❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

剥き出しのキズグチ。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





バイトに向かう道のり。



いつも
決まった場所に居て


出会うと


鳴きながら
走って来て
すり寄って

甘えてくれる

野良猫。


ぶーにゃん。



暫く会えていなくて



いつも居た場所には

なぜか


バイト先の駐輪場にいた
ハナクソちゃんが居て。




縄張り争いに負けて
怪我とかしてないかと
とっても気になって居た。

心配してた。




今日

バイトからの帰り道は

いつもと違う道を選んだ。


何となく。


てくてく歩いてたら。




聞こえた。

鳴き声。

呼んでる時の声だ。



声のする方へ
目を向けたら。



居た。

ぶーにゃん。




いつも
ごはんをくれる人に
今日も
カリカリを貰って
食べてた所で


食事を中断して
走って来ようとしたから 


私がそこまで行った。




甘えて
撫でては
ごはん。


その繰り返しを暫くしてた。





冷たい雨降りの中。


今日
私が選んで差してた
オレンジ色の傘を


ぶーにゃんと

半分こして
暫くそこに居た。




ねぇ
ぶーにゃん。



ここんとこずっと
何だかね


大変なんだ…。


体がとっても大変でね

本当に
物凄く大変でね


怖くてたまらない位
しんどくてね。




そしたら
どうしても


心も
そこへ
連れて行かれてるみたいでね



起こる
色々な出来事に


対応する労力も

産み出せないしね


辛い出来事に
向かう

力も見当たらないしね



毎日毎日
もう


くたくたなんだ…。




寒い中。



見付けてくれてありがとう。

呼んでくれてありがとう。


聞いてくれて


ありがとね。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「癒えを待つインナーチャイルドと生きながら。」(2015.1.21)】

【「限界だと泣き叫べたならば眠れるのだろうか。」(2015.1.23)】

【「依存する寄生虫を殺して良いか。」(2015.1.24)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「私の時間は残り限られて在るのに。」(現在に向かう私・40)(2014.1.25)】

【「腐敗し朽ちて消えてくれたら良いのに。」(現在に向かう私・41)(2014.1.26)】

【「楽に消えるなら諦めもつくだろうに。」(現在に向かう私・42)(2014.1.28)】






過程を綴る記事は


2013年の私まで
辿り着いて居る。




2013年から


ステージ上にも
ブログ上にも



摂食障害と
自傷を



晒し
掲げて
活動をする事を始め



月下陽香は
始めの1年を
終えようとして在る頃を
記して在る。





過程を綴り始め

順番に
書き続けてゆく過程は



痛みを


ひとつ
ひとつ


掘り起し
分析し
理解し

消化する繰り返しで




時に

砕け散るような
痛みも感じた。



泣きながらでしか
書けない記事も

沢山在った。





ひとつ
ひとつの記事に


注ぐ時間も半端ない。



数十分や

1~2時間では
書けない。



毎度

何時間もを注ぎ

痛み
悩み


考え

苦労して



やっと

ひとつを
更新する繰り返し。




馬鹿みたい。

アホらしい。


そんな繰り返し。




受け入れられ
慕われる事よりも



踏み込まれたり

利用されたり

盗まれたり

脅されたり


そんな出来事の方が
多いのに。



ひたすら進む


注いで
進める


繰り返し。




そうしながら


最近


改めて
気付けた事が

在る。



だから

過程の続きは
次回以降に書く事にする。



今日は

現状を
少し書きたいと思う。






過去を

捲り


言葉にし
文字にし

記事にする作業を


とても沢山
繰り返してきた。




そこには


これまで
誰にも言えなかった


深く傷む
恥ずかしむ
醜い出来事も


私は記してきた。



知る者にも
知らぬ者にまでも


例え
どんなに軽蔑をされても。




それが出来たのは



私の中に

芽生えた

決意と
覚悟と
信念が


在ったからだと思う。



しかし
それだけではない。



何よりも

それらは

想い起こす事で



未だ
どんなに痛もうが

全ては
遠い
過去に分類される出来事で

あるからだ。

現在ではないからだ。



だから


どんなに
涙する事となろうと

私は

どこかで



常に冷静に

「書く」という作業に

向かえて在った訳だ。




でも。


気が付き始めた。




記事は



もう

すぐそこの
時代を書いて在る。



ほんの少し前


すぐそこの昔。






そこには

未だ
癒えには程遠い



恨みも

憎しみも

疑問も

悲しみも

苦しみも

嘆きも
涙も


裏切りも 

押し付けも

我慢も

情けも



あちこちに

埋もれて居て



それらは
まだ


見事に


熟れ上がったままで 




まるで
埋め込まれた地雷で。





私は

ついに



自ら


ひとつづつ

その地雷を踏みながら



木端微塵に
砕け散るような

想いの中で



思考を重
ねなければならない


地点へと



行き着いたのではないかと。





とてもそう思った。




ここからが

本当に

私が


心底の
理解と
納得をしてから



心の中の一軒家を
片付け

新しい靴を履き


その扉を出て
鍵をかけ


新しい住処へと


越す準備なのかも知れない。





こんなにも
毎日が苦しいのならば


せめて
そうで在って欲しい。



そうで在るならば
私は


きっと


あと少しだけなら
歩けるのではないかとも


心の隅で
僅かには思える。

思いたくもなる。





この体は

友人たちのようには
もたない。


動ける時間は

もう既に
大幅に失って在る。



この先は
もっと制限を知るはずだ。





この体が

現在よりも朽ち


これ以上に
何も出来なくなる前に



私の精神は

新しい住処での生活を始めて在りたい。





その

新たな精神の家で
暮らしながら



まだ
その頃に



ギタリストさんが

元気に
月下陽香の楽曲を
奏でて下さるならば。




その頃の私は


命懸けの

恐怖突破の嘆きを
込めたステージでは無く


そこを
生き抜いて
知り得た

イキザマを



使い果たさずに


楽しんで
笑って
面白く

小さく

ちんまりと
やって居たい。





出来れば。



このまま死にたくない。



こんなにも苦しいままで
死にたくはない。




きっと

今は


それを物凄く願ってる。




もう少し待ってよって。

もう少しだけ



今の月下陽香を

ステージに立たせてよって。





まだ


とても
やり残して居て


このままじゃ


次へ行けない。



だから余計に苦しい。




それが出来たなら


そこをきちんと消化出来たなら



私から



奪い
盗み
逃げて行った


私よりも

元気に動ける
憎い奴等も



やっと
許せる道を


私の思考は
見付け始められるのかも知れない。







昔ね。


昔。


そう。



まだ

20代とかの頃。



学費と
生活費と
借金に追われて


働きまくってた
大学生の頃から


夜の街で


体も
心も張って


ホステスしてた頃。



【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の0始まりから。」(20代後半頃の私)】※50の記事があります。






夜が
明け始める前の

暗闇が好きだった。


空が
明らんでゆくと


途端に
孤独が増してゆくから


その時間帯に

独りで


ワンルームマンションの
ベランダの窓が
薄明るくなってゆくのを


冷静には
見て居られないから


置いてきぼりの孤独に
突っ込まれるから。



それまでの
暗闇が好きだった。




今は違うけど。

当時はそうだった。





思考は変わる。


視線も変わる。




想い
感じるもの全てが

日々
変わりゆく。

感じ
変わりゆく。



知り
目覚め
変わりゆく。



歳を
重ねる美しさは

きっとそこに在る。




そう言う事にも
やっと
気付き始めて在るけれど。




暗闇がね


好きだったんだよ。


明け始める前ね。





そう思うと改
めて思い知る。



ステージにはね。



終わりが来るんだよ。




いつから必ずね。


終わりが

来てしまうんだ。




サヨナラは


きっと


意外と近いんだろう。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



スポンサーサイト

楽に消えるなら諦めもつくだろうに。(現在に向かう私・42)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



昨夜も

日付が変わる頃には
ベッドに入り


一度は眠りに落ちた。


そう。


一度は
寝落ちる事が出来るんだ。



なのに目が覚める。

睡眠薬も
効果は見られない。



2時間と少し
3時間は過ぎてはいないだろう頃に
目が覚めた。





私は
出ない声を押し出すように

金縛りを振り払って
声を絞り出すように


うわーっと

叫んだ。


その自分の声で起きた。




夢を見たんだ。


夢の中の私は

子供の頃
暮らした家に居た。


今は父が暮らして居る家。



小さな一軒家の
2階の一室が
当時私の部屋だった。




母も
妹も居なくなり


妹の部屋は
開かずの間となり



私は
全ての家事を背負い


学生では在ったが


学費と
小遣いと

1日も早くに
家を出る為の資金を


稼ぐ為に


休みなど
ほとんど無く働いて居た。




自傷も
嘔吐も
日々当たり前に行った。



その頃の

あの家の
階段の

2階の踊り場に


私は立って居た。



立って居る私は

現在の私。



でも
そこは当時のあの場所。





私は
階段を下りたいのだけれど

踊り場には
黒いゴミ袋が置かれている。



それを
踏み付けて


階段に
足を伸ばそうと考え


踏み込んだら


ゴミ袋は
ぶよぶよと
柔らかく揺れた。



バランスを失いながら


私は


その中身は
嘔吐物だと思った。



それまでに
繰り返し
吐き続けて来た

嘔吐物だと感じた。



その途端
体が強張った。



金縛りのように固まり


何かに呼ばれた。



「戻ってこい」

「戻ってこい」




駄目だ。

連れて行かれる。



そう思った私は
必死で叫ぼうとして。



それでも声は出せなくて。


必死になって
絞り出し上げた
叫び声で

目が覚めた。



そして
再び寝付く事無く
朝を迎えた。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※69の記事があります。

【「8・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代後半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「癒えを待つインナーチャイルドと生きながら。」(2015.1.21)】

【「限界だと泣き叫べたならば眠れるのだろうか。」(2015.1.23)】

【「依存する寄生虫を殺して良いか。」(2015.1.24)】





過程を綴る記事は現在の私へ繋がる時代に辿り着き書き続けて居る。

【「私の時間は残り限られて在るのに。」(現在に向かう私・40)(2014.1.25)】

【「腐敗し朽ちて消えてくれたら良いのに。」(現在に向かう私・41)(2014.1.26)】






過程を綴る記事は
2013年の私を
記して在る途中。



この年から

月下陽香は


摂食障害と自傷を

ステージにも
このブログにも


晒し掲げた活動を始めて居た。




持病は急激に悪化をし

看護は24時間続いて
日々に繋がる。



やりたい事の
ほとんどが

出来なくもなった。


まともに出掛ける事も
無くなった。




この体が動ける残り時間は
あと僅かだから


懸命に注ぎ
走って来たのに


私より
動ける者は

いつも

私から奪って行った。

壊して行った。


私を
傷付けて去って行き


変わらずに活動をして居る。



恨んだ。
とても恨んだ。



動ける人が羨ましくて

親しい人達までも
深く羨んだ。



日々は
本音を言えば
たまらなく
辛く苦しかった。



この痛みや
恐怖が


誰にも伝わらない事が


何よりも
大きな孤独であり


酷く傷み痛んだ。




そんな頃の私が

その年
最後になったステージに
向かう頃を書いて居る。





摂食障害と
自傷を
晒しての活動は


とてもとても
悩み考えた末に決めた

覚悟して
始めたもので在ったのに



それに
私は苦しんだ。




動けない体と環境に

恨みも
羨みも

吹き出してしまう
苦しみに加え


イキザマを
晒して在る事で


傷付く事が
こんなにも多いのかと
思い知った。



それでも
ただ向かった。



ここまでと決めた
現在に

辿り着くまでと。





ライブも
もう数はこなせない。


私は
出来る事ならば

もう
ひとりで抱え込んで
壊れてしまうステージは

したくないと
考えるようになった。



今後
この体は

恐らくは
とても早くに


もっと
歌えなくなるのだろう。



ただでさえ

止められて
壊されて
奪われて


幾度も
この足は止められ


その都度
何かを失い
諦めてきた。



諦められぬ想いを
無理矢理飲み込んで来た。





今の内にしておきたい。

やりたかった事を
なんとか
ひとつでもやっておきたい。



分かり合えると信じられる
大好きな
大切な
2組のミュージシャンに声を掛けて

ひとつ
イベントを立ち上げた。



主催を張れる程の
時間も
体力も
環境も

もう私には無い。



だから
共に育てゆける人を選んで
声を掛けた。



何度も連絡を取り合い
打ち合わせもした。



練習にも
宣伝にも力を入れた。




大切な人達と
共に生み出すイベント。



勿論
足は引っ張りたくないし

出来れば
何かしらの役にも立ちたい。



選んだ大切なミュージシャンは
私が知る人達に
是非
観て感じて貰いたいと

心底思う
素晴らしい人達だ。



ステージも
お客さまも
お店も


大切に扱い
丁寧に接して下さる

頼れる先輩たちだ。




その中では
一番歳も若い私の
声掛けを受け入れて下さり
共に背負って下さった。




言い出した私が
お店とのやり取りをする間に

セッションの楽曲のコード譜を
作って下さる方

振り分けを考えて下さる方

イベント名を決めて下さる方


それぞれに
出来る事を出し合う。



皆が
それぞれに
背負って在るだろうに


それでも
言い出したのは
月下陽香と言う事も在り


また

月下陽香を含めた
計3組のカラーも考えると


異色な私が
最後の方が
まとまるようにも思え


トリの出演にもさせて頂いた。




そうして立ち上がり
開催を迎えたのが


【 こぼれそうな夜 vol.1】



その時の
月下陽香のステージはこれだった。


当時の記事もリンクさせておく。


【こぼれそうな夜 vol.1 ノーカット】(2013.11.9)



【「こぼれそうな夜に溢れこぼれ落ちた夜。」(2013.11.10)】


【こぼれそうな夜 vol.1 「キズグチイバラ」】(2013.11.9)



【「足りない愛が自傷をさせた。」(2013.11.12)】





沢山の方々が
駆け付けて下さった。



それまでに
ブログのコメント等で
それぞれに
交流をして下さっていた方々も


会場で改めて出会い


同じテーブルに座り
楽しんで下さって居た。



出演者の方に
ご紹介頂いた女性は

一番前の席に座って居られ


ステージの上から見えた
その方のお顔は

私の脳裏に
とても深く刻まれる
想いを感じた。




とても有難い
嬉しい夜だった。


2回目にも繋げたいと
強く思えた。



ただ
それにはもう
私の体は
難しいのかも知れないと


本当はとても感じる私が居た。




どうしても
しんどかった。

どうしても
体には苦しかった。



それまでのように

無理をして
ひとりで抱えて
開催した訳では無い。



それでも
もうしんどかった。





この年の月下陽香は


この
11月のライブで

活動は終わった。


1年に4回。

たった4回。



使い果たして
ボロボロになって


やっと
たったの4回。



苦しさが増した。







少しだけ前に
掲げる目標も無くなった。



発声は
もう酷く辛く


1曲歌う事が
なぜこれほどに辛いのか


その苦痛は
言葉にも
もうならない。



予定も目標も無いままに


朽ちゆく速度を
速めるだけのような


痛みや
苦しみを感じる練習を
重ねる事も



大きな大きな
苦痛と
ストレスになっていった。



続きはまた。





いつから
眠れずに過ごしてるんだろう。


多分


1月の8日頃だ。



その頃から
1日も
まともに眠れて居ない。



ぽんちゃん達のお花には

また
チューリップを買い足した。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: