❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

鬱から嘔吐を呼ばぬように。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



2015年の8月も
今日でおしまい。




身体のあちこちが酷く痛んで

動作のひとつひとつに
苦労しながら


精神的には
日々落ちゆきながら


8月が終わる。




毎日
物凄くしんどくて
早くベッドに入る。


昨日も
23時頃には横になった。


日付が変わる頃には
寝付けたと思う。



でも
目覚めたのは2時10分。



そこからが
ほとんど眠れずに朝を迎えた。




思考はとても荒れて

恐怖と不安に
締め付けられた。

息が切れ切れになる。



必死で思考を閉じ込めて
少しでも眠ろうと試みても


寝返りをすれば
痛みで目覚め

咳をすれば
痛みに唸り


5時半に起床。


仕事に出掛けた。




事故後
マシになった痛みは
打撲した腕だけ。


後は
日に日に痛みが増している。


首と肩と。

そして腰。



社員さんが
段々悪くなってるんじゃないかと
声を掛けてくれた。



そうなんだ。
本当に。


日に日に痛んでる。


事故1週間後からの
私の動きを
見てる社員さんも
思ってる位だから


目に見えてそうだのだろう。




今日は
これから
整形外科で
改めて調べて貰う事になった。


事故後
実際には
腕と首しか
レントゲンも撮られてないからね。



交通事故管理士の
整骨院の先生に相談したら
経過は
目に見える形で残しておかないと
後々の証拠にならないと
アドバイスも頂いたしね。








「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック



このカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居る。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】








