❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切っても吐いてもしがみつく歌の為に愛も捨てろ。(転居後前半・69)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





命が消えて

5ヶ月目を

過ごして居る。



我が家の
キッチンの流し台の前には

ずっと
敷けなかった
キッチンマット。


今は3つも並べてる。

【「手を上げ叩いた私の過ち。」 (2014.7.17)】



命が尽きて。


私の生活は
あちこちが変化した。










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「私はなぜ今母を殺したのか。」 (2014.10.22)】

【「矛盾なき人を知り在れる事。」(2014.10.30)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「命を終わらせたから得たものに。」(転居後前半・67) (2014.10.26)】

【「血も涙も詰め込んだイキザマだから。」(転居後前半・68) (2014.10.28)】





前回は寄り道をしたから

今日は
過程の続きを書く記事にするね。






諸口あきらさんと出会えた事から
私は
初めて
歌を教わると言う事を経験した。




腹から大きな声を出す。

叱られる。

もっと語れと言われる。

意味がわからない。

全く楽しくない。

歌ってる気がしない。



腹で踏ん張って
大声で歌う歌い方しか
自分は
わからない事に気付いた。


ずっと
それが歌だと思ってた。


歌って居ても
それが気持ち良い。

腹からのでかい声が出せて
歌いきれると
気持ち良いんだ。



なのに
諸口さんは

それは
歌では無いと言う。


当時は
その意味がわからなかった。


指導は強制では無い。

やめるのは自由。

だが
私は

暫くその指導を受けてみた。



ひとりでも
音楽活動が
出来る人になりたくて

学んでみようと思って居た。





バンドは相変わらず。


私の中に在った
メンバーへの信頼は

日を重ねる毎に
不信へと変わって行った。




自分は
経験も豊かで
知り合いも多いと
言って居たはずのメンバーは
ライブをしても
ひとりの観客も呼べない。

会場が
自宅のそばである時だけ
親と上司を呼んでくれるが
あとは誰も呼べない。

どんなに
音楽関係の店に共に出掛けても
知り合いのひとりにも会わない。
私の方が
誰かしらに出会うようになって居た。

鳴らす音も
外れな事が
実は多い事にも
もうさすがに
私も気付いて居た。

でも気付かぬフリをした。

私が気付いて居る事を知るだけで
崩れてしまうだろう心の
持ち主である事は理解出来て居たし

そのメンバーとの出会いが無ければ
私は
きっと
まだ
音楽活動を
再開出来ては居ないだろうから。

彼には感謝はとてもしていたから

知らないフリを続けながら
出来る限り
誉めて持ち上げた。



私の歌は
暗い
痛い
怖い。

自分のパートもこなせずに
足を引っ張り続けるメンバーは
変わらずに
私を否定し続けた。

そんなにも
私の歌が嫌ならば
このバンドをやめて
やりたい楽曲を奏でる場所に
行けばよいのに。

自分の好みの楽曲を歌う
自分好みの女性ボーカル像を
押し付けるようになっていった。

ステージ後に
タバコを吸うだけでも

「はしたない」
「煙を
 上を向いて吐き出すのはやめて欲しい」

その都度
ムシズが走る。
それでも笑って我慢した。



一番年上で
いつも穏やかで
落ちた気持ちを救ってくれるメンバーは
バンドを辞めたがっていた。

元々が助っ人メンバーだったし
彼のやりたい楽曲とは
ジャンルが違い過ぎる。

そろそろ辞めたいと言う彼には
もうしばらくの間だけ
助けて貰えないか頼んだ。





ライブ活動は続けた。

全ては
もうバンドの為ではなかった。

今後の
自分の活動を
頭に描ける所まで行きたい。


そう思って居た。


それが見えるまでは

何度
自傷しても

何度
嘔吐しても


ここに居るんだと
思って居た。



活動を広げると
出会いも広がる。


インターネットラジオの誘いも頂き
私たちは
ネット上の番組も持つ事となった。


表向きには
私たちは
順調に活動して居た。





12時間おきに
愛猫に打たねばならない
インシュリン注射に

縛られた生活も
3年が過ぎた年末に
命が尽きた事で

解放され 


年始には
諸口さんに出会え


私の音楽活動は
とても忙しくなった。





陶芸の仕事も順調だった。

創作に割く時間も
どんどん長くなった。


主人は
私を一切縛らない。


束縛も
抑圧も

彼は私に与えない。


異性と出掛けようが
何時に帰ろうが

文句を言われた事も無い。



自由にさせて貰って居るかわりに

私は
主人には
極力
家事をさせないようにしてきた。


彼がしてくれる家事は

朝の早い彼が
前夜に私が作っておいた朝食を
温める事だけ。


家の事は
いつも

自分なりにだが
きっちりとしてきた。


でも
それが辛くなってきた。

時間が足りない。

そう感じる事が増えて来た。



ふと。

現状を見つめ
考えてみた。




この数年内は

義姉が嫁ぐ事となり

両親のもう居ない義姉が
恥ずかしくないように
寂しくないように

弟の嫁ではあるが
母親代わりを
懸命に努めて
送り出しもした。


労力を重ね
大金を使い
主人の姉だから
懸命に注いだ。


女同士だから
きっと分かり合えると
ずっと
一生懸命
沿う事もしてきた。


姉の都合で泊りに来れば
父と同様に
もてなして世話もした。



でも
結局は

私は
受け入れられて居ない事も

とても感じた。



お金に関する事は
嫁ぐ事が決まっても
私には
管理を任せようともしない。


価値のある物は
全て持って行く。


親族が少ないから
式には
私の父も呼んだが

祝いを包んで出席しても

父の分の
引き出物もくれない。



実家には
大量のゴミと
飼い犬を置いて行ったまま。





主人は
確かに
私を嫁に迎えてくれた。

この数年
私の生活も支えてくれた。


でも
このままで良いのかな…


私は
これからも

ずっと

誰かに
都合よく扱われ

誰かの尻を
ぬぐいながら

生きてゆくのかな…


どこまで

我慢を続けるのかな…






嫌になった。


もう嫌になった。


ひとりになろう。

とても思った。


今の私の欲しい
自由を

手に入れようと決めた。





私は
離婚届を貰いに
役所に行った。


「名の変更」で

戸籍から
名前を変えて以来だった。

【「私が私をこの世から消す為に。」(転居後前半・59) (2014.10.9)】




子供の頃
両親の名が書かれたそれを
見た事があった。

緑色の文字と
枠が
書かれた離婚届は

懐かしく感じた。


私は
主人に
別れを告げる事に決めた。



続きはまた。








この記事を

カテゴリの
【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】

に記す
最後の記事にします。



次回からは
次のカテゴリに振り分ける記事を
書いてゆきます。


これからもよろしくお願い致します。


どうか

これからも

クリックでの応援を
頂けますように

お願いを申し上げます。






※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




スポンサーサイト

矛盾なき人を知り在れる事。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





10月もあと少し。


この前
ギタリストさんに頂いたお菓子は

ハロウィンおせんべい。


彼はよく
このシリーズのお菓子を
プレゼントしてくれるんだけど

ハロウィンバージョンは初めて☆



袋には
ちゃんと
こっそり

彼の絵が描き加えられていた。


こういう所がね

他の誰も
してくれなかった事なんだよね。



私から
消えない

インナーチャイルドを

満たしてくれる魔法。





中はこんな感じ。

かわいらしい。


回りのオレンジ色のは
カボチャのお味だったよ。




ハロウィンかぁ。。


70年代に
この世に生まれ落ちた私が
子供の頃は

ハロウィンは
まだ
こんなに馴染みのあるものでは
無かったんだよねぇ。。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「疲れ果て女に消した憎悪を。」 (2014.10.21)】

【「私はなぜ今母を殺したのか。」 (2014.10.22)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「命を終わらせたから得たものに。」(転居後前半・67) (2014.10.26)】

【「血も涙も詰め込んだイキザマだから。」(転居後前半・68) (2014.10.28)】






2013年7月から
書き続けて来た私の足跡は


もうすぐ
次のカテゴリに進む。


あと

1つか
2つ

過程を綴れば

近年
ここ5年程に当たる
足跡を記す事となり

それが終われば
記事は現在に辿り着く。



早く辿り着いて
楽になりたいと

最近は
とても思うようになった。


だから
あんまり
のんびりしてたくないのだけれど


今日は
過程の続きからは
離れた記事を書こうと思う。







愛しい命が消えたのは6月22日。

私の願いを全て叶えて
命は尽きた。


その後
看取るまで放置していた持病の
ケアを始めたものの

思うように体を動かせた日は
1日もないまま


心も
体も

24時間
苦痛に満ちて

過ぎた夏。



歌の練習も止めた。

音楽に関わる事から離れて
息を殺して経過を待ち

心に深く刻まれた
喪失感と大怪我と

傷み過ぎた体が
少しでも楽になれるように

何よりも
それを優先しながら


自分を見つめた

数ヶ月。




体はまだ本調子では全く無いが
一時期に比べれば
日々は動ける状態に在り

ステージこそ決めてはいないが
月下陽香の
練習は再開し


仕事は
これまで契約していた店の
閉店と言う痛手も在りながら

それでも

これまで通りの
創作販売の継続と共に

新たな形へと
進んでゆく為の準備に向かい



もう
いつ何が起こるかわからない
命と向き合う生活から逃れて

少しでも
安定した収入を得る為に

バイトも始めた。



毎日はものすごく忙しい。
とにかく忙しい。


今日生き抜く為のエネルギーは
全て
今日使い果たしてしまう。


疲れる。

とてもしんどい。


それでも
気持ちは落ちて居ない。



毎朝思う。
今日も頑張ろうって。

毎夜思う。
今日も頑張ったなって。


そんな毎日を
過ごせる事を
しあわせに思う。



今時
創作陶芸作家と言っても

うつわの制作販売だけで
安定した収入なんて得られない。

それでも
私はそれを選んで在る。

だからバイトをする事も多い。


年々持病も悪化していて
動けない事も多く

昨年は
動けない月日を
資格取得に費やした。

そして
そうして得た
資格に関わる仕事を

昨年夏から
今年2月までしていた。



今回も
その資格に関わる業務に就きたくて
探していたが

自力で通える範囲での
求人が見付からず

悩んでいた時に

丁度
自宅のすぐ近くで
求人をしている事を知った。


求めて居た職種ではなかった。

それでも行ってみようと思った。


なぜだろう。
とても思った。

うつわの勉強にも
料理の勉強にも
なるとも思えた。



面接に行き
その場で採用が決まった。


本業は陶芸作家だから
出勤は
週に半分位まで。


でも
他の従業員のご家族が入院されて
暫く出勤出来なくなり

その間は
フルで出勤する事になった。



出勤日を
暫く増やせないか
オーナーから相談された時に

一瞬悩んだ。

体は付いてゆけるだろうか。

本業との両立は出来るだろうか。


キツイなと思ったけれど
暫くの間なのだし
引き受けた。



なぜ
そんな無理をするのかなって

自分に問うた。


いくつか理由は在る。


いくつかあるけれど

一番は
今私は
その仕事が好きだし
そこで関わる人達が
好きだからだと思った。




面接時で採用が決まった時に 

「色々な仕事を経験してきた事」を

重要視して頂いた。

履歴書には
勿論
ホステスであった事などは書いていないけれど

そこに書き出した職業経験と
面接時の会話のやりとりで

いくつもの仕事が重なった時の
優先順位の付け方や
処理能力に
期待を持って頂けた。


そして
うれしかったのが

「どんな取引先の人でも
 どんなお客さまでも
 貴女が対応して 
 嫌な気持ちになる人は居ないはずだと思える」


言って頂いた事だった。


ここでなら
私らしく居られる気がした。

卑下も
委縮も無く

人と関われる気がした。




そこでの仕事は
基本的に
ほとんどが初めての事。


毎日毎日
教わりながら
一生懸命覚えてる。


何もしない時が無い。
一瞬も無い。
ずっと動いてる。

体も
頭も
ずっとフル回転。

体には物凄く堪える。


でも楽しい。

新しく
知らなかった事を学べて
経験できる事は
とてもうれしい。


教えてくれる先輩は
年上も
同年代も
年下も居る。

それも楽しい。




うちの父は
そういう事が出来ない人だった。

父は
中卒で
それがとてもコンプレックスで

だから
自分よりも学歴のある後輩には
いつも大きな劣等感を感じて居て

偉そうに
物を言いたがる所が在ったり

年下に
頭を下げて
何かを教わったりする事にも

抵抗を感じる所が在ったりする。



私は
父のそんな所も軽蔑をする。

歳を重ねて居る事と
優れて居る事は
イコールでは無い。

学歴が低い人が
出来ない訳でも 

学歴の高い人が
出来る訳でも無い。




私は
情けない事に
本業だけでは生計を立てられない。

安定した会社員にもなれない。


でも
そのおかげで
いくつになっても
知らなかった世界に飛び込んで
経験する事が出来る。



昔は
それが
カッコ悪く思えたりした事も在る。

でも
最近は

それが
豊かでしあわせに思える。


そう改めて思えるのは
この職場で
働けるようになれたからだと感じる。




昨年夏から
7ヶ月間お世話になった会社は

やりたくて
資格まで取って
働けるようになった職場だった。



なかなか馴染めなくて
始めは毎日辛かった。

やりたかった仕事じゃなかったら
直ぐに辞めて居たかも知れない。


なぜ馴染めないのか…


その理由を考えた時

まず思ってしまう。

私が偏在だからだと。


皆と違うから
そこに馴染めないんだと。

自分が変わってるから
ダメなんだと。


いつも
必ずそう考えてしまう。


そうなると
益々委縮する。


実は

そんなに浮いても居なくて

そこそこに
馴染んでも居るのに

卑下して
委縮する。



私は
ずっと

そこでは心を開かなかった。

少しづつ馴染んでもいけたし

先輩も
社長も奥様も
とても大事にして下さった。


今でも
もう一度来ないかと
声を掛けて下さる。

有難い。


でも
私はそこに行こうと思わない。

やりたい仕事が出来るのに
そこには行こうともう思わない。


どうしてなのか
自分の考えを整理した。




以前のバイト先で
感じてた事が
沢山思い浮かんだ。


私は
これまでの経験から

タイムカードとは

出勤して
制服に着替えてから押して
帰りには
押してから私服に着替えるものだと

思って居る。


しかし
そこでは
それをするのは新人だけ。

先輩は
1分前に出勤して
カードを押してから
ゆっくりと着替える。

新人は
20分前出勤を強制されるけれど
時給はつかない。


新人事務員の次に
新人なのが
事務長。

事務長として
私よりも3ヶ月前に入社した方。

この方の人格が難しい。


古くから居るパート事務員には
必要以上に気を遣い
歯が浮くようなお世辞を言い

なぜか
必死になってご機嫌を取る。


そして
自分の失敗を知られる事に
異常に怯えてる。


だけど
その方も新人だから
間違いも多く発生する。

仕方ない。


だけど…
だから

いつも
その方のミスは
新人の犯したミスとされ
処理される。



新人には椅子が無い。

無理な体勢で
立ったまま
何時間も
事務と接客をする。

足を傷めて
引き摺って居ても

運動不足だと笑い飛ばされて

笑ってる事務長は
ずっと座ってる。



皆辞めてゆく。

同時期に入った人も
後から入った人も。

皆続かない。



私は
夜8時までの事務員として
契約をして居た。

それでも
8時過ぎても帰れない。


当時は
飼い猫の看護も在り

就業時間に関しては
面接時に
きちんと確認もして居たのに

帰れらせて貰えない。


しかも
その残業がつかない。

30分刻みで
付けてくれるらしいが

先輩たちは
着替えながら
30分が過ぎるのを待って
カードを押すけれど

新人もそうしようとすると

29分とかで
勝手にカードを押されてしまう。



金が全てじゃないけれど
時給なんぼで働く
パートタイマーには

タイムイズマネーである事も

事実。

私は
いつも

時間は金だと考えて居る。



私は
そこで
最後まで心を開かなかった。

それがなぜか改めてわかった。


私は
職場を信用しては居なかった。


それでも
やりたかった仕事だから
踏ん張って食い付いて居たけれど


体調が悪化し過ぎて
ドクターストップとなり
退職を決めた。


この職場を信頼して居たなら

きっと

私は
それでも辞めなかったし

一度辞めても
戻ったんだと思う。





今のバイト先は

本当に忙しくて
毎回
汗だくで走り回ってる。


数時間でぐったり疲れる。

その後での本業は
めちゃくちゃしんどい。


でも楽しい。

そこには矛盾が無い。


当たり前の事を
きちんとする人が集まって居るから
気持ちが良い。




あと。

何よりも
私が驚いたのは

ここは
5分刻みでお給料を頂ける事。


暇な時は
予定よりも早く上がったり

忙しければ残業も在る。


全て
5分刻みで
きっちり計算してくれる。


上がる時間も

4分とか
9分とかに
ならないように

きっちり
5分単位で声を掛けてくれる。


いろんな所で
働かせて頂いてきたけれど
こんな会社は初めて。


そこで働く時間全てに
お金を頂ける。

だから誰もさぼらない。


上がる瞬間まで
きっちり働く。

気持ちが良い。


良い経験を
させて頂けていると思う。






ある障害があって
働く事が難しいらしく
手当を頂いて生活をしながら
あちこちで歌ってる
アマチュアミュージシャンの知り合いが居る。

親しい人ではないけれど
月下陽香のライブにも
何度か来て下さって
知って居る。


私は
働けると言う事は
大きな喜びだと思って居る。

自分なりに
日々
一生懸命働いて居る。

遊びに行ける体力も
残ってない位に
働いて居る。


私は
自分の生み出す
歌やうつわに
お金を払って下さいと
言う活動をしているから

そこに
説得力を得て在りたいから

必死で働く。


でないと
そういう活動は
してはいけない気がしてしまう。


働く事が難しいと言うその人は
あちこちのライブバーで
歌って遊んでる。

出演時間に
遅刻せずに会場に行って

30分
弾いて歌って。

食べて飲んで。

自作のCDまで売って居る。

本当に
その人は
何の仕事も出来ないのか
私には
申し訳ないけれど理解出来ない。


この
理解出来ないと言うのは

今働ける状態

心でも
体でも
環境でも

動ける状態に無く

手当を頂いて過ごして居る
全ての人達を
否定して居る訳では決してありません。

それは誤解しないで欲しいのだけれど。 



私は
その知り合いを
理解出来なくて。

そんな私は
まだまだ
欠けて居るとも言えるのだろうけど。



自分の

自由に使って良いはずの
余力までも

使い果たして

それでも
一生懸命働いてる人間は
沢山居る。


毎日

傷付いたり
へこんだり
悩んだり

繰り返しながら

それでも

懸命に働いてる人間は

沢山居る。



そういう事
とっても感じながら


新しいバイト先で

日々
小さな事に
大きな喜びを

感じて在れる自分を

応援してる。


大好きな人達の
記事を読みながら

がんばれって
応援してるのと同じように


自分にも

自分から

応援の気持ちを
あげるようにしてる。





色々書いたけど…


きっと

やっと

少し
充実してるのかも知れない。



また


過程の続きも書いてゆくね。



私の記事はいつも長いのに

いつもいつも
読んで下さって

ありがとうございます。





※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。