❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのキズグチは未だ熟れて在るだろうか。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



植え付けられた

思考の回路は

簡単には変わらない。


そう作られてしまったから 

どんなに努力を重ねても
なかなか変われない。



だから

思考は
とりあえず
おいておいて 


感情に

耳を傾けてみてる。


そんな出来事が多い
2015年だった気がしてる。





何してるんだろうね。

いつも渡してばかりだ。

そう思う事が在るよ。


少ししか持ってないのに 

一生懸命分け与えてしまって 
結局損してるんじゃない?って 

結果を見つめては 


喪失感に
絞め殺されそうにもなった。



自分を犠牲にしてまで 
捧げる事を
もうやめようと思った。


その重みは
誰も理解してくれないから 


ならば

もう 

懸命に手にした 
ほんの僅かな
大切なものは 


自分の為に
繋いで在る方が良いと 

握り締めておくべきだと 

つくづく思い知った。





誰かが
私に
何かを与えてくれる時…。 


そこには
きっと
ほとんど

「無理」はない。


私が思う程 

頑張って
無理してまで

与えたりなんて
してくれてない。




余裕の部分を少しだけ 

手放しても
痛くも痒くもない部分を
少しだけ 

私にもくれただけ。



私が 
この人は違うと 
そうでは無いと 
信じて居られる人達以外は 


結局は
そんなもん
なのではないかと 


深く思ってしまう体験も
多かった事に気が付く。




余裕だけを
分け与える人になれれば 

こんなにも
大きく

多くを失いう事は無い。


きっと

ほとんどの人がそうしてるんだ。




そうして居る人は 

ちゃんと 

損をする事無く 
失う事無く 

時に
人に与えながらも 

自分にもしかっりと得て 

バランスを取って居る。



それが 
失ってまで与えてしまう人の過程も
在っての事とは思わない。


そう言う事も
思い知ったように感じてる。



それを
くみ取れる思考の無い人に
注ぐ時に 

注ぎ方を考えなければ 

根こそぎ奪われて
朽ちる事にも

なるのだろうと。




そんな出来事の繰り返しの中で 
心は荒んでゆくのだろう。


人を信じた自分を責めて 

踏みにじった者へ
抱く痛みに自分を責めて 


自ら
自爆を選ぶ事しか
出来なくなってゆくのだろう。




荒む所まで
乱れて堕ちる前に 


我慢や
無理をして
与える言動を

やめてしまえば良いのに 


どうして
いつもいつも

出来ないままで過ぎたのだろう。






我慢をする。
いつもしてる。
常にしてる。


誰と居ても必ずしてる。


特に
相手が年上となると 
更にそうしてる。

いつも必ず。



とっても
嫌だと思って居ても 

やめてくれと叫んで居ても 

納得出来ないと
怒りを感じて居ても 


まずは

飲み込んだフリをする。



その場で
はっきりと
意思表示する事が出来ない。


そうする事で
その場の雰囲気が
どうなるのかと 考えると

まず飲み込む。


私には
それしか出来ない。



が 

腹の底は

グラグラと
沸々と
煮えたぎり吹きこぼれてゆく。


痛んで乱れて 

心は
どんどんと
焼け爛れてゆく。





このままでは 
この関係がダメになると 

それだけは避けたいと 

足掻くし
もがく。


でも
耐えられなくなってゆく。

ついに心が爆破する。



爆破してしまうまで 

私が
抱え込んで居たなんて 

誰も気付いていないから 


突然に
ブチ切れたかのように受け取る。


でも
そうじゃない。


本当に
私は 


それまでの 
数ヶ月も数年も 

我慢を重ねて居た事は 


誰にも何も伝わって居なかった事に

私は気付くんだ。





どうして?


それはきっとね 


私が
「お利口さん」で居るからだ。



相手の言い分が
理解出来て居なくても
不満でも 

受け入れたように振る舞う。



相手が言って欲しいだろう言葉を
選んで答える。


だから
相手は

事態は治められたと思う。


当然だろうけれど

本当はそうでは無い。



その後も
自分なりに 

出来る限り 

相手のして欲しいだろう事を
懸命に先読みして
動こうと

努力する。


時間も体力も金銭も 

出来る限り
相手より多く注ぐために

無理をする。



そうしながら
自問を続ける。


続けて続けて 

失ってゆく。

沢山の物を失くしてく。





我慢しないやり方を 
探してゆかないと 
知ってゆかないと 


私は
全て失って
壊れて朽ちてしまうと 

とてもとても思った。



嫌な事は嫌だと 
辛いと 

それには深く傷付いて居ると 


伝えられる自分に
なってゆかなければ 


何もかもが嫌になるだろう。



心底
そこに立ち尽くした2015年。



来る年には 

そこから
少しでも

前に歩めたらと考える。








「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

下記ページに
全「かてごり。」の説明と
各「かてごり。」へのリンクをまとめて居ます。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック



こちらのカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居ます。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】









2013年の
七夕から 

丸2年を費やして
書き続けた 


摂食障害者で在り
自傷癖者で在った

過程。




今年の
月下陽香のステージは

たったの3回。


その2回目は 

過程を書き終えるほんの少し前で 


私は 

七夕には ど
んなに強引で在ろうが 
過程と現在を繋げて 

次へ進みたいと 

数ヶ月前から考えて居た。



だから 
七夕前のライブ 
今年2回目のライブは 

本音を言えば特別だった。


2013年から始めた 
晒して掲げ立つ
月下陽香劇場の 

ひとつの締めくくりだった。



体調は最悪で 
余りにもギリギリで 


それでも 
そこは大切なステージだった。


何が起きても
最後まで立つと
決めて居た。


本当に
最悪な状況に陥っても 
私には相棒が居る。



ステージの上には 
私と相棒が居る。


それで
十分に何とでも出来る。


月下陽香&井上タイキの
ライブなのだから 
それが正しい。


私達はまだ
3~4年の活動だけれど 

その意識は強く持って居る。



ボロボロで立ったステージは
特別だったけれど 


だから
更に
苦痛に満ちて

幕を閉じた。


私の中に残ったのは
大きな痛みだけになったと感じてた。



このままでは
もう
月下陽香は笑えないと 

本当に真剣に悩んでた。



誰にも伝わりはしない
深い深い痛み。



私が
今の私を支える上で 

一番大切に想う 

歌の活動は 


半年間 
ただただ
大きな苦痛で 
地獄だった。




でも
今年の半分を苦しんだ想いは 

今年のクリスマスに
ひとつ脱ぎ捨てる事が出来た。


ちゃんと出来た。


そう思う。


私は
私なりに 

苦痛に満ちた記憶を
ひとつ

塗り替えたはずだと思える。



それに至るきっかけや 
チカラを与えて下さった方々に 

深く感謝して居ます。

ありがとうございます。



今年のクリスマスには 

月下陽香としても 
うたうたい陽としても 

幸せな
時間と
出会いと 

大きな喜びと 
楽しむ気持ちを

与えて頂きました。




その日の事や想いは 
ここにも書いています。

【「キズグチを縫い合わせた夜。(クリスマスライブinライブスペース音)」(2015.12.26)】

【「キズグチの上にこの足で立つ時。(ライブinライブスペース音)」(2015.12.30)】

自分なりに 大きな痛みを消化した足跡です。





そして。

今年は
生まれて初めて 

父から離れて 
年の終わりを過ごせて居ます。



自分の生活だけを
大切に
過ごす年末。


こんなのは
本当に生まれて初めて。



この想いを 
信じてくれない人の方が 
きっと沢山居られるのでしょうけれど 


私が書き綴った 


摂食障害者で在り
自傷癖者で在った

過程を記した記事を 


大事にお読みくださった方々には 


きっとご理解を頂けると思います。



その事も
少し
先日の記事に書いておきました。

【「オマエがクタバレ。」(2015.12.28)】





今の所ですが。

私の2015年の終わりは 
穏やかです。



「穏やか」は

私が
最も強く求める感情です。






今年も

沢山の応援を 
やさしさを 

ありがとうございました。



今年も
たくさんの方々が 


この

「癒え待ちよすが-イエマチヨスガ-」

お読みくださいました。

ありがとうございます。



みなさまの今日が
穏やかで在りますように。


良いお年をお迎え下さいますように。

心から願います。





偏在な毒を吐き続ける
月下陽香
では在りますが…


どうか

来る年も
お繋がりを頂けますように 


お願いを申し上げます。







★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



スポンサーサイト

キズグチの上にこの足で立つ時。(ライブinライブスペース音)