「普通」とか

「一般的」とか

「平均」とかが

一体どんなものなのか
よくわからない。



でも

わかるのは

私自身は
「普通」と言う枠に入れて貰える人達よりも

恐らくは
「多感」で在ると言う事。



見えてしまう
気付いてしまう
考えてしまうタイプ。



周りの出来事や
感情を

敏感に


いや
必要以上に
神経質に

受け取りやすいタイプって事。




だから

メンタル的に
とても影響を受けやすい。



良い意味では無くて
悪い意味での影響を
無駄に受けやすいんだ。




こういう人は

不安を感じやすく
て鬱病になる傾向も在るとも

これは
科学的にも証明されている。



上手く使えたならば
それらは
ひとつの才能とも言えるのかも知れない。


だって

他人の事に
周りの事に

とても深く気付けるのだろうから。





しかし
それは

周りに起こる
出来事や感情を

全て寄せ集めて
背負ってしまう事にもなり得る。




そもそも

私は
このブログにも書いて来たように


とても偏った両親に対し
意見する事も許されず

抑圧され

束縛されて

生きて来た過程を持って居る。




顔色を伺って
怯えて

過ごしてきた時代が


私の根本には
存在をして居るのだ。






そういうタイプの人間が

鬱病を引き起こす前に

自己管理をしてゆく為には

日々に
様々な努力が必要となる。






その中のひとつは

きっと
身体を動かす事だ。


いきなりスポーツを始めろとか
言ってる訳では無くて。



意識して歩くとか
そう言う事でも十分。

身体を
マメに動かす事は大切。




でも
残念な事に

今の私は
交通事故の負傷に
日々痛んで居り
動く事が難しい。



少しでも気分を変える為に
動こうとしても


例えば

部屋の小さな模様替えだけでも
してみようと
頑張ってみても


今は体の痛みに負ける。






潰れて壊れてしまう前に
助けを求められたなら…


きっと


それが出来る人は
大丈夫なのだけれど


私の場合は
それも上手く出来ない。


甘え方がよくわからなくて難しい。





そんな私に出来る事は

自分との対話。



時には
実際に声に出してとか
鏡を見ながらとかでも良い。


自分と対話をする。


出来るだけ
実際に声に出して。




自分の
現状の苦痛を吐き出したり

それに対して
質問をしたりする私に


共に考えて
悩み

アイデアを出したり
慰めたりする私が
付き添う訳ね。




それでも
上手く行かない時には



例えば


お風呂でとか
ベッドでとか
完全に一人で居られる
プライベートな空間で

泣いてしまう事。

声を上げて泣く事。





感情を出せる場所があるだけでも
変わる事が在る。


感情を出せる場所が無ければ
幼少期と変わらないからね。






怒りを叫んだって良い。

痛みの原因が人ならば
そいつの悪口を
叫んだって構わない。


プライベートな空間なのだから。




そうして
少しづつでも

熟れた痛みを
越えてゆかなくては


絶対に壊れる。


鬱の中に引き込まれてく。






今の私は

どこまでを
なんとかそうして
越えて在るのだろうか。



これ以上の精神の悪化は

きっと

私を
立ち直れない所まで
壊し切ってしまうだろう。




どんなに強がって
全力で踏ん張ろうが




もう繰り返され過ぎて
我慢も限界超え。


余白などもう残って居ないのだ。


このままどこへ向かうのか

自問自答
し続けて居る。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





スポンサーサイト

心が死んでしまいそうで。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



外は
しとしとと
静かな雨降り。



夏は
特別何も無いままに

余りにもあっさりと

過ぎ去った。



私の存在に
まるで気付かないように
過ぎ去った。


私は
また
置いてきぼりだった。




無理をすれば
何とか動けて居たのは
つい数年前。



月日の流れと共に
絶望が育つのは


今の内と
必死になって動いて居た
限られた時に

悔いをのこさぬように
やり遂げようとする


私の足を止め

奪った人達が
居たからだと
いつも思う。



それだけは
きっと

まだ


許せるところには
遠過ぎて


熟れたままの

恨みなのだろうう。




同じ想いをしてみろと

腹の底では
未だ
私は思って居る。


これらを消化するには


一つでも
多くの願いを遂げる事だ。



叶えられぬままに
葬られた
数々の願いを


一つでも
生き返らせて

叶えて置く必要が在る。



それなのに

痛みと共に
動けぬままに
夏までもが

過ぎ去って行った。








「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック



このカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居る。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】







痛みと共に
週に4~5日の出勤をする。


本業の作陶もする。


しかし
どうしても

土を練る事が出来ない。


薬を詰め込んでも
変わらない痛みで
ろくろに乗せられるだけの土を
練り上げる事が出来ない。



作れるのは小物ばかり。


菊練りをしなくても
ろくろを回さなくても
作れるものしか
対応が出来ない。



通院は週に4~5日。

事故後のケアだけでは無く
元々の
持病の通院も在るから

日替わりで
通院してるみたいな勢いだ。


これだけでも
物凄くくたびれる。




そこに

出勤や
作陶や
家事も加われば

余裕なんてどこにもなくて

ただただ
毎日がしんどい。



本来
ここに書きたいと
準備している記事達も

仕上げまで
手が回らずに
後回しとなり


日々の痛みばかりを
ここに綴って居る。




痛みを感じながら
動き続けるのは辛くて

仕事を休もうかと
何回も思う。



でも
社会はそんなに甘くない。


辛くても
行けば職場の人達にも会える。



今の職場はとても居心地が良い。

行かないよりも
行く方が

少しの気分転換にも
きっとなっていると信じてる。




遊びにも行けないからね。


音楽関係の人達と会える場所にも
少しは行きたいなって
思えるように

心はなれて来ていたのに


また
どこにも行けなくなってしまって


私の毎日は



仕事以外で人と会えるのは

週に1度の
月下陽香の練習だけになってしまった。



独りの時間はとても長い。


これだけ毎日
24時間が
痛みと共に在る時に


多くの人と関わるのも
神経をすり減らして
疲れるだろうけれど


これだけ
独りの時間が長いのも


メンタル的に良いとは言えない。



それこそ
鬱病を呼んでしまう。


心が死んでゆくようなんだ。




見慣れた
部屋の中
通勤路


きょろきょろと
何かないか探す。



小さな気分転換を
ひたすら探す。



どんなに小さくても良いから


心がほっこりとしたり
楽しくなったり

少しでも笑えたり


出来ないかと
必死で探す。





ぽんちゃんが亡くなってから
着けなくなって居た
ピアスを出してきた。


大好きな作家さんの手作り。


小さな猫。


もう
また

使えそうかな…




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: