❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失うばかりでわからなくなって。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





昨夜はライブだった。



今日は
副業の方は休みを貰って居た。


午前中はゆっくり過ごして
午後から
本業を頑張ろうと思って居た。



しかし
朝から
視界がおかしくて
とてもしんどくて
息苦しくて

次の通院は
木曜日の予定だったのだけれど
行く事にした。



主治医に
今日は休めないのか聞かれて

悩んだけれど
本業も
今日は止めて休む事にした。



息が上手く吸えない。


まだ
昨日の荷物の片付けも
出来て居ない。

ビデオのチェックもしていない。



ただただ
体がしんどくて辛くて。


ただただ
心が苦しくて悲しくて

くたくたに疲れてる。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズを持ち痛みを知りて在る人たち。」(2015.6.23)】

【「不安で吐きそうな程に嘆く心に。」(2015.6.24)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】

【「どんなに孤独な痛みでも。」(辿り着けるまで・4)(2015.6.25)】

【「選んで焼き付けた悲しみの痕。」(辿り着けるまで・5)(2015.6.26)】

【「死に怯えた記憶はまだ褪せないままに。」(辿り着けるまで・6)(2015.6.27)】

【「敷き詰められてしまう痛み。」(辿り着けるまで・7)(2015.6.28)】





暫く足踏み状態だった
過程を綴る記事を
再び書き始めて居るが


今日は
昨夜のライブの事を
書いておきたいと思う。








2015年6月28日。

大阪あびこの
ライブバー「ビートイン」さんに
出演させて頂きました。




このブログでは
とってもお馴染み

なんてったって
月下陽香の
昨年発売したCDのジャケットも
この方の写して下さった写真ですから


とってもとってもお馴染みの

まささんが

昨夜も写真を写して下さいました。


まささんのブログは
【風を感じて】


今日のこの記事の写真は
全て
まささんが写して下さったものです。

まささん
いつもありがとうございます。







昨夜の出演者は




Fujikazzさん。




大和川三助さん。




バグトルさん。


皆さま素晴らしかったです。


技術的にも素晴らしく
また
お客さまに
楽しんで頂こうと注ぐ姿も
素晴らしく


そのステージは
温かくて楽しくて。

ゆったりほっこりな雰囲気の夜でした。





そして
月下陽香&井上タイキ。






月下陽香は

恐らくは
ここ数年の内
最も最悪な体調で
当日を迎えてしまいました。



一生懸命ケアもしましが
もう
どうしようもありませんでした。

呼吸がちゃんと出来ないんです。



お店に到着してからも
あまり会話もしませんでした。

しんどくて。

声を発するには
呼吸が必要ですからね


それが上手く出来ないから
辛くて。


だから
いつも以上に
昨日は
ステージが終わるまで
人と話して居なかったように思います。



リハーサル前も後も
出演まで
共演者様方との会話にも
基本的に参加しませんでした。


出来る体調に無くて…。


どうか
薬が効く事を待ちながら
極力ひとりで過ごしてました。




そして迎えた出演。


始めから
ぐだぐだでしたね。



しゃぼん玉は出てこないし
手は震えてるし
椅子はひっくり返しそうになるし…。


いっぱいいっぱい。


もう
ずっと
いっぱいいっぱいでした。



歌も
ひとつも
納得が出来ない発声でした。

吸えないし出せないし。


ステージ上に
酸素を持って上がる事はしたくなくて。


出演前までに
吸い込んで臨んだけれど
やはり無理でした。



これは本当に辛くて。

悔しくて
申し訳なかったです。



今後の希望を
根こそぎ失うような
恐怖と
悲しみが
胸に溢れました。




それでも
皆さまが優しかったです。

本当に。
とても救われました。


何よりも救って下さったのは

昨夜も会場にお越し下さった
大好きな方々が
見守って居て下さった事でした。



いつも
ここを読んで下さって居たり

プライベートでも
親しくして下さって居たり


私の事を
知って居て下さって居る方々の
ご来店は
本当に心強かったです。


ありがとうございます。



ステージに立たせて頂けて
有難く思います。



ご一緒にお過ごし下さった皆さま
ビートインさま

ありがとうございました。






昨夜を終え

月下陽香には


また
目指す場所の無い日々が
戻って来てしまった。



今日は
体調が悪すぎて

思考も滞っているように思う。



ただ辛いだけ。


失うばかりに思える未来に
痛むだけ。




こんなにも
しんどくて辛いのに

明日をどうすればよいのかと
思う程だから


少し先なんて
暗闇にしか見えない。




「楽しい」と言う感情が
わからなくなってしまった。




音楽は

昔から
私にとっては
楽しい事では無かった。


ずっとずっと
昔から
楽しい事では無かった。



いつも
理解を得られなくて
寂しくて
悔しい事だった。




詞は
唯一
真実を語れる世界だったから

歌詞には
とてもこだわりながら
歌ってきたけれど



ずっと前から

ずっと

音楽は
楽しくは無かったように思う。




私の
最も理解されたい想いは

いつも
全否定されながらでしか

私は
歌わせては貰えなかったから


楽しくはなかった。


そう。


音楽と関わる上で
私に在る環境は
いつもそうだったから

楽しい事ではなかったんだろう。





だけどね。

歌う事は
楽しかったんだよ。


嬉しくて
気持ち良くて
楽しかったんだよ。


昔はね。



歌声が出せる事が
楽しくてたまらなかったんだ。




だけど今は違う。


歌う動作も
もうしんどいばかり。



楽しくないんだ。

辛いんだ。



なのに歌いたい。

ステージに立って居たい。




それはなぜ?

わからくなってしまった。







昨夜が
月下陽香の
最後のステージにはしたくない。


まだもう少し
板の上で居たい。


出来れば
秋頃には
次のステージが在ればとも
とても願う。




でも
まず
これからの1~2ヶ月程は

体と心を整理したい。





体調は物凄く不調で
毎日辛い。



新しい仕事は
始まったばかりで
仕事の掛け持ちは
とてもハードで


この体で
それをこなす事にも
疲れ果てて居る。




精神的にも
とても疲れて居る。

落っこちて居る。


くたくただ。



このままじゃ
壊れて狂う。

絶望に朽ちる。





少し逃避しながら
静かに思考を呼んで

病のケアに励み

精神の休息を探したい。








もうすぐ6月も終わるんだね。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





スポンサーサイト

敷き詰められてしまう痛み。(辿り着けるまで・7)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



一生懸命ケアをして来たけれど…。

回復は出来なかった。


どうしても無理だった。


ギリギリまで
体を休ませてから
会場に向かおうと思う。



息継ぎが出来ない現状を
どうか誤魔化せるように


どうか
心が折れてしまわぬように

どうか
笑って振る舞えるように


とてもとても願いながら

気持ちは
どんどん落っこちてゆく。



こんなにも苦しいのに
なぜ歌うのかわからなくなる。



今日の私は
完全に
それを見失って居る。


会場に向かう行為すら
しんどくてしんどくてたまらない。




きっと
今日のステージは辛い。


しんどくて辛くてやりにくい。

難しいだろう。



体も心も
ここまで疲れ切ってしまって居たら
辛いだろうとしか考えられない。



だからこそ

そこで


歌う意味を思い出せれば

想い起こす事が出来たならと

自分に言い聞かすけれど


自信はもうどこにも無い。


静かに目指そう。

出発まではあと数時間ある。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6月28日(日)

大阪・あびこ  LIVE BAR 「 ビートイン 
(地下鉄御堂筋線「あびこ駅」2番出口から徒歩1分)

18:30 オープン  19:00 スタート

※ チャージ¥1000- (1ドリンク付き)
追加オーダーは ライブデーは オール500円です。


出演 : 月下陽香&井上タイキ
     Fujikazz・大和川三助・バグトル
    (ライブ終了は22時)

月下陽香は3番目の出演予定です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

宜しくお願い致します。






2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
※42の記事があります。

【「9・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(40代に向かう私)】
※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて
現状や想いを記しながら。

【「キズを持ち痛みを知りて在る人たち。」(2015.6.23)】

【「不安で吐きそうな程に嘆く心に。」(2015.6.24)】




過程を綴る記事は
現在の私へ繋がる時代に辿り着き
書き続けて居る。

【「呪いをどう解き放てるのだろうか。」(辿り着けるまで・1)(2015.3.1)】

【「自傷癖を呼び戻す者を知れど。」(辿り着けるまで・2)(2015.3.2)】

【「キズグチを愛せた時に。」(辿り着けるまで・3)(2015.3.4)】

【「どんなに孤独な痛みでも。」(辿り着けるまで・4)(2015.6.25)】

【「選んで焼き付けた悲しみの痕。」(辿り着けるまで・5)(2015.6.26)】

【「死に怯えた記憶はまだ褪せないままに。」(辿り着けるまで・6)(2015.6.27)】





過程の続きを少し書くね。






2014年6月22日。


日が暮れはじめる頃に
愛おしいものは召された。



この腕の中で
息は耐え
心音も途絶えた。


死んでしまった。


可愛い愛しい体は
抜殻となった。


亡骸は
愛おしいものの物に
変わりないのに


そこにあの子はもう居なかった。



一晩を遺体と過ごした。

翌日骨になった。


抱き締めてキスをして
手放して

肉は焼かれ骨となった。



家中がとても静やかだった。

音も空気も
ひんやりと静かだった。

【「あと少しの命と。」(2015.6.20)】

【「私が殺してしまうのか。」(2014.6.21)】

【「昨夜召された愛おしい命。」(2015.6.23)】




いくつもの病を背負いながら
小さな身体は
それでも19年間を生きた。



いつも
私を追いかけてきた
可愛い存在が
もう居ない。



十代に家を出て
始めた一人暮らしは

初めて自力で得たお城だった。




摂食障害も
自傷も

まだ
誰にも言えずに過ごして居た時代だ。



今よりも
ずっとずっと苦しかった時代。



ワンルームのお城は
唯一の帰る場所で


そこを維持しながら

学費も生活費も賄う為に
物凄く働いても居た。



始めは
独りで暮らして居たものの

何年か後に
猫がやってきた。


3匹の猫たちは
私の家族になった。



男は
出来れば家に入り込んで来る。

男は
変われば
その都度
家に踏み込んで来て

別れたら去ってゆく。


血の繋がる家族なんて
来るはずもない。


友達は
遊びに来てくれても

帰る家が在るから
そこに帰ってゆく。



猫たちだけは
ずっと一緒だった。


猫たちと暮らし始めて
私は
家の中で
独りになる事が無くなった。


ずっと誰かが居る。

必ず
自分以外の生きるものが

同じ空間に存在をして居る。




私が

自傷したって

嘔吐したって

死のうとしたって

泣いても

叱っても

荒れても


私を愛し求めてくれた。



そんな存在が
どこにも居なくなった。


家の中で
ひとりぼっちの時間が出来た。



19年振りに

家の中で

たったひとりになった。


それは
想像以上に静かだった。




もう眠っても良い。

出掛けても良い。

死に怯える事も無い。


穏やかでは在るのだろうけれど
寂しくてたまらなかった。



毎日骨に声を掛けた。

骨壺を撫でて話し掛けた。

家の中に
命在る存在が欲しくて

でも
動物を飼うような気持ちにはなれなくて 


花を置いた。



それまで置けなかった
観葉植物を買い漁り

あちこちに置いた。


骨壺の回りは
ぐるりと切り花で囲んだ。


花が枯れたら
それだけで
悲しくて苦しくて

少し枯れては
沢山買い込んで飾った。


そうしなくては居られなかった。




私を縛る環境は無くなった。

看取るまでの間
ほとんど出来なくなって居た
月下陽香の練習も再開した。



ギタリストさんと過ごせる時間は
うれしいし楽しい。


でも
歌う事は
全く楽しくは無かった。



身体は
持病が悪化して

ここ数年
歌う行為は
どんどんと苦しい物となってきている。


痛くて苦しい。


それでも
練習を続ける意味が
わからなかった。


ライブの予定も無いのに
痛みに耐えて
苦しさを我慢して
繰り返し歌って
何になるのか

わからなくなった。



呼吸も苦しくなった。


歌うに当たり
呼吸が難しくなってきた。


練習をする程に

体を潰してゆくように思えた。


心は
もう
我慢を出来なくなった。



ギタリストさんに
しばらく練習を休みたいと伝えた。



月下陽香は
この夏

ライブだけでなく
練習もしない事を決めた。





看護と介護で埋め尽くされた
最期の2ヶ月程は
自分の通院も出来なかった。


市販の薬で
無理矢理誤魔化しながら
耐えて過ごした。


体調は
日々悪化してゆく事を
とても感じて居た。



やっと通院も再開し

改めて検査をすれば
持病はかなり進行してしまって居た。


少しでも
今後の進行を遅らせてゆく為に
治療を受ける事にした。

【2014年8月】



とても辛い毎日だった。


薬が合わなくて

毎日吐き気と共に在った。


吐き気を止めれば
蕁麻疹が噴き出る。


繰り返し繰り返し。


毎日毎日
吐き気と蕁麻疹の繰り返し。


内臓にまで
蕁麻疹が広がって
呼吸困難になるほどの

酷い拒絶反応にも
耐えるしかなかった。





静かになった家に
じっと居る事は辛い。


どこかに出掛けたい。

先に予定も立てたい。

なのに。
何も出来なかった。


毎日は

24時間
体の苦痛を感じ

心には

空しさや悔しさ
悲しみを
充満させて過ごすしか

出来なかった。





続きはまた。








歌う事が辛い。

急がなければいけないと
とても思う。

やり残して居る事は
早くしておかなければ


出来ないまま
後悔と
憎しみを抱えて

残りを生きる事になってしまう。



急がなければいけない。


だけど
そのチカラが見当たらない。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。