を選ぼうとしているようだった。


それを選べば
また
しばらくは辛い事も増えるのだけれど 


本人が
目指して決めたならば
それは正解だと思う。



生きる事を選んで 
それに沿う行動を起こそうとして居る。




目指して生きる事が
どんなに大きく
人の心を支えるか 

私は知って居る。


父は
60代の後半を生き始めて

やっと
そこに
自ら立てるようになり始めて居る。



神様が
その想いを
救って下さるよう祈って居る。





そして私は今。

それを知って居るのに 

強く欲しながらも 

それらを上手く紡げないで居る。


覚えてしまった痛みを
どう沈めて 
大切な事を想い起こせるのか 


毎日考えて居る。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: