❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛みの再発に深まる傷はどう癒やせるだろうか。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



目覚めたのは
午前3時。


いつ頃からか 

毎日が
上手く眠れない繰り返しとなって。

何度も目覚めるのも
当たり前の事で。



目覚めては
巡ってしまう思考から
必死で逃れて 


次の眠りを待つのも
もう毎日の事で。


狂いそうな夜は連日訪れる。




でも

夕べは違った。

痛みで起きた。



何とも
言葉に出来ないような痛み。


のた打ち回るような
激痛でも無く 

平常を装える程の
軽痛でも無く。



腹を押さえて
寝転がりながら 
滝のような冷汗をかき 

寒さに震え 

次第に吐き気も伴い始めて 


どこかで
冷静に考えていた。


救急に走ろうかどうか。


ならば着替えようとか 
仕事はどうなるだろうとか 

そんな事まで考えながら 


何度か吐いては 
うずくまり横たわり 

1時間少しが過ぎて 
やっと落ち着いた。




心にせよ 
身体にせよ 

痛みは孤独だ。


伝わらない痛みは孤独だ。


自分の痛みを分析出来るのは自分だけ。



誰かに言われた事を 

その時は
一生懸命に飲み込んでみても 


それで
治めたように思えるのは
周りだけで 


自分の中では
何一つ
癒えては居ない。



周りの分析に対して 

それが
どんなに
想ってくれての言動であっても 


分析は
自分で行い 

答えは
自分で探して
認めなければ 


必ず再発をする。



もっともっと
大きな痛みとなり 
再発をする。


その時には
もう取り返しがつかない。



それは

必要以上の我慢の果てに
捻じ伏せられるからだ。


意見をくれた相手へ 
気を遣って居たり 

飲み込む事しか出来なかったり 


その時は
そうする事しか出来ぬままに 

簡単に言えば 

良い子を装い
無理矢理に飲み込んでしまうなら 



傷は
必ず
再びに

熟れて痛みだし 


その痛みは
どこにも行けぬままに
居座り続けて 


自分を苦しめ続ける事になるんだ。








「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】










先日の出来事。

出勤時。



朝の駅は混み合う。


職場の最寄り駅に付き 
改札へ向かう時。

杖をついて歩く方が居られた。



ほとんどが
恐らくは
職場へと急ぐ人達で溢れる中で 


ひとり 
コツコツと 
白い杖で
少し先を確認しながら
歩を進めて行かれる。


自然と
その方の周りは空洞になる。


気付いた人達が 
声こそ掛けはしないけれど 
彼の周りを広く空けて 

その歩行の 
せめて邪魔にだけはならぬよう動く。



その光景を見ながら 

私は
その方の右斜め前を追い越して進みながら 

少し改札から反れるように 
壁際を進む姿に
心が引っ掛かる。




「声を掛けなくて良いのだろうか。」

「声を掛けるべきなのだろうか。」



・・・悩みながら行き過ぎる。



その日1日 
ずっと引っ掛かったまんま。



そんなに引き摺るなら 
一声かければ良かっただろうに。





考えてしまうんだ。


確かに 

白い杖と共に歩いて居る人が居れば 
声を掛ければ良いように思う。


何か手伝える事が在るのか 
確かめる事は悪くはない。


もしかしたら

それは
「正義」かも知れない。



でも。


考えてしまうんだ。



もし 
私が
その人だったなら…って。


果たして

声を掛けて貰いたいだろうかって。




助けて欲しいけれど 
言えないままに 
不安を抱えながら
探してる時も在るだろう。

そのタイミングなら 
掛けられる声は
救いにもなるだろう。



だけど 

誰にも
話し掛けられたくない時だって
在るのではないか。



ただでさえ

人は 

どうしても
その人を見る。

観る事も在る。



常に
そう言う状況に在りながら 


そっとしておいてほしい時だって
在るかも知れない。


本当に困った時には
自分で尋ねられますから 
そっとしといて欲しいんですって 

思ってるかも知れない。



もしかしたら 

手伝おうと思い
声を掛ける行為は 


相手には
迷惑かも知れない。



でも

相手は

 「ありがとう」と
言わなくてはならないのだろうし 


もっと気を遣う人ならば
 
支障なく
自力でこなせる事でも 
一応に 
声を掛けた者を頼る素振りを見せるしか 
選べないかも知れない。



そんな押し付けは 
ただの自己満足でしかないのではないか。



その状況で 
本来なら
中心は 

杖をついて歩く方で在ろうに 

いつの間にか
自分の満足が
中心になっているのではないか。




そういう状況に居合わせた時に 

迷いなく
声を掛けて動き出せる人は 

確かに凄いと思う。


私には出来なくて 
どこかで憧れもする。


でも。

出来ない人達が沢山居て 


その中には 
物凄く考えて考えて 

あえてしない 

出来ない人も居る。




そう言う時に 

即座に行動を起こせる人は 


そこまで考えずに動ける人なのだと思う。



そんな事
いちいち考えるよりも 


行動する事の方が正しいと 


自分の価値観を
日頃から 
確立出来て居る人なのだろうと思う。



そう言う生き方が出来る人は 

人から捧げられる想いを 

大きな我慢をしながらにでも 
受け入れるしか無いままに 
消化出来なかった痛みを再発して 

更に
熟れた深いキズグチに 

日々を揺らがされるような経験を
した事が無いのかも知れない。



そもそも 


そんな 
私のような 
歪んだ思考の回路を
持って居ないのかも知れない。





ある朝の出来事から 
色々と考えながら 


私を良く知ってくれている人に 

この日の
出来事と想いを話してみた。


その人も 

私寄りの考えを持って居た。



「迷わずに声を掛けられる人は
 それが出来る人なだけ。

 一々考えずに動く回路を
 持って居るだけ。

 考えてしまう人が悪い訳では無いけれど
 
 動ける人の方が
 生きる事は楽だろうし
 付く傷も少ないのかも知れないね。」



少し 

すとんと 

心に
落ちたように感じて 


気持ちが落ち付いた。





一々と

グチャグチャと


必要以上に考え過ぎて 


壊れてしまう
自分の思考は 


とてもとても嫌いで 



それでも
未だ
その回路を
脱ぎ捨てられぬままに 

生きて在る事もとても嫌で。





それでも 
それもひとつだと 


それでも
1人だと 


言って貰えたように

感じられたんだ。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





スポンサーサイト

失い過ぎて閉ざした心と命日の今日と。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



6月22日は 

愛おしいものの命日。


2年が過ぎたんだね。




この日を
覚えて下さって居た方が居られた。



看護と介護に
使い果たしながら 


心が
死を受け入れるまで 
注ぎ続けた日々に 

祈り続けてくれた女性。

ありがとうございます。




2年。

過ぎたんだ。



やっとかな…。


あっという間では
無かったよ。


【昨夜召された愛おしい命。(2014.6.23)】





眼鏡ケースを買って頂いた。

こんなのが欲しかったんだよね。


少し遅れた誕生日プレゼントに 
頂いた。
ありがとう。



2年前の今日から暫くの間は
猫のキャラクターのグッズも
使えない日々が在ったなぁ・・・。


今は
やっぱり気になってしまって 
自分でも
ついつい買ってしまう事も在って。




やっぱり猫が好きなのよね。


けど…

まだ 
新たに家族に迎え入れる勇気が無い。



私の
何となく描いて居た予想図では 


私は
とっくに
猫と暮らして居ると思って居たのにね。




今でも泣く時が在る。

会いたくて会いたくて。



だから
次の家族にも
出会えないと言うか 

どこかで避けてるんだろね。




もう一度


あの悲しみを
体験して
乗り越えられるのかどうか 



想い起こせば 

簡単に
覚悟なんて出来なくて 

寂しいのに
迎え入れないで居る。






「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】










誕生日と言えば 
先週。



いつも
忘れないで
お祝いして下さる方々から
頂いた贈り物たちを 


早速 

美味しく頂いたり 

使わせて頂いて居る。



置いておくよりも 


日々
使いながらに

身近に感じて居たいから。



どれも

とても有難い。


どれも
私の生活で
大活躍してくれている。




その 

頂いた贈り物たちの中で 


物凄く
感じて
考えた事が

2つ在った。



嬉しいとか
有難いとか 


どれもに感謝する想いとは

また 
少し別の回路って言うか…。

そういうのが在った。






ひとつは 
ブレスレットに添えて下さったメッセージ。


これまでも
この方には
沢山の贈り物を頂いて居る。


中でも
アクセサリーは
とても沢山頂いて居る。


どれも
細工がとても細やかで 

可愛らしい物ばかりで 


職場でも身に着ける事が多い。


職場の人達にも
誉めて頂くも多い。


男性は独りだけで
後は女性ばかりの職場だから 
そんな話題も多いのだけれど 

それがキッカケで
雑談が出来たりするのが 

人見知りな私には
また嬉しい。



そんな方からの
今年の贈り物は 

小さなハートの
ブレスレット。


そこに添えられた
メッセージを読んだ時に


「あ・・。ココロだ。」

って思った。


このハートは

「心」だって。




心は閉ざしたらいけないよって。

閉ざしてしまった心には

手を差し伸べてあげられなくなってしまうからって。



そういう事が書かれていた。





私。


心に

目一杯
鍵を掛けてるから・・・。




この2年。

そうだ。

ちょうど
この2年位は 


どんどんと 
鍵を
重ねて掛け続けてる。





何度も何度も
数え切れなく

裏切られたり 

奪われたり

して来たくせにね 



それでも 


滅茶苦茶に頑張って 

心の扉開いてみてたんだ。

それまでは。



一生懸命開けて 

時に本音も見せたりしながら 


持ってる物も 
持ってる限り 
分けても来た。


ちょっとしかない物も 

本当は
とられたくない物も 


無理してでも

渡しても来た。




そんな風にすると 


欲しい物だけ
根こそぎ奪ったら 


人なんて
あっさり消えるって 


始めから

自分の物だったような顔して 

私の存在なんて
忘れるって 


これまでの経験で


もう
十分に


わかって居たはずなのに。






結果 


失った。



奪った人たちは
誰も 
それにすら
恐らくは気付いて居ない。



まるで
全てを
自分が勝ち取ったかのように 
想い
振る舞い
日々過ごしてる。




私だけ 

深く傷付いて 
大きく失って 



自分の真ん中で 

自分を支えて居た位に
大きなものを 



使い果たして

無くしてしまった。




たとえ

一時期の
一瞬で在っても 


キラキラと輝いて見えた日々さえも 

真っ黒な
影に包まれて 
錆び付いてしまった。






だから鍵を掛けた。


掛けなくては死にそうだった。



少しの油断で 

また

自傷に呼び戻される自覚が在った。



また
信じられなくなった。



いや…


「また」では無い。



過去を振り返っても

ここまで

深い
「疑い」に

怯えて生きた感情は

無かったかも知れない。




私は
何重にも鍵を掛けた。



信じても大丈夫な人にまで 
鍵を掛けて居たのかも知れない。





小さな「心」。


小さなハートが
手首を繋ぐデザインのブレスレット。


左手首に結んで 

見つめて過ごして居ると 




自分の
心と
話せるような


気がしてくるんだ。

とてもとても
久し振りに。






そして。


もうひとつは 


相棒さんに頂いた贈り物たちの中の 

手の平サイズの親指ピアノ。



元々の飾りを剥がして 


そこに
いつも彼が描いてくれはる
クマが 
彫り込まれて 

色まで付けてくれていて 


実は
裏側には
 「2016.6.16」って

彫り込んでくれている。


この世でたったひとつ。



誰も持ってない
私だけの物。


相棒さんの愛が
いっぱいの贈り物。




指で軽く弾くと 
綺麗な音がする。

オルゴールみたいな音。


「キラキラ星」も
「カエルの合唱」も
「こぎつねこんこん」も弾ける。




もう
ずっと 

音楽が辛い。

音楽が痛い。




だけど・・・。

久し振りだった。


音が鳴る物が愛おしくて 
少し楽しくなったの。



久し振りだった。


どれだけ振りか
わからない位に。










今日の大阪は
お昼前から雨が降った。


でも

予報程は降らなくて 



少し降っては
晴れ間が見えるような
ややこしい天気だった。





2年前の今日は雨だった。


この手の中で 
愛おしい物が召されて 

雨が上がったのを覚えてる。






今どこに居るの?



お母さんは
もう
ボロボロだけど…。




一生懸命

働いて 


一生懸命

探してるよ。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。