❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血を吐けど向かえ。(転居後前半・52)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



沢山沢山失くした今年。


私には
痛みの付きまとう月日だった。


痛まぬ日は無かった。


毎日は
必ず痛みを感じて存在した。



だから大きな決断をした。

とても悩んだけれど。

立ち止まる事を決めた。



それはそれで
とても苦しいけれど

その間に
身辺を
改めて整理する事にした。



必要なものはどれなのか。
あらゆる角度から眺め考える。


もう使わないのに

勿体ないとか

もしかしたら使うかもとか

そんな気持ちで
ただ持っていた
物や者はないだろうか。

数か月考えて来た。



そして最近は
捨てる事を始めた所。





次から次へ。

失くしたり
奪われたり
壊したり。


深い悲しみに
深く深く落ちもして。


怯えの中で
寂れ

妬みも
羨みも

この胸には生まれ

益々痛む日々。



この手から消えてしまったものは

私には
どれも
とても大切で必要に想えて居たのだけれど


この時期に
私から消えてしまう事は

きっと決まって居た事なのだろう。


失わなければ
いけないものだったのだと
思えるようになった。


失った事を
受け入れる思考の準備は出来た。


次は
残ったものを選別する事だ。




己の現実を知れば

持ち続けてゆけるものと
そうでないものが

きっと見えて来る。



この数年
いつも考えるようになった事が在る。

何かが欲しいと思った時。

いつも思う事が在る。


色んな物を手に入れたって
いつかは
全部ゴミになるんだよって。


そう考える。


そんなに長くは
もう生きないのだろうし


私が死んだ後

誰かの貴重な時間を割いて
手間を掛け
処分させる

ゴミが増えるだけ。

迷惑を掛けるだけ。



私は
親が押し付けたゴミを
背負って処分してきた。


私自身が
母親から見れば

“ 要らなくなった食べ残し ”

でしかないとも感じて来た。



ゴミは増やさぬ方が良い。

本当に必要な物が
者が在れば良い。


多くを持つ者が
羨ましく感じてしまう時も在る。


でも。

数じゃなくて。
少しでも良い。



深く揺らがぬものが在れば

もっと自分らしく
もっと穏やかに

在れるのではないだろうか。





頂いたアレンジメントフラワーが
あと少しになった。

ありがとう。

そばに居てくれてありがとう。


ありがとう。







2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「親死ね子死ねが咲く季節に。」(2014.9.20)】

【「ひとつ終える前に。」(2014.9.29)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「愛しい体に傷付ける事。」(転居後前半・49) (2014.9.26)】

【「自傷が少し遠退いても。」(転居後前半・50) (2014.9.27)】

【「命がひとつ朽ちても。」(転居後前半・51) (2014.9.28)】





続きを書いておくね。





「 もう一度歌いたい 」


想いは募った。


この体が
歌声を失った事で

心には
大きな大きな穴が
ぽっかりと空いたまま。



そこに
他の何かを
何度埋め込んでも

穴が埋まる事は無かった。


どんなに
楽しい時間の中に居られる時にでも

胸の真ん中に
不足の寒さを感じてる。




飼い猫の看護に
生活の全てが縛られる事となり

12時間おきの注射と
日に何度かの血糖値測定を

私が
小さな体にし続ける毎日の
繰り返しの中


通院も仕事も

猫の血糖値を調べながら
安定している数時間に
詰め込んでこなす。



幸い
猫の病状はそこそこには安定をして
危ないと思われた頃を思えば
平和では在ったが

それでも全てが縛られて在る。


動ける限られた時間の中にも
背負わされる事が沢山在る。


私は嫁だから
主人の実家の用事や
義姉との関わりもある。


相変わらず
父は呑気に遊びに来ては

私が
心身共に疲れ果てて居る事にも
気付かない。


主人は
私が日々針を刺す姿を見ている
たったひとりの人だけれど

こんなに近くに居ても

針を刺せない彼に
私の痛みは伝わらない。





主人が休みの日は
インシュリンを打って
暫く様子を見れば

後は任せて
外に出られる。


主人に
何か医療行為が出来る訳じゃない。

でも
何かが起これば
すぐ連絡をくれる。



そういう時に

店に納品をしたり
友人と過ごしたりして

好きな街中に出た。


次の注射の時間まで
やっと小さな自由が在った。




当時は
女友達がとても少なかった。


結婚するまでの長い間
ホステスとして働いて居た私は

学生の頃の数人以外
同性の友達は作らなかった。
周りは皆
敵だと捉えて居た。



だから
友人はほとんど男だった。


中でも
とても仲の良かった
3つ程年上の男友達とは
よく遊びに行った。


彼が
私に対して
恋愛感情も抱いて居るだろう事も感じながら

それでも
何もしてこない事も
十分に感じながら

よくふたりで出掛けた。



主人には
誰と会うかを伝えて行く。

だから余計に
私に罪悪感は無い。


勿論
男友達と深い関係になった事は無い。

つきあいが長く続いたのは
そうだったからだと思う。



男友達に
彼女が出来て結婚するまで
私たちは
よくふたりで遊んだ。

キスもセックスもしない。
時々手を繋ぐだけ。



少しどこかを歩いたり
何かを見たりした後は

何時間もふたりで飲んで

駅の改札まで見送って貰い

さようなら。


いつも時計を見ながら
次の注射の時間を意識しながらだけど


それでも
当時の私には
その時間は
少しだけ楽なものだった。



きっと

歌声を失くした事が
私にとってどんなに苦しいか

他の人達よりも
少し深く
感じてくれた人だと

思えて在ったからだろう。



以前この記事に書いた
共にカラオケボックスに行った友人は
彼だった。

【「偽りが呼ぶ嘔吐と自傷。」(転居後前半・30) (2014.8.11)】





うつわを学び
それを仕事にする為に懸命に注ぎ

熱中するものが在り

それをさせて貰える環境も在る。


それでも穴は埋まらない。

いつも結局は孤独なんだ。



時々外に出ては
小さな現実逃避もした。


その都度
小さな逃げ道は
いつも作って居たんだろうと

今は思う。


でも

逃げ道は
所詮逃げ道で在り

本線では無い。




どうしても埋まらない心の穴。

もう苦し過ぎて限界だ。


手術を繰り返した体で
歌声を出す事に医師は反対をした。

それでもやってみようと思った。

このままじゃ一生苦しいだけだ。


猫の看護をしながら
少しづつ練習を始めてみた。

練習と言うよりも訓練みたいなもの。


顎を動かす事から
始めなければいけない。

私の顎は動きに制限がある。
腫瘍を取り除いて以来
開きにも動きにも制限が在る。

口を出来るだけ大きく開けて
発声をするだけで痛みが走る。

上手くいかない。
直ぐに傷めては
数日まともに開かなくなる。

それでも繰り返す。

開かない口で
以前のような発声をすると

顎にも
首にも
肩にも

物凄い力が入ってしまう。

喉が開かなくて顎が震える。

何度繰り返しても出せない。



出たのは
声ではなくて
血液。

喉は
何度も切れて
耳鼻咽喉科にお世話になった。


それでも
1年以上の年月
私はそれを続けた。



何度も途方に暮れた。

それでも
歌う為の訓練を始めたら

空いたままの穴に
ほんの少し満ちる感覚が在った。



「 私。 歌いたかったんだ・・・ 」


自分の想いに納得が出来た。


ただただ毎日
歌声を出せる未来に
手を伸ばし続けた。





続きはまた。






【「ひとつ終える前に。」(2014.9.29)】

これは昨日の記事。

昨日Facebookを退会した。


その直前に
この記事を書いた。


Facebookの中では
誰にも何も言わずに退会をした。
突然消えた訳だ。


近況を書き込める場所に
何度もコメントを書いた。

書いては消した。


結局何も書かずに
ここに記事を書き
自分のページを消した。


本当に
私を気に掛けて下さる繋がりならば

きっと
ここを見て居て下さって居ると

信じて。


とても勝手だと自覚もして居る。

でもその方が良いと
悩んで悩んで思った。


何人かの方が
気付いて連絡を下さった。

ありがとうございます。


また。
もう少し
体も心も
環境も整理出来たなら

再開しようと考えては居ます。






色々と毎日考えて居る。


考えて
考えて
整理を繰り返し


どの方向を向いてゆこうか

巡らせて居る。



次々と

喜びよりも
悲しみが
遥かに多く降りかかる今年。


また大きな問題が起きた。

大変な事が起きた。


これから
早急にやらなければならない事が
突然に増えた。



きっとこれも
このタイミングで起こると
決まって居たのだろう。


この問題が起きた事で

ずっと手付かずのままだった
次の形を作り上げる準備に
入れると考えよう。




今日で9月が終われば
苦痛に満ちた今年もあと3ヶ月。



3ヶ月か・・・。


丁度良い時間かも知れない。


新しい年を迎える頃には
今よりも身辺は整理され

次に必要な事を
始めて在れたなら


きっと来年は
今年よりも痛まずに生きれるだろう。



その頃には
過程を綴る記事も
現在にかなり近付いて在るだろうか。



過程が現在に辿り着けたなら
Facebookにも戻れるのかもしれない。

そんな気がする。




あと3ヶ月。


とにかく
今日から暫く忙しくなりそうだ。


まずは今から窯だしだ。








※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




スポンサーサイト

ひとつ終える前に。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



以前の記事で少し触れて居たが

今日Facebookを退会する事にした。

【「キズが熟れて在る程に。」 (2014.9.13)】


今日は
後にその事に触れておこうと思う。





少し向こうに建つ
15階立てのマンションは

この辺りでは
最も大きなマンションで

我が家の窓からよく見える。


しばらく工事をするらしく

今月に入り
職人の人達が足場を組み上げている。


日曜と祝日を除く毎日
朝から夕方まで。



1日が終わる毎に
足場は高くなる。


それがとても見事で
いつも見てしまう。


てっぺんに見える人は
とても小さくて
マンションの大きさを改めて感じる。



プロってすごいなぁって思う。


この人達は

こうして体を動かして
声を出し合って
汗をかき

日が暮れる頃まで働いて
生活をしてる。



工事の音や声は
作業部屋にも聞こえてくる。

それを聞きながら
私はうつわを作って居る。



この10日程は

成形をしながら

素焼き作業の繰り返し。

今日の素焼きが終われば
本焼き焼成の繰り返し。


7月に
ご依頼や打ち合わせを頂いたうつわ達が

ようやく
仕上がろうとして居る。








2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「キズが熟れて在る程に。」 (2014.9.13)】

【「親死ね子死ねが咲く季節に。」(2014.9.20)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「愛しい体に傷付ける事。」(転居後前半・49) (2014.9.26)】

【「自傷が少し遠退いても。」(転居後前半・50) (2014.9.27)】

【「命がひとつ朽ちても。」(転居後前半・51) (2014.9.28)】





今日は過程の続きはお休み。

冒頭で触れたが
Facebookの退会について
書いておこうと思う。




今日この記事を更新した後
Facebookを退会します。



Facebookに登録したのは
月下陽香として発信する場を
増やしたいと思ったから。


ミクシィもしていたけれど
だんだんと
Facebookに流れてゆく人が増えて

私もやってみようと思ったのね。


でも
登録はしたものの

当時の私のパソコンでは
直ぐにフリーズしてしまって
ログインするだけでも
大変な苦労がありました。


少し何かしようとする度に
フリーズ。

ひとつコメントを入れるだけで
1時間とか2時間とか
過ぎてしまう。


これは厳しいなと思いました。

パソコンを買い替えるまでは仕方ないかな…
なんて思いながら
出来る範囲で潜んでました。



自分から
誰かに
友達のリクエストをした事はありません。


扱えない内から
それは出来ないと思ってました。



でも
私を知って居る人達が見付けて
リクエストを下さるので
友達は増えていきました。

実際に知って居る人なら
躊躇なく友達になりました。



だけど
全く知らない人からも
友達のリクエストが来る。

それが
友達の友達だと
断りにくくて
受け入れてしまう。



全く知らない人と
個人情報がわかる状態で
繋がらなくてはいけないのは

とても疲れる。

本音も書けなくなってゆく。



ただでさえ
なかなか使えない環境に居て
そういう状況になると
ログインは減りました。




そうこうしている間に


次第に
持病は悪化し

月下陽香の活動も
縮小せざるを得ず

思うように動けない事は増え

精神的にも辛くなってきました。



それまでは
音楽をしている人達と繋がりたくて
交流してきたのだけれど


体が動けなくなる程に
精力的に活動出来る人達が

羨ましくて


その情報が
次々と飛び込んできてしまうSNSが
とても苦しく思えてしまい


ミクシィにも
ログインすらしなくなりました。


心が大きく乱れてしまうから。


体だけでなく

心も
もう
その頃から
疲れ切って居たのかも知れません。


今ならそうだとわかります。




Facebookもミクシィも放置になりました。


そして
愛猫の急変。

自由がどんどん減ってゆく
看護の1年間と
介護にも全て注いだ最期。




この夏は
月下陽香の
練習も活動も休止しました。



持病の悪化を
少しでも遅らせて
生きてゆけるよう

治療に専念し


ボロボロに磨り減り
壊れたなと
自覚した精神状態のケアに注ぎ


看取る為に費やした時間に
遅れてしまった仕事を
こつこつと消化し


いろいろな事を考えました。




体は
最近は
少し動けるようになってきました。

心も
いろいろありますが
前を向きたいと
思えるようになってきました。



そして。

もう

一度に
多くをこなす事は
私には難しいと考えました。




看護をして
仕事をして
家事をして

歌の練習

ライブの準備

ホームページの管理
ブログの管理

YouTubeの管理
Twitter。

月下陽香が登録をしている
音楽関係のサイトの管理

Facebook。
ミクシィ。


数年前までは
物凄く無理をして頑張れば


全てに関して
最低限の事は出来ました。




SNSから
次第に距離を置き始め


2013年からは

月下陽香は

「 摂食障害 」と
「 自傷癖 」の

体験者で在る事を
掲げたライブステージを始め



同年の7月7日から

このブログに
その過程を

順番に
記事として綴る事を始めました。



記事をひとつ書き上げる為に
注ぐ時間は膨大でした。


何時間もかけ
時には数日をかけ

記憶を呼び起こし
痛みと向き合い

それを言葉として表し

文字として打ち込み

更新する作業は

心身共に
とても大きくエネルギーを消耗しました。


それでも
私は記事を書きたいと思いました。

書くと決めました。



そうなると

もう
どんなに無理をしても

全てを管理する事は
不可能だと

思い知りました。


この活動休止中
整理をしようと考えました。





まず。


このブログ
「癒え待ちよすが-イエマチヨスガ-」は

変わらず更新し続けます。


「月下陽香おふぃしゃるさいと。」は

暫くは現状のまま
次のステージが決まる頃には
新たに編集・更新をします。


YouTubeは

年内を目標に
5月のライブのノーカットと
新曲「癒え待ち野バラ」を
アップ出来るように努力中です。


登録している音楽関係のサイト
着うたサイト等は
年内に退会の予定で準備中。


ミクシィは

退会はせずに
登録したままで居ようと思っては居ますが 
まだ今は
多くを頑張れる心身状態には無いので

年内は
ほとんどログインをしないと思います。


月下陽香が
活動をきちんと再開出来る頃に
改めてログインし

再び交流を頂けるように
重ねてゆこうと今は思います。




そして。

Facebook。


これは
始めからほとんど放置の状態でしたから

この記事を更新後
退会致します。



現状のFacebookを
再開し
続けてゆけるとは思えません。

放置し続ける事も
心が痛みます。


ずっと考えてきましたが
退会を決めました。



近況に
退会理由を書き込んで
友達で居て下さった方々に
ご挨拶をするべきだと思い

一度は書き始めましたが


全く知らない方もおられる中で
書きたくない事もあり


大変失礼な事ではありますが


ここに
理由をお知らせする事にしました。



実際にお付き合いを頂いて居る方々は
ここを
ご存知でいらっしゃるとも思いますので

どうかお読み頂いて在れる事を
深く願います。



Facebookでお繋がりを頂いたみなさま
ありがとうございました。



もう少し月日が流れる中で

現状を
今よりも整理し

心身と共に

そして
環境も整いましたら

新たに登録をして
再開をするかも知れません。


その時は

自分が実際に存じ上げて居る方

もしくは
月下陽香をきちんと知って下さっている方のみと

繋がって
自分らしく存在出来ればと思います。

お世話になりました。






今日は
「摂食障害」とも
「自傷」とも
関係のない記事。


過程の続きは
また次回から書いてゆきます。





9月ももう終わり。

今年もあと3ヶ月。


傷み痛んだ今年が

終わる時に

今より
エネルギーを蓄えて
新しい年を
見て在れたならと願う。



残りの3ヶ月で
更に身辺を整理しながら


体も心も

まだもう少し

続いてゆけるように
ケアを続けて

準備をしよう。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。
何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。(2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。