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆





2015年も 
あと2日。


25日のライブからは 
5日が過ぎたけれど 


まだまだ
あの日頂いた想いは
リアルに私を支えて居り 


でも 


もっと
日が流れたようにも感じてしまう。



あの日のステージが無かったら…


私の今日は 
大きく失くしたまま 

未消化を抱き締めて 


苦しみ続けて居たのだろう。








「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

下記ページに
全「かてごり。」の説明と
各「かてごり。」へのリンクをまとめて居ます。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック




こちらのカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居ます。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】





前々回は 

ライブスペース音さんの
クリスマスイベントについて 

記事を書いた。


【「キズグチを縫い合わせた夜。(クリスマスライブinライブスペース音)」(2015.12.26)】


そして。

前回は
一度そこから離れて。

【「オマエがクタバレ。」(2015.12.28)】






今日はまた
改めて 

25日のイベントの事を
書いておこうと思う。



今年を振り返る記事も
したためながらだけれどね。


でも
今日の記事の中にご紹介する写真は

全て 

いつもライブ写真も写して下さる
“まささん”から頂いた
12月25日のライブの物です。



歌う私や 
月下陽香のお馴染みの小道具や 
久し振りの小道具 


楽しみながら読んで頂ければと
願います。


まささん
ありがとうございます。





今年の月下陽香は 


5月に 
約1年振りに
ステージに立つ事が出来た。


いつも気に掛けて下さる
HATTREATのユタカさんに
お声掛け頂いて 
決めた出演だった。



HATTREATさんは 
これまでにも
何度も

月下陽香を
ステージに立たせて下さった
アーティストさまだ。



だから
私も
何か在れば
彼等にといつも思う。



沢山沢山
与えて下さる方々だから 
そう思う。


そんな方々の主催イベントに
出演させて頂く事になり 

懸命に向かったステージだった。



すごく大変だった。


本当に大変だった。



身体も心も大変だった。


それでも
一生懸命向かってた。


迎えた当日は 
少しでも
穏やかに居たいのに 

そんな時に限って 
そうはゆかない。


これは初めて言うけれど…

そういう大事な瞬間に限って 
周りの
元気な大人の人達が 
ちまちまと
何かを起こしてくれる。


その処理に
精神を磨り減らし
乱される。


みんな
自分の言いたい事だけ言って 
言いっ放しだから 

辛いなぁと
心底思う。

またかぁ…って。


私は
乱れたまんまで
本番を迎えなければならなくなる。



それでも。

その日のライブは
良かったと思えた。


沢山の人達が
お顔を見せて下さって 
ご一緒下さって 

嬉しかった。

本当に有難かった。



実は
色々と起こされた

辛い出来事も 

その後
数ヶ月をかけて 
気持ちの整理をし 


心は
ちゃんと
その日を 
「良かった」と 
思えるようになった。





今年は
少しでも多くのライブをしたい。

そう強く強く願って居た。



今年2回目のライブは
翌月6月に決めた。



この頃
始めたばかりの仕事に 
身体はとても疲れて居た上に 

呼吸器の持病が悪化した。


息が吸いにくくなって 

吸えないから
吐けなくなって 

急激に歌が歌えなくなった。


大きな恐怖だった。


ここに
過程を綴る中で
書いた事が在る。


私は

嘗て
顎に複数出来た
腫瘍の除去をした結果 

何年も歌えなくなった経験が在る。


歌を諦めるしか
なかった時代が在る。



その後 

これが
本当に
「血を吐く」思いだと思った程の 

訓練と練習を重ねて 

無理矢理
歌の世界に復帰した訳だ。


これが
長くはもう続かない事も

わかった上で

そうした訳だ。



もう少し…
もう少し…


必死で願い続けて来たのに 


今度は
呼吸器の方の持病で
歌を失うのか 

考える程に
苦しくてたまらなかった。


でも
どうしてもそこに立ちたかった。





摂食障害者で在り
自傷癖者で在った私は 


その
約30年にも及ぶ 

人生のほとんどを 
それらと共存して苦しんだ年月を 


当時はまだ 
順番に
このブログに

記事として書いて居た。



自分の中で

沢山の自問を繰り返した後に 

いくつかの自答と 
願いと
想いを確認し 


私は
その活動を選んだのだけれど 

それは本当に辛いものだった。



ステージも 
それを晒すスタイルを選んだ。


過程を綴る記事が 
現在と繋がるまでは 

そこから逃げないと決めて居た。



自分の
偏在なイキザマを晒して 

それを 

読んで欲しいとか 
観て欲しいとか 

望むのであれば 


その都度の
辛い想いだけで 


フラフラと
スタイルを変えて存在するのは

軽い気がして 



もう
辛いからやめるよ

なんて 

そんな軽い言動を
起こせる人にはなりたくなかったし 



自分が

「ここまで」と
決めて辿り着くまでは 


他のやりたい事に
手を出したりしないと

決めても居た。



勿論
それは誰にも言わなかった。


それは
その時が来て 
その表現を始めた時に 

観てくれた人に届けば良い事。





私が 


摂食障害者で在り
自傷癖者で在る事を 


板の上でも
晒し始めたのは

2013年。



その年のライブでは
常に
それを掲げて闘い立ちました。



翌年は
ライブは1回しか出来ませんでした。


CDだけは
1枚制作をしました。


当時の想いが
いっぱいに詰まった
たった2曲。


それ以外はもう駄目でした。



愛おしい命を看取った事や 

精神的に
深く傷付き過ぎてしまった事 


肉体的に
酷く疲れ過ぎてしまった事。



いろんな出来事が 

月下陽香の足を
完全に止めました。





そして
1年振りのステージの後の 

次のステージ。



そこは
約2年前に
とてもとても傷の付く
嫌な想いを焼き付けた場所でした。



あの
痛む記憶を塗り変えたいと

物凄く願って向かいましたが 

体調は最悪。



携帯用の酸素まで持っての
ライブになりました。

声も酷かった。

本当に酷かった。


もう二度と歌いたくないと 
身体が悲鳴を上げました。



それでも
なんとか終えました。



会いに来て下さった方々が
見守って下さって 
やり遂げられたと思います。



でも。

とても傷付いた場所で 
リベンジを掲げて
必死で向かったのだけれど 


その日
その場所での
私の時間は 


本当の事を言えば
物凄く
辛いものになって終わりました。





やりたかった事は
ひとつも出来なかった。


歌についても 

ライブ内容についても 

共演者との交流についても 
お店との関わりについても 

やりたかった事が出来なかった。

リベンジどころでは無かった。


きっともう
ここでは歌わないのかも知れない。
歌えないかも知れない。



何よりも 
ご来店下さったお客さま
全員とのお話が
出来ないままで
サヨナラをした。

それが凄く悔しくて嫌だった。


どんな優しさも
打ち消されてしまう悔しさだった。



そこに
大きな愛が在る事は
十分に理解出来る。

でも
それは

「今」である必要は無いのに。


私には
その場で
それを飲み込む選択しかないと感じた事が 
余りにも悔し過ぎた。



ギリギリの体と心。

呼吸器の最悪な状況。

少しでも
良い環境に
座って身体も休めながら 
出来る限りの交流をしたいと思う願いは
ひとつも叶えられなかった。





それこそ命懸けなのに…。

イキザマを歌にして立つだけでも 
消費エネルギーは凄まじくて 


それを選んで居るのは
私なのだけれど 


だからこそ 

少しでも意識して 
その場での繋がりに
注ぎたい事も在る。



ライブの日の私は 

完全な
プライベートとは違う。


誰かの友達の「陽ちゃん」以上に

「月下陽香」で在る。


その為に注いで辿り着く。


それが
誰にも伝わらない気がして 

その後半年 
毎日
その痛みを引き摺った。



私が
日々
こうして書き綴る言の葉から 

人は私を感じる。


それは当たり前。



しかし 

それが私の全てでは無い。


書けない事も在れば 
書かない事も 

まだ書けない事だって在る。



命懸けの活動に関して 

それらを聞く前に
本人よりも熱くなってしまうと 

せっかくの想いも
こじれてしまう事を 


とても感じた夜だった。





そして


やっとの12月25日。




大切な友人の 
さりげなく押し付けない
優しいあたたかい連絡がきっかけで 

出演を決めたイベント。



今年1年振りにステージに立てた時に
お世話になったお店の
クリスマスイベントに
エントリーをして出演した。


相も変わらず
最悪な体調で迎えてしまったけれど 

気持ちは諦めて無かった。

向かってた。



今度こそ絶対って。


納得して終えるんだって。


でないと

もう
ライブしたくないって。



身体は辛かったけれど 
うれしかった。


この日を迎えられた事がうれしかった。


満足の出来る歌声は出なくても 

絶対に
楽しんで居たいと思って居た。




久し振りに会えたマスターや
常連さんのお顔 

変わらない優しい雰囲気 


駆け付けて下さる方々 

色々とお話出来た共演の方々。



うれしい事が
いっぱいだった。


ここは
控え室もちゃんとご用意くださるので 
辛い想いをせずに
着替えも
休憩も出来るのだけれど 


この日は
多くの着替えも無かったし 


会場で 

大事な方々みなさまと 
他の方の演奏も聴きながら 
長く一緒に過ごせたのが 


もう
うれしくてたまらなかった。



出演を決めたのも遅かったし 
年末の忙しい時期だし 
出演も30分ないし 

多くのご来店では無かったけれど 

本当に楽しかった。





今年のライブは
3回しか出来なかったけれど 


今年の活動は楽しかったと 


ちゃんと思える結果が
自分の胸の中に残せた。


それは物凄く大事。


また歌いたいって思える 
チカラになるから。

すごくすごく大事。




私の欲しいのは
そう言う事なのに…って。

なぜ?…って。


沢山泣いたし 
ボロボロになったから。



今年の最後に
それを与えて貰えて 

本当に嬉しかった。






この日 

月下陽香を
「ロックだ」と言って下さった方は

「魂を揺さぶると言った意味でロックだ」と
言って下さった。


それは
凄く
私の真ん中にチカラを下さった。



後日メールを下さった方は 

控え室でもお話が出来て。
 
すごく素敵な方なんだけどね。



「ある意味同じニオイを感じた」と
伝えて下さいました。


「お客さまの事をとても大切にされている事も伝わってきました。」って
言って下さいました。



うれしかったぁ。。


私の事を
「おそらくめちゃくちゃ真面目で、
 そして、よほど何か痛い目にあったことがある人じゃないか」って

感じたとも伝えて下さいました。



すごく有難かった。


すごくすごく。



今年
私の真ん中から
ごそっと無くなってしまった想いが在ってね 


その想いが

嘗て在った場所は
空洞になって 


そこには
苦痛が犇めいて居たのだけど。




そこに 
いくつかの種を 

また育て直せるようにと
埋め込んで頂けたような 

言の葉でした。





ライブの最後に
笑った私の顔。



美人じゃないけど 

喜びは伝わるよね。



まささん
いつもありがとうございます。





今年の仕事は今日で終わった。

明日は
陶芸の作業部屋を掃除してあげなきゃね。


今年は
交通事故に遭って以来 

土を練って 
ろくろでの成形作業は
出来ないままだった。


3ヶ月程で治るだろうと
期待して居た傷は 
4ヶ月半が過ぎても
未だ痛んだまま 


通院は来年にも続く。


どうなってゆくんだろうね…。




残業山盛りで
必死になって頑張った12月。


ライブ前日は
またしてもボロボロで。



ライブさえ乗り越えられるなら 
その後がどんなに辛くても
受け入れるからって 

だから歌わせてって 

祈っって。



ライブは終えられたけれど 
その後は最悪。

咳も鼻水も止まらないし 
寒いしだるいし 


とてもしんどい。


でも納得してる。







今年もあと2日だけ。

みなさま

良いお年をお迎え下さいね。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。